• Imgp9280
  • Imgp9279
  • Imgp9278
  • Imgp9276
  • Img
  • Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222
  • Imgp1216
  • Imgp1211

2017年10月10日 (火)

101系伊豆箱根塗装

休養に努めた3連休でしたが、3日目は少し時間も空いたし、天気も良かったので近場を訪問してみました。

Imgp1015
とりあえず出発点は北朝霞駅から。
この界隈も、考えてみると40年以上移り変わりを眺めているけれど、ずいぶん変わったねえ。。なんだかここだけ見ていると、阿佐ヶ谷か西荻窪、という感じがしてくる。鹿島神宮駅なんて、この駅と同じころ開業しているし、同じような高架駅だけど、あと40年たっても変わってないんじゃないかな。。そんなこと、比べる方があれですけど。。
 
Imgp1019
205系も普段はすっかり見かけなくなって(自分の行動範囲では)、小さなドア窓がなんか懐かしく感じます。
 
Imgp1020
休日の中央線はどうも人が多すぎて苦手。
 
Imgp1023
多摩川線は2009年5月末(オリジナル101系最後の頃)撮影に行っているのですが、リバーサルの撮影で、手元のスキャンを見ると10枚程度しかなく、それも白糸台周辺しかない。その後、春夏秋冬シリーズが始まったころ、2011年春に自転車で来ています。
 
2009年のときはもう高架で、中央線側がまだ地上だったのかな。もう忘れてしまった。。
 
Imgp1024
ホームについたら、ちょうどこれが来たところでした。
数人の人がカメラを構えている。一般の女性もいました。
 
Imgp1026
なんとなく地下鉄乗り入れ6000系を思い出すけど、伊豆箱根にはあまり結びつかないですね。。
そういえば先日所用で三島に立ち寄りましたが、駿豆線は見そびれました。
 
Imgp1027
反対側から。
 
Imgp1032
東武8000なんかはもうネタ切れ感がありますが(6050は快速塗装と旧快速塗装(水色)があるけど)、その点西武はまだ開拓の余地がありますね。
他社譲渡先でいいなら、上信塗り、流鉄、三岐、近江と、諸国色々ありますから。
 
Imgp1044
何にしても、白塗りはちょっともったいない感じがします。
 
Imgp1045
 
Imgp1059
沿線は住宅が多く、光線の関係もあって撮影が難しい印象が強いです。
 
Imgp1068_2
この右手に、ちょっとした草原があって撮影できるかな、と思ったのですが、道路が通行止めになっていました。私道なのかもしれません。
 
Imgp1072
これは陸橋の上から撮影しています。
 
Imgp1078
いま気が付いたけど、これ(1249F)にはベンチレータが残っていますね。
それと、柱を黒く塗っているので3000系ぽいところもありますね。
 
Imgp1082
 
Imgp1086
高圧電柱とか、とにかくごちゃごちゃしています。
 
Imgp1097
北多磨車両管理所、昔そういっていたような気がするのですが、ネットで検索すると車両基地といういい方しか出てこないな。
 
Imgp1107
競艇場前駅付近。
 
Imgp1120
一応これで撮影はおわり。
 
是政まで歩きます。それにしても、昔はこの辺まで自転車(ママチャリ)でうろうろできたんだからな。。
 
Imgp1136
せっかくなんだから、西武は黄色で行きましょうよ。
 
Imgp1160
今日は乗れなかったけど、本線ではこちらもまだまだ元気。
 
というわけでした。

2017年9月19日 (火)

上井草駅ホーム改良工事

Scan12683

6月ごろから工事が進んでいた、西武新宿線上井草駅の改良工事はほぼ終わったようだ。
 
ようだ、と書かざるを得ないのは、残念ながら日々の進捗状況を追える立場にはないからだ。夏以降、沿線を利用する頻度が下がり、用務のために観察する時間もとれない。
 
利便性向上や安全性のため、年々古き良き時代の駅設備が消えていくのはやむを得ないところだが、長年利用していた駅の様子が変わるのはやはり感慨深いものがある。
 
最初の写真は2003年夏。この頃上井草といえば、壁の色は緑だった。
 
P5120035
ホーム面のコンクリートブロックを、洒落て斜めに組んであるのが特徴だった。特徴というか、西武のホームはどこもそんな感じで珍しくもなんともなかった。いつの間にかどこも改修が進んで、どこもアスファルトのホームになってしまった。この写真は2001年5月。
 
Img_0309
壁色の塗り替えを始めたころ。2008年の2月。
 
Sbsh0029
同年3月。塗り替えは完了している。この木製のベリーベリーロングシートも特徴の一つで、この頃800号を迎えた鉄道ピクトリアルに取り上げられた(鉄道風景&名所800の〈218〉)。
 
この後、改修工事で仕切りが設けられた。あれは風よけなのだろうか?
 
P8125194
奥のほうに見えますね。
 
P8125195
改修前の姿。失礼、いつのものか今わからない。。
写真左側の、ホーム端が白っぽくなっているところは、もとの石が古くなって崩れそうになったのを補修している。本格的な補修工事は、やはり必然だったといえる。
 
Photo_taken_on_20170419_080141
私事ですが、この駅を通勤利用した最後の日。
 
Photo_taken_on_20170419_080156
同上。最初の写真に比べると、右のベンチが新しいものになっている。。
 
Imgp5868
今年8月。 線路に面するところの石が取り換えられた。同時にホームがかさ上げされている。
Imgp5875
レール組(古レール?)の上屋柱も、かなりごつい補強が加えられた。奥の緑色の囲いは工事中の状態。
 
Imgp5876
以前はこのピンクの壁の向こうから、夏草が生い茂ってきて、隙間から葉がのぞいていることもあった。
 
Imgp5906
通勤利用時の定位置から撮影。6両目の一番本川越寄りの扉が、上屋ぎりぎりのところだった。
 
Imgp5909
細かいところだが、この柵も取り換えられている。以前は線路わきによくある、コンクリートの柵だった。
 
ときどき高校生が、柵を乗り越えて入ってくるのを見たことがある。あれは改札をどうしてたのかな。。
 
Imgp5879
下りホーム上石神井寄りのホーム表面。補修もされているが、ブロックが雨にさらされて表面に石が見えるほどの状態になっている。
まあ、こうなるまで長く使われていれば、ブロックも本望だったろう。。
 
Imgp5935
ほぼ完成後。やはりのっぺりした印象はぬぐえない。
 
Imgp0894
アスファルト、という材質はどうもあまり好きではないが、今日仕方がないのでしょうかね。。
 
Imgp0892
どうせなら上屋も追加してくれるとよかったのですが。。とはいえ、屋根がないほうが広々とした感じがして、これはこれで悪くない気もしています。
 
ホームドアの普及も進んで、駅施設の表情もますます変わっていくのでしょうね。
という訳でした。

2017年9月 3日 (日)

元町・中華街

Imgp0777

相変わらず時間的、気力的に厳しい状況が続いておりまして、ついに8月は更新を飛ばしてしまいました。。
 
とりあえず、先週所用で横浜に行った時の話を。
 
Fライナー自体はもう話題性がないというか、早く東上線にも指定席の直通特急を走らせてほしいなどと思う昨今ですが、そういいながらまだ横浜まで通しで乗ったことがありませんでした。
 
地上線利用客も、志木か和光市で地上池袋行き急行に接続するので(一部列車)、割と使いでのある列車です。この日は午後の出発だったので最寄駅からずっと座っていけましたが、例えば今朝10時過ぎのFライナーは立っている人もちらほらという感じ。当地の場合、全行程が1時間20分なので、途中であれ座席にありつけないのはちょっときついでしょうね。
 
ちなみに前宅最寄駅から、同じ時間に出かけたとすると、今回の列車よりも15分遅く到着する、ということになるようです。ただ、前宅からだと乗り換え案内で検索すると、東急経由と新宿からJR経由が所要時間的にほぼ互角(横浜地区と捉えた場合)だったので、乗る時間によりどっちを選ぶか、という楽しみはあったな。
 ただまあ、乗り換え回数が多くても、以前は東急渋谷地上駅から始発の特急に乗るのが、一番シンプルでわかりやすかった気がするんだけどね。。
 
さて、帰り道、ホームで列車を待っていたら、S-TRAINが入線してきました。
Imgp0785
エスカレーターでホームに向かっているとき、既に特急券は売り切れたとアナウンスするのが聞こえていました。
 
Imgp0790
ただ、ここから乗車する人はパラパラという程度。おそらく横浜でどっと乗ってくるのかもしれない。
 
例の窓なし席が見える車内。
 
Imgp0788
車いすスペースが素敵に発展したパートナーゾーンですが、ふだんはどんな使われ方をしているのかな。
 
Imgp0791
ドアも黄色にすればよかったのに、と思ったりします。。
 
Imgp0783
夕方5時前後ですが、折り返しはかなり慌ただしいです。
ベイスターズのHMがついたY501F
 
Imgp0793
7000系の最終増備車。そんなに古くない(といっても平成元年)のですが、いろいろな列車が来る中では、多少年齢を感じさせるデザインではありますね。。
 
Imgp0794
池袋どまり。
 
Imgp0797
帰りの列車はこれでした。
ホームドアが設置されると、こんな風な写真も撮れなくなりますね。
というわけでした

2017年7月31日 (月)

池袋新名所ほか

Imgp0625

南池袋の新しいビル正面にてんじされているこれ、私も詳しい事情は全く知らないのですが。。
 
Imgp0623
SNSの情報によると、時折行き先が変わるらしいです。今は通勤急行豊島園になっています。
 
Imgp0621
これは昨秋、2000N系で初めて廃車となった2097Fの、クハ2098なのだそうです。
ウェブを見ていると、廃車後かなり早い時期に解体されてしまったようですが、先頭部だけこうして残されたのですね。
 
Imgp0620
京急のことは詳しくないのですが、この812Fは解説によると79年の製造だそう。
「シン・ゴジラ」に破壊された800が何番だったのか、わかりませんがDVDを止めてみると丸灯の初期車のようです。
 
不完全な写真しか撮れなかったので、ここでは掲げませんが、左奥のほうに東急7700のカットモデルも見えます。これも蒲田行きのようでした。
 
Imgp0387
2000N系の展示は少し早すぎな気もしますが。。西武も廃車が始まると早いから。。
 
Imgp0647
この日は中央総武緩行線も少し撮影。山手線でE235系がだいぶ目につくようになってきたので。
 
Imgp0662
ただ、休日は高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪の快速ホームが使えないので、新宿より西方では撮影が難しい。。本数は結構多いけど。
少し待っていると、数本これが走っているのを見かけました。
あまり変わった感じはしないですけどね。。
 
というわけでした。

2017年7月10日 (月)

夕刻の撮影(兼西武新宿線地下化工事近況)

Imgp0202

先日書いたように機材をPentax KP (きゃりーさんと呼んでいます)に替えたのだが、その後も多忙で撮影のための時間が取れない。どこかに出かけるなどとてもできず、近場でもなかなか・。とりえあえず18-135mmだけつけて、出先からの帰りに撮るのが関の山だ。用事が済んでからの撮影なので、どうしても夕方になってしまう。幸い、今の時期は日が長いから助かっているが。
 
Imgp0061
先日大宮方面に行ったときのこと。このときは8000は見かけず、往復60000系だった。急行も走っているし、野田線という感じがしないですね(アーバンパークラインだってば)。60000系は東上線にもほしいなあ。
 
Imgp0065
いちおう、こんなのも来たので。
 
Imgp0072
高田馬場や池袋で夕方、よく見かけてた列車かな。。
 
Imgp0067
いちおう。 ここで見るとは思わなかったですね。。
 
Imgp0099
以下、ちょっと写真の数が多いのですが・・。
ところも日も変わって、これは昨日(土曜日)。3線が定着してきた沼袋駅。
 
Imgp0106
装着レンズが18-135mm (換算27-200mm相当)で、標準ズームよりは望遠も効くのですが、それも限界があるようで。離合の場所をピンポイントで予測はしにくいですからね。。
 
Imgp0112_2
上り線から跨線橋を上り、西武新宿方面を見たところ。西友のあったあたり、コンクリート供給用のタンク(なんていうの?)が設置されている。駅前のみずほ銀行もほぼ解体されてしまった。西友もみずほも、工事完成後復活したりしないのだろうか?
 
Imgp0118
こちらは下り線、ちょうど重機のあるあたりがホームだった。
 
Imgp0126
だんだんと移動して、今度は井荻。
 
Imgp0142
ホーム上はちょっと撮影しにくいので移動。西日が強い。
 
Imgp0215
また日が変わって、今度は日曜日の夕方。もう6時を過ぎている。
中井-新井薬師間
 
Imgp0227
黄色い電車が減ったことは寂しいが、とにかくこの30000系が増えたことで、路線全体のアコモデーションレベルが上がったことは確かだ。野田線の60000系もそうだが、やはり利用者にとっては新しい電車は気持ちがいい。
 
Imgp0244
でもこっちが好き。
 
Imgp0250
東上線の50000系列がだいたいこれと同じくらいの世代ですからね。。
東上線はいまちょっと、車両近代化が足踏みしている感があるな。
 
Imgp0259
カメラのAEはヘッドライトにも幻惑されず、いい感じです。
 
Imgp0271
もう6時半を過ぎたので、これで引き揚げます。
なぜか、KPを持ち出して撮影していると、しらない方から声をかけられます。先週はカメラ好きらしきおじさん二人組に、この日は鉄らしきおじさんに声をかけられた(さいきん西武、なにかあるんですか?)。あまり詳しいこと言えないので、地下化するらしいです、車は?どうでしょうね。。と、あいまいに答えておいた。もしかしたら、もっとコアなことを(2000系の廃車状況とか)話したかったのかもしれないが、まあよく知りませんので。。
 
Imgp0273
で、この日はいろいろあってストレスもたまっていたし、この際と思い、いったん西武新宿まで行き、そこから「小江戸」に全区間乗ることに。
全区間乗ったことはほとんどなかったです。というか、たぶん1995年1月1日以来だと思います。
 
Imgp0275
3番ホーム入線の急行はこれ、なんていうの。台湾鉄路コラボのラッピング。
 
Imgp0282
通過・・。
 
Imgp0288
てなわけでした。
お付き合い、ありがとうございます。

2017年6月10日 (土)

懐かしの?西武 2003

Scan13925

それまでほとんど使うことのなかった西武新宿線を利用するようになったのは1994年、その年に転居して以来23年。たぶん通勤利用としてこの先、この路線より長く利用するところはないと思われる。
 
趣味的に、通勤路線を特別に興味を持って眺めるということはあまりない。
 
学生の頃、大手町丸の内界隈にたくさん並んでいた有名企業のオフィスビルは、その大半が建て替えられてしまって現存しない。旧住友銀行東京営業部、東銀ビル、駅伝で有名な読売新聞本社、鉄鋼ビル、丸ビル、新丸ビル・・。
 そしてより新しくて、まさかなくなるとは思わなかったマルハニチロビル、三井物産本社、旧三和銀行東京営業部など。物産はカルガモで有名(昔の話だが)だったし、三和もチャコールグレイの外装がいかにも重厚で、高度成長が行きついたころの日本の、自信に満ちたビジネスエリートを連想させた。
 
話がすっ飛んだが、手許にそんなビルの写真などがないのは、仕事をしているときにそんんな呑気なことを考えている暇はなかったからだ。たとえ時間があっても、なんだか不謹慎な感じがして、写真など撮る気になれなかった。
 何がいいたいかというと、通勤に使う電車もまた、なかなか写真を撮る気にはなれなかった。ので、写真ログをひっくり返してみると、転居後しばらくの間、西武の写真はあまり残っていない。
 
・・と、思っていたのだが、あんがいそうでもなかったようでcoldsweats01(あれだけ前ふりしときながら・・)、眺めていたら結構な数にはなったけど。ただまあ、やはり機械式一眼レフしかなかった頃は、写真自体が少ないですね。
 
2002年に4メガのデジカメと、フィルムだがAFの一眼レフを買ったので、その翌年2003年には、多少地元西武の写真が残っている。
Dscn2400
デジカメ(Nikon E4300)はまだ今のような気軽なものではなくて、動作がもっさりしていて速写にも向かなかった。ズームも38mm-114mm相当ぐらいだったと思うが、テレコン、ワイコンを使うことができた。これはテレコンを買って、試しに撮影したもの。たしか240mm相当ぐらいになったと思う。
 
Dscn2413
2両固定は比較的遅くまで原型に近い状態だったようで、これもまだスカートがついてない。パンタもひし形、それもPS16系ですからね。。
 
Scan12185
東伏見の、例の鳥居から少し歩いたところだと思う。たまたま通りかかって、カメラを向けたのかな。
 
Scan12534
たぶん、2017年といっても通用するかもしれませんね。特に2000N]系はあまり変わった感じがしないです。まあ15年ぐらいだからな。
 
Scan10441
この写真だけ2001年2月ごろ。沼袋もこの頃とは変わりつつありますが、つい先日まではこんな感じでしたね。
 
Scan12560
20000系も変化が少ない。最近正面LEDが変わって、変化が出ました。
 
Scan12644
雨上がりの早朝。
 
Scan12649
6000系は2本だけになってからのほうが馴染み深いです。
今でも、有楽町線や副都心線で6000に遭遇すると懐かしい気はします。まあ、そんな懐かしいものでもないか。
 
Scan12561
2003年ですと、まだ3ドア車は特に珍しいものではなかった頃です。
朝ラッシュ時でも時折乗りました。
 
Scan12562
101(写真は301)はそろそろ珍しくなってきていたかな。とはいえ、活躍はこのあとも10年近く続きます。
 
Scan12591
こうして見返して思うことは、電車は変わっても周りの風景はあまり変わった感じがしない(実際には結構変わっているはずだとは思いますが)こと。消えた車両については、記憶に残っている残像はそれぞれの最期の頃の姿であること。
101,301ともに、転居の頃は2色で、1色になった時は強烈な違和感を感じたのですが、その記憶はほぼなくなっていますね。。
 
Scan10877
2色時代の写真はほとんどなくて・・。雪の反射でわからないですね。1998年。
 
Scan11141
どうしてこんなアングルで写真を撮ろうとしたのか、今の自分からは理解できない。。1995年。
 
Scan12652
最後、上井草駅に運転停車中の10000系。本川越寄りの踏切が開いて、車が横断しているのが分かりますね(かなり見えにくいですが)。このときは事故で抑止となり、相当長時間動かずにいました。この列車も、自分が井荻にいたときに撮影し、そのまま自転車で上井草まで移動してもまだとどまっていたほどです。
 
14年の歳月は、すべてが変わりきるほどの長さでもなく、かといって同じでもない、微妙な時間ですね、
まあ、私自身はやはり、年とったかな。。
 

2017年5月18日 (木)

埼玉県西部地区 私鉄特急網

P1190810

またご無沙汰してしまいました。もともと先約された行事が多い時期に、後から転居などの事情が加わったために現場はえらいことになっておりまして、まだ新居の片づけが終わっていません。徐々に進んではいるのですが。
 
レイアウト「うさぎ鉄道」も、新居に搬入してから1か月がたちましたが、いまだにこちらで運転はしていません。たぶん、開業後1か月運転しなかったのは、数年ぶりかな。開業以来ではないけど。
 
鉄道系趣味とはかかわりなく、必要に応じ鉄道で移動する機会も多くなっています。先週は都内に出たのち、鴻巣(埼玉県の免許センターがある)まで行きました。遠いこと・・。帰りは、センターから川越まで行くバスがあるのを見ましたが、疲れた体にはさすがに堪えるので、オーソドックスに川越線を使いました。。大宮は、駅ナカがある分暇がつぶせるのでいいですね。殺風景な川越線/埼京線ホームは相変わらずですが、まあ東京駅地下ホームも似たようなものか。
 
今日は代々木公園(駅)に行くため、小竹向原からFライナーを使って千代田線へ。急行運転は便利。もっとも、時間の節約は気休め程度でしょうけど。今までこうした経路は使ったことがなかったので、新鮮に感じます。
 
重い荷物を持って移動することも多く、その意味からも経路選択は重要です。もっとも、ひねりようもない行き先も多く、先日行った西荻窪は新宿経由で行くしかない。乗り換え案内を見ていると、武蔵野線利用などもありますが、キャリーバッグ抱えてそれはない。山手線内回りから三鷹方面に乗るのに、代々木で乗り換えることはうっかり忘れていた。
 
先日小平方面、西東京方面に行った時は都心経由ではなく本川越から南下していきました。昨年、本川越駅に西口ができて、川越市駅からのアクセスが格段に向上した。西武新宿、中井、本川越と、アクセスの悪さは西武線利用者が背負った十字架のようなものだが、川越市-本川越5分ならまあ上出来だろう。
 
数年前から、東村山にも特急が停車して、緩急結合がはかられています。もっとも、特急の10分ほど前に各停が出ていて、2度とも特急は使わずじまい。 ただ、帰路は疲れていたし、荷物も多かったのでこんな日こそ、特急に乗りたかった。
 
当日券は特急停車駅でないと買えないことはわかっていたので、東村山で降りてホームを探したのですが、飲料の販売機しかない。偶々運転士がホームに出ていたので聞くと、特急は跨線橋を渡った5番線だという。そりゃあ・・。時間もないし、荷物を抱えて橋を渡るのも大変だし、あきらめざるを得なかった。
P1090475 (まだ4線の頃の沼袋ね)
 
東村山は今、高架化工事の最中なのでその関係もあるのでしょう。。とはいえ、昔なら所沢まで各停(急行)で行って、ホームで特急券を買い待っていればよかったのに、それすらできないのだからねえ。。やっぱり理不尽。
 
通勤路線の特急は、新幹線で出張に行くのと違うからできれば気軽にぱっと乗れるといいのだが。。と考えていたら、数年前に西武のインターネットサービス(Smooz)に登録したことを思い出した。
 
登録しても、使ったことはなかったのだが、IDのメールは保存してあった。ところが、数年ぶりにアクセスしようと、パスワードを入れてもログインできない。どうも、1か月アクセスがないと自動的に退会?になってしまうらしい。
 
特急券のチケットレスサービスがSmoozで、これにはあらかじめ料金のデポジット(カード決済)がいる。別に、インターネット予約サービスというのがあり、ちょうど映画の鑑賞券のように、自宅やスマホで予約して、券自体は駅で買う。これ、会員番号はメールで送られた8桁の番号で、券売機にパスワードとともに入力する方式だ。出先ではちょっと煩わしい気がする。先の映画観賞券なら、会員登録不要で都度番号が与えられる方式(色々あるのかもしれないが)で、このほうがスマートだと思うが。
 
S-TRAINもできたことだし、ここはすこし、特急ネットワークを活用してみようか・・。
 
そういえば、TJライナーもまた盛んに使うようになってきた。平日は0時まで運行しているが、休日は早くて21時が最終となってしまう。休日でも着席したいのは同じなので、ここは何とかしてほしいところだ。それに、東武側からも地下鉄直通有料特急がほしいところ。
 
ただ、TJライナー、Fライナー、S-TRAINときて、今度はなんという名前にする?T-TRAINだと、東武と東急で区別がつかない。やっぱり東武のBをとって、B-Trainでしょうか。。
Dsc_0766
 

2017年4月 6日 (木)

新井薬師さくら2017 そして沼袋配線変更

しばらくご無沙汰いたしました。

転居関連で多忙となり、鉄道部のほうまで手が回らなくなっております。
 
各方面からのホットな話題、東武の「大樹」から「リバティ」、西武ではS-TRAIN等々、身近な鉄道の変貌を伝えるニュースがネット上に流れているのですが、こちらは全く身動きが取れません。。
 
それでも、何とか時間を少しだけ作って、新井薬師の桜を撮ってきました。
Imgp9205
 
平日の朝、出勤前の撮影ですが、蓄積疲労で出かけるのに手間取り、ほんの少ししか時間が取れませんでした。最初は沼袋の様子を撮影してから、と思っていたのですが、ちょっと無理。とにかく現場へ。
 
Imgp9218
ここ数年は、同じように朝出勤前に撮影に出かけていますが、昨年、一昨年は4月1日に行っていたようです。今年は満開が少し遅くなりました。
 
Imgp9223
最初にここを訪れたのは10年くらい前だったかな。そのころは夜桜も撮影していましたが。
 
Imgp9227
よる
ちょっとおざなりですが、数本電車が来たところで撤収。
 
Imgp4360
さて、夜、帰りに沼袋を訪れました。4月2日からホームの位置が変わると、以前から車内放送で告知されていました。
 
Imgp4386
ちょっと光って見えにくいですが、もともと中線を通過線とした2面4線であったものを、下り線を廃止、上にホームをかぶせています。ホームは西武新宿寄りに38mずれて設置されています。
 
Imgp4363
元のホームはそのままに、ホームの幅が広くなっています。
元のホーム自体は昨年、工事のため幅が多少狭くなっています。
 
Imgp4367
本川越方。もとの下り通過線をそのまま本線に転用しています。線路配置としては中井と同じ形になり、1本の通過線を上り、下りで共用できるようになっています。
 
撮影時点(午後9時台)では、通過線はもっぱら下り列車に使用されていました。3月25日のダイヤ改正で、多少調整がされたものと思われます。以前は上り線側も終日通過待ちをしており、同時刻に上下に通過待ちの列車が停車している場面もしばしば見られました。
 
Imgp4370
ホーム先端に改札口があります。ここの部分は今は単なる通路と化しています。
 
Imgp4372
ので、ここには新設ホームをかぶせておらず、元の本線跡が残っています。
 
Imgp4374
ローカル線によくある、欠き取り型のホームを連想します。 
 
Imgp4376
上屋は延長されていないので、列車に乗るときにはどうしても濡れてしまいますね。
いずれ、もとのホームは解体されて仮の上屋が設置されるのでしょう。
 
Imgp4381
まだレールの頭が光る状態で残っています。
 
Imgp4383
エスカレーターも移設されるのでしょう。 
 
Imgp4391
跨線橋からみる。構内はだいぶ狭くなったように見えます。
 
Imgp4402
 
Imgp4409
もとの上り通過線を、下り列車が通過していきます。
 
Imgp4411
手前のポイントは、昨年秋に新設されたもの。
 
Imgp4412
 
Imgp4414
暗くてわかりにくいですが、下にレールを撤去した軌道が見えます。枕木はそのままになっている模様。
 
Imgp4415
 
Imgp4424
上り線側。ホームはこちら側に延長されています。
 
Imgp4437
 
Imgp4439
本当は日中の撮影をしたいのですが、レポートともども時間がなくて失礼!

2017年3月12日 (日)

鷺宮折り返し

以前メインブログのほうにちらと書いたが、このブログ(メイン、鉄道部)が2011年春から始まっているのは、東日本大震災と無関係ではない。というより、あの災害を一つのきっかけとしている。

それはともかくとして、この鉄道部のほうで、あの時のことについて触れることはほとんどなかった。理由はやはり、このようなゆるい趣味的なブログで取り上げるのは穏当を欠くと思っていたからだ。
この震災のときだったか、もしかしたら尼崎事故のときだったか忘れたが、「鉄道ファン」誌が、編集後記にこうした鉄道災害についての記述に関する見解を示していた。
 
ファン誌はこれらの事故について、紙面に記事を掲載しなかった。理由の一つは心無いファンが記事を「曲解」することを避けたいこと、そして楽しい趣味の雑誌たるべき同誌の趣旨にそぐわないからだ、と。いい方は違ってたかもしれないが、大略そういう趣旨の話だった。
これは一つの見識でしょうね。
 
翻って、このブログに社会的な影響力などはないが、私の場合はまあ、気持ちの問題として。。
 
ただ、あれから6年が過ぎ、自分の記憶も少しずつ失われつつある。それに、間もなくあの頃とは住環境が大きく変わる(転居する)こともあり、少しだけあの時のことに触れてみる気になった。
Img_1948
以下は当時のメモをもとに記す。
Img_1899

11日当日、首都圏の鉄道は全て止まり、いわゆる帰宅難民が大量に発生した。私もその一人であり、当日は帰宅せず、家族と親戚の家に身を寄せている。この日はだから、午後は鉄道を利用していない。

その後、徐々に運転を再開したが、この時点では電力事情は関係なかった。しかし、日曜日の午後になると、週明け以降の電力事情ひっ迫がにわかに問題になる。

 

深夜になって、東京電力から計画停電の話が持ち出された。午後11時過ぎ、ウェブを見ていたら、西武は明日、池袋線で池袋-練馬高野台間、新宿線で西武新宿-鷺宮間のみ運行し、他は運休するという記事を見つけた。半信半疑で最寄りの駅まで行ったところ、私と同様の不安を抱えた人が駅員に質問しているところだった。

 

実際に当日、計画通りにいったん実行されたらしいが、私が出かけるころには東電が停電を実行しなかったということで、運行範囲を拡大していた。急行運転はなく、すべて各駅停車でかなり混み合っていた。

 

帰宅時には再び限定運転に戻り、午後7時台は西武新宿-鷺宮間で運転していた。

Img_1943

おそらく出社を見合わせた人も多かったのだろう。利用客はまばらだった。

Img_1952

ずっと限定運行しているわけではなく、午後9時か10時ごろに運転再開するとのことだった。

Img_1954

鷺宮では2番線のみ使用しているようで、ホームについた列車は折り返し西武新宿行きとなり、西武新宿寄りの渡り線を使って上り線に転線していた。

Img_1950

鷺宮行きという方向幕はないので、30000系の行き先表示も「臨時」である。

車内の液晶モニターはSEIBUというロゴを表示するのみ。そういえば先日乗った電車も、故障なのか同様の表示になっていたのを見た。

Img_1953

私はここから歩いて帰れたので、改札口を出てバス通りに出た。改札では駅員が誘導をしていた。通りでは同輩を数人見かけたが、家までは思ったよりも時間がかかった。

翌15日(火)は、計画を実行して朝は鷺宮折り返し。このときは池袋線の折り返し駅だった練馬高野台駅を利用した。始発駅で乗客も少ないため、案外快適な通勤だった。メトロ7000系が池袋地上駅に乗り入れていた。石神井公園ではなく、練馬高野台を折り返し駅としたのは何か意味があるのだろうが、なにしろ異常事態続きで、そんなことで驚いていられない、という雰囲気もあった。

 

この日の夕方は前日と違い、上石神井折り返しとなっていた。普段のダイヤでも上石神井行きはあるので、施設的には問題はなさそうだ。

 

16日(水)朝は運行範囲を拡大していた。急行運転はしていないので8両編成で、遠方からの列車なので極めて混んでいた。様子を見ていた通勤客もそろそろ仕事に戻り始めていたのだろう。帰りは田無までの限定運用だった。

 

以後、徐々に輸送状況は改善に向かっていく。


2017年2月 5日 (日)

TJ中毒

Imgp3630

昨年まではたまにしか利用のなかったTJライナーだが、今年に入って週に数回利用するほどのヘビーユーザーになりつつある。。
 
私のTJ利用基準は、「今利用可能な最短時間で目的地に到達できる列車を利用する(一定基準のもとで料金の要不要は問わず)」、であり、もし数分前に出発する準急に間に合えばそれに乗る。最近の準急は結構空いているし、途中で座れることも(時間帯によっては)珍しくない。
 
ところが、遅い時間の準急はふじみ野で接続せずに、途中でTJに抜かれてしまう。ので、それなら10分待ってTJに乗ったほうが速いことになり、TJ利用可能時間帯が増えてしまった。
50090系のクロスシートはリクライニングしない(よね?)し、非常に快適というわけではないが、確かに定員乗車で必ず座れるのはありがたいのだ。
 
P1100114
先日、京都の知人(鉄道ファンではない)と話をしていて、TJのことを話題にした。
知人は大阪に出向くときはいつも、料金不要特急に乗る。クロスシートで快適な車に乗れるので、非常に便利だ、という話をして、それにくらべ関東は・・という話になった。
 
Img_0503
別に珍しい話でもないが、関東地区のクロスシート欠乏症は深刻だ。
中電がセミクロスシート車だったのは遠い昔の話になり、今や普通車のクロスシートはおまけ程度、どうしても乗りたければ料金を払って、というのが定着している。
そういえば着席通勤は小池百合子都知事の政権構想に出ていたな。
 
P1010747
6050系のクロスシートは快適だが、利用者としても現実問題として、こういう車が首都圏近郊で幅を利かせる時代が来るとは、あまり考えていないかもしれませんね。。
たぶん、6050の後継は出てこないのでしょう。。
 
Imgp0249
一方で、直通区間の長距離化が進んでいるわけで・・。多扉、トイレ設備付で、マルチアレンジシート付の車を発展させていくしかないでしょうね。。
とにかく、安易にTJに乗ることと、仕事中につい甘いものを口にすることは、最近の私の悪い癖。。

より以前の記事一覧