• Imgp2155
  • Imgp2153
  • Imgp6846
  • Imgp6842
  • Scan15130
  • Scan15179
  • Ntn44b3
  • Scan14965
  • Imgp9695
  • Imgp6791

« 元加治、週末雑記 | トップページ | 鉄道ピクトリアル 近畿日本鉄道特集 »

2018年11月18日 (日)

東武モハ7800

Scan14965

東武商事のウェブサイト によると、今年の鉄コレは78型となる(12月2日の南栗橋で先行発売)そうだ。登場時のオレンジ+黄色帯、オレンジ/ベージュ(ツートン)、セージクリームの3バリエーションで、2両と4両のセットがあるが、塗装だけではなく形態にも変化がある。
 登場時の黄色帯バージョンは前照灯が白熱灯1灯、ドアがプレス飾りつき、これとツートンは7820型だが、セージクリームのほうは7800型で、前面、通風器、戸袋窓などが異なる。
 
以前にも7300型が発売されたことがあるし、7820はクロスポイントからキットが出ていて、私も4両組んだが、7800型は初めてかと思う。
 
ここで78系のバリエーションを軽くおさらいしてみましょう。
 
モハ7800(1952-1954)
国鉄モハ63(モハ6300、のちに7300)の導入を受けて、自社設計した東武初の20m4扉車。最初はモハ7330と称した。
 製造当初は窓にHゴムは用いられず、内装(内張り)、窓枠は木製。日よけは金属製の鎧戸。通風器はガーランド型。連結面は戦前のモハ40のように丸屋根。
 機構的には一般的な旧型国電と同様の1M式。モハの台車はFS-10だが、クハはTR25,NL-1(FS-10類似)。
1966年発行の私鉄電車ガイドブックでは既に改装後の姿が掲げられている。正面がHゴム化され、ドアもHゴム支持のものに取り換えられている。車内の写真を見るとドア部中央にスタンジョンポールが立っている。ヘッドライトは1灯だが、この系列のみステーの付いたタイプで砲弾型ではない。70年代までに、いずれもシールドビーム2灯に改造される。
 
1965年から66年にかけて一部の車両が中間車化され、4両固定編成になった。長くなるので以後車番等の明細は一部省略するが、7800については7802+802、7803+803、7804+804、7805+805が中間車化され、それぞれの運転台方向が向き合う形で組み込まれた。即ち、818+7802+802+7818のように。7800に関しては、4両固定は東上線のみに見られたようだ。というより、東上線の7800型はすべて4両固定だった。
 
私がこの車両を初めて意識したのは1975年の初め頃(小学5年)で、塾帰りに乗った電車が余りにも古風な内装なのに驚いて、川越まで乗り越したことをよく覚えている。中間化された連結面はもとの丸みを帯びた縦断面がそのままで、余計に古臭く感じた。ほかの73,78は戸袋窓がHゴムだが、これのみ木製で日の字型をしていた。ドアの沓摺は、以後の車両がグリーンのゴムシートなのに対しこれのみ鉄板(網目がついていたはずだが、擦り切れて銀色に光っていた)だった。
 
とはいえ、性能はその後も基本的に変わらないし、乗り心地も同じだった。
 
Scan15179
1979年春、竣工した5000系(既に53型改造の同型があったが、これを3070型と改称して2代目を襲名した)は、この7800型が種車であった。7800がなくなるかも、と思い、狙い撃ちすべく沿線で待ったが、数が少ないのであまり撮れなかった。これは珍しい急行寄居行き。下板橋。トリミングしているが、もとはかなりお粗末な後撃ち。
 
Ntn44b3
志木の電留線に憩う。鎧戸式の日よけが見える。この頃は当時の8000と同じ、クリームの内装(ペンキ塗り)にラクダ色のモケットだが、こうなったのは1969年ごろからで、それ以前は国鉄風の薄緑、青シートだった。この変化については子供のころ、わずかに覚えている。クハなのにパンタ歩み板みたいのがついているが、これは当初からの仕様で、パンタを撤去したわけではない。
 
いかん、軽くといいながら、くどくど書いてしまった。7801、2は後パンとか、そういう話はまた別の機会に。
 
モハ7890(1956)
製造当時は7850型と称した。以後の増備車のもととなった形で、車幅がわずかに広くなり、内装と窓枠が金属になり、戸袋窓もHゴムになる。ヘッドライトは砲弾型。ベンチレータは国鉄80系に似た押し込み型。連結面は半切妻というか、屋根の部分に丸みを持たせた独特の形。この形式からMTユニット式になり、補機が一部クハに搭載される。
本形式最大の特徴はクハにトイレがついていたことだが、昭和46年に撤去された由。4編成のみの小世帯で、本線のみの配置。見たことはあるがほとんど記憶がない。
 
モハ7820(1957-1959)
一族の中では最も両数が多い。制御器の違いで前期型、後期型に分かれる。日よけは普通のサランカーテンで、緑系の色をしていた。4両固定は東上線に1本いたが、残りは本線系統で活躍した。東上線では池袋寄りに73か78の4両固定、それに7820の2両固定を1,2組連結して6両から8両を組成していた。いわゆるブツ6は本線では見た気がするが、東上線では記憶がない。
 
モハ7860(1958)
この形式のみ日立の製造。今は日立製の電車は珍しくないが、以前はこれが唯一の存在だった。特徴は屋根を鋼板として全鋼製となったこと。半鋼製というのは、屋根断面の形をした金属性の柱に、長手方向に板切れを並べて、上にキャンバスを貼るというつくりだったらしい。7865は踏切事故で運転台側のみ、8000系(もちろん製造時の)の運転台に準じた高運転台に改造された。たしか北千住かどこかで一度見たが、写真は撮りそびれた。本線系のみで活躍した。
 
モハ7870(1960,1961)
最終型は再び半鋼製となるが、連結面が広幅(ドアなし)となり、窓枠がアルミサッシュとなる。1960年製は前パン、61年製は連結面に設置。東上線は61年製のみの配置だった。
1961年といえば地下鉄乗り入れ用2000系が登場した年である。西武はまだ吊掛け車100%だったが、京王は2000系、小田急は2400系、東急は5000系を作り終えて6000系を作っていた(いずれも初代)ころである。実はこれが打ち止めではなくて、7300の車体更新はこの7870に準じた仕様で1964年まで続く。車体更新といってもボディは基本新造である。
 
だから、小学生時代、友達と(8000系冷房車などと比較して)「ボロ電」などと揶揄していた73,78型は、当時まだ車体新造してから10年ほどしかたっていなかったことになる。。
 
まとまりはない文章になってしまいました。
鉄コレ78ですが、資金を工面するか。。
 

« 元加治、週末雑記 | トップページ | 鉄道ピクトリアル 近畿日本鉄道特集 »

東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

むーさんの鉄道風景より、http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link133.htmlに原型のクハ812写真あります。

7800ですが、後年ラクダ色の内装になってもつり革だけは若草色のもの用いていましたね。
更新間際にラクダ色の新品に変えましたが。

鉄コレ、製作数を絞るとの情報ありまして当方も南栗橋まで行くべきかと思案中です。

リンクに余計な文字列入りましたので、再掲します。
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link133.html

7860も末期の一時期東上線に入りました。
屋根が明るい色で、鉄粉によるカステラ化の影響は少なかったのでしょうね。

12号線さん、コメントありがとうございます。
私も最後の頃の状態には詳しくないので、つり革や7860のお話は貴重です。ありがとうございます。
 
リンク先、7812Fは昭和29日車で、この年の新車ははじめから7800と称していたようです。銘板に色差しがしてあるので、まだ新車入線間もない頃の写真でしょう。
 
 手元の「私鉄電車のアルバム」には、番号不明ながら7330の新車時の姿がありますが、ドアは中桟入り、金属枠、プレスドアでした。ので、29年製からHゴム窓にマイナーチェンジされたのでしょう。金属枠のドアは晩年には見られず、下部のプレス飾り入りドアも多くは取り換えられていたと思います。

仰せの中桟入りドアを持つ7800写真がありました。
後位は63ボディの更新前7300でしょうね。

https://tetu5501.exblog.jp/tags/%E6%9D%B1%E6%AD%A67300%E7%B3%BB%E3%83%BB7800%E7%B3%BB/

後ほどメール送信します。
何とぞご査収願いたく存じます。

12号線さん、コメントありがとうございます。
最期の中桟入り78、拝見しました。78はHゴム改造する前のほうが男前だった気がします。当時は通勤車としてそれなりに通用していたのでしょうね。
 
後半の東武練馬付近と書かれた場所は、おそらく赤塚新町付近と思われます。どちらかといえば下赤塚ですね。。付近に家がないのが印象的ですが、考えてみればかなり遅くまで畑が残っていた地域だった気もします。。32型がオレンジ一色なのが良く分かりますが、写真の前後数年だけ見らえた塗装だったようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元加治、週末雑記 | トップページ | 鉄道ピクトリアル 近畿日本鉄道特集 »