• Imgp5808
  • Imgp5786
  • Imgp5784
  • Imgp5775
  • Imgp5769
  • Imgp5759
  • Imgp5738
  • Imgp5736
  • Imgp5700
  • Imgp5693

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月28日 (月)

鉄道風景30題

Imgp5433

川田耕一著 機芸出版社2008年
 
さいきん出た本ではなく、もう10年も前の出版だ。刊行当時は知らなくて、丸善の書棚に並んでいるのを見たのは6~7年前だったか。。
 
手元に丸善の商品券があったので、ゴールデンウィークの少し前に思い切って買ってみた。
 
Imgp5434
同じ機芸出版社の「シーナリィ・ガイド」(1974年)とテーマ、題材の取材年代は変わりない。多忙な本職の合間を縫って、全国の鉄道とその周辺を撮影、取材したものを回想している。「シーナリィ・ガイド」は鉄道模型趣味誌に掲載されたものの再録で、その趣旨に沿った書かれ方をしているが、「鉄道風景」のほうは、もっとゆったりした昔語りのような文体である。
 
掲載された写真の少なからぬものは、「シーナリィ・ガイド」や同氏がやはり投稿していた鉄道ピクトリアル誌に掲載されたものの再録となっている。私は「シーナリィ・ガイド」はそれこそ毎ページ暗記するように何度も見ていたので、たいていの写真は「ははあ、これは」と気がつくものが多い。以前はわからなかった撮影時期や、関連する新しい写真を見ることができる。
 
写真が主体ではあるが、どちらかというと随想の部分の比重も大きいようで、適当に開いたページをつまみ食いするように眺めるのに向いている。全体を一気に読もうとすると、散漫な印象のほうが強くなってしまう。それと本書は、ある程度当時(昭和30年代~40年代)の鉄道事情を知っていることを前提とした書きかたをされているように思う。平成生まれの若い方が読むと、また違う印象を受けるかもしれない。とはいえ自分もシーナリィ・ガイドは予備知識なしでガリガリ読んだくちなので、若い人はそれなりに読んでしまうものかもしれないが。

2018年5月20日 (日)

上信電鉄1995 その他

Scan11124

上信電鉄を前回訪ねたのは、23年前の3月初旬だった。
実はその前に訪れたのはそのさらに15年前の、1980年6月のことだ。先日23年ぶりに訪れたので、次は30年後の2048年前後になるのかもしれないが、もう無理だったりして。。
 
Scan11120
毎回非常に不勉強なまま訪れている。。150型はこの頃2編成が就役していたが、西武401の地方私鉄への転出は珍しいものではないので、ああ、ここにも、と思った程度だったかもしれない。。
それと、この頃既に西武新宿沿線住民で、401は毎日乗っていたので余計・・・感を感じたのかも。
 
この頃は西武時代の黄色塗装を、そのままコーラルレッドに置き換えたような姿で、なかなか貴重かもしれませんね。。
 
Scan11123
冒頭の写真は下仁田付近と記憶していますが、この2枚は吉井付近だと思います。
 
6000型のこれは、塗装を改めた姿だと思いますが、オリジナル塗装の写真をネットで見ようと思ったがさて見つからない。1000型からこの6000型までの頃の上信は、大手私鉄並み、またはそれよりも斬新なデザインと塗装でファンを驚かせていたものでした。
 
Scan11126
奥がオリジナル時代の1000型。これは1976年の登場当時、子供心にカッコいいと素直に思ったものでした(ただし、非冷房グロベンが減点)。6000型はそれを発展させた形で、おお流石、と思ったりしたものです。
 
Scan11128
200型も登場当時(1964年。ちなみに新車登場のニュース記事を記載した、鉄道ファンを持っています)は、相当斬新な車両だったと思います。1000型はその血統なのでしょうね。
デザイン的には西武風だったり、こちら側のヘッドライトは東武風味だったりしますが。。
 
Scan11125
わかりにくくて恐縮なのですが、こちら側の正面が、東武通勤車風(というか6000系風というか)なのが、当時とても不思議(情報を知らなかったので)でした。
Scan11125e
ちょっと拡大してみましたが、逆光でよくわかりません。。6000の左のほうですね。右の、貫通扉が開いているのは250型のようです。
 
撮影の翌年に出た、ピクトリアルの特集を見て、廃車された東武3000系の運転台を移植したのだ、と知りました。模型の工作みたいな感じですよね。 
 
Img_8170
上信の話から無理やり模型の話をつなげます。
C62東海道型ですが、うちでは現場の評判があまりよくないロコの一つでして。。
勾配での息つきが気になっていましたが、先日トラクションタイヤが外れてしまいました。
D51(旧)から、交換作業がたてつづきになります。
 
D51は分解容易でしたが、C62は私の手に余ります。なんとかしましたけど。
 
Img_8171
上が交換前、下が新品。目でわかるほど、伸びてしまったのですね。。
 
Img_8173
こちらは変わってC55の先台車。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、前方手前の車輪の、スポークとタイヤが外れかけています。何日も好調に走っていたのに、急に脱線してショートし始めたので驚いて原因を調べたらこんなことに。20年ほど前の製品なので、交換部品があるかどうかわかりませんが、とりあえず接着剤でとめれば大丈夫かな。。模型では「空飛ぶタイヤ」状態にはなりませんが、気がついた時はショートで台車が熱くなっていました。現実の世界なら、事故調査委員会ものですな。。
というわけでした。

2018年5月 7日 (月)

上信電鉄

Imgp5237

連休最後の日なので、車だと渋滞が大変だとは思ったが、上信だと移動も大変かと思い、また車で出かけてしまった。
 
Imgp5244
千平付近。上信はいまどんな車両が走っているのか、まるでわからないのですが、初弾はこちらでした。ぐんまちゃんですね。
 
Imgp5247
これは1000系の片割れのようです。
 
Imgp5261
いかにも増設した運転台という感じですね。
 
Imgp5274
これも右側運転台。
 
Imgp5283
これは最新型7000型だそうですが、うかつにも登場時のニュースを知らず(ピクトリアルで読んだかもしれないが、読み流したかも)、これは何だろう、と思ってしまった。
西武3000系でも改造したかな・・そんな話は聞いてないが。。とか考えたり。
 
Imgp5295
ここに来たかったのでした。
 
Imgp5297
かなり洒落がきついというか、狙っているとしか思えないのですが地名の由来には諸説ある由。
 
Imgp5299
駅は無人(交番のように席を外しているだけらしい)でした。
中をのぞくとタブレットが目に入りました。
 
Imgp5307
少し曇ってきた。どうもKPの露出が今一つ。
 
Imgp5312
 
Imgp5321
 
Imgp5332
偶々目が合ってしまった。。
「なんじゃい、お前は」といわれているみたいですね。
 
Imgp5334
高崎方面には行かず、いちおう下仁田を訪ねてみます。
 
Imgp5335
昔来ていますが、記憶があいまい。
 
Imgp5336
上のほうに子供もいるようだ。
 
Imgp5340
鉄側有蓋車は、あれか。セメントが風邪をひかないように鉄にしたのかな。
イベント用に現役の車両もあるそうですが、これは3両まとめて廃車後留置されているらしい。
 
Imgp5343
150型。この模様、よく写真では見かけますね。
 
Imgp5346
もと西武801系だということで、こんなところでAK-3型コンプレッサーに再会するとは。。
 
Imgp5348
この、赤と緑のプレートを貼った箱はたしかブレーキ制御機器だと思ったが、妙に懐かしいですね。本家西武ではもう観られないかな。。
 
Imgp5347
FS342ですが、上信では下回りは黒色に塗装しているので、DT21そのものという感じがしますね。
 
Imgp5349
黒色Hゴムのドア。
AU75のキセがグレイ塗装なのも、久しく見てないかな。
 
ま、そんな感じで。

2018年5月 3日 (木)

小康

Imgp5121

引き続きすきま時間を利用する程度にしか動けない。時間があっても、なんとなく気が咎めるというか。。
 
まあ、車は便利です。気軽に出られますからね。
Imgp5106
野田線系統から8000(800?)の廃車が出たという情報が出ています。(*800は牽引用に使われただけという説もあり)
8190Fも休車になったとのニュースが。
夏に20000系の改装車が宇都宮、日光ローカルに入ると、更に廃車が増えそうです。
 
一方、東上線系統はたしか一昨年に4両の廃車が出て、それ以来小康を保っています。
Imgp5097
あまり詳しくないのですが、東上本線系(池袋-小川町)でも、しばらく動きがないように思えます。70000系の増備が進んでいるうちは、新車も入らないのでしょうね。。10000系、10030系の更新も進んでいない感じが。
 
もと西武新宿沿線住民としては、現状車両の整備状況に関する限り、東上線系統のほうが(はっきりいって)若干見劣りする感じがします。。もっとも、私が新宿沿線に住んだばかりのころ、夜701/801/401系などに乗ると、未更新の内装がどうにも侘しく感じられたものですが。。
 
そのまえの中央快速線の201の内装も、住みだしたころには結構傷んでたからなあ。。あれは後年、立川あたりで特急から乗り換えると、内装も騒音も一段とひどく感じられて、なんだかなあ、と思ったものです。今のE233系も長生きしそうだけど、この先どうなるかな。
 
Imgp5061
いずれにしても、普段乗る電車が日々気になることはあまりない。乗っちゃうと何系に乗っているのか、わからないというのは、昔はなかったのですけど(もうおとなですからねえ。。)。
 
Imgp5078
さいきん乗る電車で一番好きなのは、やはり西武30000かな。40000系は一度だけ乗ったけど、まだあまりなじんでいない。毎日乗るメトロ02系は空気のような存在。新車が出るとまた興味が向くかもしれないけど。
 
Imgp5081
東武も本線系統は申し訳ないのですが行く機会がなくて。。
 
ほかにも、以前は時々利用していた常磐線、京成本線、横須賀線、小田急あたりもほぼ全滅状態です。
Imgp5054
塗装が落ち着いてきて、なんとなく現役時代に質感が近くなってきました。
 
Imgp5025
撮りそびれた。
Imgp5019
というわけでした。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »