2019年12月 8日 (日)

長野電鉄、しなの鉄道

Imgp9973

前日は友人と飲み、翌日ホテルを出るとまず善光寺へ。そこから地図を見ながら、とりあえず地下線から地上部に出たあたりの駅ということで本郷駅付近へ。

駅周辺はいかにも都市部の住宅地という感じで、家並みが途切れることはない。とりあえず駅前のコンビニに車を止めて買い物をし、そのままにしておこうかな、と思ったが、なんだか人も少ないし気づまりだ。車を出して線路沿いをすこし移動するが、さいきんの首都圏と違ってコイン駐車場などはない。しばらく迷った末、公園のわきに車を置いた。

Imgp9985

全体のムードはほぼ大都市圏の通勤鉄道という感じだし、周りの住宅や車を見ていると非常にモダンだが、鉄道施設をよく見ると微妙な違いはある。枕木は木製のものが残り、架線柱なども少し昭和の香りがする。

Imgp9991

ここの住民となって、たとえば長野駅周辺のオフィスに通勤することを考えると、電車の本数が少ないのがやはり辛いだろうな。。

まあ朝は出かける時間を習慣づければ何とかなるかな。夜は結構本数あるみたいだし。車社会だが、飲み会とかあればやはり電車は便利でしょうからねえ。

Imgp0003

大都市圏以外の都市鉄道としては、やはり静岡鉄道は例外的に高密度ですよね。遠州鉄道も。あとは伊予鉄、ことでんあたりは本数多いかな。

長電は沿線人口の割には頑張っているというところか。

Imgp0012

舞台は変わって、やや郊外の村山駅周辺に移動しました。

Imgp0016

10年前に橋の付け替え工事が完了し、架線柱や線路もちょっと立派なものに変わっています。

Imgp0023

橋は道路との併用になっています。いまどきちょっと珍しい。

線路に沿って歩道が続いているので、近くに寄れば良かったのですが、列車本数も少ないので結局この辺で粘ってしまいました。

Imgp0030

背後の山がわずかに雪化粧しています。

Imgp0046

ゆけむり号。非常に見栄えがしますね。考えてみるとこれ、小田急時代に乗ったことなかったな。

Imgp0063

スノーモンキー。こちらは乗ったことはあるし、ついこないだまで首都圏にいた気がするんだけどね。

Imgp0081

きょうあたり、引退する2両固定車が日比谷線時代の意匠(帯なし)でお別れ走行したようですが、この日は見られませんでした。

Imgp0104

こちらは本数の少ない3両固定編成。いちおうこの辺で上がりです。

Imgp0135

つぎはしなの鉄道北しなの線です。

自然が豊かですが、列車の本数は少ない。

Imgp0129

今回は写真撮影が主ですが、なんちゃって撮り鉄なので、かなりいい加減です。

Imgp0143

色々なカラーの115系がいるようですが、今回撮れたのは長野色としなの色のみ。

Imgp0165

架線柱が山にかかっちゃうのは仕方なかったかな。

そんな撮影行でございました。

 

 

2019年6月15日 (土)

大胡駅周辺

Imgp8082

少し前のニュースですが、乗客減少に悩む上毛電鉄が、県や沿線自治体から支援金を受け入れ、併せて老朽化した現用の電車を新車に置き換える計画を発表したとのことです。・・といっても、手元にあるピクトリアル5月号「鉄道の話題」には記載が無く、ウェブのどこかで見たような、という程度(ただしウィキペディアや一部ブログには記載がある)で、詳細は不明です。

上毛を訪れたのがいつ頃からだったか、記憶がありません。雑多な旧型車(その中には今も生き残っているデハ100型も含まれる)を西武の351系あたりが、塗装もそのままに大挙して入線して駆逐したのが80年代のはじめ、次いでこれを東武の3000、更に3050系が受け継いだのが平成の初め頃。しかしそれも長く続かず、当時手ごろな大きさで地方私鉄に引っ張りだこだった京王3000に置き換えられたのが2000年代の初めごろでした。京王3000は当時としては都会的で設備の整ったきれいな電車でしたから、ちょっと驚いたものです。それから20年近く。

ちなみに350型の頃、MDを車内に持ち込んで中央前橋から西桐生まで、吊掛サウンドを生録したことがあります。。今探してみたけど見つからないな。当時は時々そういうことをしていて、碓氷峠廃止直前の「あさま」とか、中央総武緩行線の103系、最後は中央快速線の201系だったかな。201系のときは夕方のラッシュ時で、隣の乗客のおしゃべりが入ってしまってあれでしたけど。

しかしMDも再生機が現品限りだし、データ置き換えもめんどくさいしこのまま音源消滅かな。。

Imgp8074

そんな話はともかく、今回は大胡駅一本釣りです。車で来てしまったので。。

Imgp8076

駅も周辺もきれいに整備されています。駅構内はあまり変わっていない。よく見れば、車庫前の廃車体(もう8年前にはなかったけど)はなくなり、建物も今風にきれいに整備されていますけど。

Imgp8078

デハ101ももちろん大切ですが、こういうたたずまいの電車庫は本当に貴重です・。木造の庫というのはたぶん、もうほかにないんじゃないかな。。

Imgp8126

こちらも休憩中。

Imgp8127

こんなものいたかな、と思って調べたら、デキは東急から、テ241は東武七光台区の倉庫だったものを復元したのだそう。

2011年5月訪問時にも見かけなかったのは、車庫内に車庫内に保管されていたのでしょうか。

Imgp8131

小さすぎて(全長8mぐらい)Nゲージにはしにくいだろうと思ったら、ワールド工芸からお求め安い値段で出てるんですね。

俄然買いたくなったけど、仕掛品が多すぎて厳しいな。。

Imgp8132

今度予約してみたいです。

この日は思い付きで来たし、天気もこのあと酷い雨で(このときも少し降っていました)。。

Imgp8128

もと東武のKS31系っぽいですが、これはたぶん実用に、文字通り「台車」として使っているのではないかと思われます。8年前に来たときはここにパイオニア3台車が置いてありました。

更に昔、30年ほど前の写真を見ると、この倉庫?のあたりは解体作業場のようになっていて、もと西武351のものと思われるがれき―主電動機やらCS-5型主制御器やらが転がっていて、鉄道職員ではなさそうな男女二人-女性のほうは当時の私と同年輩ぐらい-が箒を持ってなにやら片づけをしていました。この人たちはどういう関係の人なんだろう?と思ったのを、今でも覚えています。

Imgp8145

パイオニア台車ですが、西桐生寄りの側線に数台置かれていました。

枕梁付き直接装架台車の仕組みが良くわかりますね。

ボルスタレス台車というのは、この上に乗っかっているやつがないわけです。

Imgp8147

などと思っていたら、監督と目が合ってしまいました。

さっきまで休憩中だと思っていたのですが。

Imgp8150

「なにしにきたん?撮影許可もっとん?」

すみません、ちゃんと敷地外からさつえいしてますんで。。それにしてもなんで埼玉弁なんですか?

Imgp8153

・・さいごはこれ、TR11系ですが、ちょっと珍しいことにこれは枕ばねのところの重ね板ばねが一組しかついていません。部品として別に使われたのでしょうか。。

Imgp8135

けっこう雨が降ってきた。

Imgp8144

ああ、パイオニア3台車は、現役では使ってないのかな。

前乗った時、線路状態があれなのか、底付してえらい乗り心地になっていたことを思い出しました。

350系の頃は、東武時代にはあまり聞けなかった高速(70キロぐらい?)での吊掛サウンドと豪快な乗り心地に酔ったものです。。

Imgp8089

この色は井の頭線時代の面影が強く感じられます。

京王に残った更新後の全面はいただけなかったですね。。

Imgp8115

外で見ている限り、今でもかなりきれいな電車ですが・・。新車はどういうスタイルになるのでしょうか。

Imgp8163

というわけで。

 

 

2018年5月20日 (日)

上信電鉄1995 その他

Scan11124

上信電鉄を前回訪ねたのは、23年前の3月初旬だった。
実はその前に訪れたのはそのさらに15年前の、1980年6月のことだ。先日23年ぶりに訪れたので、次は30年後の2048年前後になるのかもしれないが、もう無理だったりして。。
 
Scan11120
毎回非常に不勉強なまま訪れている。。150型はこの頃2編成が就役していたが、西武401の地方私鉄への転出は珍しいものではないので、ああ、ここにも、と思った程度だったかもしれない。。
それと、この頃既に西武新宿沿線住民で、401は毎日乗っていたので余計・・・感を感じたのかも。
 
この頃は西武時代の黄色塗装を、そのままコーラルレッドに置き換えたような姿で、なかなか貴重かもしれませんね。。
 
Scan11123
冒頭の写真は下仁田付近と記憶していますが、この2枚は吉井付近だと思います。
 
6000型のこれは、塗装を改めた姿だと思いますが、オリジナル塗装の写真をネットで見ようと思ったがさて見つからない。1000型からこの6000型までの頃の上信は、大手私鉄並み、またはそれよりも斬新なデザインと塗装でファンを驚かせていたものでした。
 
Scan11126
奥がオリジナル時代の1000型。これは1976年の登場当時、子供心にカッコいいと素直に思ったものでした(ただし、非冷房グロベンが減点)。6000型はそれを発展させた形で、おお流石、と思ったりしたものです。
 
Scan11128
200型も登場当時(1964年。ちなみに新車登場のニュース記事を記載した、鉄道ファンを持っています)は、相当斬新な車両だったと思います。1000型はその血統なのでしょうね。
デザイン的には西武風だったり、こちら側のヘッドライトは東武風味だったりしますが。。
 
Scan11125
わかりにくくて恐縮なのですが、こちら側の正面が、東武通勤車風(というか6000系風というか)なのが、当時とても不思議(情報を知らなかったので)でした。
Scan11125e
ちょっと拡大してみましたが、逆光でよくわかりません。。6000の左のほうですね。右の、貫通扉が開いているのは250型のようです。
 
撮影の翌年に出た、ピクトリアルの特集を見て、廃車された東武3000系の運転台を移植したのだ、と知りました。模型の工作みたいな感じですよね。 
 
Img_8170
上信の話から無理やり模型の話をつなげます。
C62東海道型ですが、うちでは現場の評判があまりよくないロコの一つでして。。
勾配での息つきが気になっていましたが、先日トラクションタイヤが外れてしまいました。
D51(旧)から、交換作業がたてつづきになります。
 
D51は分解容易でしたが、C62は私の手に余ります。なんとかしましたけど。
 
Img_8171
上が交換前、下が新品。目でわかるほど、伸びてしまったのですね。。
 
Img_8173
こちらは変わってC55の先台車。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、前方手前の車輪の、スポークとタイヤが外れかけています。何日も好調に走っていたのに、急に脱線してショートし始めたので驚いて原因を調べたらこんなことに。20年ほど前の製品なので、交換部品があるかどうかわかりませんが、とりあえず接着剤でとめれば大丈夫かな。。模型では「空飛ぶタイヤ」状態にはなりませんが、気がついた時はショートで台車が熱くなっていました。現実の世界なら、事故調査委員会ものですな。。
というわけでした。

2018年5月 7日 (月)

上信電鉄

Imgp5237

連休最後の日なので、車だと渋滞が大変だとは思ったが、上信だと移動も大変かと思い、また車で出かけてしまった。
 
Imgp5244
千平付近。上信はいまどんな車両が走っているのか、まるでわからないのですが、初弾はこちらでした。ぐんまちゃんですね。
 
Imgp5247
これは1000系の片割れのようです。
 
Imgp5261
いかにも増設した運転台という感じですね。
 
Imgp5274
これも右側運転台。
 
Imgp5283
これは最新型7000型だそうですが、うかつにも登場時のニュースを知らず(ピクトリアルで読んだかもしれないが、読み流したかも)、これは何だろう、と思ってしまった。
西武3000系でも改造したかな・・そんな話は聞いてないが。。とか考えたり。
 
Imgp5295
ここに来たかったのでした。
 
Imgp5297
かなり洒落がきついというか、狙っているとしか思えないのですが地名の由来には諸説ある由。
 
Imgp5299
駅は無人(交番のように席を外しているだけらしい)でした。
中をのぞくとタブレットが目に入りました。
 
Imgp5307
少し曇ってきた。どうもKPの露出が今一つ。
 
Imgp5312
 
Imgp5321
 
Imgp5332
偶々目が合ってしまった。。
「なんじゃい、お前は」といわれているみたいですね。
 
Imgp5334
高崎方面には行かず、いちおう下仁田を訪ねてみます。
 
Imgp5335
昔来ていますが、記憶があいまい。
 
Imgp5336
上のほうに子供もいるようだ。
 
Imgp5340
鉄側有蓋車は、あれか。セメントが風邪をひかないように鉄にしたのかな。
イベント用に現役の車両もあるそうですが、これは3両まとめて廃車後留置されているらしい。
 
Imgp5343
150型。この模様、よく写真では見かけますね。
 
Imgp5346
もと西武801系だということで、こんなところでAK-3型コンプレッサーに再会するとは。。
 
Imgp5348
この、赤と緑のプレートを貼った箱はたしかブレーキ制御機器だと思ったが、妙に懐かしいですね。本家西武ではもう観られないかな。。
 
Imgp5347
FS342ですが、上信では下回りは黒色に塗装しているので、DT21そのものという感じがしますね。
 
Imgp5349
黒色Hゴムのドア。
AU75のキセがグレイ塗装なのも、久しく見てないかな。
 
ま、そんな感じで。

2018年4月26日 (木)

丹荘

Imgp4743

休日にどこか出かけることが、ずっとできずにいたのですが、ふと時間が空いたので、反射的に車に乗って。
 
Imgp4744
丹荘は、30年ほど前まで上武鉄道が走っていました。
旧宅にいるころ、見に行こうかと思い乗り換え案内を見たが、あんがいと時間がかかるので断念した記憶が。
 
車なら列車待ちとかその辺は何とかなる。
 
Imgp4758
まあ、今も八高線はそこそこ列車は来ますね。首都圏のこの場所で、というのはあるけど。
 
Imgp4750
行き違い設備は3年前に廃止になったらしい。
 
Imgp4757
前回八高線を乗りとおしたのは、23年前、まだキハ35系だったころです。
あの頃はDD51重連の貨物も走っていた。
 
Imgp4767
フェンスの先に空き地があり、そこがどうやら上武鉄道の駅施設だったらしい。
ただ、一部分譲地になったのではないかな。比較的新しい住宅が並んでいる。
高崎に職場があって、車があるならば結構便利なところでしょうね。通勤通学で鉄道を利用する人も結構いそうです。
 
Imgp4775
さて、上武鉄道の廃線跡を見たいのですが、実はちらちらと遊歩道を見たぐらいで、橋とか線路跡などは見つけられませんでした。。結構夕方だったし。
 
ので、写真はまだ駅周辺でぐたぐだしておるわけです。
 
Imgp4781
これだって、次はハイブリッドか電気式になってしまうかもしれないのですから、あるうちに乗っておかないとね。
 
Imgp4790
この方が駅長さんらしいです。
 
Imgp4793
・・・また来ましょう。。
というわけでした。。
 

2017年10月30日 (月)

福島交通ニモ1

Img

久しぶりのイラスト(なにしろ毎週雨ですから。。)。
これを書いていたのは昨年の今頃から今年初めにかけて、前宅の時代である。今見返すと、色々言いたいこともあるが、とりあえず描いた順番に掲げておく。
これより後、前宅時代の最後の頃に手を付けたのが近鉄8000系列の、生駒線でのシーンだが、こちらのほうが納得がいかない仕上がりで、たぶんまた書き直すと思う。
 
元の写真は、以前書いた静岡鉄道キハD7と同様、鉄道ファン1964年12月号に掲載されたものだ。こういう、元写真を雑誌等から拾ってきて絵を起こすというのは、プロのイラスト屋さんがやると色々問題があるかと思うが、そこは個人の趣味ということで御容赦いただきたい。
今は習作として描いているから良いが、それだといつまでたっても「作品」にならないわけで、その辺、何とかしないとな、とは思っている。
 
ニモ1ももちろん見たことはない(雑誌の発売後まもなく廃車になったようだ。福島交通軌道線自体、71年に廃止されて今はほとんど遺構も残っていないらしい)。が、この貨車にパンタとモーターを付けたようななりたちは、モデラーなら誰しもそそられるものを感じることだろう。
 
これはサブロクだが、ナローに置き換えて模型を作った人もウェブで見かけた。トミーテックのナローシリーズが、その後どうなったのかわからないけど、こんなタイプの電動貨車も、あると楽しいですね。。
 

2017年2月19日 (日)

岳南鉄道のEL

ご無沙汰しております。

 
多忙な状況が続いておりまして、しばらくは減速運転をせざるを得ないかもしれませんね。。
撮影に出かける、みたいなことは、昨年からだんだんできなくなっていましたが、しばらくは難しいかな。。東武の本線筋では様々な色変わり電車とか、新型特急とか、話題は伝わっているのですけどね。。
 
うさぎ鉄道(レイアウト)の存廃もまだ未確定です。。がまあ、色々心境の変化もあり、一旦解体して作り直すのも悪くないかな、と考えたりもしていますが。。
 
そんなわけでネタなしなのですが。
古い写真をめくりながら、こんなものを。
P5031213
岳南のED50型 501号。6年前のGWの撮影。連休中なので仕業がなかったらしく、前後のレールがさびていますが、このときは現役でした。
Dsc_6094
かなり原型に近い状態ではないかと思います。。
 
P5031226
ED29 1 当時車籍はありましたが長期休車中の状況。貨物用とはいえ、昭和初期の車両が21世紀前半まで形をとどめているということ自体、凄いことですね。。
Dsc_6120
左は線路上に無造作に置かれたクーラーキセ。
 
P5031240
当時主力のED40
 
P5031249
よくできたフリーランスの模型のような感じですね。
赤いほうは西武をほうふつとさせます。
 
Dsc_6110
この翌年に岳南は貨物輸送を終了し、この機関車も廃車となったようです。
ここを訪れたとき、廃止が近いと知って行ったのかどうか、もう忘れてしまった。
 
P4220002
話はとぶけど、これはED50と同型の川崎造船製小田急デキ1010の模型。
柴崎模型が出していたエッチング板をもとに、30年前に作ったもの。下回りもキットメイクで、当時のGM電車用動力ユニットからウォームとモーター、台車部分を利用してまとめた。ウォームはいったん外して、モーター軸に叩き込まないといけないが、1回失敗してもう一両分ユニットを買いなおしている。
 
手元に現存するが、押し入れの奥に入っているので横着して、16年前の写真を掲げておきます。初めて買ったデジカメの、2枚目に撮ったショットです。
 
P4240014
こんなものを牽かせるとヨーロッパの機関車ぽいですね。。

2016年11月13日 (日)

静岡鉄道 南大阪駅

D7

このイラストは鉄道ファン1964年12月号 宮松丈夫氏(しずおかてつどう)の記事掲載の写真をもとに描きました。「南大阪駅の午後」とキャプションがついています。構図は基本的に同じですが、適当にごまかしたところもあります。
 
本当は女学生たちの制服は冬服で黒っぽいのですが、ここでは特になにも施していません。光線は強く、草が生い茂っているので、おそらく季節は5月の半ばごろではないかと思います。さらに想像をたくましくすれば、まだ日も高いようなので、おそらく土曜日の午後だったのではないでしょうか。
 
記事は袋井から藤枝までの全通運転が、一部廃止により分断されたことをきっかけに書かれたものです。南大阪駅はその後1967年に廃止になったようです。一時期は終端駅でもあったらしく、この時代にも貨物側線らしきものが見えますね。
 
今はGoogle Earthというものがありますので、ちょっと調べてみましたが、どの辺に当たるのかは検討がつきませんでした。。駅名票のモニュメントがあるらしいです。
 
このイラスト、本当は車両がオーバースケールだと思います。車両1:80に対し、人形はHO1:87という感じでしょうか。
 初めてPC上でトーンをかけたのですが、要領がつかめず、だいぶ苦戦しました。。
 
トミーテックから1:80ナローの製品(猫屋線)が出ますが、ちょっと似ているかもしれないですね。あれはしかし、ベースは尾小屋なのかな。
 
私はナローというと近鉄(三岐)とか、西武山口線くらいしか知らないのだけど、今の人たちはどう思っているのかな。。まあ、彼らは結構昔の写真とかよく見ているから、私よりももっと正確な歴史知識を持っているのかもしれないね。

2016年5月 1日 (日)

新松田、大雄山線(2)

(1)の続きです。以下、結構長いです。

新松田から開成駅まではそれほど離れていない。まわりには工場やマンションが建ち並ぶ、結構立派な駅だ。

P1170943
子供の頃この展望席に乗った。それ以来のファンですが、展望席の楽しさはまた格別でしたね。

P1170948
その塗装や登場年代から、どうしても円谷プロ的な世界を連想してしまうのですが・・。

P1170947
あの時代ならではの、美しいデザインですね。このライトケースは、実は衝突に備えた緩衝装置の突き当て座を兼ねているそうです。

このコンセプトはNSEに先立ち登場した名鉄7000と同様ですが、小田急の方がより優美なデザインになっています。

もっとも、子供の頃、本で名鉄7000を知って、名鉄の方が力強いデザインに見え、小田急はちょっと弱いイメージだな、と思っていました。

P1170949
この塗装はNSEが最初ではなく、SE(初代3000型)からですが、洋画家の人に配色をお願いしたとか。昔は手の込んだ塗装をしたものです。国鉄20系客車も、細い3本帯が綺麗でした(晩年は1本削られてしまったけど)。相鉄6000系とか、一時期の関東鉄道とか、ああいう手の込んだ塗装がされることはもうないでしょうね
もっとも、塗りじゃなくて、シートなら、帯でもグラデーションでも何でもありになってしまいますが。

P1170950
小田急にはめずらしいミンデンドイツ式台車(FS346/046)。小田急と言えばアルストム。昔は鉄道会社ごとに台車の好みがあって、小田急アルストム、東急パイオニア、京急OK型、近鉄シュリーレンと、それぞれに特徴があった。相鉄の外出しディスクも個性的だった。

阪急はアルストムからミンデン、更にSミン(後にS型)となって、東武、京成、南海などもこれに追随して民鉄界の主流となる。

京阪はちょっと台車フェチ、西武は逆にひとつのものにこだわる傾向がある。TR11好きというか、FS372好きというか、たとえは変だが反グルメ嗜好で、昼飯にまいにちチャーハンばっかり食ってる人みたいな印象があるな。。

話が思い切り飛んでしまった。

P1170956
というわけで?開成駅を後にします。折しも、現役最新の展望車VSEが通過中。

P1170966
ここから駅前の道をまっすぐ歩くと、大雄山線の和田河原駅に行ける。ので、てくてく歩いたが、これはいささか疲れた。新松田もそうなのだが、この一帯はのどかな田園地帯というより工業地帯で、大企業の工場、研究所、オフィスなどがけっこう点在している。開発も進行中で、あまり風光明媚という感じではない。

駅に着く頃にはかなり疲れてしまい、駅前の喫茶店で休憩。

この和田河原を含め、後で書く大雄山、塚原付近を、30数年前に訪れている。和田河原は、今は駅ビルが建っているが、当時は普通の田舎駅だったらしい(というのは、今や「行った」という以外、残された写真のほかはほとんど記憶がないのだ)。ただ、ホームや線路配置は昔のままのようだ。

P1070186
大雄山。電車庫は記憶の通りだが、まわりにビルが建ち並んでいるのを見てちょっとびっくりする。

P1070188
駅舎の雰囲気は昔のままだが、反対側を見ると大きなビルが建ち並び、スーパーや飲食店が入っている。バスもかなり頻繁に出ているようだ。
P1070189
さて、今回の最終目的地はこれでした。

P1070198
コデ165,今では本当に貴重な、吊り掛け式17m車ですね。
P1070204
昭和3年、鉄道省モハ30として製造され、相模鉄道を経て1976年に大雄山線に来たそうです。ウィキを見ると、クハと車体を振り替えている旨の記述が見られます。モハ30166(昭3川車)→クハ38108→クハ16156→相鉄クハ2510→伊豆箱根モハ165ということらしい。同じくウィキによると、電装品は昭2汽車の30145までさかのぼれるのではないかと思うが、頭が混乱してきたので省略。それにしてもウィキペディアはなんでこんなにマニアックなんだろうか。。

P1070214
相鉄2000系はいずれも結構長命の血筋らしく、本家でもつい最近まで残っていたし、地方に行った車両たちも結構長生きしたようだ。

P1070227

CS-5型主制御器。16番で旧国の模型を作ったことのある人なら、目をつぶってもその形を描くことができるかもしれません。私はNの、GMの動力ユニット(DT13)の床下機器ユニットがCS10だったので、ダイカスト製のユニットからCS-5の部分を削りだして換装したことがあります。

ところで、この制御器の表面にMeidenshaのロゴが見えますが、あの明電舎でしょうか?この筐体は昭和2年から90年近く使われてきているものなのでしょうか?それはさすがに。。

P1070229
左が遮断機、右の丸いのがAK-3型コンプレッサーですね。つい最近まで西武2000系(クハ2414)その音を聞くことができましたが、これのマニアもいそうな感じですね。

昔の16番模型では形状把握が難しかったらしく、真鍮挽き物と折り曲げた帯板で構成された、素朴なパーツが市販されていました。エコーモデルがこれを正確に再現したパーツを売り出して、これはこういう形をしているものだったのか、と感心した記憶があります。

P1070233
DT10型台車。この系列の台車には、西武で過去何度も乗っているはずです。車両史的には(新製時から)この台車を履いた車両はそう多くなくて、木造のデハ63100系からモハ30の二重屋根車くらいまでではないでしょうか。その割には再生利用されたものがとても多い。
手前の警笛の下に見えるのが、釣り合い空気ダメです。

P1070232
重ね板バネ、揺れ枕釣りなどがよく見えますね。

P1070225
戻ります。 線路配置は昔からこんな感じでしたが、昔は左側の建物がなくて、そちら側からホームにいる車両を撮影できました。どうなっていたのか、全然記憶がないのですが。

P1070255
この車庫は33年前も同じ感じだった。この辺だけ地方私鉄らしさが残る。

P1070253
これが登場したのが1984年だそうで、私が訪れたのはその1年前だった。
全部旧国17m車だった。あの頃、さすがに珍しかったかな。もっとも、東急池上線や目蒲線にも戦前型はいたし、西武も多摩湖線でなくても、551系などはまだ本線にいたんじゃないかな。

P1070256
5000系は、旧国に比べると魅力は劣るが、とはいえ転換クロスはいいなあ。
西武も3000系を残して、転換クロスとかにしといてくれれば、レッドアローが通過する駅の利用者から恨まれずにすんだのに。。

P1070259
午後4時を回ったので、塚原に移動。33年前、全く同じところで撮影している。
狩川という、酒匂川の支流なのでしょうかね。

鉄橋はトラフガーダー?と、下路式のスルーガーダーです。
昔話ですが、Nゲージの鉄橋として入手しやすかったのは、このタイプのスルーガーダーしかなくて(関水とトミー)、日本でよく見かける上路式ガーダーは、GMが発売するまでなかったのです。ので、トミーのガーダーを切って上路式に改造したりしました。

まあ、余談ですが。

P1070282
立体交差以外でこのタイプが使われるのは珍しい気がしますね。

P1070320
5000系はわりといま風ですが、時代的には80年代後半のファッション。台車は西武FS372似。内装も更新前の2000N系そっくり。
抵抗制御は保守がしやすいのかな。

P1070322
細かいバリエーションもあるので、趣味者的にも楽しめる要素はありますね。
パンタグラフも、まだシングルアームに変えられていない。

P1070330
本数が多いので、撮影は楽。昔の写真を見ると、富士山をバックにロングで撮ったものがあったが、あれはどこで撮ったのかな。

P1070347
そろそろ帰ります。

P1070366
小田原へ。

P1070369
何かのカメラのレビューで、さいきんこの提灯を撮影してるのを見たのだが、なんだか思い出せない。

P1070370
行きが小田急だったので、帰りは湘南新宿という手もありありますが、やはりロマンスカーで。

P1170971
小田原市内も、観光で訪れたことはないような気がするな。。

P1170982
やはり締めはこれですね。NSEとくらべると、たしかに80年代的にモダンな感じがするな。

Imgp1313
内装も80年代的に懐かしい感じ。。

それでは。

2015年8月13日 (木)

真岡鉄道(東武蒸機運転の臨時追記あり)

メインブログでは数日前に書いていて、詳報をこちらでと思っていたのだが、なにしろ暑いし(いいわけじみるが)、どうもコンピュータの調子も悪いようで・・。

P1150965
朝真岡駅から回送される「もおか号」を迎え撃つ時間を計算して、家を6時過ぎに出た。
夏休み期間中だから、朝でも乗客は多い。

下館に入線する列車は、希少な2両編成。真岡で1両切り離す。

P1150975
乗ったのは初期型で、これはクロスシート車。先頭車はロングシートで、そちらの方が普通みたいだ。時間によっては結構混雑するのだろうか。

P1150988
真岡に着くと、回送列車はホームで待機中。
DE10の旅客列車というのも、考えてみれば貴重。

P1150995
C12 66は機関庫に。外から見えるように工夫されている。

P1150996_2
撮影しているうちに、先ほどの2両編成は解結を終えていた。

P1160006
C11には火が入り煙も上がっている。

P1160014

P1160023
駅から近い踏切までは歩くことができた。

P1160026
こうしてみると先頭に立っているように見えるが、実は後ろ向きに走っている。

P1160043
時間によってはちょっと間隔が長いときもあるが、おおむね運転本数は多いようだ。

P1160060
モオカ14。見慣れると悪くない塗装だ。塗装というか、模様というか・・。

P1160065
ちらちらとウェブを見たけど、スケールモデルの製品はなさそうですね。

P1160104
沿線にはそこそこ車で訪れているカメラマンが見られた。私は初心者なので、オーソドックスに側面がちに狙うことにした。炎天下1時間くらい待ったので、すっかり日に焼けてしまった。

P1040035

・・まあ、このくらいに撮れてくれれば、私としては上出来です。
P1040049
50系客車も悪くないです。

P1040091
時間がちょうど良かったので、9600の無火運転を見た。
P1040085
普段はスハ44と共に庫内に展示してある。ブロワーで圧縮空気を入れ、走らせる。
P1040062
静態保存機と違い、各所を油で磨かれたボディは精悍。
P1040083

P1040054
これを連結して、庫まで移動します。

P1040101
乗ることもできますが遠慮。

P1160110
再び車中の人となります。

P1160114
モオカ14は小松のエンジンらしいですが、なかなかパワフルで加速も良い。結構気持ちよく走ります。
P1160123
このターンテーブルは古いものではなく最近作られたもの。かなり小さい。9600は乗らないかも知れない。

P1160124
見学者がかなり多かった。

P1160125
客車は切り離されてここに。まるで模型のよう。

P1160129
今様の水タンクはマンション風。

P1040105
ただいま入替中。

P1040126
このときは結構煙が出た。
P1160193
乗ってわかったが、加速がスムーズではなく、ちょっとがくがく揺れる。要するにロッドの動きだ。体の重みで、自転車を蹴りながらこいでいるようなものだ。

昔は自連で遊間が大きかったから、今よりも乗り心地は良いかも。50系は密自連なので、機関車の動きがじかに伝わるのだろう。

自治体の協力もあって、なかなか活発な経営をしている真岡鉄道。沿線にはまだ魅力的な風景が広がっていて、フェンスやら信号施設やらに囲まれた都市部の鉄道に比べると、実にぜいたくな撮影条件のところが多い(とはいえ、ウェブに書かれているように撮影マナーにちゅうい)。

またいずれ。今度は寒い季節もいいな。

臨時追記:こんなニュースが

東武鉄道(本社:東京都墨田区)では、「東武グループ中期経営計画2014~2016」で掲げている「日光・鬼怒川地区等沿線観光地の活力創出」のための有力な選択肢の一つとして、2017年度からを目途に日光・鬼怒川地区において、北海道日高郡新ひだか町のご協力をいただき、JR北海道所有のSL車両「C11形207号機」を借り受け、1966年以来、約50年ぶりの蒸気機関車(SL)の復活を目指します。

編集長敬白の記事はこちら

これはおどろいた。大手民鉄が蒸機列車の復活運行を行うのは初めて?いや、西武山口線が先か。今回運行するのは北海道型(かに目)のC11だが、名取氏のブログにも書かれているように、東武には自社仕様のC11を所有していたことがある。

C112号 1945年日本車輌製の国鉄C11と同型のタンク機関車 戦時設計の形態をしている 個展機関車の中にただ1両存在した近代型蒸機で いささか重量級の機関車である嫌いはあったが、 館林以南の線区で活躍し 1963年廃車 (鉄道ピクトリアル1972年3月臨時増刊号より)

奥多摩電気鉄道の注文流れらしいが、とにかく東武でしばらく使われたという縁はあるようだ。客車はどうするのかとか、地上設備の整備はどうなるのかな、とか、色々気になることはある。東武もだいぶ動きが活発になってきた。

 

うさぎくん(メインブログ)

無料ブログはココログ

最近のトラックバック