• P1190810
  • P1090475
  • Dsc_0766
  • Scan14737
  • Imgp4999
  • P6240130
  • P6170079
  • P6170078
  • P6170076
  • Scan11082

2017年5月18日 (木)

埼玉県西部地区 私鉄特急網

P1190810

またご無沙汰してしまいました。もともと先約された行事が多い時期に、後から転居などの事情が加わったために現場はえらいことになっておりまして、まだ新居の片づけが終わっていません。徐々に進んではいるのですが。
 
レイアウト「うさぎ鉄道」も、新居に搬入してから1か月がたちましたが、いまだにこちらで運転はしていません。たぶん、開業後1か月運転しなかったのは、数年ぶりかな。開業以来ではないけど。
 
鉄道系趣味とはかかわりなく、必要に応じ鉄道で移動する機会も多くなっています。先週は都内に出たのち、鴻巣(埼玉県の免許センターがある)まで行きました。遠いこと・・。帰りは、センターから川越まで行くバスがあるのを見ましたが、疲れた体にはさすがに堪えるので、オーソドックスに川越線を使いました。。大宮は、駅ナカがある分暇がつぶせるのでいいですね。殺風景な川越線/埼京線ホームは相変わらずですが、まあ東京駅地下ホームも似たようなものか。
 
今日は代々木公園(駅)に行くため、小竹向原からFライナーを使って千代田線へ。急行運転は便利。もっとも、時間の節約は気休め程度でしょうけど。今までこうした経路は使ったことがなかったので、新鮮に感じます。
 
重い荷物を持って移動することも多く、その意味からも経路選択は重要です。もっとも、ひねりようもない行き先も多く、先日行った西荻窪は新宿経由で行くしかない。乗り換え案内を見ていると、武蔵野線利用などもありますが、キャリーバッグ抱えてそれはない。山手線内回りから三鷹方面に乗るのに、代々木で乗り換えることはうっかり忘れていた。
 
先日小平方面、西東京方面に行った時は都心経由ではなく本川越から南下していきました。昨年、本川越駅に西口ができて、川越市駅からのアクセスが格段に向上した。西武新宿、中井、本川越と、アクセスの悪さは西武線利用者が背負った十字架のようなものだが、川越市-本川越5分ならまあ上出来だろう。
 
数年前から、東村山にも特急が停車して、緩急結合がはかられています。もっとも、特急の10分ほど前に各停が出ていて、2度とも特急は使わずじまい。 ただ、帰路は疲れていたし、荷物も多かったのでこんな日こそ、特急に乗りたかった。
 
当日券は特急停車駅でないと買えないことはわかっていたので、東村山で降りてホームを探したのですが、飲料の販売機しかない。偶々運転士がホームに出ていたので聞くと、特急は跨線橋を渡った5番線だという。そりゃあ・・。時間もないし、荷物を抱えて橋を渡るのも大変だし、あきらめざるを得なかった。
P1090475 (まだ4線の頃の沼袋ね)
 
東村山は今、高架化工事の最中なのでその関係もあるのでしょう。。とはいえ、昔なら所沢まで各停(急行)で行って、ホームで特急券を買い待っていればよかったのに、それすらできないのだからねえ。。やっぱり理不尽。
 
通勤路線の特急は、新幹線で出張に行くのと違うからできれば気軽にぱっと乗れるといいのだが。。と考えていたら、数年前に西武のインターネットサービス(Smooz)に登録したことを思い出した。
 
登録しても、使ったことはなかったのだが、IDのメールは保存してあった。ところが、数年ぶりにアクセスしようと、パスワードを入れてもログインできない。どうも、1か月アクセスがないと自動的に退会?になってしまうらしい。
 
特急券のチケットレスサービスがSmoozで、これにはあらかじめ料金のデポジット(カード決済)がいる。別に、インターネット予約サービスというのがあり、ちょうど映画の鑑賞券のように、自宅やスマホで予約して、券自体は駅で買う。これ、会員番号はメールで送られた8桁の番号で、券売機にパスワードとともに入力する方式だ。出先ではちょっと煩わしい気がする。先の映画観賞券なら、会員登録不要で都度番号が与えられる方式(色々あるのかもしれないが)で、このほうがスマートだと思うが。
 
S-TRAINもできたことだし、ここはすこし、特急ネットワークを活用してみようか・・。
 
そういえば、TJライナーもまた盛んに使うようになってきた。平日は0時まで運行しているが、休日は早くて21時が最終となってしまう。休日でも着席したいのは同じなので、ここは何とかしてほしいところだ。それに、東武側からも地下鉄直通有料特急がほしいところ。
 
ただ、TJライナー、Fライナー、S-TRAINときて、今度はなんという名前にする?T-TRAINだと、東武と東急で区別がつかない。やっぱり東武のBをとって、B-Trainでしょうか。。
Dsc_0766
 

2017年4月 6日 (木)

新井薬師さくら2017 そして沼袋配線変更

しばらくご無沙汰いたしました。

転居関連で多忙となり、鉄道部のほうまで手が回らなくなっております。
 
各方面からのホットな話題、東武の「大樹」から「リバティ」、西武ではS-TRAIN等々、身近な鉄道の変貌を伝えるニュースがネット上に流れているのですが、こちらは全く身動きが取れません。。
 
それでも、何とか時間を少しだけ作って、新井薬師の桜を撮ってきました。
Imgp9205
 
平日の朝、出勤前の撮影ですが、蓄積疲労で出かけるのに手間取り、ほんの少ししか時間が取れませんでした。最初は沼袋の様子を撮影してから、と思っていたのですが、ちょっと無理。とにかく現場へ。
 
Imgp9218
ここ数年は、同じように朝出勤前に撮影に出かけていますが、昨年、一昨年は4月1日に行っていたようです。今年は満開が少し遅くなりました。
 
Imgp9223
最初にここを訪れたのは10年くらい前だったかな。そのころは夜桜も撮影していましたが。
 
Imgp9227
よる
ちょっとおざなりですが、数本電車が来たところで撤収。
 
Imgp4360
さて、夜、帰りに沼袋を訪れました。4月2日からホームの位置が変わると、以前から車内放送で告知されていました。
 
Imgp4386
ちょっと光って見えにくいですが、もともと中線を通過線とした2面4線であったものを、下り線を廃止、上にホームをかぶせています。ホームは西武新宿寄りに38mずれて設置されています。
 
Imgp4363
元のホームはそのままに、ホームの幅が広くなっています。
元のホーム自体は昨年、工事のため幅が多少狭くなっています。
 
Imgp4367
本川越方。もとの下り通過線をそのまま本線に転用しています。線路配置としては中井と同じ形になり、1本の通過線を上り、下りで共用できるようになっています。
 
撮影時点(午後9時台)では、通過線はもっぱら下り列車に使用されていました。3月25日のダイヤ改正で、多少調整がされたものと思われます。以前は上り線側も終日通過待ちをしており、同時刻に上下に通過待ちの列車が停車している場面もしばしば見られました。
 
Imgp4370
ホーム先端に改札口があります。ここの部分は今は単なる通路と化しています。
 
Imgp4372
ので、ここには新設ホームをかぶせておらず、元の本線跡が残っています。
 
Imgp4374
ローカル線によくある、欠き取り型のホームを連想します。 
 
Imgp4376
上屋は延長されていないので、列車に乗るときにはどうしても濡れてしまいますね。
いずれ、もとのホームは解体されて仮の上屋が設置されるのでしょう。
 
Imgp4381
まだレールの頭が光る状態で残っています。
 
Imgp4383
エスカレーターも移設されるのでしょう。 
 
Imgp4391
跨線橋からみる。構内はだいぶ狭くなったように見えます。
 
Imgp4402
 
Imgp4409
もとの上り通過線を、下り列車が通過していきます。
 
Imgp4411
手前のポイントは、昨年秋に新設されたもの。
 
Imgp4412
 
Imgp4414
暗くてわかりにくいですが、下にレールを撤去した軌道が見えます。枕木はそのままになっている模様。
 
Imgp4415
 
Imgp4424
上り線側。ホームはこちら側に延長されています。
 
Imgp4437
 
Imgp4439
本当は日中の撮影をしたいのですが、レポートともども時間がなくて失礼!

2017年3月12日 (日)

鷺宮折り返し

以前メインブログのほうにちらと書いたが、このブログ(メイン、鉄道部)が2011年春から始まっているのは、東日本大震災と無関係ではない。というより、あの災害を一つのきっかけとしている。

それはともかくとして、この鉄道部のほうで、あの時のことについて触れることはほとんどなかった。理由はやはり、このようなゆるい趣味的なブログで取り上げるのは穏当を欠くと思っていたからだ。
この震災のときだったか、もしかしたら尼崎事故のときだったか忘れたが、「鉄道ファン」誌が、編集後記にこうした鉄道災害についての記述に関する見解を示していた。
 
ファン誌はこれらの事故について、紙面に記事を掲載しなかった。理由の一つは心無いファンが記事を「曲解」することを避けたいこと、そして楽しい趣味の雑誌たるべき同誌の趣旨にそぐわないからだ、と。いい方は違ってたかもしれないが、大略そういう趣旨の話だった。
これは一つの見識でしょうね。
 
翻って、このブログに社会的な影響力などはないが、私の場合はまあ、気持ちの問題として。。
 
ただ、あれから6年が過ぎ、自分の記憶も少しずつ失われつつある。それに、間もなくあの頃とは住環境が大きく変わる(転居する)こともあり、少しだけあの時のことに触れてみる気になった。
Img_1948
以下は当時のメモをもとに記す。
Img_1899

11日当日、首都圏の鉄道は全て止まり、いわゆる帰宅難民が大量に発生した。私もその一人であり、当日は帰宅せず、家族と親戚の家に身を寄せている。この日はだから、午後は鉄道を利用していない。

その後、徐々に運転を再開したが、この時点では電力事情は関係なかった。しかし、日曜日の午後になると、週明け以降の電力事情ひっ迫がにわかに問題になる。

 

深夜になって、東京電力から計画停電の話が持ち出された。午後11時過ぎ、ウェブを見ていたら、西武は明日、池袋線で池袋-練馬高野台間、新宿線で西武新宿-鷺宮間のみ運行し、他は運休するという記事を見つけた。半信半疑で最寄りの駅まで行ったところ、私と同様の不安を抱えた人が駅員に質問しているところだった。

 

実際に当日、計画通りにいったん実行されたらしいが、私が出かけるころには東電が停電を実行しなかったということで、運行範囲を拡大していた。急行運転はなく、すべて各駅停車でかなり混み合っていた。

 

帰宅時には再び限定運転に戻り、午後7時台は西武新宿-鷺宮間で運転していた。

Img_1943

おそらく出社を見合わせた人も多かったのだろう。利用客はまばらだった。

Img_1952

ずっと限定運行しているわけではなく、午後9時か10時ごろに運転再開するとのことだった。

Img_1954

鷺宮では2番線のみ使用しているようで、ホームについた列車は折り返し西武新宿行きとなり、西武新宿寄りの渡り線を使って上り線に転線していた。

Img_1950

鷺宮行きという方向幕はないので、30000系の行き先表示も「臨時」である。

車内の液晶モニターはSEIBUというロゴを表示するのみ。そういえば先日乗った電車も、故障なのか同様の表示になっていたのを見た。

Img_1953

私はここから歩いて帰れたので、改札口を出てバス通りに出た。改札では駅員が誘導をしていた。通りでは同輩を数人見かけたが、家までは思ったよりも時間がかかった。

翌15日(火)は、計画を実行して朝は鷺宮折り返し。このときは池袋線の折り返し駅だった練馬高野台駅を利用した。始発駅で乗客も少ないため、案外快適な通勤だった。メトロ7000系が池袋地上駅に乗り入れていた。石神井公園ではなく、練馬高野台を折り返し駅としたのは何か意味があるのだろうが、なにしろ異常事態続きで、そんなことで驚いていられない、という雰囲気もあった。

 

この日の夕方は前日と違い、上石神井折り返しとなっていた。普段のダイヤでも上石神井行きはあるので、施設的には問題はなさそうだ。

 

16日(水)朝は運行範囲を拡大していた。急行運転はしていないので8両編成で、遠方からの列車なので極めて混んでいた。様子を見ていた通勤客もそろそろ仕事に戻り始めていたのだろう。帰りは田無までの限定運用だった。

 

以後、徐々に輸送状況は改善に向かっていく。


2017年2月 5日 (日)

TJ中毒

Imgp3630

昨年まではたまにしか利用のなかったTJライナーだが、今年に入って週に数回利用するほどのヘビーユーザーになりつつある。。
 
私のTJ利用基準は、「今利用可能な最短時間で目的地に到達できる列車を利用する(一定基準のもとで料金の要不要は問わず)」、であり、もし数分前に出発する準急に間に合えばそれに乗る。最近の準急は結構空いているし、途中で座れることも(時間帯によっては)珍しくない。
 
ところが、遅い時間の準急はふじみ野で接続せずに、途中でTJに抜かれてしまう。ので、それなら10分待ってTJに乗ったほうが速いことになり、TJ利用可能時間帯が増えてしまった。
50090系のクロスシートはリクライニングしない(よね?)し、非常に快適というわけではないが、確かに定員乗車で必ず座れるのはありがたいのだ。
 
P1100114
先日、京都の知人(鉄道ファンではない)と話をしていて、TJのことを話題にした。
知人は大阪に出向くときはいつも、料金不要特急に乗る。クロスシートで快適な車に乗れるので、非常に便利だ、という話をして、それにくらべ関東は・・という話になった。
 
Img_0503
別に珍しい話でもないが、関東地区のクロスシート欠乏症は深刻だ。
中電がセミクロスシート車だったのは遠い昔の話になり、今や普通車のクロスシートはおまけ程度、どうしても乗りたければ料金を払って、というのが定着している。
そういえば着席通勤は小池百合子都知事の政権構想に出ていたな。
 
P1010747
6050系のクロスシートは快適だが、利用者としても現実問題として、こういう車が首都圏近郊で幅を利かせる時代が来るとは、あまり考えていないかもしれませんね。。
たぶん、6050の後継は出てこないのでしょう。。
 
Imgp0249
一方で、直通区間の長距離化が進んでいるわけで・・。多扉、トイレ設備付で、マルチアレンジシート付の車を発展させていくしかないでしょうね。。
とにかく、安易にTJに乗ることと、仕事中につい甘いものを口にすることは、最近の私の悪い癖。。

2016年11月 5日 (土)

西武新宿線地下化工事状況短信、銀座線運休、その他

西武新宿線中井-野方間の地下化工事に関する短信です。前回は1か月前、沼袋付近でポイントを組みたてていた話と、新井薬師先で軌道移設していたという話でした。

 
沼袋では新井薬師方上り線付近にも、やはり線路わきでポイントを組み立てている様子が見られましたが、今回撮影はしていません。
 
P1090469
前回のポイントは、こんな感じで上り線に組み付けられました。まだ分岐側はどこにもつながっていません。安全側線みたいですが、いまのところここは上り追い越し線なので、ここを逆走することは原則ありえません。
P1090472
調整のためか、ポイント手前10mくらいのところからレールが取り換えられています。模型みたいで面白いですね。。
 
P1090475
沿線にある工事進捗図を見るに、ここはいったん中井のような追い越し線1本の三線になるらしい。ポイント設置の様子から推測するに、現在の上り追い越し線を上下共用にして、上り待避線を廃止する、ということか。ん、上り待避線のほうを廃止かな?
 
P1090460
新井薬師方にも工事のための養生がされているのがわかる。
 
P1090464
このようにバラストを袋につめてユニット化?している。
終電後の深夜に、一気に撤去、移動するためだろう。
土曜日だったが、この日も職員が線路上に出て、何かを確認していた。
 
P1090477
話は変わって、新井薬師駅の中井方にある踏切です。
先月は下り線が南方に移動していましたが、(いつの間にか)上り線も並行して移設されたようです。
 以前は写真の左側、バラストが敷き詰められているあたりに、上り線が走っていたのです。
 
P1090479
たぶん、踏切あたりから線路を動かしているのでしょうね。。
 感覚的にどうしても、模型のことを思い出してしまうのですが、もしフレキをつかって敷設した区間をこのように移設するには、まず軌道を外すのが大変、そのあとレールの長さが合わなくなっているので、それを調整するのが面倒でしょうな。。まあ、ふつうは古い線路は使わずに、新しくフレキ買ってきて敷きなおすね。。
P1090489
こうしてみると、別に何も変わっていない気がしますね。。
まあ、工事の1ステップの記録ということで。。
さて、ここは新井薬師と中井の間。中井駅まで行って帰るか、新井薬師に戻るかと、迷っていたのですが。。
そういえば今日は銀座線で一部運休があることを思い出したのでした。
中井から大江戸線に乗って、青山一丁目へ行き、表参道へ。
そこから千代田線で赤坂見附まで行って、溜池山王を見る、
というプランを頭で考えながら、駅へ向かう。
 
なかなかスマートに経路がまとまったな、と軽く満足しながら。。
 
・・この踏切から大江戸線の駅までは、案外と狭い道を迷いながら歩く必要があったのですが。。
 
P1090498
というわけで青山一丁目です。昔仕事で利用していたので、個人的にはなじみ深いのですが、最近何かと話題になることが多いようです。
ここはたしかに、階段は多くて複雑だし、ホームも狭くて、バリアフリー的な配慮が難しい駅だよな。
 
P1090507
ちょっと、方向幕がにじんでしまった。
ライトの直撃はかわしています。。まあ、上手な写真を撮っていらっしゃる方は絶対どこかにいるはずなので。
渋谷方面行きの1番線ホームを、逆走するの図ですね。
 
P1090511
また方向幕がにじんでしまった。。
ガラスの反射で、青山一丁目と読めると。
 
P1090512
こちらは止まっているけど、どの駅かわからないな、と。
 
P1090516
車内から。
 
P1090520_2
表参道駅。渋谷方面に向かう線路は、この日も渋谷方面行きとして営業運転しますが、渡り線がないので、乗客を降ろした列車はもと来た道をそのまま回送として引き返します。
浅草方面も同様で、青山一丁目の2番線ホームは降車専用として使われていました
P1090523
今乗ってきた列車が回送列車として発車。
青山一丁目からの乗客はあまりいませんでしたが、外苑前からは結構な乗客が乗ってきました。
変則的な運転をする、意味はやはりあるのでしょうね。
 
P1090532
表参道駅は、たぶんLED照明化されているんだろうな。
妙に明るく映る。
P1090536
折り返し青山一丁目行き。
これには乗らないで、千代田線で赤坂見附を目指す。
 
P1090552
溜池山王。ここは渡り線があるので、より一般的な運用方法です。
P1090557
1000型のライトもLEDなのかしら。
本当は01系を待ったほうがいいのでしょうね。。
向かいの浅草行きが01でした。
P1090559
 
P1090560
いちおう、銀座まで行ってから丸の内線で赤坂見附に向かい、ホームの様子を見てみました。
ちなみに電車の自動放送は、当然ながら銀座線乗り換えのままで、後から運転士が補足の放送をしていました。ホームは普段よりも閑散とした感じ。
 
P1090563
表参道でも車止めが見えていましたが、撮影者が多く、警備員の方が「乗り出さないで」などと言っていたので撮影は控えました。
が、ここ赤坂見附でもなぜか車止めが見えたので、黄色い線の内側から撮影。
 
第三軌条はたぶん、通電しているんでしょうね。線路をちょっとのぞいてみたけど、さすがにレールが錆びているということはなかった。
 
昔、ストなどで列車がまる一日止まると、レールが軽く錆びてくる、とかいうことを思い出しました。。
そういうわけで、野次馬根性まるだしの話でした。

2016年10月11日 (火)

軌道移設とポイント

西武新宿線中井-野方間の連続立体化(地下化)工事関連でです。

ひとつは、車窓から見かけた「ポイント」
P1190048
沼袋-野方間、沼袋駅よりの踏切の先に、組み付けた状態で置いてあるのが見えます。
 
P1190052
模型のポイントと同じような状態で組み付けられています。枕木を裏返すとSHINOHARAとかPECOと書いてありそうな感じ。左分岐のように見えます。
 
P1190062
沼袋は地下化後も地上と同じような配線になるようですが、地上で組み付けてこれを地下に搬入するとは考えにくい。工事のために、現在線を一部移設する目的で作っているものと思われます。
 
P1190038
沼袋の跨線橋から野方方面を望む。上り本線に、なにか準備しているらしい形跡があります。
 
P1190044
長尺の枕木らしきものも見える。
踏切わきのみずほ銀行は移転した模様。
 
P1190037
上り線ホームは幅が狭くなり、既設上屋を徐々に外している模様。
 
P1190040
今、工事の過程の図を見ました。現況では上下それぞれに追い越し線がありますが、この後一時的に1線減少して、中井のように1本の追い越し線を上下で共用するらしい。
P1080171
次に、中井-新井薬師間の線路移設について。
この先は地下線から地上に出ていくところに相当する部分で、先行して線路を移設したらしい。
移設したことは車窓から見て初めて気が付いた。9月中旬のことだと思う。
 
この日(8日土曜日)は日中雨が強く、夕方近くになって晴れ間が見えてきた。ので、カメラを手に訪れたころにはだいぶ日が傾いている。
 
P1080174
地下化工事では、本線は現況地上線より北側に移動するらしいのだが、これはただ移動して作業スペースを作ろうとしているのでしょうね。。
 
P1080190
終電後に、一気に付け替えたんでしょうな。模型だったら、該当する区間のフレキを外して、現物合わせでフレキを切り詰めて敷設しなおすのだろうけど、実物の線路を動かすのは難しそうだな。。
 
Imgp1842
2016年6月。場所で言ったらここのはずですが・。
P1080198
画角も違うので、上の写真とのつながりがいまひとつわからないですね。。
 
P1080204
ひとつ中井寄りの踏切から。トンネル出口はこのあたりになると思われます。
もう日暮れも近くなってきた。
 
Imgp8600
同じく2016年6月。
 
P1080239
こっちのほうがわかりやすいですね。もう日没が近いのであれですが。。
というわけでした。

2016年9月19日 (月)

KPP

P1080154

朝の通勤時に、よく見かけるこの車両、運転は29日までらしく、いよいよ見納めだ。
 
新宿線に入ったのは7月末のこと。ちょうど都知事選挙の頃だった。選挙の行きがけに撮影を試みたが、運行情報を見たのに予想した時間に来ずに敗退。まあ別にいいか、と思い、以後撮影を試みることはなかった。
20160916_214608
かわいい系というのも、まあありがちな企画でもあるし、おじさんが騒ぐ問題でもあるまいと。
と、思っていたが、もうすぐ終わると聞くと、なんだか気になってくるのは悪い癖だ。
20160916_215555
Wikipediaによると「2013年から日本国外各国を巡る世界ツアーを成功させ、楽曲が世界各国の「iTunes Store」で上位に入るなど、日本国外で最も成功した日本人アーティストのひとりとなっている。国外のファンは「パミュアー」(Pamyu-er)もしくは「キャーミィ」(Kyarmy)などの通称で呼ばれ、著名人ではレディー・ガガケイティ・ペリーアリアナ・グランデ、ならびにグライムスなどが該当者として知られている」だそうで、世界が認めたトップアーチストなのであった。
というわけで、定額配信サービスを使ってベストアルバムを聴いてみたが、なんとなくタダものではないような気がしてきた。
ちなみに血液型はB型だそう。きっとそうだろうと思ったら、やっぱりそうだった。
P1080155
いやあ、なくなると寂しくなりますね。
来週末は出かけるし、(22日は一応時間はあるが)もう撮影のチャンスはないと思って、雨の中撮影を敢行したが、やはり発色があまり良くないようです。3か月の間にだいぶ色が褪せてきたのかな?

2016年6月18日 (土)

西武新宿線地下化工事 2016

昨年のちょうど今頃、現場の状況を見に行ったが、今年もこの時期になって少し沿線を歩いてみた。

今回印象的だったのは、2000系初期車の姿がすっかり少なくなっていたことだ。以前なら、沿線で撮影していれば半数くらいは2000系だったのだが、今回2時間ほど歩いていて、2000系を正面から撮影することはできなかった。
そういっては何だが、日常利用するものとして、特別趣味的に西武を追いかけることはしていない。これまでも701,801,401系、101系、N101,301系、そして3000系を見送ってきたが、今回も気がついたらさようなら、ということになるのかな。。
Imgp1796
今回は「中井で降りて野方駅まで歩いてみた。中井は先日地下道が開通し、跨線橋が廃止になったばかり。
Imgp1798
外見は現役時のまま残っているが、下り方は入り口が塞がれている。
Imgp1799
上り方は、途中まで階段部分が完全に撤去されている。はしごを外す、という言葉があるが、まさにそんな感じだ。ホームが手狭なので、暫定的にこうしたのだろう。
Imgp1801
改札口が地下になった。下り方面はまた階段またはエスカレーターで地上に戻る。上りは地下通路を経て地上に上がる。
Imgp1802
 下り(本川越方面)は従来、地上にあった改札口を通ればすぐにホームだった。踏切で各停が通過していることを確認したら、走って改札を抜ければ乗車できたが、今はちょっと無理かもしれない。
 それにしても、エスカレーターやエレベーターを設けたとはいえ、わざわざ不便にしたような印象をぬぐえないのですが。。。
 自由通路はたしかに進歩でしょうけど(6/17現在未開通)。
Imgp1813
この手前辺りで地上に出る予定。
Imgp1814
この辺り、工事の進捗で景色がだいぶ変わることになると思う。
Imgp8594
手前が妙正寺川橋梁
Imgp8600
架線柱は交換されているのだろうね。
Imgp8623
 
Imgp1830
新井薬師駅 西武新宿方の踏切
Imgp1839
駅付近の建物の撤去は進んでいる。
Imgp1844
小さくて見えないが、本線は北側地下に移設される形になる。
Imgp1845
 
Imgp1850
 
Imgp1864
新井薬師-沼袋間。アジサイの花が咲いているが、京王井の頭線のようにはいかない。
春は大根の花がきれいなところだが。
Imgp1865
 
Imgp1868
工事区間で最大の踏切
Imgp1872
沼袋駅西武新宿方。改めて見ると、この曲線分岐のポイントは非常に長い。番数はどのくらいなのだろう。模型ではとても作れそうにないな。。
Imgp8632_2
この区間、案外と撮影できるポイントは限られている。
Imgp8648
沼袋から新井薬師前を遠望するが、障害物が結構多い。
Imgp8649
日中は(10時頃から16時ごろまで)ここでは退避しない。
Imgp8677
沼袋駅野方より。狭い住宅街をすり抜ける。といっても、江ノ電ではないので乗っていればよくわからないが。
Imgp8687
高圧柱や派手な建物も、この辺りらしい風景。
Imgp8691
カーブの多い区間でもある。人一人しか通れない通路ごしに、上り列車を真正面からとらえることができる。もうちょっと、望遠の利くレンズがほしいですね。
Imgp1902
この辺は工事が進展し、踏切わきであっても列車の撮影は難しくなってきた。
Imgp1904
こうしてみると、このまま高架線になるのではないかという気もするが、地下に杭が打たれているはず。
Imgp1916
踏切から列車を撮るとこんな風に。
Imgp1927
最後は野方駅の西武新宿よりホームから。
地下化工事は、高架工事とちがって進捗がわかりにくいですね。
それより中井駅の地下道は驚きました。
かつて、前後2期にわたり通勤で中井を利用していたのですが(大江戸線に乗り換え)、まだ山手通りの橋が掛け変えられる前で、窮屈なホームでした。大江戸線まで雨にぬれずに乗り換えられるような工夫がされるといいのですがね。。

2016年4月 2日 (土)

新井薬師さくら 2016

今年の桜は、開花は早かったけど、結構長く見られますね。
ここのところ、毎年この時期に記事を書いていますが、(2014年、 2015年)今年も出勤前に寄ってみました。

SNSに写真を掲げたら、写真家の友人にほめられたhappy01。ストーリー性があるねって。
ので、今回はそのSNSと同じ写真を掲げておく。
P1060972

P1060930_3

P1060941

この風景が見られるのもあと数年でしょうか。。

2016年3月16日 (水)

西武 新型特急車両 発表

Seibut
新聞各紙、その他メディアでは15日に一斉に報じていました。。

25年ぶりの新型特急と言うことで。現行10000系もずいぶんとベテランなのですね。

10000系NRAは、新たに設定された新宿線の特急「小江戸」にも運用されて、西武の優等列車の普及に貢献した立役者だ。

ただ、車両単体としてみると、その時代の私鉄優等車両としては地味だったかも知れない。93年とその前後の、関東私鉄をでいうと、東武100系が90年、おなじく京成AE100も90年、小田急20000型が91年、東武200系は92年、ややあって96年に小田急30000型EXEが登場している。

小田急20000だけは乗ったことがないが、あとは何回も乗っているかな。東武は100系は力を入れて作ったが、200系はちょっと気を抜いているんだよね。足回りにDRCが入っているのはまあいいとして、座席のシートピッチは不足はないが並みサイズ。これと西武10000は製造時期が近いが(奇しくも先代の西武5000と東武1800も同い年)、西武の方が座席はゆったりしている。京成は意外とといっては失礼だが、乗るとけっこういい。西武と京成は、どちらも乗車距離的にちょい乗り系で性格が近い。小田急は別格ですよね。EXEはどちらかというとカジュアルなコンセプトなのに、あの内装はすごいです。

新型は正直言ってイラストだけ見ていると、なんだかよくわからないというか、わからん。なんだか電車と言うよりもB29みたいな感じですね。。レイルウェイ・ツェッペリンならぬ、レイルウェイ・スーパーフォートレスみたいな。でもきっと内装がすごくいいんですぜ。たぶん。


より以前の記事一覧