• P7171477
  • P7171475_2
  • P7171469_2
  • P7171468_2
  • P7171467
  • Imgp0288
  • Imgp0282
  • Imgp0275
  • Imgp0273
  • Imgp0271

« 通勤(従来ルート終了) | トップページ | 埼玉県西部地区 私鉄特急網 »

2017年4月30日 (日)

ご無沙汰しております

Imgp4999

前回は転居もとからの通勤が終了し、休暇を取って引っ越し準備を始めたと書きました。
今年はそんな話ばかりで大変恐縮ですが、現在は転居も無事終わり、というか荷物移動は無事終わりました。まだ箱に埋もれて過ごしています。
 
スペースが大幅に減少したため、蔵書を整理したり、どうにか確保できたレイアウトを自分で移動したり、ということは以前書きました。
 世間的な話題-西武F-Trainとか、東武本線系統の変化などはとても追いきれるものではなく、ネットの情報を眺めるにとどまっています。
でまあ、こんな風に与太話を書いていたりします。
 
金曜日には現宅から初めて通勤しましたが、このルートは既に1月ごろから週に何度か使っているので、新味は全くありません。ただ、スマホを忘れたので15分ぐらい遅くなってしまったのですが、えらい混んでたな。時間帯によって混雑度が急に変わるのかな。
 
そういえば、TJはあれからすっかり使わなくなってしまった。帰りにちょうど使える時間かな、と思って改札についたら、既に整理券完売だった。
 
P6170076
毎日乗る鉄道の影響力というのは大きくて、駅ポスターや車内広告、車両の内装の感じ、そのたもろもろが、だんだん身に沁みついてくる。気が付くとすっかり洗脳されていて、別の鉄道に乗ると違和感とか、エキゾチズムを感じたりする。
P6170079
鉄道ごとの個性というのは、近頃薄まりつつあるのかもしれない。
それでも、たまに京急や京王に乗ると、車両はもとより駅施設その他に、エキゾチズムを感じたりする。
 
もっともそうした特色は、時の経過でまた変わってくるという面もある。我々は西武らしいと思える内装の作りは、さいきんの若い人には通用しない(流鉄みたいですね、と思われたり)のかもしれない。
 
P6240130
私の場合、東武-JR-西武沿線ときて、また東武に帰ってきたわけだが、率直に言っていまの東武は昔のそれとは別物という感が強い。それよりも、いつの間にか西武流儀が染みついてしまい、すっかり「西武の人」になってしまった自分に困惑?している。
 
Scan14737
時代は巡る。将来また西武沿線の人になった時も、きっと困惑していることだろう。。

« 通勤(従来ルート終了) | トップページ | 埼玉県西部地区 私鉄特急網 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最後の写真、網棚形状から7300と推測しますがいかがでしょうか。
本家のブログの方も拝読させていただいてますが、ご転居前の最寄り駅は笹バスで毎日のように通り過ぎています。

今度、この店で鉄板焼きオフなんぞいかがでしょうw
http://imgur.com/3aJEpIN.jpg

うさぎくんお久しぶりでございます!
上写真の車内2枚はドア上鴨居部が銀のステンレスではないので、
2000系(旧)の最終増備車2419または、2033ですね。
ちなみに、西武線のシートが茶系のモケットである電車は2014年に3000系の全廃でなくなってしまいました。

しゃれたデザインで西武らしく良かっただけに残念です。
車内は明るくなりましたが、西武線では黄色が到着するとなんだか、ほっと安心する私です。。。

12号線さん、コメントありがとうございました。
また、本家へのご訪問、ありがとうございます。
 
ご推察の通り、これは7300です。’81年4月ごろ、鉄道ファン誌で73の廃車が始まったと聞き、親からカメラを借りて撮りに行きました。といっても、当時まだ73はごく身近な存在で、ちょっと待っていればすぐにやってくる存在(ちょうど今、西武2000がそんな感じですが)でしたが。全廃はこの3年後でした。今の人がこれを見て東武らしい、と感じられるかどうか。。
 
鉄板焼きオフ、いいですね。あのお店、テレビで取り上げられたりして知名度上がっているようです。さいきんはちょっとご無沙汰していますが、あの大きなスピーカーはまだ店内にあるのかな?

ゆっきーさん、コメントありがとうございます。
 
う~ん、さすがに観察が鋭いですね。この写真は2001年6月ごろ、上石神井駅3番線に停車中の各駅停車西武新宿行きの車内です。更新はいつだったのかな?ほんの少し前は、これが普通だったのですけどね。
私も西武は黄色が大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤(従来ルート終了) | トップページ | 埼玉県西部地区 私鉄特急網 »