• Imgp0662
  • Imgp0647
  • Imgp0625
  • Imgp0623
  • Imgp0621
  • Imgp0620
  • Imgp0387
  • P7171477
  • P7171475_2
  • P7171469_2

2017年1月28日 (土)

世田谷線

1981年冬の写真ですが、このときの写真は以前にも掲載しています。

今回一部トリミングするなどしましたが、元の写真があまりよくないので、同じですね。。
Scan14901
江ノ電でも600型として使われましたが、割とまとまったデザイン。運転台付近が狭かった記憶があります。。
 
Scan14890
比較的最近まで残っていたのですが、随分昔の車に見えますね。
 
Scan14900
街の風景がそこはかとなく古い。いまと変わっていないようでやはりちがう。
 
Scan14886
70型は古く見えますが、80型とは10年程度しか差がない。内装はどちらも木製ニス塗りだった記憶があります。手入れが良かったのか、あまり古臭い感じはしなかったな。親戚の、ちょっと古風な家に行ったような感じ?だった。
 
Scan14882
これはやはり都会の電車なのでしょうね。古くても田舎臭い感じはしない。静かな住宅街を縫って走るのにふさわしい感じ。
 
Scan14881
撮影は’81年の、たしか2月ごろだった記憶があります。
 
Scan14889
これも前掲げたかな。私にとっては、これとグリーン車こそが京王、という感じなんですけどね。。

2014年9月17日 (水)

たまでんか、たまでんか?

玉電(渋谷-二子玉川)の廃止前のことは、知らないんですね。年齢的には、同世代で知っている人もたくさんいると思うけど、使ったことがなかったもので。

先日、知人と話をしていて、今日は用賀に行ったんです、今は田園都市線だけど、前は新玉川線、もっと昔はたまでんですよね、といったら、たでんではなくたまでんでしょう、と訂正された。アクセントというか、イントネーションの違いですね。

日本語には、箸と橋とか、貴社の記者は汽車で帰社した、みたいな同音異義語がたくさんあるのに、これらを表記し分ける、共通の手法というのはないのかな?

以前、中国語を習っていたとき、最初に四声、まぁ、まぁ、まあ、まー、というのを何度も練習させられたけど、あれも難しかったな。

Scan14882_2
'81年2月。これは世田谷線ですね。
かなり午後遅くて、このときの写真はみんな陰がきつい。

Scan14883_2
これも逆光ね。150型は7000系似の、なかなかモダンなボディ。

Scan14901_2
もう日が落ちてきているね。80型は江ノ電にも譲渡され、里帰りして宮の坂に保存されている。江の島ではもなかとして残っている。

Dscn0153
2002年9月。この頃、クールピクス4300というカメラを買ったばかりだったが、当時のカメラは動体を撮るのが難しいと思われたので、のんびり走る世田谷線を被写体として試し撮りしてみた。
この日何枚か撮ったが、けっこうぶれた写真ばかり。

Dscn0151
というわけで、アーカイブを探しても、世田谷線をちゃんと撮った写真はほとんど無かった。結構訪れてはいるんだけどね。

Dscn0159
この日、沿線ではお祭りで大賑わいだった。

2013年10月28日 (月)

記念ビールを保存しながら飲む(失敗)

Imgp1045
3月の直通運転開始のときにいただいた記念ビールだ。
Imgp1052
いただいたときも、何とかきれいな状態で保存できないか、という話をしていた。賞味期限が10月なので、何とか考えて見た。
Imgp1056
プルタブを開けずに保存、ということで、ピンバイスで1mmの穴を開けて中身を出そうという計略。奥の方にも空気抜き用の穴を開けてある。
Imgp1060
出るには出るが、すごく時間がかかる。しょうがないから、腹のところを押して絞り出す。

やっているうちに、あることに気がついて一人で爆笑してしまった。
これはまるで放○みたいじゃあないか・・・。

Imgp1063
腹のところを何度も押したので、表面はぼこぼこになってしまった・・。失敗である。
ドリルで開けていけば、アルミくずも出ているはずだ。拭き取りながら開けていったけど、やっぱりよい子は真似しない方がいいと思う。
完全に中身を出すことはできず、いくらか残がある。

ちなみに、少し振ってやると、泡が立つので出しやすくなる。ある程度泡だてた方が、味は良いと思う。

2013年3月24日 (日)

記念切符 3社揃い

金曜日、友人にお願いしていた記念切符を交換、3社分が揃った。
P3240494

私(西武担当)は比較的楽に購入できたが、東急は渋谷駅に6時間ならばないとならなかったそうだ。それだけにこの3社揃いの切符は貴重と言えるだろう。
P3240495
こちらはいただきもの。
考えているのだが、新渋谷駅はJRから遠くなってしまい、乗り換えに時間がかかる。西武新宿線から横浜方面に行くには、むしろ西武新宿から新宿3丁目で乗り換えたほうが、トータルでは楽かもしれない。

話は飛ぶが、この週末は風邪が悪化してダウン中。

2013年3月18日 (月)

直通運転開始

P3160377
石神井公園で記念切符を買った後、いったん帰宅。用務先に出かける前に、装いを新たにした渋谷を訪ねてみた。
P3160382
余り時間が取れないので、さっと撮影して次に向かう。
P3160387
代官山。4時間ほど前まで、1,200人が線路の付け替えをしていた現場だ。
P3160388
テレビのニュース番組でドキュメンタリーを見たが、ホームと線路を下げるという、神業のようなプロジェクトだったようだ。
P3160402
作業道具や犬釘が整然と並べられている。

P3160397

10000系による急行元町・中華街行き。今はまだ新鮮。
P3160408
直通運転開始後も、渋谷行きは残る。
P3160390
急行石神井公園行き。いずれ慣れてしまうだろうが、今は違和感満点。

P3160426

急行飯能行き。種別と行き先の組み合わせに違和感はないが、急行の意味は違う。

P3160411

特急川越市行き。これもなあ・。

P3160422

中目黒駅の2番線は、「降車専用」になった。

P3160424

中目黒駅の案内板。おなじみの行き先は北千住行きだけか。

P3160427

東横線との直通廃止の代わりに?東武との直通は南栗橋まで延長された。これはしかし、どれだけの利用者がメリットを感じるのか疑問ではあるが。

2013年3月16日 (土)

最後の日比谷線直通/記念乗車券購入

15日、日比谷から東横線直通列車に乗る。
Img_4738_2
日比谷線も通勤で、数次にわたり利用していたことがある。
いつも03や東武ばかりで、1000系が来る機会はあまりなかった。列車を待っていて、1000系が来ると、運が良い?ような気がした。
Img_4743_2
9000系にも通じるこのデザインも、今や古いものになったのか。
先頭車に乗ったので、地上に出てからは風切り音が聞こえていた。
夕方のせいもあるが、直通利用客はかなり多く、この人達にとって改正は不便なものになりそうだ。
Img_4745
夜あった用事が変更になったので、元住吉まで行ってみた。今更言うことでもないが、この駅も全く変わってしまったので、自分がどこに来たのか、全然わからないな。
駅前通りには面影があるが。
Img_4754
ありゃりゃ、北千住行きの撮影に失敗。もう撮れない。
途中駅でもカメラマンは大勢いて、ホームには駅員や警備員が対応していたが、渋谷駅はすごかった。警備員ではなく、警官がたくさん並んでいたのは驚いた。
Img_4763
夜が明けて、というか夜明け前、記念乗車券を買いに行く。
Img_4764
今日は暖かくてよかったが、ちょっと鼻が・・・。

渋谷(その2)

引き続き、13日に撮影した渋谷駅。
P3130249
4番線に進入中。暗くてAFが合わない。
P3130281
4本並びは撮れなかった。
P3130286_2

P3130288
これだけ多くの人が行き交う駅が、急に無くなってしまうなんて不思議な感じがする。
P3130293
夜が明けたら、ここは閑散としてしまうのか。
P3130295
やがて改装され、埼京線のホームが整備されれば、ふたたび人が戻るだろう。
P3130297
東横線は頻繁に使うわけではないが、純粋な用務で利用する機会は多い。この駅がなくなるのは、やはり寂しい。
P3130301
期間は短いが、渋谷駅は通勤で利用していた時期が2度ある。
P3130308
1度目はまだ東急文化会館があった頃だ。上にあった映画館で、「マディソン郡の橋」を見た。2度目の時は、文化会館解体の真っ最中だった。
P3130312
2度とも、ここから都01系統のバスに乗った。帰りはバスに乗らず、歩いて駅に行くことが多かった。
P3130317
歩道橋から、この駅に電車が止まっているのをよく見た。
P3130327
いつも帰りは夜中だった。
P3130329

P3130331

渋谷(その1)

いやあ、流行に疎いもので、今頃になって花粉デビューしてしまった。医者に行ったら、アレルギー性角膜炎だそうで。他にもバタバタした用事があり、すっかり戦意喪失してしまった。

とにかく、気を取り直して渋谷に向かう。日比谷から中目黒に出た。おっと、1000系の武蔵小杉行き、なんてのが来た。のに、撮り逃してしまった・・。
持ってきたカメラはミラーレスのE-PL1で、暗いところではAFが合いにくい。ちょっと選択を間違えたようだ。
さて、渋谷。以下、写真数多いです。
P3130204

P3130205
この日は夜になって嵐模様になる。すべりやすい。
P3130207

P3130208
いかにもターミナル駅らしいたたずまいだった。
P3130212
ホームの先の方には屋根がない。
P3130215
5200型の写真など、昔の写真が掲示してある。
P3130216

P3130218

P3130220
桜木町行きが無くなったのは9年前か。
P3130221
その頃はまだ8000系や9000系もたくさん走っていた。
P3130227
のるるん。13日の撮影なので、まだ3日ある。
P3130230
この顔が飯能や川越で見られるのか。
P3130235

P3130241
この辺で次の記事に。

2012年10月13日 (土)

渋谷、つながる のポスター

駅のポスターに気がついたのは今日のこと。
Img_0671
また「鉄道会社はややこしい」などと言われそうだが、沿線住民にとっては便利になることはたしかだ(東急沿線の人が、所沢や志木に直通できて便利になるか、という問いかけは却下。川越は・・多少観光需要はあるのかな)。

Img_0663
渋谷も相当変わることになる。今の東横線ホーム付近はJRホームが移設されてくる。
Img_0668
話は飛ぶが、車内の中吊りで「ポポンデッタwith西武トレインミュージアム」開業を知る。
先日(といっても8月末)久しぶりに有楽町のSLカフェ(開業したころの様子は「うさぎくん」で紹介)に行ってみた。正直言ってこのお店、そんなに流行るとは思っていなかったが、やはり行ってみると、鉄道ファンならずとも面白いし、珍しいのと目立つので結構お客は多いようだ。商売上手な会社だ。

新宿京王の模型売り場も復活したようだ。ターミナル駅で、気軽に入れる模型店があまりない現状、同社には期待したいところ。

2012年8月23日 (木)

赤い電車のアオガエル

少し前の話になるが、鉄道模型ショウ2012の会場(の前の売り場)で、赤い電車の「アオガエルシリーズ」を衝動買いした。
Img_0292
アンレールネクストというシリーズだそうだ。価格は3,000円と、鉄コレよりも多少高い。
構成も鉄コレとは多少違っていて、連結器やアンテナ類は自分でパーツを取り付ける。
連結器はかなり華奢なもので、取り扱いには気を遣う。

書き忘れたが、このシリーズは地方私鉄に譲渡されたアオガエルたちだ。今回買ったのは熊本電鉄(とりあえず緑色だったので、東急時代のものかと勘違いした)だが、上田交通、長野電鉄、岳南鉄道、福島交通、松本電鉄の塗装もある。

動力化セットはアルモデルから出ているようだ。6,930円と高いが、パンタやT車の台車(GM製)も含まれている。メーカーの製品と言うよりは、マニアの作品風である。

Img_3956
ケースは鉄コレ風だ。日本製。
Img_3958
ヘッドライト、連結器取り付け前。ライトはシールドビーム2灯にするか、単灯にするかの選択だが、クリアパーツではなく、車体同色。
Img_3960
床下機器はボリューム感があり、なかなかの出来だ。台車自体は悪くないが、車輪はプラスチック製で、何となくがたつきが大きく、鉄コレのそれよりは作りがよろしくない。
動力化の際には台車枠自体も使われないので、むしろ車輪を薄くしたり、モーターを表現したりした方が良かったのではないか。せっかくの直角カルダンなんだし。

Img_3961
窓周り。塗装はそれなりにきれい。窓ガラスははめ込み式。全体のバランスは悪くないが、線は太めでやや乱れも目立ち、これを動力化してもなあ、という気はする。
多少下手でも、GMのキットを組んだ方が満足感は高いかもしれない。ただ、両運化キットなんかもあるし、熊本電鉄版に愛着があるなら、これをベースにした方が早いだろう。

私自身は東急時代の姿で、作ってみたいなと言う思いはある。