« マスタードシード | トップページ | 大胡駅周辺 »

2019年5月30日 (木)

鉄道コレクション 東武9000系

Imgp2314

色々取り込んでおりますが、機会を逸するとずるずる書かずに行ってしまうので、拙速にて失礼します。

こちら、予約していたのですが届きました。

Imgp2318 

9000系9101Fのことは、時間があればあれこれ語ることもできるのですが、いまはとりあえず失礼。

昭和56年10月末頃、有楽町線乗り入れの試作車として登場。8000系以来18年ぶりの新型通勤車でした。

本セットはそんな時期の姿です。

3月に登場した8173Fもそうでしたが、この辺りの企画は私には直球ストライクという感じで。

村上春樹氏は読者から、この小説の主人公は私でしょう、なんで私のこと知ってるんですか?とよく言われるそうですが、鉄コレ企画担当者さん、あなたはいったい。。。

Imgp2315

ちょう懐かしい東上線ロゴ。

小学生の時はこのLook for Nature の意味がわからなくて、中学になって英語勉強すればわかるかな、とおもっていたことを思い出します。

池袋西口に登場業務部があったことなんかも、思い出しますね。。

Imgp2319

ちょっとピントがシャキッと来ません。車番のない正面。たしか、本系列の完成予想図には今の現車の位置に番号がレタリングされていたはずですが、現実には番号表示なしで登場しました。

付属ステッカーには「東武池袋」という行き先表示も入っているようです。

Imgp2323

これまた懐かしい番号プレート。コルゲーションの表現は実物と逆で、幅広い凸部分に溝が彫ってあるような形になっています。

この手法は私が実車登場と同時に作り始めた、本形式のペーパーモデル(1/80., 16.5mm)と同じです。t0.3のプラ版にカキで溝を掘ってコルゲーションを表現しました。すっきり簡単に作るためにはそれが正解だと思いますが、当時は結構悩んで、溝掘ったあとに真鍮線を埋め込もうか、などと考えたものです。

てなわけで、きょうはここまで。

 

« マスタードシード | トップページ | 大胡駅周辺 »

コメント

10輌まとめてお買い求めになられたのですね。
2丁パンタ仕様なのは当然の事、写真で見える内装もラクダ色のイスで登場当時を再現しています。
うさぎ鉄道ではフル編成での勇姿を期待しておりますw

12号線さん、コメントありがとうございます。
ラクダ色モケットに壁が薄クリームのキャンバス模様、床がグリーンといういでたちでした。細かい話で忘れかけていましたが、パンタのシュー先端が2本となっているのはこの車から、というより剛体架線用の新仕様だったのでしょうね。8000は先端が1本にまとまっていました。いまは両方同じですが。。
 
実は5両だけN化しようか、とも考えたのですが。。うちはホームが昔の大山駅並みの有効長なので、締め切り扱いされた車両の乗客が大変そうです。。まあ実は全車締め切り状態ですけど。。8173Fから、徐々にN化していきたいともいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスタードシード | トップページ | 大胡駅周辺 »

うさぎくん(メインブログ)

無料ブログはココログ

最近のトラックバック