• P1200028
  • P1190917
  • P1190912
  • P1190810
  • P1090475
  • Dsc_0766
  • Scan14737
  • Imgp4999
  • P6240130
  • P6170079

2016年11月 5日 (土)

西武新宿線地下化工事状況短信、銀座線運休、その他

西武新宿線中井-野方間の地下化工事に関する短信です。前回は1か月前、沼袋付近でポイントを組みたてていた話と、新井薬師先で軌道移設していたという話でした。

 
沼袋では新井薬師方上り線付近にも、やはり線路わきでポイントを組み立てている様子が見られましたが、今回撮影はしていません。
 
P1090469
前回のポイントは、こんな感じで上り線に組み付けられました。まだ分岐側はどこにもつながっていません。安全側線みたいですが、いまのところここは上り追い越し線なので、ここを逆走することは原則ありえません。
P1090472
調整のためか、ポイント手前10mくらいのところからレールが取り換えられています。模型みたいで面白いですね。。
 
P1090475
沿線にある工事進捗図を見るに、ここはいったん中井のような追い越し線1本の三線になるらしい。ポイント設置の様子から推測するに、現在の上り追い越し線を上下共用にして、上り待避線を廃止する、ということか。ん、上り待避線のほうを廃止かな?
 
P1090460
新井薬師方にも工事のための養生がされているのがわかる。
 
P1090464
このようにバラストを袋につめてユニット化?している。
終電後の深夜に、一気に撤去、移動するためだろう。
土曜日だったが、この日も職員が線路上に出て、何かを確認していた。
 
P1090477
話は変わって、新井薬師駅の中井方にある踏切です。
先月は下り線が南方に移動していましたが、(いつの間にか)上り線も並行して移設されたようです。
 以前は写真の左側、バラストが敷き詰められているあたりに、上り線が走っていたのです。
 
P1090479
たぶん、踏切あたりから線路を動かしているのでしょうね。。
 感覚的にどうしても、模型のことを思い出してしまうのですが、もしフレキをつかって敷設した区間をこのように移設するには、まず軌道を外すのが大変、そのあとレールの長さが合わなくなっているので、それを調整するのが面倒でしょうな。。まあ、ふつうは古い線路は使わずに、新しくフレキ買ってきて敷きなおすね。。
P1090489
こうしてみると、別に何も変わっていない気がしますね。。
まあ、工事の1ステップの記録ということで。。
さて、ここは新井薬師と中井の間。中井駅まで行って帰るか、新井薬師に戻るかと、迷っていたのですが。。
そういえば今日は銀座線で一部運休があることを思い出したのでした。
中井から大江戸線に乗って、青山一丁目へ行き、表参道へ。
そこから千代田線で赤坂見附まで行って、溜池山王を見る、
というプランを頭で考えながら、駅へ向かう。
 
なかなかスマートに経路がまとまったな、と軽く満足しながら。。
 
・・この踏切から大江戸線の駅までは、案外と狭い道を迷いながら歩く必要があったのですが。。
 
P1090498
というわけで青山一丁目です。昔仕事で利用していたので、個人的にはなじみ深いのですが、最近何かと話題になることが多いようです。
ここはたしかに、階段は多くて複雑だし、ホームも狭くて、バリアフリー的な配慮が難しい駅だよな。
 
P1090507
ちょっと、方向幕がにじんでしまった。
ライトの直撃はかわしています。。まあ、上手な写真を撮っていらっしゃる方は絶対どこかにいるはずなので。
渋谷方面行きの1番線ホームを、逆走するの図ですね。
 
P1090511
また方向幕がにじんでしまった。。
ガラスの反射で、青山一丁目と読めると。
 
P1090512
こちらは止まっているけど、どの駅かわからないな、と。
 
P1090516
車内から。
 
P1090520_2
表参道駅。渋谷方面に向かう線路は、この日も渋谷方面行きとして営業運転しますが、渡り線がないので、乗客を降ろした列車はもと来た道をそのまま回送として引き返します。
浅草方面も同様で、青山一丁目の2番線ホームは降車専用として使われていました
P1090523
今乗ってきた列車が回送列車として発車。
青山一丁目からの乗客はあまりいませんでしたが、外苑前からは結構な乗客が乗ってきました。
変則的な運転をする、意味はやはりあるのでしょうね。
 
P1090532
表参道駅は、たぶんLED照明化されているんだろうな。
妙に明るく映る。
P1090536
折り返し青山一丁目行き。
これには乗らないで、千代田線で赤坂見附を目指す。
 
P1090552
溜池山王。ここは渡り線があるので、より一般的な運用方法です。
P1090557
1000型のライトもLEDなのかしら。
本当は01系を待ったほうがいいのでしょうね。。
向かいの浅草行きが01でした。
P1090559
 
P1090560
いちおう、銀座まで行ってから丸の内線で赤坂見附に向かい、ホームの様子を見てみました。
ちなみに電車の自動放送は、当然ながら銀座線乗り換えのままで、後から運転士が補足の放送をしていました。ホームは普段よりも閑散とした感じ。
 
P1090563
表参道でも車止めが見えていましたが、撮影者が多く、警備員の方が「乗り出さないで」などと言っていたので撮影は控えました。
が、ここ赤坂見附でもなぜか車止めが見えたので、黄色い線の内側から撮影。
 
第三軌条はたぶん、通電しているんでしょうね。線路をちょっとのぞいてみたけど、さすがにレールが錆びているということはなかった。
 
昔、ストなどで列車がまる一日止まると、レールが軽く錆びてくる、とかいうことを思い出しました。。
そういうわけで、野次馬根性まるだしの話でした。

2015年6月22日 (月)

東武70000系、メトロ13000系

記事を書く暇がなくて出遅れたが、2016年から導入される、日比谷線直通用新型車の仕様が発表されている。

東京メトロ13000系・東武70000系"日比谷線直通"新型車両の仕様が明らかに!

画像はマイナビニュースから。
001l

前回の500系が川崎製なのに対し、今回は近畿車輛の担当となるらしい。また、メトロと東武は仕様が基本的に同じとなるようだ。

従来アルナと関係の深かった東武だが、同じくアルナと密接な関係のあった阪急の新型車が、見かけ上大きな変化を意識させないようにしているのに対し、東武は様々な車両メーカーと関わりを持つことで、新たな方向性を模索しているように見受ける。

マイナビのニュースでは言及してないが、たしかトラベルWatchだったかな、MT比のことに触れた記事があった。それによると、従来の動力車、付随車という構成ではなく、全車が駆動軸と付随軸で構成されるのだという。従来のMT比のとらえ方で言うと、3.5M 3.5Tとなる。

今年登場した、JR西日本の227系(広島地区近郊用)も3両すべてが電動車だが、全車が動軸のみの台車と付随台車で構成され、1.5M 1.5Tとなっていたことを思い出す。227系は台車ごとにMTを分けたが、70000系はすべての台車の片側にモーターがつくところが違う。

従来の抵抗器を使った制御では、複数の電動機を直並列につなぎ替えたりして制御していたので、こうしたことはあまり行われていなかったが、インバータ時代になって個別にモーターを制御することが普通になってきたからなのだろうね。モーターを分散する意味はなんだろう。空転を軽減することができる(駆動する場所を分散できるから)?設計次第では編成の自由度を高められそうだが、今回は7両固定なので関係ない。

帯色はロイヤルマルーンを再精製して赤と黒にしたとか何とか言っているが、要するにとうきゅうさんっぽく見せたかったのかしら。中目黒から先行くと思われないかな。

2014年7月10日 (木)

東京メトロのマナーポスターと雑感

Dsc_0508

朝、通勤客で混雑する車内に、ポロシャツや、派手なワンピース姿の団体さんが乗り込んできた。中学か高校生くらいの女の子たちや、そのお父さん、お母さんぐらいの年齢の人たちなど、年齢は様々だが、一様にどこか雰囲気が周りと違う。どうやら東洋系の外国人観光客らしい。イヤホンを外して会話を聞こうとしたが、言葉からどこの国かは判断できなかった。北京語ではないような気もしたが・・。

若い女の子たちはこの、押しくらまんじゅうのような状態が珍しいらしく、きゃあきゃあ言っている。それを大人の人たちが、「しぃ~っ!」とたしなめている。東京の地下鉄はみんな静かに乗るものだ、と観光ガイドに書かれていたのかもしれない。私の近くに来ていた中年の女性は、私の様子をうかがうような目で何度か視線を送っていた。彼らにしても、異質な世界に足を踏み入れたことに戸惑いを感じているのだろう。

最近のCool Japan的な視点から、東京の地下鉄は世界一だ!みたいな記事をよく見かけるようになった。線路総延長は最長ではない(ニューヨーク、ロンドン、北京、上海よりは短い)が、輸送人員は多いし、郊外鉄道との直通運転がこれだけ複雑なのも東京ならではだ。運賃は低廉で(ロンドンの地下鉄は日本のタクシー並み)電車は清潔、床にゴミなんか落ちていないし、車内は静かで人々は整然と行動している。

運行は正確だ、と書こうと思ったが、ふだん利用している者としては、やたらと後続列車との時間調整ばかりしている最近の風潮は納得しがたいので保留。だが、虚心にかえって見れば、運行も概して正確といって良いだろう。

地上のJR、私鉄を含めた、これらの都市鉄道のシステムは、日本が作り上げた世界に誇れる効率の良い交通システムだ、と私も思っている。そのノウハウは、人口密度の低い欧州の都市よりも、日本同様人口過密なアジアの各都市でこそ強みを発揮できるのではないか、と前から思っていた。実際、ジャカルタの都市鉄道ではご存じの通り日本の通勤電車が集結して、電車博物館となっているし、ベトナムにも交通システム一式の輸出が決まったようだ。

どの国に行ってもトヨタや日産の車が走っているように、日本の電車ももう少しいろいろな国に広まってくれればな、という気持ちがある。

しかし。

ふと思ったのは、日本の通勤システムがスムーズなのは、それを利用している日本人のマナーの良さに負っている部分が相当大きいんじゃないかな、と。

高度成長期やバブルの頃、よく言われたのは、日本のサラリーマンは(遅刻したくないので)、すし詰めの電車に強引に割り込んで行く。欧米人なら、たとえそれで会社に着くのが昼になろうと、満員の電車には乗らずに次の電車を待とうとする、と。

まあ、私など古い人間なので今でも結構無理矢理乗ろうとする方だが、最近は(欧米流に?)次を待つ人も多い。何年か前にも、友人とそんな話をしたことがある。その友人が、日系インドネシア人だったので、印象に残っているのだけど・。これは余談だ。

3.11のとき、首都圏の鉄道は一時完全に麻痺したが、銀座線などは夜半に動き始め、その結果渋谷駅構内などは身動きができないほど混雑し、パニック寸前の状態になった。

そうはならなかったのは、日本人の公共心の高さの表れ、という言い方もできなくはないし、実際そうなのだと思うが、だとすれば今の鉄道運行のノウハウは、世界で通用するとは限らないということになる。

実際、日本人である私自身も、乗客の我慢強さに感心したりするもんな。

今日も近所にある、某鉄道の踏切が開くのを待っていたけど、もうすぐ開くかな、と思っていると間際になって反対側の列車が来る表示がついたり、踏切の真ん中で電車が動かなくなったり、やっとこれで終わり、と思ってたら、警報器が鳴り止まず、次の特急が徐行しながら近づいてき・・。考えてみるとやりたい放題だな。

私はいいんだけど(本当は良くないけどbearing)そのたびに群衆の「空気」がさっと「焦れる」のがリアルに伝わってくる。自動車も、ブレーキペダルをちょっと緩めたりして、「きて」いるのがよくわかる。それでも、誰も隙を見て遮断機をくぐり抜けていくような人はいない。そういうとき、日本人って我慢強いなあ、って妙な関心をしてしまう。

これが他の国だったら、誰かが怒り出して、えらいことになってしまうかもしれない。

写真はメトロのマナーポスター。民度の高い日本人でも、こうやって日々マナーを高めようと努力を重ねるのだ。
ところで、この絵はひょっとして、「低燃費少女ハイジ」の作者と同じ方かしら。独特の真っ赤な四角い口、このCMの絵とよく似ているけど・・。

2014年3月18日 (火)

大手町駅のリニューアル工事たけなわ

Downloadfile2

3月に入ってから、メトロ大手町駅の改装工事がたけなわになってきた。

ビジネス街の代表のように言われることの多い大手町だが、もうずいぶん前から施設の老朽化が進んでおり、部分的な改築が進んでいた。

表側の建物は、隣の丸の内地区を含めて総入れ換えに近いほど改築が進んでいる。旧住友銀行東京営業部、東銀ビル、旧富士銀行本店などは既になく、長年放置されていた合同庁舎も解体された。正月の箱根駅伝のときは、新装なった読売新聞本社が披露されていたが、旧本社が見えないと、道に迷ったような感覚に教われる。旧協和銀行本店だったマルハニチロも解体、威厳のあった旧三和銀行東京営業部も今はない。AIGビルもあっさり解体されてしまった。パレスホテルはとっくに再築されている。八重洲にいくと、由緒ある鉄鋼ビルも解体されてしまった。いやいや、きりがない。オフィスビルの記録写真を撮るなんて、暇人みたいでカッコ悪いと思ってやっていないが、なくなると寂しいもんだな。

地下街だが、丸ノ内線大手町あたりは50年以上、東西線や千代田線付近も50年に近いのかな。白いタイル張りの、昭和40年代半ば風にモダンな感じだ。これはこれなりに趣があるな、とも思うが、21世紀のビジネス街としては、一段とリニューアルする必要があるのだろう。

新しく改装なった、OOTEMORIに近い出口をよく使うが、柱に液晶のモニタがセットされた現代的な装いだ。早朝から深夜まで大勢の利用者がいるし、工事は相当やりにくいんだろうな。3月からは通路の一部が閉鎖され、警備員が多数配置されて誘導を行っている。ある場所では左側通行、別のところでは右側と、あれこれ変わるので、毎日使ってもよくわからない。

隣の竹橋駅は、おそらく保存の意味合いもあるのだろう、昔風の小さなタイル張りの装飾をそのまま残してある。時代的には昭和30年代の意匠だろうか。昭和40年代モダン、50年代モダンも、意識して保存しておかないと、いずれ見られなくなってしまうかもしれない。


2013年10月29日 (火)

メトロ05系の運転法

ずいぶん前に、メトロ東西線の運転がぎくしゃくする 、という記事を書いた。さいきんの電車は加減速が良い。ぐあっと加速したかと思うと、すぐ後でブレーキがかかる。ラッシュ時、つり革等につかまれない状態で立っていると、思わずよろけて周りの人にぶつかったりする。

車で言うと、2速か3速の低いギアで加速、数秒後にエンジンブレーキがかかる、という感じだ。バスでそんな運転をしたら、乗客に睨まれるんじゃないか。後続車に追突される危険もある。コーナリング中にやったら、スピンする危険もある。まあ、鉄道ではそのどちらも関係ないが・・。

ただ、一つ疑問があった。もしかしたら、車両の方に定速制御装置みたいなのがあり、オンオフは自動で行っているのではないか。前乗っていた車にはクルーズ・コントロールがあり、高速でこれを使うと、緩い上り坂などではぐいぐいと加速したり、緩めたり、が体感された。便利だけど、自分でアクセルコントロールした方がやはりスムーズだな、と思ったものだ。

偶々、今日先頭車(05系、40F)のかぶりつき(仕切りのドア)部分に立っていたので、運転の様子を見てみた。運転士は左手でマスコンを握り、神楽坂付近では中立から1段加速、また戻して1段減速、を繰り返していた。
というわけで、そういう運転法が現場で確立しているのだろう。
改善は、やっぱりして欲しいな。乗り心地悪いから。

Dsc_0611

05初期車の写真を探したが、これしかなかった。こないだ出たばっかりだと思っていたんだがねえ。

2013年7月 9日 (火)

大手町

Img_4845
今ストリップダウンして改装工事中。千代田線ホームでも同様の工事をしている。
それにしても、何とも不気味な穴(通気口?)だ。
Img_4846
これらの写真はさいきんのものではなく、5月24日の撮影だ。今はだいぶ進んでいるが、まだ工事中だ。ずいぶんと時間がかかるものだ。
Img_4866
改装前でも結構きれいな造作だったが、どんな姿に変わるのだろうか?
Img_4868
隣の竹橋は古いタイル模様の壁を守っている。あれはあれで、昔の姿を保存するような意味合いでああしているのだろうな。

2013年3月20日 (水)

九段下

記事を書くのが遅くなってしまったが、16日、「壁」の取り払われた九段下を見に行った。
P3160428
ホームの仕上げは同じで、色が多少違う以外は全く違和感がない。建設自体は都が一緒に行ったらしいが、色の差が出るのはなぜだろう。
P3160431
メトロ側は白っぽい。
P3160440
都営側の方が開業が古いせいもあるが、塗り替え等はしなかったようだ。
P3160441
2面2線の時とはかなり印象が変わってしまい、ちょっとどこにいるのかわからなくなる。
P3160445
ただ、反対側(都営=本八幡方面、メトロ=渋谷方面)を見ると、昔の面影がある。
P3160446
もとのホームはかなり狭かった。
P3160447
一部の壁はそのまま残されている(消火栓のせいかな)。
P3160448
その反対側。配管は1カ所で、両側で分けたのか。たしかにばかげた壁ではある。
P3160449
階段の案内はこのように。
P3160450
改札口付近。床の石材は最初から双方一緒に仕上げて、オフィスビルのパーティションよろしく壁を造っていたものと思われる。

16日のテレビニュースは鉄道関係の話題が多かった。東急渋谷の話題、新幹線200系引退、スーパーこまち登場、はやぶさ320km/h運転の話題、そしてこの九段下だ。

2013年3月18日 (月)

直通運転開始

P3160377
石神井公園で記念切符を買った後、いったん帰宅。用務先に出かける前に、装いを新たにした渋谷を訪ねてみた。
P3160382
余り時間が取れないので、さっと撮影して次に向かう。
P3160387
代官山。4時間ほど前まで、1,200人が線路の付け替えをしていた現場だ。
P3160388
テレビのニュース番組でドキュメンタリーを見たが、ホームと線路を下げるという、神業のようなプロジェクトだったようだ。
P3160402
作業道具や犬釘が整然と並べられている。

P3160397

10000系による急行元町・中華街行き。今はまだ新鮮。
P3160408
直通運転開始後も、渋谷行きは残る。
P3160390
急行石神井公園行き。いずれ慣れてしまうだろうが、今は違和感満点。

P3160426

急行飯能行き。種別と行き先の組み合わせに違和感はないが、急行の意味は違う。

P3160411

特急川越市行き。これもなあ・。

P3160422

中目黒駅の2番線は、「降車専用」になった。

P3160424

中目黒駅の案内板。おなじみの行き先は北千住行きだけか。

P3160427

東横線との直通廃止の代わりに?東武との直通は南栗橋まで延長された。これはしかし、どれだけの利用者がメリットを感じるのか疑問ではあるが。

2013年3月16日 (土)

最後の日比谷線直通/記念乗車券購入

15日、日比谷から東横線直通列車に乗る。
Img_4738_2
日比谷線も通勤で、数次にわたり利用していたことがある。
いつも03や東武ばかりで、1000系が来る機会はあまりなかった。列車を待っていて、1000系が来ると、運が良い?ような気がした。
Img_4743_2
9000系にも通じるこのデザインも、今や古いものになったのか。
先頭車に乗ったので、地上に出てからは風切り音が聞こえていた。
夕方のせいもあるが、直通利用客はかなり多く、この人達にとって改正は不便なものになりそうだ。
Img_4745
夜あった用事が変更になったので、元住吉まで行ってみた。今更言うことでもないが、この駅も全く変わってしまったので、自分がどこに来たのか、全然わからないな。
駅前通りには面影があるが。
Img_4754
ありゃりゃ、北千住行きの撮影に失敗。もう撮れない。
途中駅でもカメラマンは大勢いて、ホームには駅員や警備員が対応していたが、渋谷駅はすごかった。警備員ではなく、警官がたくさん並んでいたのは驚いた。
Img_4763
夜が明けて、というか夜明け前、記念乗車券を買いに行く。
Img_4764
今日は暖かくてよかったが、ちょっと鼻が・・・。

2012年10月13日 (土)

渋谷、つながる のポスター

駅のポスターに気がついたのは今日のこと。
Img_0671
また「鉄道会社はややこしい」などと言われそうだが、沿線住民にとっては便利になることはたしかだ(東急沿線の人が、所沢や志木に直通できて便利になるか、という問いかけは却下。川越は・・多少観光需要はあるのかな)。

Img_0663
渋谷も相当変わることになる。今の東横線ホーム付近はJRホームが移設されてくる。
Img_0668
話は飛ぶが、車内の中吊りで「ポポンデッタwith西武トレインミュージアム」開業を知る。
先日(といっても8月末)久しぶりに有楽町のSLカフェ(開業したころの様子は「うさぎくん」で紹介)に行ってみた。正直言ってこのお店、そんなに流行るとは思っていなかったが、やはり行ってみると、鉄道ファンならずとも面白いし、珍しいのと目立つので結構お客は多いようだ。商売上手な会社だ。

新宿京王の模型売り場も復活したようだ。ターミナル駅で、気軽に入れる模型店があまりない現状、同社には期待したいところ。

より以前の記事一覧