• Imgp2111
  • Imgp2110
  • Imgp2109
  • Imgp2108
  • Imgp2106
  • Imgp2105
  • Imgp2104
  • Imgp2103
  • Imgp2101
  • Imgp2100

« 鉄道風景30題 | トップページ | こどもの観察カメラ れっしゃ »

2018年6月 2日 (土)

ときわ台駅

Imgp6748

ときわ台駅がリニューアルされ、昭和10年の開業時のたたずまいを復刻した、というニュースを見たので行ってみました。
 
まあ小ネタですね。。
 
Imgp6760
もともとときわ台駅(北口)は、開業時の駅舎を手直ししながら使っていたので、全体のたたずまいは同じだ。ただ、リフォームにあたり、当時の姿を忠実に再現したということらしい。
 
Imgp6761
ときわ台駅は、当時田園調布駅に範を取った高級住宅地を造成していた東武鉄道が、宅地の開発とともに開業したというだけあって、とてもモダンな印象がある。近隣の他の駅、中板橋や大山などは下町っぽい、庶民的なムードの駅だが、ここだけがこんな感じなのだ。
 
ネットを見ると、開業日の近い南宇都宮駅舎とよく似ているとか、たたずまいが旧帝国ホテルに似ている、という記述も見られる。
 
東上線池袋-成増間の駅としては最後に開業した駅であることは確かだが、調べてみると北池袋から下赤塚まで、昭和初期の数年のうちにぼこぼこ開業しまくっているんですね。。ちなみに開業時が池袋-下板橋-成増、すぐに上板橋も開業したらしいです。
 
Imgp6757
開業時というか、戦前からの駅舎がそのまま使われている駅というのは、東上線ならずとも珍しいでしょうね。東上線ではここだけでしょうね。。
子供の頃は朝霞、鶴瀬、川越など、昔からのたたずまいの駅は結構あったけど。。
Imgp6746_2
改札口を移動しましたかね。。
 
Imgp6751
壁面には駅と周辺の歴史が、博物館のような形で展示されています。
 
Imgp6754
昔の建物の様子。
 
Imgp6756
特徴ある住宅地の地図と、ときわ台駅、住宅地の位置図。
池袋駅から10分とある。
 
Imgp6752
お散歩マップ。
こうした展示を、熱心に見ている人が何人もいました。
やや年配の女性が多かったかな。
 
Imgp6763
ときわ台は毎日利用していたわけではないが、小学生の頃から駅近くの模型店(るー模型店)に行くのによく利用していた。小さな模型店なのに、わざわざ電車に乗って出かけたのは、一つは電車から見える場所に店があったこと、そしてTMSに広告を載せていたことがある。
 
ここと、大山のマックス(のちGM)、あと成増の、今はダイエーがあるあたりのビルに入居していた模型店をよく利用していた。成増は北口の、住宅地の奥に丸正堂という店があったけど、ほとんど知る人ぞ知るという感じの店だったな。
 
Imgp6765
ときわ台は朝ラッシュ時に準急が停車したことで有名(自分だけか)だが、10両運転が始まる昭和51年ごろ、ホームを延伸して、併せて駅舎とかも改装とかをしていた記憶がある。
同じころ、今の下板橋留置線の配置を改良した、それまで上下線の間に3線程度の留置線があった(ので、下り線は下板橋駅を出ると左に大きくカーブして上り線から離れ、山手通り陸橋のあたりで戻っていた)が、改良後は上下線が平行になり、留置線の数も増えた。
そういえば昔はときわ台駅に進入するあたり、池袋よりの踏切付近のカーブで、電車が大きく揺れたな。立っているとき、そのあたりに近づくと身構えたり。西武新宿線の中井駅付近とか、中央線の大久保付近とか、そういうところは何か体が覚えていて、自動的に身構えますね。またそんなことをよく覚えていたり。
 
あ、今でも成増駅の上り線は揺れますね。あれは線形上仕方ないけど。
 
Imgp6764
工事のとき、ここの煉瓦壁を一生懸命作っていたことをよく覚えているんですよね。ちょうど南口改札の入ってるビルじゃないかな。。
昔、グリーンマックスの車上駅というストラクチャー・キットは、ときわ台南口がモデルじゃないかと思っていました。雰囲気だけで、全く同じという訳ではないですけど。
同じくGMの小型駅は、あれはやはり東武練馬駅がモデルではないかと。こっちのほうはかなり近いです。ただし、現行の駅舎は改装されて面影がありません。
 
というわけでした。

« 鉄道風景30題 | トップページ | こどもの観察カメラ れっしゃ »

東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

ときわ台駅ですが、ホームと駅舎をつなぐ地下通路が以前は池袋側にありましたね。
川越駅も昔に存在していましたが、使われなくなった通路はやはり埋めるのでしょうか?

成増名店街ビルにあった模型店はキックですね。後に志木ファイブにも支店できましたが、今や隣のダイエー共々その建物が存在しないことに驚きを隠せません。
そんな一方で、今は鉄道模型置いていませんが成増プライム裏手にある服部玩具店は穴場でした。
グリ完の小田急1800が後々まで置かれていました。

12号線さん、コメントありがとうございました。お返事が大変遅くなって申し訳ございません。
 
あのとき(10両化のころ)の工事は、地下道の位置変更も含めた工事だったかもしれませんね。東上線はわりと立体化を早く進めていったように思えます(というか、西武と比べてですが。井荻も90年代半ばまで踏切だったしな。。)。
川越駅の地下道も、覚えています。跨線橋のほうが後だったのですよね。通路の穴埋めはどうでしょうね。。
 
そうでした、キック!お教えいただいてありがとうございます。初めて「鉄道模型」ジャンルの製品(関水金属ワキ10000、当時450円)を買ってもらったのがここでした。後年TOMIXの113系、KATOのEF65とコンテナ車もここで買った記憶があります。
服部玩具店は先日前を通りがかり、こちらに書きました。https://blog.goo.ne.jp/usagi_kun26/e/692cef5f8f09c94305243a2aace2eaab
通路に店主の方が椅子を出して座っていたので、ちょっと中には入れず。。店内左側に、ガラスケースに飾られた16番模型がたくさんあって、それを飽かず眺めていたのを思い出します。ただ、ここで模型をかったことはなかったな。。
 
志木ファイブ!も、ダイエーも、懐かしい名前です。。ダイエーの名前で営業している店も少なくなりましたが、成増は盛業中の様子でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道風景30題 | トップページ | こどもの観察カメラ れっしゃ »