• Imgp9695
  • Imgp6791
  • Imgp6771
  • Imgp6763
  • Imgp6753
  • Imgp6746
  • Imgp7186
  • Imgp7180
  • Imgp7177
  • Imgp2133

2018年11月12日 (月)

元加治、週末雑記

Imgp6746

土曜日は用務があり、入曽のイベントには行けなかったのですが、日曜日は日中時間があったので何かしようかと。
 
そういえば元加治の鉄橋はまだ行ったことがないし、比較的近いのでレッドアローでも撮ろうかと画策。車を出した。
 
Imgp6753
ところが、地図で見るとそれほどでもないと思ったが、所沢からほぼ池袋線沿線をなぞる国道は、各所で渋滞してさっぱり進まない。帰りにナビを使ったら、もっと近いルートがあった。おまけに元加治付近で道を間違えて、飯能市内まで行ってしまった。
 もうこの辺で気持ちが萎えてしまう。。
 
Imgp6763
撮影のとき、ふと思い出して西武線アプリを立ち上げた。下りにレッドアロークラシックが入間市付近。上りは普通のレッドアローが出発したばかり。とりあえず上りを狙って、それから下り方面に移動しようと思っていたら。。
 
先行してきたのは下りレッドアローだった。。
西武線アプリはカーナビではないので、そこまでの精度を求めるのは無理なようです。。
 
Imgp6771
最初に特急がまとめて来てしまったし、夕方用事もあるのでそこそこに引き上げる。結局、車で渋滞の中を泳いだだけになってしまった。。
 
Imgp6791
またいずれ。
 
Imgp7177
撮影もそうだが、どうもこの週末はご難つづき。
C50は上り勾配を客車(オハ31)6両牽くとスリップが酷い。ゴムタイヤを交換した。
Imgp7180
車体上下を分解して、更にキャブ下のパイピングを取らないと作業は難しいが、車体が簡単に外れなさそうだったので、第二動輪とメインロッドのピンを外してなんとかはめ込んでしまった。。とりあえず復活だが、さすがに車齢32年なので、運転には注意しないといけないのかも。
後ろに見える電機はフライッシュマンのE103型だが、内周線を走行中の貨物列車が脱線、緩急車が外周線に倒れこみ、巻き添えを食って45センチ下の床に転落してしまった。
Imgp7186
 
車体と下回りが外れてしまったので、車体をかぶせなおしたが、電源を入れても反応しない。
上の基盤を外したがよくわからないので、時間を見てさらに分解する必要がありそう。
 
こちらも車齢31年だが、これまで走行に不安を感じたことはなかった。E103はちょうど日本のEF65みたいな存在で、全盛期(もEF65とほぼ同じ)には各社で製品化されていたが、今入手するのは国内ではかなり難しいかも。
 
Imgp9695
36年前のトミックスEF64 1000。以前にも書いたような気がするが、数年前から(前宅にいるころから)不調で走行にムラがあり、半分休車状態だったが、今回クリンビューシリコンスプレー(ホームセンターで198円で売っていた)をギアに噴霧したら、かなり復活した。もう普通に使えるかもしれない。。このシリコンスプレー、かなり使える印象。従来KURE5-56を使ってもうまくいかなかった車のドアミラーやATセレクターも、これを使ったら一発で回復した。べたつかないし、埃もつかない。模型にも広範に使えそう。

2018年11月 9日 (金)

水野良太郎氏

漫画家、エッセイストとして活躍されていた水野良太郎氏が10月30日に亡くなられた。82歳だった。

 
水野氏といえば、模型界では各誌に盛んに寄稿されていたことで知られる。印象深いのは70年代初めから連載の始まった、「鉄道模型趣味」誌上の1コマ漫画だ。
 
 昔朝日、読売等によく掲載されていた政治漫画(いまもあるのかしら。アメリカ版のはネットでよく見かけるけど)と似た手法で、こっちは子供だったから時には難しく感じることもあったし、絵柄も子供にはなじみにくいものだった。だが、今見返すとかなりレベルの高い漫画であることがわかる。
 
Imgp2130
TMS1976年8月号。 訃報を聞いて急遽実家から持ってきた。
ふだんは1枠だけの連載だが、この号は夏休み特集ということで、数ページにわたり漫画が掲載された。
 
Imgp2131
こどもにはかなり刺激が強かったですね。。
テーブルに置きっぱなしにしていたら、偶々来ていた祖父が読んでいたよ、と母から言われて、なんだか恥ずかしい気がしたことを思い出す。。
 
Imgp2132
あまり引用するのは差しさわりがありますので、あれですが、こういうところから大人の世界を垣間見たものですね。。
 Imgp2133
美人の描き方がどことなく小島功さんを連想させる様式ですね。
こういう絵柄、とっても久しぶりに見る思いがします。
 
Imgp2128
水野氏のホームレイアウトを紹介した号。
この号の「ミキスト」(山崎主幹のエッセイ)でも水野氏について触れており、かなりのアメリカ大型機(蒸機)ファンであるとされている。
 
Imgp2129
レイアウトもアメリカ風だが、欧州型、日本型もコレクションの対象であったらしい。
後年の記事を見ても、多様な模型を楽しまれていたようだ。
 
Imgp2127
77年に刊行された「鉄道模型入門」(廣済堂出版)。本当は「入門」などではなく、自分の楽しみ方を書きたかったが、版元の要請でこうなったとはこれも「ミキスト」からの受け売り。水野氏はこの時代の各界の趣味人の方に多かった、欧米風趣味生活者?のひとりで、著書にもその考え方がよく表れている。反オタクといっては語弊があるかもしれないが、あまり血眼でカッコ悪いのはお好きではなかったようだ。
 
その影響は多少なりとも私も受けていると思う。
 
ご冥福をお祈りいたします。

2018年5月20日 (日)

上信電鉄1995 その他

Scan11124

上信電鉄を前回訪ねたのは、23年前の3月初旬だった。
実はその前に訪れたのはそのさらに15年前の、1980年6月のことだ。先日23年ぶりに訪れたので、次は30年後の2048年前後になるのかもしれないが、もう無理だったりして。。
 
Scan11120
毎回非常に不勉強なまま訪れている。。150型はこの頃2編成が就役していたが、西武401の地方私鉄への転出は珍しいものではないので、ああ、ここにも、と思った程度だったかもしれない。。
それと、この頃既に西武新宿沿線住民で、401は毎日乗っていたので余計・・・感を感じたのかも。
 
この頃は西武時代の黄色塗装を、そのままコーラルレッドに置き換えたような姿で、なかなか貴重かもしれませんね。。
 
Scan11123
冒頭の写真は下仁田付近と記憶していますが、この2枚は吉井付近だと思います。
 
6000型のこれは、塗装を改めた姿だと思いますが、オリジナル塗装の写真をネットで見ようと思ったがさて見つからない。1000型からこの6000型までの頃の上信は、大手私鉄並み、またはそれよりも斬新なデザインと塗装でファンを驚かせていたものでした。
 
Scan11126
奥がオリジナル時代の1000型。これは1976年の登場当時、子供心にカッコいいと素直に思ったものでした(ただし、非冷房グロベンが減点)。6000型はそれを発展させた形で、おお流石、と思ったりしたものです。
 
Scan11128
200型も登場当時(1964年。ちなみに新車登場のニュース記事を記載した、鉄道ファンを持っています)は、相当斬新な車両だったと思います。1000型はその血統なのでしょうね。
デザイン的には西武風だったり、こちら側のヘッドライトは東武風味だったりしますが。。
 
Scan11125
わかりにくくて恐縮なのですが、こちら側の正面が、東武通勤車風(というか6000系風というか)なのが、当時とても不思議(情報を知らなかったので)でした。
Scan11125e
ちょっと拡大してみましたが、逆光でよくわかりません。。6000の左のほうですね。右の、貫通扉が開いているのは250型のようです。
 
撮影の翌年に出た、ピクトリアルの特集を見て、廃車された東武3000系の運転台を移植したのだ、と知りました。模型の工作みたいな感じですよね。 
 
Img_8170
上信の話から無理やり模型の話をつなげます。
C62東海道型ですが、うちでは現場の評判があまりよくないロコの一つでして。。
勾配での息つきが気になっていましたが、先日トラクションタイヤが外れてしまいました。
D51(旧)から、交換作業がたてつづきになります。
 
D51は分解容易でしたが、C62は私の手に余ります。なんとかしましたけど。
 
Img_8171
上が交換前、下が新品。目でわかるほど、伸びてしまったのですね。。
 
Img_8173
こちらは変わってC55の先台車。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、前方手前の車輪の、スポークとタイヤが外れかけています。何日も好調に走っていたのに、急に脱線してショートし始めたので驚いて原因を調べたらこんなことに。20年ほど前の製品なので、交換部品があるかどうかわかりませんが、とりあえず接着剤でとめれば大丈夫かな。。模型では「空飛ぶタイヤ」状態にはなりませんが、気がついた時はショートで台車が熱くなっていました。現実の世界なら、事故調査委員会ものですな。。
というわけでした。

2018年4月22日 (日)

関水金属 103系ブルー

Img_8160

鶯谷にて(うそ)
 
またまた古い時代のモデルです。。
きっかけはわすれましたが、オークションを眺めていたら、結構古い103系が出ていて、特に関水の初期のものは値段もかなりこなれているので、つい手を出してしまい。。
 
単品ではなく、ブック型ケースに入った6両セットである。箱には正面から見たイラストシールが貼られている。このイラスト、どこかで記憶がある。たしか1980年前後に、それまで単品でだけ売られていたものを、セットにして売り出したのではないか。覚えているのは、従来設定がなかった常磐線色がセットで発売になったというTMS「製品の紹介」の記事だ。あれはたしか、79年の3月ごろだったかな。。
 
このセットには一つ問題があって、6両という手ごろな編成なのはいいが、その組み合わせがTcMM'TM'Tcという、実物ではありえないものになっているのだ。のちに発売されたユニット窓のモデル(本製品とは別に新規に型を起こしたもの)には、Mなしモハがあるのだが、この初期の製品にMなしの設定はないのだ。ふつうならTcMM'MM'Tcか、TcMM'TMM'Tcの7両にするところだろう。
 
もっとも、単品でMを買っても良かったわけだし、もっといいのは気にしないで走らせる、または心の目でサハにパンタと主制御器と主抵抗器をついていることにすれば良い。のだが、やはりそういう大人の割り切りは少年には難しかったかもしれない。
 
今回も、M'は予備として編成から外そうかとか、もう1両Mを調達しようかと事前には考えた。うちには39年前に買ったMcM'Tcがあるので、これと組んでMcM'TcTcMM'Tcの7両にするのが正解かと(モハを足せば10両で実物通りだが、うさぎ鉄道にはちょっと長い)。
 
と、思ったのだが、現物が来て7両に組成すると、2両の動力車がまったく協調しない。起動電圧がお互いちがいすぎて、ぜんぜんだめ。。
 
もうその辺から、このままでいいや、というムードが濃厚になってきていて、実物的には変な編成も気にならなくなっていた。そもそも、この凸型動力装置、うちでは要警戒機種となっていて、あまり無造作に走らせるとヘリかルギアがすり減ってすぐダメになってしまう。キハ20系を含め、これまで何両もダメにしている。 
 
そうでなくても、走りっぷりがどうも心もとなくて、常用する気になれない。45年以上前の(設計の)動力装置なのだから、それは仕方のないことだ。同じような経緯でうちにきたEF70だって、そんなにガンガン走らせてはいない。
Img_8161_2
というわけで、本車両も動態保存扱いとして、加工せずにそのまま走らせることに。
写真の後方に写っているウグイスのモデルは、20年ほど前に買ったリニューアルモデルで、動力装置が一新している。現行製品は3両だが、この頃はサハを入れた4両でセットになっていた。それにユニット窓のMM'を入れた6両としている。
 
Img_8163
前述のMcM'Tcを組み合わせた9両編成。このままでは走らない。
率直に言ってこの素朴なモデルのほうが、なんとなく持っていてうれしいです。
 
いずれGMかトミックスでもいいけど、ふつうの新しい製品も欲しいですね。。

2018年4月13日 (金)

マイクロエース D52 129

Img_8152

マイクロエースのD52 129 山陽本線。 大変な難産で、昨年6月ごろ発売とされていたところが、どんどん遅れて、10か月たった去る4月9日にようやく発売になった。もう1種類発売予告(函館本線)されているが、そちらはまだらしい。
 
うちでアマゾンに予約したのは転居後すぐ、5月ぐらいのこと。月末が近くなると、お届け時期の変更のお知らせというのが、恒例のように来ていた。もうすっかりあきらめていたのだが。。
 
Img_8154
前回発売が2009年で、その時は光沢のある塗装に白線をかなり派手に入れた、かなり派手な装いだった。たしかヨドバシ吉祥寺に在庫があるのを見て、少し迷ったが見送った記憶がある。今回は現役当時の、普通の装いで、塗装もきれいなつや消しだ。
 
モーターが小型化されたそうで、ごらんのように狭いキャブぎりぎりに収まっている。従来のモデルは上屋根いっぱいぐらいまではみ出していた。
 
こうなると機炭間がちょっと長いのが気になってくるね。
 
Img_8157
KATOの旧D51と並べる。D52がD51より小さいのはやはり変ですねえ。。
うちのD511も、新型に置き換えていくことにするか。。
 
Img_8158    
エンドレス1,2周させただけだが、マイクロエースらしくスムーズに動く。が、ちょっと上下に振動する傾向があるようにも思えた。ヘッドライトは後退時にも点灯する(炭水車側のライトは点灯しない)。かなり低い電圧でも明るく点灯し、色合いも実感的。
写真は横着して走行中に撮ったのでぶれてしまった。(パルス制御パックではないもので、ちょうせいできなくて。。)。
 
以上ファーストインプレッションでした。

2018年4月 9日 (月)

いろいろメインテナンス

Imgp9564

別に記事にするような話ではないのですが、ここにきてようやく少しだけ余裕ができ、また先日東武6000系の就役で久しぶりにうさぎ鉄道を運転したところ、いくつか補修すべきことも出てきたので、まとめてやってみました。
 
こういうことをするたびに、目がだんだん効かなく(近くが見にくく)なっていることを痛感します。昔と違ってもう、適当でいいや、という感じにどうしてもなりますね。
 
Img_8130
EF64 1000 (トミックス)
たしか上越線で実物に接して、帰宅後買った記憶があります。36年ぐらい前に。
古い車両の多い当社でも、かなり古い部類に入り、旧宅時代にかなり不調をきたしていました。それと、滑り止めのゴムが両台車とも取れていました。
 
Img_8131
ゴムベルトについては補修部品を入手、台車周りの清掃と併せて作業。パンタが壊れかけていたのを一緒に直しました。
 
Img_8132
補修部品は偶々ポポンデッタを訪れて見つけましたが、どこでも売っているのか不明。以前はもっとナイーブというか、書棚に留置していつの間にかゴムが溶けてしまったED62の場合、台車ごとトミーに請求して交換しました。たしかEF65でも同じことをしたような。。
 
Img_8135
D51 (KATO旧)
こちらもベルト切れ。KATOの蒸機はC62、C57も切れたり外れたりしていますが、交換や取り付けは少し面倒です。
 
Img_8137
旧製品は部品入手が心配。IMONで在庫を調べ、店頭に在庫のある秋葉原店で買いました。最後の1個だとか。
 
Img_8140
旧製品の場合、車体の着脱は比較的楽なのが助かります。
ロッドピンはカシメ留めなので、マイナスドライバで軽くこじればとれます。
 
Img_8133
DE10 (トミックス)
ちょっとぶれてしまいましたが、実物の軸配置A+A+Aに相当する部分の台車。DE10の場合、新線や長く運転していなかった区間の試験列車用によく使っています。購入は1984年と記憶していますので、当年34歳。
 
ギアに埃や糸くずが入り込むことが多く、だんだんと動きが重くなる傾向があります。
対策は時折外して清掃することしかなく、清掃後注油して少し動かしているうちに調子を取り戻します。
 
トミックスの旧型機は、とにかくメンテがしやすいのが長所。
 
Img_8142
201系(KATO)
以前通勤で毎日使用していたころ、電照式種別幕のついた時代のモデル。西武沿線に越して数年たったころ、吉祥寺ユザワヤで買いました。姿かたちは懐かしかったが、運転はあまりしていなかったと思う。
 
今回運転してみて、方々のクハ201-41のライトがつかないことに気づき、車輪等を清掃してみました。が、やはりつかない。
 
Img_8143
分解してみると、この頃はまだLEDではなく、たぶん白熱灯。切れているか調べたのですが、問題ない模様。
 
Img_8145
ただ、分解して組みなおしたら接触が治ったのか、点灯するようになった。 
これにて一件落着。
 
一緒にスハ43(かなり初期の製品。室内灯をあとから取付した唯一の車両)の車輪も清掃して直しました。初期のスハ43は、車体の分解が大変で屋根の端が傷だらけになってしまい、以来室内灯の改造取付はしていません。が、上記201系も分解は簡単なようですね。これなら室内灯つけられるかな。
 
Img_8151
103系(ATC車)。201系に比べると連結面間隔が広いのが目立つので、貫通幌を買ってきてつけてみた。専用部品ではないので、取付突起を削ったが、上下寸法が少し合わない。 
 
増結用3両に取付け、未加工の先頭車等と連結して走らせてみたが、それほど連結面が目立たなくなった感じはしない。
 
Img_8146
うさぎ鉄道のほうは、折れてしまった踏切警報器を交換。旧宅時代にもう折れていて、接着剤でとめていたが、それも取れてしまったので。鉄コレの完成品だが、土台が高いのでそこは加工している。気がつかなかったが、以前の踏切と同じ製品だったようだ。
 
Img_8148
買い物ついでに、レイアウトのフィギュアを増やしてみた。
撮影する人々というテーマの、カメラマンらしき人々のセット。
 
Img_8149
よくあるアイデアだが、うちは撮影場所があまり多くない。
 
Img_8150
まあ、ぼろが出てしまうので、あまり写真は撮ってほしくはないけど・・。
 
という訳でした。

2018年3月26日 (月)

東武6000系

Imgp4656

パーツを買って組み付ければすぐにできるはずのものが、延々1か月以上かかってしまいました。
 
ちょうど先月、8000系クリーム6連を組み付けた後、多少パーツが余った(といっても車輪1両分)ので、どうせならこちらも動力化してしまおうと思い、帰りに天賞堂に行ったのが2月16日のこと。あれから何回週末を迎えたことやら。。
 
車体そのものは一昨年暮れ、ちょうど引っ越しの話が出ているさなかに購入したものです。今月いっぱいで通販事業を終了する東武Access(Yahoo店は継続)で購入しました。
 
Imgp4655
写真に撮ってみたら、快速急行の方向幕がうまく着いてないですね。。折を見て付け直すか。。
 
ステッカーが豊富についていまして、方向幕、種別幕、トレインマーク(快速急行だいや2種、おじか、さよなら6000など)、車体番号も選べます。普通のシールですが、インレタ苦手なので、こっちのほうが好きです。
 
前後の車両はダミーカプラーを残し、連結側はアーノルトに換装、一応2両でも走れますが、連結側の正面方向幕は未装備です。ちなみに一方のユニットは浅草行き、もう1ユニットは東武日光・鬼怒川公園行という、妙な方向幕表示になっています(こういう、変えられない方向幕はどうも引っかかるものがあって、永遠に浅草行きというのもなあ、と思ったりして、ついヘンだと知りながらこういうことをしたりします)。。
 
本車両の連結面間隔も近年の仕様に従って実車並みに短い形ですが、運転してみるとちょっと詰まりすぎという感じがあり(特に推進運転になる先頭車との間隔)、これも折を見てスペーサーを改めて付け直すつもり。運転自体は280Rを問題なく通過できるようです。
 
パンタは純正ではなく、トミックスのPT42として売られていたものを使っています。このパーツ、鉄コレの純正ではないようで、差込口が合わず、足を切って透明ゴム系接着剤(瞬間接着剤が手元になかったので)でつけてあります。シュー先端が一本になっているタイプで、まあこの車にはふさわしいのですが。
 
Imgp4658
レイアウトにのせてみると、これ、なんとも地味ですね。。ほとんど保護色なんじゃないかと思うほど。傍らに同じ2扉急行型の153系やキハ58系を並べると、いかにも地味です。457系だって、いくらか華がある。
 
ではありますが、運転してみると、いかにも私鉄的、昭和的な良さがあり、最初思ったよりずっとうれしくなってしまいます。。
 
私が知ってる6000はたいてい6連だったので、4両はどうかなと思いましたが、むしろこのほうが軽快でいい感じですね。。
 
Imgp4662
6000系は自分の中ではそれほど古い車という印象がないのですが、考えてみると30年以上前に引退した(6000系としては)車両なのですね。もっと古い5700系のほうが長生きだったというのも、考えてみると不思議な気もします。
80年代初頭まで、冷房もないまま料金を取る快速急行(それも臨時ではなく定期列車)に運用していたというのは、さすがに時代錯誤でした。京急600(初代。登場時の形式700。京急初の高性能車で、いまの2100系的な存在)ですら、70年代初めには冷房化されましたし、それゆえに80年代まで現役で頑張れたのですから。
 
実はそれ以外にも、背ずりがデコラ板むきだしでクッションがない(オハ61のような)座席とか、シートピッチなどにも問題があり、ために東武がそのままの形での冷房化を躊躇したということもあるのかもしれません。
 
Imgp4666
というわけで、いちおうそれらしくDRCと並べて走らせました。
それでは。。

2018年3月19日 (月)

グリーンマックスの客車編成表

1年前も引っ越しで忙しかったですが、今年はそれに輪をかけて色々圧力がかかったり、時間が自由にならなかったり、更には花粉症の影響もあってボロボロでございます。。

 
本当は模型のネタを持っていて、それを書くつもりが2週間ペンディング中です。。
 
それはそれとして、先日実家を整理して下のようなものを見つけました。
P3181781
グリーンマックス(当初はホビーショップマックス)は昭和49年末に、それまで完成品オンリーだったNゲージ界に、プラキット形式の客車で参入し、一大センセーションを巻き起こしました。最初はオハ61系3種とナハ10、次いでスハ43と、蒸機時代末期のローカル線にはもっとも馴染み深い車種を選定、翌年春には往年の特急客車、夏には軽量寝台車と範囲を広げていきます。
Nの客車といえば、関水の20系寝台車かオハ31系(CABから金属製軽量客車が完成車体で発売されていたそうですが、私は見たことがありません)という時代ですから、ファン待望の製品であったことは容易に想像がつきます。
 
このカタログは、ラインナップを広げてきた自社の製品を活用してもらうために、GMが編纂した過去、現在の客車編成表です。
初版は76年だそうですが、私が買ったのはちょうど40年前の1978年初頭のことでした。 
 
編成記録というのは、昔はもっとメジャーな趣味行為の一つだったようですが、近年は固定編成化が進んでその意味合いは薄れてきているようです。とはいえ、後進の世代の人もその趣味性は理解できるようで、若い人でも興味を持つ人は多いみたいです。
 
P3181782
内容はこんな感じで、模型製作、運転用の編集ですから、車番はなく形式のみ。基本的にはその列車のある時期の代表的な編成例が掲げてあるだけです。模型用ならではの視点としては、塗装が分かるようになっていること。「はつかり」は青に白帯、「つばめ」は青大将色、そのほかは茶色という具合。
 
P3181783
「現在」というのは、本書作成の1976年ごろのこと。東北方面の客車は電暖改造のせいか青色塗装が多い(というのは私の一知半解か?)。北陸トンネル事故以降、食堂車の連結はなくなり、まだ12系と寝台車の併結は行われていないという時代。ようやく「銀河」が20系化されたけど、まだ夜行急行といえば窓の開く10系寝台が主力だった。
 
P3181784
編成表のページが終わると、次は製品のカタログになる。
この頃は非常にシンプルで、客車は切妻の戦後以降の形式のみ、旧国のキットはちょうど出たかどうかというころ(カタログには予定品として記載あり)。
電車は既に完成品として111系、103系ATC(クハのみ)、72系(更新クモハその他)それに小田急1800がちょうど出たところ。
 
高架橋やプレートガーダーなどもさりげなく掲げられているが、こうしたものは外国製の、ちょっと普段見かけないような形のものしか手に入らない時代だったのだ。
 
P3181785
最初に書いたように、これらオハ61系列とナハ10が、最初に出た客車キットだった。
この意義は、今ではにわかに理解できないほど大きかった。これを拡大した16番客車キットが中村精密からでたり(16番としては破格の1990円で発売、製品構成もなんとなく似ていた)、完成品しか出していなかった関水から京急800のキットが出たりした。
 
今、うちにはオハ61の在籍はない。いつか往時をしのんで、このキットを今組みなおしてみたいと思っているのだが。
 
P3181786
さっきちょっと言いましたね。電車の完成品は111系が最初。ネット上では「グリ完」といわれてるみたいですね。111系の、独特のモールディングは、懐かしいですね。。動力車の3,950円は当時とても高く感じました。72系もこの動力を流用したため、モハ72 920の台車はDT21、強制通風抵抗器付きでした。クハ79(全金)の台車もDT13(TR35系)、サハはノーシル、ノーヘッダでした。
 
111系の横須賀色までは出たけど、阪和色(153系新快速のような色)は出ずじまい。401系も出てません。
 
P3181787
これもさっき触れた、電車キット。初弾は3扉ロングシート、平妻の40系列、2扉の43系列、4扉の7系(3段窓)、それにクモユニだった。半流は時間がかかり、出たのは79年夏。70系、80系はその秋。モハは一体型2両一組の構成になる。
 
111系ものちには一体型キットが出た。もともと広告ではキットとして予告されていたが、完成品に変更されたのは塗装等、一般ファンには荷が重いと思ったのか。そういえば、ATCクハ(当時は出たばかり)も、前面部だけ発売と予告されたことがあった(関水のクハを改造するための)。
 
P3181788
まあそんなわけで、古い話をしてとりあえずその場しのぎをしようとしたわけでした。。
 

2018年2月19日 (月)

東武8111F(セージクリーム色)

Imgp4613

相変わらずの諸事情たてこみ状態ですが、超多忙でまったく自分の時間がない、という訳でもありません。ただ、いろいろめんどくさくなって、もう寝てしまう、みたいなことは多いかな。。
 
もちろんそれではいけないので、なんとか気分を変えようと。
Imgp2064
帰りにIMONに寄って、ひと揃え買ってきました。
組み立て(いわゆるNゲージ化)も、連休中にすぐできるはずでしたが、少々遅れて、次の週末に完工、試運転をしました。
 
もともと鉄コレを蒐集することはあまりしていませんが、6両セットを買うのは今回が初めてです。ケースまでそろえると、そこそこの値段にはなりますが、昨今のGM、マイクロ(の社労セット)よりは安いですね。買うときはGMのキットも一応考えましたが、こちらで正解かな。。
 
Imgp4617
方向幕は「臨時」赤幕です。ナンバーは5050系みたいな青文字です。
クリーム色の塗装は、だいぶ黄色みが強いようにも思えます。
ちなみに奥に見えるのは、37年前に入線した、GMキット組み立ての8000。板状2両入りのキットで、発売後まもなく買いました(お年玉で買ったと記憶)。
 
Imgp4623
私鉄シリーズは前年春の、小田急が最初かな。夏に西武(101、5000)、伊豆急が出て、そのそのあとがこの東武だったと思う(記憶抜けあるかも)。最初期のキットで、床下機器はまだご覧のようなダイカスト一体型。いわゆるダイキ中ヤス製ってやつですね。これはM'車用で、完成品の111系が初出なのかな。おそらくカツミの国電シリーズに範を取ったのでしょうね。
 
Imgp4620
・・まあ、古いキットのことはいいのですが、こちらはさすがに隙のない、良い作りです。
今回モハ8300を動力組み込みにしました。
 
Imgp4614
今回驚いたのは、連結面間隔が極めて狭いことで、たぶん実車に近いぐらいではないかとおもいます。前に買った52系流電や、小湊キハは恐ろしく長くて、それにくらべると雲泥の差です。
とりあえず、R280までは通るようです。
 
Imgp4628
78(クロスポイント)と。やはり色が微妙に違う。
 
Imgp4636
なお、先日回着したモハ152+153は、今回ようやく編成に組み込んで、8両でデビューを飾りました。
 
Imgp4635
そのうち181系(「しおじ」)とも、共演させないとね。。
 

2017年12月16日 (土)

西武2000系(初期型)

Imgp9379

新井薬師前付近(うそ)
 
沿線住民だったころは手を出さずにいたのですが(結構な価格だし、私鉄型はうさぎ鉄道ではあまり活躍しないので)、離れてみると恋しさがつのり、オークションでよさげな価格で出ていたので落札しました。
店によっては新品在庫がありますが、4+4のセットというケースが多く、6両はあまりない。また再生産するようですが。
 
ナンバーは印刷済みで2023Fとなっています(田無事故復旧車)。原型ですが更新車で、スカートつき、クーラー新型、シングルアームパンタです。検索すると、2000系で一番最初に廃車になった編成として、たくさんの人が取り上げています。
 
車両の考証については詳しくないのですが、製品の発売は2010年ごろなので、そのころのすがたなのかな。長年一緒に過ごした人の、古い写真を見るとこんなに若かったっけ?と思うように、電車もさいきんの姿の記憶しかのこっていないものです。これがたまに見る人や車両だと、またちがう感想になるのですが。(考えてみるとこういうのは、若い人にはないかんかくでしょうね・・)。
 
Imgp9375
上石神井にて(うそ)。
左のN系はたしか1994年ごろに買った塗装済板状キットを、1995年暮れに組んだものです。併結用に片側だけアーノルトカプラーを残したけど、今回の編成と組み合わせるにはひと工夫必要でしょうね。。
 
Imgp9377
上石神井にて(だからうそ)。
2000系オリジナルは通風機、窓周りなどが103系とよく似ていることから、登場のころ、KATOの103系を改造して作る人が結構いました。うるさいことを言わなければけっこうそれらしく作れそうですね。そのくらいのおおらかさで模型をやるのが、個人的には楽しく感じるのですが。。
 
Imgp9381
入手時ステッカー類はそのままの状態で、ほとんど走らせた痕跡がないようでした。クハの1両はヘッドライトがつかないような気がします(走行状態にもよるので詳細は不明)。昔と違い、もう眼鏡を外しても細かいディティールはわからないな。前面のステンレス飾りが、ちょっと大きいような気もします。
 
P1110455
新井薬師前にて(うそ)
2013年12月。
2000系は数年前まで安定多数政党だったので、今の様子を見ると結構違和感を感じます。黄色い電車も来るには来るけど、みんなN系ばかり。そう・・あと5年もすれば、これも。。
Imgp9383
西武コレクターではないので、ほかには101N系しか持っていませんが、ときどきうさぎ鉄道を西武モードにして、遊ぼうかと思います。

より以前の記事一覧