• Imgp2111
  • Imgp2110
  • Imgp2109
  • Imgp2108
  • Imgp2106
  • Imgp2105
  • Imgp2104
  • Imgp2103
  • Imgp2101
  • Imgp2100

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月30日 (月)

福島交通ニモ1

Img

久しぶりのイラスト(なにしろ毎週雨ですから。。)。
これを書いていたのは昨年の今頃から今年初めにかけて、前宅の時代である。今見返すと、色々言いたいこともあるが、とりあえず描いた順番に掲げておく。
これより後、前宅時代の最後の頃に手を付けたのが近鉄8000系列の、生駒線でのシーンだが、こちらのほうが納得がいかない仕上がりで、たぶんまた書き直すと思う。
 
元の写真は、以前書いた静岡鉄道キハD7と同様、鉄道ファン1964年12月号に掲載されたものだ。こういう、元写真を雑誌等から拾ってきて絵を起こすというのは、プロのイラスト屋さんがやると色々問題があるかと思うが、そこは個人の趣味ということで御容赦いただきたい。
今は習作として描いているから良いが、それだといつまでたっても「作品」にならないわけで、その辺、何とかしないとな、とは思っている。
 
ニモ1ももちろん見たことはない(雑誌の発売後まもなく廃車になったようだ。福島交通軌道線自体、71年に廃止されて今はほとんど遺構も残っていないらしい)。が、この貨車にパンタとモーターを付けたようななりたちは、モデラーなら誰しもそそられるものを感じることだろう。
 
これはサブロクだが、ナローに置き換えて模型を作った人もウェブで見かけた。トミーテックのナローシリーズが、その後どうなったのかわからないけど、こんなタイプの電動貨車も、あると楽しいですね。。
 

2017年10月16日 (月)

渡瀬

Imgp1234

雨続きの週末・、加えて当地では気温もぐっと下がり、あまりうれしくない感じですが。
 
暫く撮影などに出かけることがなかったのに、ここのところ続いています。今日は車のホイールバランスを調整し(高速域でシミーが出ていたので)、そのテストが本来の目的でした。最初は一区間ぐらい運転してすぐ帰るつもりでしたが、どうせなら。。
 
Imgp1172
というわけで、ちょうどいい行き先を考えながら運転。ここにたどり着いた。
駅についたらすぐに葛生行きがやってきたので、慌ててカメラを出す。
 
Imgp1176
800系を見たのはこのときだけで、あとは8500の2連ばかりだった。
 
渡瀬には12年前に一度来ている。その時は5050系と、1800系の通勤仕様(青帯)いずれも4両だった。ワンマンになる直前ですね。
 
Imgp1182
1800系はその時の目当ての一つだったが、もう一つ、北舘林荷扱所(もう当時はそうではなくなっていたかな)を見たかったというのがあった。都営とか京王の廃車体もあるような話を聞いていたが、当日見たのはED5060(80?)2両だった。番号板は剥がされていたので、旧番はわからかったが。
 
Imgp1185
それで、今日はなにが止まっているかというと、先ほどの写真でお分かりのように300(350)系のクハと、メトロ03系、そして奥のほうに20000系という感じです。
300のほうは、ほかの3(5)両はどこに行ったか分からないが、クハだけきれいに残っている。保存でも予定しているのだろうか。
 
Imgp1190
メトロのほうは5ドア車を含む編成。既にヘッドライトは外されている。
 
Imgp1199
03、今のところ地方私鉄への譲渡の話は聞きませんが、どうなのでしょうね。
長野電鉄に行った3000系も、そろそろらしいですが。
 
Imgp1197
昔のことはあまり覚えていないが、これを撮影した陸橋は以前からあった。
左側に、工事中の大きな駐車場があるが、以前はここが休耕地かなにか、フラットな草地だった。線路わきにセイタカアワダチソウが繁茂しているが、以前はこれほどではなく、草原越しに走る列車をきれいに撮影できた。
 
Imgp1209
今は工事現場に重機などが置かれていて、撮影には適さない。
その先、20000系が見える。拡大すると、23811という番号が読み取れる。
 
Imgp1211
上下2段に、8両が並べられている。
20000系で8000系を置き換えるのかな、と思っていたのですが、これはどうなのでしょうね。。
日比谷線は、数次にわたり計3、4年ほど通勤に使っていましたが、あまり車両に興味を示したことはなかったな。。たまに東急車が来るとラッキー、ぐらいな感じだったかな。。
それでもいなくなるのは寂しいですが。。
 
Imgp1216
で、まあ、本当を言うと、こういう解体現場というのはそれほど好きではないのです。
元気に走っている列車を撮る方が、心休まります。
 
雨はこの後もずっと降り続けていたが、このときは偶々少し小やみになっていた。
防塵防滴のPentax KP 1 とWRレンズはありがたいです。
 
Imgp1229
とはいえ、暗いのであまり撮影向きではないことは確かですね。。
 
Imgp1222
まあ、そういうわけでした。

2017年10月10日 (火)

101系伊豆箱根塗装

休養に努めた3連休でしたが、3日目は少し時間も空いたし、天気も良かったので近場を訪問してみました。

Imgp1015
とりあえず出発点は北朝霞駅から。
この界隈も、考えてみると40年以上移り変わりを眺めているけれど、ずいぶん変わったねえ。。なんだかここだけ見ていると、阿佐ヶ谷か西荻窪、という感じがしてくる。鹿島神宮駅なんて、この駅と同じころ開業しているし、同じような高架駅だけど、あと40年たっても変わってないんじゃないかな。。そんなこと、比べる方があれですけど。。
 
Imgp1019
205系も普段はすっかり見かけなくなって(自分の行動範囲では)、小さなドア窓がなんか懐かしく感じます。
 
Imgp1020
休日の中央線はどうも人が多すぎて苦手。
 
Imgp1023
多摩川線は2009年5月末(オリジナル101系最後の頃)撮影に行っているのですが、リバーサルの撮影で、手元のスキャンを見ると10枚程度しかなく、それも白糸台周辺しかない。その後、春夏秋冬シリーズが始まったころ、2011年春に自転車で来ています。
 
2009年のときはもう高架で、中央線側がまだ地上だったのかな。もう忘れてしまった。。
 
Imgp1024
ホームについたら、ちょうどこれが来たところでした。
数人の人がカメラを構えている。一般の女性もいました。
 
Imgp1026
なんとなく地下鉄乗り入れ6000系を思い出すけど、伊豆箱根にはあまり結びつかないですね。。
そういえば先日所用で三島に立ち寄りましたが、駿豆線は見そびれました。
 
Imgp1027
反対側から。
 
Imgp1032
東武8000なんかはもうネタ切れ感がありますが(6050は快速塗装と旧快速塗装(水色)があるけど)、その点西武はまだ開拓の余地がありますね。
他社譲渡先でいいなら、上信塗り、流鉄、三岐、近江と、諸国色々ありますから。
 
Imgp1044
何にしても、白塗りはちょっともったいない感じがします。
 
Imgp1045
 
Imgp1059
沿線は住宅が多く、光線の関係もあって撮影が難しい印象が強いです。
 
Imgp1068_2
この右手に、ちょっとした草原があって撮影できるかな、と思ったのですが、道路が通行止めになっていました。私道なのかもしれません。
 
Imgp1072
これは陸橋の上から撮影しています。
 
Imgp1078
いま気が付いたけど、これ(1249F)にはベンチレータが残っていますね。
それと、柱を黒く塗っているので3000系ぽいところもありますね。
 
Imgp1082
 
Imgp1086
高圧電柱とか、とにかくごちゃごちゃしています。
 
Imgp1097
北多磨車両管理所、昔そういっていたような気がするのですが、ネットで検索すると車両基地といういい方しか出てこないな。
 
Imgp1107
競艇場前駅付近。
 
Imgp1120
一応これで撮影はおわり。
 
是政まで歩きます。それにしても、昔はこの辺まで自転車(ママチャリ)でうろうろできたんだからな。。
 
Imgp1136
せっかくなんだから、西武は黄色で行きましょうよ。
 
Imgp1160
今日は乗れなかったけど、本線ではこちらもまだまだ元気。
 
というわけでした。

2017年10月 9日 (月)

いわつき

相変わらずの低速運転。カメラをPentax KPに替えてからどこかに撮影に行くということをほとんどしていないし、自動車が来てからは移動やらそちらの整備やらでなかなか鉄道に乗る時間も取れない。通勤に利用する電車というのも・・・、この年になるとすっかり無頓着になりますね・。

 
今日も用務のため車利用で出かけましたが、用務終了後ちょっとだけ時間を作って、近くを走る鉄道に乗ってみました。
 
Imgp0979
この色合いは8000系以前の鋼製車の塗装にも通じるものがあり、東武としてはそう違和感のあるものではありませんが、確かに新鮮さは感じますよね。
それにしても、50000系列のオレンジ、60000系の青系、そして70000系は赤と、どうもイメージが定まらない感じがします。30000系以前のステンレス車も、今となってはどうも地味な感じで。。
 
Imgp0984
時々こうして様子を伺いに来るのは、8000が今どうなっているのか、気になるからです。
もうあっという間に増備が進んで、あの8000系王国がすっかり様変わりしてしまったので。
 
Imgp0985
7月に用務で使ったときも、8000を見かけなかったので、どうかな、と思っていましたが。
 
Imgp0992
立て続けに60000を見た後、これが来たのでちょっと一安心。
このあと、今度は8000ばかり次々とやってきたのでうれしい悲鳴。
 
しかし、もともと夕刻ぎりぎりの時間だったので、撮影そのものはもう無理。
 
Imgp0997
ミンデン台車、塗りドアのタイプも健在の様子。
 
Imgp1004
今のカメラは高感度に強いですが、まあ野生動物を撮るわけではないので。
 
Imgp1013
岩槻駅がきれいになったらしい(少し古い話ですが、行ったことなかったので)ので、来てみました。折しも、急行退避のため81110Fがやってきました。
 
Scan14607
'85年の今頃。なのでこの塗装としてはかなり初期の頃の写真だと思います。あるいはもうすこしあと、11月ごろの写真かな。。前面の番号がまだない頃です(車種はもちろん3000系)。
 
ホーム配置はこの頃も2面3線ですが、1番線ホームが駅舎、改札口と直結し、2,3番線ホームとは跨線橋でつながっているというタイプ。ここは小さいながらも地方都市風の風情が感じられる駅でした。
 
今は橋上駅に変わりましたが、駅舎は蔵造を連想させる凝った作り。駅前の商業ビルに堂々と「岩槻区役所」とあるのが目立ちます。ここまでさいたま市なのだから、大きな町ですね。。
 
Imgp1014
このたたずまい、床下機器の配置とかも、そらで書けるんじゃないかと思えるほどおなじみ。かつてのライバル?103系亡きあと、どこまで頑張ってもらえるのか、注目したいところであります。。
 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »