• P1200028
  • P1190917
  • P1190912
  • P1190810
  • P1090475
  • Dsc_0766
  • Scan14737
  • Imgp4999
  • P6240130
  • P6170079

2016年8月29日 (月)

夏の踏切

Img_3
前回の京都線に続き、今回は南大阪線です。前回同様、誠文堂新光社の「近鉄」のカット写真から図案を拝借しました。ただし、実際の写真には中央に道路標識がかぶっていましたが、イラストでは外しています。今回はちょっと手抜き気味で、白いところが多すぎるかな。。本当は無理せずに、薄墨を使ったほうがいいのでしょうね。
もとのカット写真はコントラストが強く、正面が影になっていて必ずしも教科書的な写真ではないのですが、雰囲気はいい。
 
針中野-矢田間の写真、おそらくは1968年の撮影だと思いますが、8年後にこの区間は高架化されていますので、今は見ることができないようです。
 
林立する架線柱や周りの雰囲気が、いかにも都市部の電車路線という感じで、好ましい感じがします。
 
南大阪線、実は乗ったことがないです。「近鉄」の時代(1969年ごろ)は、旧型の6601型が活躍していて、その豪放なスタイルにとてもそそられるものを感じますが、今はどんな雰囲気なのでしょうね。
関東から見ると、路線長のわりに車両数が少ない感じがします。というより、関東私鉄はどこも編成が長くなりすぎという気もしてくる。。

2016年8月 8日 (月)

近鉄京都線小型車を描く

Img

昨年書いた、近鉄奈良線の地上時代のあと、次の絵としてこれを書きかけていた。が、架線柱やら背景の住宅やらが多くて描きにくく、いろいろあって手が止まっていた。
 
参考にした写真は前作同様誠文堂新光社の私鉄電車ガイドブック4「近鉄」(1969)に記載されたカット写真である。
高架線、標準軌、小型車の短編成というのが、どこかアメリカのインターアーバン-都市鉄道っぽいイメージも感じられ、頭の隅に数十年巣食っていた映像だ。
 
京都線の伏見駅から丹波橋方面を見た風景らしい。はるか先に見える天守閣らしいもの(これは昔のテーマパーク的な施設としてつくられたものらしい)が印象的だ。
 
電車は整ったデザインの600型3両。全長15m,全幅2450mm、阪神ほど細身ではないが、良く整った側面に比べるとやや車体幅がコンパクトな印象だ。
 
関西急行モハ1を小さくしたような洗練されたデザイン。日本風味を加味したインターアーバン。こういう車両は戦前の関東私鉄には存在しなかった。「私鉄電車プロファイル」を見ていると、当時の東西格差は相当なものだったのだろう(もちろん西高東低)。わずかに京浜-湘南電鉄が気を吐いていた程度だ。
 
これが1968年ごろの風景だとすると、奈良電鉄から近鉄京都線になってから5年ほど経過したころ、ということになる。子供のころ、もし身近な鉄道が、ある日突然別の会社に編入されたら、どんな気分だろうか、と考えたことがあった。。70年代から80年代半ばくらいまで、鉄道の廃止はあっても合併や吸収みたいなことはなかったからね。むしろ今のほうがそれほど珍しいことではないけど。
 
奈良電は普通に中型の車両を使っていたようなので、車両限界的には問題はなかったと思うが、運用の都合で京都線でも使われたのだろう。
 
小型車たちは’69年秋の昇圧で多くが廃車となったが、一部はMM'ユニットを組む形になって生き残った。これも長くは続かず、奈良電が貨物電車の電装品を利用して製作した湘南窓の異端車モ409+ク309の編成を残して、70年代半ばまでに廃車になった。
 私鉄電車ガイドブックの新版は’78年の発行だが、ここには409F以外の小型車は掲載されていない。
 
409Fは車体だけ見ると近鉄らしさはぜんぜんないのだが、ずいぶんと長生きしたようだ。私も'80年に生駒線かどこかで見かけて、写真も撮ったような気がする。乗ったかどうか、覚えていない。
 
昇圧前の600型などは、模型にするにはいい題材だと思うけどな。。今ならNでも部品があるので、作りやすそうな気がするが。。

2015年12月13日 (日)

近鉄油阪付近

先月近畿日本奈良の併用軌道のことを書いた。その時誠文堂新光社「ガイドブック」昭和44年版掲載の写真をイラストにしたものを掲げたが、あのとき同時に油阪付近をモ680型が走る写真も書きかけていた。

しかし、こちらのほうはちょっと難産で、うまくかけずにしばらく放置状態になってしまった。その後週末落ち着いて家にいる時間もなく、絵を描く気にもなれずにいたが、今朝ようやくペンを取る気になった。
Img
特に主題のモ680がいまひとつ・・。もとの写真が、アングル的に少し描きにくい位置にあること(側面がごちゃつきやすい)、モ680自体が、平凡なようで微妙なスタイリングなことなど、私の画力では厳しかったようだ。近畿日本奈良の時は、あまりディティールを入れずにさらさらと終わらせたのだが、こちらは書きこんでごまかさないとhappy02様にならなくなってしまった。

なんだかマイクロエースの電車とか、建物コレクションみたいになってしまった(失礼)。

もとの絵がモノクロなので、ペン画にするのは比較的楽だが、2次元の写真を改めて絵にすること自体、けっこう難しいのだ。写真は日中小雨の時の撮影らしく(奥のほうに傘を差した人が映っている)、光が比較的回り込んでいて陰影が少ない。スクリーントーンなどを使わずに、丸ペンだけで微妙な陰影の差を再現するのも、これまた難しかった。

ただ、写真というの実に面白いもので、パッと見ただけでは気がつかないが、こうして絵にするためにルーペなどで見ていくと、実にいろいろなものが映りこんでいることに気がつく。最初は黒っぽいごちゃごちゃにすぎなかったものが、よく見るとトラックの後部が見えてきたり、樹木の向こう側に建物が見えてきたり。

この写真は前回書いたように昭和43年のおそらく7月ごろの撮影と思われる。

一見何ということのない町風景だが、よく考えてみると今はもう見ることのできないディティールが見られる(まあ、鉄から話が外れるが、例えば蒸機時代のレイアウトなどを作るとしたら、参考になるかもよ。といっても、細かすぎる話だけど)。

どちらの絵にもコーン型のポールが映っているが、黄色と黒のゼブラ模様のもので、おそらくゴムのような材料でできている、ちょっと重い奴だと思う。考えてみるといまはこういうものではなく、紅いプラスチックのコーンが普通ではないかと思う。昔のは肉厚だったが、プラの奴は薄くて、使わないときは積み重ねておける。

黄色と黒のゼブラ、というのも、考えてみると世間であまり見かけなくなってきた。もちろん踏切とかは今もあるが、昔はもっとあちこちで見かけたような気がするけど。入替専用になった蒸機の煙室扉や端梁をゼブラ模様にしたり、鉄道には割となじみ深いですよね、虎縞。
ここでは、電信柱の何というのか、地面から斜めに張られているケーブルのカバーにも、虎縞が施してある。途中に野球ボールのような、白い陶器の碍子がついているが、こういうのって、いまもあるのかしら。

商店のショーウィンドウと入口のところに留めてあるスーパーカブ、軒のところにかかっているナイロンか何かの縞模様の庇、なんでもないディティールだが、いずれも今日こうしたお店にお目にかかることは少ないのではないかと思う。

このお店は何を売っているのか、よくわからない。その手前に灌木(イチョウだろうか?)が茂っているが、ここはどうやら旅館らしく、ネットで見つけた別の写真を見ると、モルタルづくりの大きな建物が樹木の背後に映っている。樹木と建物の間に、国道と並行する細い道があり、画面手前に向かって緩く上り坂になっている。奥に白壁の、傾斜のきつい屋根の家が見えるが、ストリートビューを見るとこれはどうやら現存するのではないかと思う。

ただ、そうだとするとその手前の低い屋根の家のあたりに、今は3階建てくらいのビルが建ち、商店のあたりは駐車場なのだが、この推理が正しいかどうか、ちょっと自信がない。旅館だったらしいところは普通の民家と駐車場になっている。道路は画面左側の建物を撤去して拡幅したらしい。

油阪駅は画面奥、線路のカーブした先にあったらしい。ホームらしきものが見える。

近鉄奈良線は地下を走っていて、今は見ることができない。国鉄(JR)関西本線は今は高架を走っているので、遠くからでも見ることができそうだ。画面奥に向かってあるいていき、高架が見えたら左に曲がってしばらく歩くとJR奈良駅の前に出る。昔の奈良駅舎も残っている。’09年に訪れたときも、そうやって歩いていった。1980年夏にも、近鉄奈良から国鉄奈良まで歩いたと思うのだが、その時の風景は記憶にない。


2015年11月 4日 (水)

近畿日本奈良駅の併用軌道

誠文堂新光社 私鉄ガイドブック・シリーズ「近鉄」初版は、中学の時図書館で借りて以来バイブルとなっていて(なんでなのか、自分でもわからないのだが)、掲載された写真や記事は、自分の脳の海馬の奥の方に、深く染みついている。

ふしぎなもので、子供の頃に頭に焼き付いたものは、たとえ行ったことのない風景であっても、自分が直接見聞きしたものと区別がないように思える。同じように懐かしいのだ。
ただし、基本的に自分の見た風景はウェアラブルカメラの動画だとすると、写真の風景は文字通りスチルカメラの2次元的映像なのだが。

奈良線の油阪-近畿日本奈良間もそんな、実際には見てないけど見たような風景、の一つだ。

ガイドブックでは個別車両の形式写真と共に、カット写真も掲げられている。併用軌道区間は2ショットが掲載されていた。一つは油阪駅付近、もう一つは近畿日本奈良駅に進入するところだ。この本の写真は、昭和43年7月から44年7月までに撮影されたものを掲載した、と言うことなので、これらの写真はおそらく43年夏頃のカットと思われる。どちらも工事が進行している途中の写真らしい。

その写真、だが、ここで転載するのは著作権の侵害なのでできないっす。
ので、ちょっと思い立って、写真を元にイラストを描いてみました。

Img
さらさらと書いたのでちょっと荒いですが。
このカットは大好きな写真の一つだ。撮影された方は本当に写真がお上手なようで、荒れ気味の併用軌道から車体をくねらせて、大型車が駅に侵入している様子がよくわかる。

傍らでは作業員が合羽を着ながら作業に余念がない。ただ、監督らしき人がこちらに視線を送っている。その背後、解体しかけている民家では、少し開けられたシャッターの奥からおっさんが工事の様子を眺めているようだ。
工事用トラックの傍らに、なんだかわからないが大きなリールのようなものが置かれている。非常に印象的だ。

左側に目をやると、黒っぽいクラウンのハイヤーが土埃をあげている。駅の近くにも軽自動車(スズキフロンテらしい)が止まっている。

もちろん今はこの風景は一変している。道路は3車線に拡幅され、右の民家のあたりはバスターミナルか広場担っているのかな?8000系のいるあたりに、たぶん駅ビルが建っているんだと思う。

イラストは写真を元にはしているが、昔からの癖でパンタが無用に大きかったり、建物や小物の位置関係も多少ずれている。別の機会に書くが、油阪までの併用軌道区間の一部は、50年以上前も今も余り変わっていないところがある。さっきストリートビューで見たけど、本当に同じ建物が写っているのだ。さすがは奈良だなあ。

冒頭で書いたとおり、私がこの風景に直接接した訳ではない。私が奈良を訪れたとき、駅は既に地下にあった。’09年秋に訪れたときは、その地下駅もすこし古めかしい雰囲気を漂わせていた。
_dsc4895
京都から乗ってきた特急(だと思う)。これは昔から変わっていないですね。_dsc4898
奥の8400系も、ガイドブックの頃既に登場していましたね。

_dsc4899
昭和43年頃も、京阪から乗り入れ直通車が来ていたようです(車両は旧奈良電車だったらしい)。
_dsc4900
雰囲気横浜から川越まで直通する、というのと似ているでしょうか・・。

関西私鉄の常で、地下駅でも構内はかなり広かった。なんとなくレトロなムードは漂っていたな。ラッシュ時は終わった頃で、ほとんど人がいなかった。

JRに用があったので、このあと地上に出て歩き始めたが、併用軌道の面影は探すべくもなかった(先ほど書いたように、建物は残っているのだが、そのときは気がつかなかった)。
JRも高架化されていて、JR奈良駅も全然変わってしまい驚いた。ので、当時の面影を追う、ということはできなかった。

イラストだが、こういうのは作品としてはどうなんでしょうね。一応完全にオリジナルだとは思うけど・・。