• Scan14677
  • Scan15334
  • Scan15333
  • P9241561
  • Scan12683
  • Imgp0894
  • Imgp0892
  • Imgp5935
  • Imgp5909
  • Imgp5906

2015年6月18日 (木)

東松原のあじさいライトアップ

東松原駅のあじさいライトアップを見に行った。
P1030471
今年は6月10日から24日まで、時間は19時から21時30分まで実施されている。
P1030477
ウェブ情報によると、井の頭沿線には2万6千株のあじさいが植えられているそうだ。単に沿線の環境保全ということだけはなく、沿線の路盤保護という目的もあるそうだ。

P1030479
で、行こうと思って出勤時にカメラを持って出たのだが・・。まさかの残業でなかなか出られない。ようやく8時半になって退社。新宿21時10分の特急に乗って、東松原着は21時22分。あきれるほどぎりぎりのタイミングだった。
P1030494
しかも、梅雨前線が北上して夜半からかなり強い雨が降り続けている。
散歩して明大前あたりでめし食ってなんていうのは吹っ飛んでしまった。
P1030506
ライトアップしたあじさいと一緒に撮れる列車は数本、というか2本だけね。

P1030509
まあ、ライトアップされている斜面は40m位かな。ホームで電車待ちをしているときには大変に和む、いい眺めだが、桜並木のように華やかなわけではない。
P1030512
会社の子とも話したが、あじさいというのはちょっと妖艶な女性というイメージだ。
さくらは舞台女優とか、アイドルという感じか。
P1030519
こういう感じの花が、本来日本固有の種なのだそう。
望遠レンズを持ってきたけど、そんなに近寄っては撮れないです。

P1030521

今は鉄道ごとの個性はだんだんと少なくなってきたが、やっぱり京王は京王でなんとなくおしゃれだよねえ・・。列車接近の案内メロディですら、ちょっと違う。1000系もそんなに個性を強く主張している訳ではないのに、ディティールが微妙に上品・・。

やっぱり東武や西武とは・・(以下自主規制)。まあ、東武なんかはあ~ばんとか言ってないで、もっと自分の魅力に目覚めてくれればいいのにね。

P1030546
これを見送ってまもなく、ぼんっという音がして、投光器が消灯した。
雨はまだ降り続いている。

P1030573
10時も過ぎ、腹も減ってきた・・。家までいくつか繁華街を経由したが、もう面倒くさいのでそのまま帰宅。
というわけでした・。

2013年6月15日 (土)

井の頭線延伸計画の記事

また日経の記事で恐縮だが、
井の頭線、消えた延伸計画と日本一の「三鷹球場」
帝都電鉄が京王帝都の1路線となった1948年、三鷹から田無、更に東久留米に至る延伸計画があったという(久我山から別線を計画。後に吉祥寺経由に変更)。競願として、西武多摩川線の延伸(武蔵境から東伏見、後に武蔵関)というものもあった。双方に共通するのは、旧中島飛行機工場跡地に設置された「東京スタジアム」と、周辺で計画された大規模なスポーツ施設へのアクセス。しかし、球場は1年で閉鎖され、路線免許申請も後に取り下げられた。

Dsc_0006
旧中島飛行機工場跡地から、浄水場のある辺り、この辺は私にとってはなじみの深い土地だ。工場引き込み線を利用した、国鉄武蔵野競技場視線の話は、何年か前のピクトリアル(中川浩一氏)の記事で知っていた。
この辺は戦時中爆撃の激しかったところで、よく不発弾の撤去作業をするお知らせを目にしたことがある。広い敷地だが、今は大きな公園と団地になっている。
Dsc_0009
吉祥寺、三鷹から西武柳沢まで、かなり頻繁にバスも運行されている。この辺りを南北に結ぶ鉄道があったら、便利だっただろうな、と言う思いは強い。

実は10数年前、いわゆる架空鉄道として吉祥寺-川越間を結ぶ鉄道を想定したことがあった。実際の計画とは違い、路線の開通は戦前で、軌間は1435mm,吉祥寺から田無、今のひばりヶ丘を経由、野火止付近に車両基地があり(開業時)、川越街道に沿って川越に向かう、本川越付近に終端駅があり、大宮方面の電車と接続、という想定だった。

 軌間が1435mmなのは、山の手急行との接続を想定したため。中島飛行機の工場は南側を通り、立野町付近から南下して、吉祥寺駅手前で右に急カーブして北口付近に駅を設ける、と設定。駅は小さく、車両は18m級5両までしか対応できない(後改良で一部8両対応)。
90年代半ば現在、60年代中期から作られた新性能車グループとそのマイナーチェンジ版、80年代からの界磁チョッパ車が主力、最新のアルミ、ステンレス車が登場、試作的に作られた初期高性能車は、Tc化され、やはり60年代から70年代に作られた吊掛式車体更新車は一部が冷房化、新性能化の上残存、という状態だった、と思う。

 後にだんだんエスカレートしてきて、川越からスイッチバックして北に向かい、高崎だかどこかまで延伸された(戦後)、ということで、クロスシートの長距離型が登場(料金不要の、京急旧600型のような)、80年代初めには後継の新車が一部指定座席付きで登場、その後一般車と混結、座席指定車廃止とか、話が広がってしまった。

 まあ、こんな遊びは若い頃は大好きだったけど、残念ながら年と共に想像力が枯れてきてしまったかもなあ・・。

2012年11月12日 (月)

京王 1979年

Scan10103
 79年1月の、まだ松の内も明けたばかりの頃だったと思う。
ここは先日地下化された調布(だと思う。ブログに書くとなると微妙に自信がない。でも、右奥に「調布駅北口通路」と書いてあるようなので、間違いないとは思う)。

 

前パンの6455を先頭にした特急京王八王子行きが停車中。背後に5000系が控えているが、番号まではわからない。

 これだけ見ていると、そんなに大昔という感じもしないんだけどねえ。

2012年7月16日 (月)

連写は最小限に

珍しくこの場でカメラの話を。さいきん使っているミラーレス機について。

Panasonic Lumix G3は最新世代のミラーレス機で、AF性能はニコンやキヤノンの入門用レフ機と遜色がない(あるいは多少上かもしれない)。ミラーレスならファインダーを覗いて撮影してもLCDで撮影しても、AFの速さは変わらない(連写枚数は影響を受ける)。さいきんのレフ機はだいぶ健闘しているようだが、基本的にライブビュー撮影時はかなりAFが迷う。

ただ、AFC(コンティニュアス)モードだけは実用にならない。今回は試さなかったが、以前にAFの遅いE-PL1で試したときは散々だった。実用上は、AFSにして連写したほうがベストショットを得やすい。

P1020882
EVFを観ながら1枚ずつシャッターを切っていっても、正面がちの構図でゆっくり走る列車であれば困らないし、AFは瞬時に合焦する。
P1020883

置ピンして連写するのだから、厳密にはすこしずつアウトフォーカスになってしまうのだが、その辺うるさいことを言えるほど眼力も技術もない。
P1020904
カタログ上の連写速度は16M、高速で秒4枚だという。
P1020905
16M、jpegファインの設定で、いちどに連写できるのは5枚から7枚ぐらいである。
良くやるのが、自分がベストと思った位置よりずっと前から連写を開始して、途中でバッファがいっぱいになって取れなくなるケースだ。
P1030110
連写開始
P1030116
7枚目で連写終了。悪くないが、もう1,2枚撮りたかった。
また、EVFの表示には必ずタイムラグがある。連写しているとき、この位置で撮ったはずだが、と思って見直してみると、実際の画像ではずれてしまっていることがある。
P1030073
P1030074
P1030075
最後の2枚は自分では撮った記憶がない・・。連写中なので、撮影者の反射神経は関係がなく、画面上列車が通過した時点で手を離して、撮影は終了するはずだ(手を離すタイミングも問題にはなるが)。
P1030189
連写するとどれか当たっているのかもと思い、つい多用してしまうが、無駄なショットも増えてしまうし、撮影も荒っぽくなる。ここはと思うところで、最小限連写するのが良いようだ。

MF時代、モータードライブは持っていなかったから、置ピンして1発勝負するしかなかった。AF一眼レフになって、連写はできるようになったが、持っていたニコンF80はたしか秒2.5枚ぐらいで連写は苦手、ほとんど使ったことがなかった。フィルムも勿体なかったし。デジタルになって、D70sは多少連写しやすくなったが、実際に現場で連写することはなかった(このモデルはAFCが使えた)。

G3は外観はちょっと頼りないが(なにしろ「ママ一眼」なので・・)、性能は悪くないので、しばらくは色々と工夫して、使っていきたい。
P1030067
おまけ。ぞろ目の7777号車が来てくれた。井の頭線にも1111、東急(8888)、西武(2222)はいるが、いずれも中間車だし、先頭に立つぞろ目は貴重かも。

2012年7月 2日 (月)

井の頭線

急に思い立って井の頭線に行ってみた。
あじさいはそろそろ終わりであり、かなりまぬけなタイミングはである。
Lumix G3の設定のチェックをしたかったので、近場で適当な被写体を探した次第。
P1020749
1722F ブルーグリーン
P1020762
1704F ライトグリーン
P1020778
1732F 2008年以降のマイナーチェンジ車。
P1020770
1721F ライトブルー G3のバッファが少ないので、連写開始の場所を間違えると途中で止まってしまう。 JPEG Fineで6枚が限度。
P1020784
1706F オレンジベージュ。もとは肌色に近いベージュだった由。
P1020791
1702F アイボリー これが上品に見える。大したセンスだと思う。
P1020797
1723F マイナーチェンジボディ。この方向幕はいい。マイクロエースの模型は初期型のモデルだけで、このマイナー後ボディの模型は市販品にはないようだ。
P1020802
1726F バイオレット。この鉄道が女性に人気があるのもわかる気がする。
沿線のあじさいも鉄道が植えたのだろうか。
P1020817
1710F サーモンピンク もう通勤型車両には興味があまりなくなった、と思っていたが、この鉄道を見ていると、それなりに興味深い。
P1020772
出発進行。


2011年6月26日 (日)

京王帝都時代

ちょうど30年前の写真。京王沿線には親戚や知人がわりといるのだが、沿線に写真を撮りに行くというのはほとんどしたことがなくて、何かのついでに撮ったものばかり。
6001f
6000系の第一編成。世田谷線を訪ねに行った帰りだと思う。
親戚は初台や幡ヶ谷にいたので、6000系の存在は全然知らなくて(各停はグリーンカーで、特急は白い電車=5000系という意識しかなかった)、初めて知ったのは登場から2年後、多摩動物公園に親戚と行ったときだった。横長につながった(様に見えた)方向幕、左右で大きさの違う前面窓は、東武8000系しか知らなかった子供にはものすごくモダンに見えて衝撃的だった。家に帰ってから画用紙で6000系もどきの模型(といえるほどではない。窓やドアの絵を描いて四角い箱を作っただけ)を作ったほどだ。帯の色は濃いグリーンだった。
同じ日に高幡不動だと思うが、無蓋貨電(デト210)を見た。貨車なのにパンタがあるのは新鮮を通り越して理解不能状態に陥ったのも覚えている。
2000
2000系。子供の頃親戚の家に行く時に乗ったのがこれで、となりにいたスマートな5000系がうらやましかった。時代が下ると5000系も各停に入るようになって、そのときはうれしいと言うより妙な違和感を感じたのを覚えている。
こちらは7月。このあとうまれてはじめての合コンに行ったんじゃなかったかな・・。
そういえば5000系の写真もどこかにあったはずだけどな。整理が悪くて。