• Scan14677
  • Scan15334
  • Scan15333
  • P9241561
  • Scan12683
  • Imgp0894
  • Imgp0892
  • Imgp5935
  • Imgp5909
  • Imgp5906

« 鷺宮折り返し | トップページ | 新井薬師さくら2017 そして沼袋配線変更 »

2017年3月18日 (土)

鉄道雑誌

Imgp1956

時折ここで触れているように、近々転居を控えている。転居先の都合もあり、手持ちのものを整理しているが、特に問題となるのが書籍、雑誌、資料などの紙類だ。
 
鉄道雑誌、鉄道模型誌について、ここ25年ほどは鉄道ピクトリアルを中心に購読してきた。最初に鉄道関係の雑誌を買ったのは1974年6月の鉄道模型趣味だが、それ以後一貫して43年間買い続けた雑誌というのはない。
 
鉄道模型趣味は’74年から買い始めて、10年間くらいは全号そろっていた。80年代の後半から90年代初めごろまではあまり買っていない。その後復活したが、2000年ごろを境に再び中断、たしか800号の記念号は後から買って、その後数冊買ったかどうか。山崎氏が筆をとっておられたころの記憶が忘れられないというのもあるし、最近の模型界の情勢についていけなくなった、ということもある。
 
とれいんは創刊号が書店に並んでいたことを知っている。書店で最初に買ったのは’75年8月号で、9月号も買ったが、月刊誌を2誌購読することは子供には厳しくて、しばらく中断。’76年1月から1年ぐらいは鉄道模型趣味と並行して買っていた。’77年以降は気に入った記事があるときだけ買っている。とはいえ、とれいんは雑誌としてはかなり高価な部類となり、もう何十年も買っていない。RM誌はよりカジュアルな内容だが、80年代の一時期買っていたことがある。
 
模型誌から入っていったので、実物誌を買うことがなかなかできずにいたが、’76年11月のジャーナルをはじめ、年に数回は気に入った記事のものを買っていた。’80年夏からはジャーナルを毎月買うようになった。種村直樹氏の自伝が掲載されていたころだ。
 
私にとって国鉄改革の前後はどうも暗黒の時代という印象が強い。80年代前半は地方路線の廃止、貨物の合理化、労使関係の悪化、職場規律の悪化のような暗いニュースが続き、鉄道趣味を続けること自体、苦痛に思えるようになっていた。 
 
ので、80年代後半ごろはあまり鉄道にコミットしておらず、だいたい自動車関係の雑誌とかを読んでいた。今から思うと、自動車時代は10年あるかないかというところで、鉄道に比べると短いのだが、車を買ってどこかに出かけたりとかをしていたので、それなりに印象は強い。車雑誌関係は一部を残してほとんど処分してしまった。
 
その後は鉄道に戻り、先ほど書いたようにピクトリアルを主に購読していた。ピクトリアルは鉄道専門誌の中では比較的薄くて保存はしやすいが、さすがに20年を超えると一定のボリュームがある。たしかピクトリアル900号のとき、鉄道研究家の根本幸男氏の書架が掲載されたことがあったが、900冊のピクトリアルで本棚一本分ぐらいはあっただろうか。
 
根本氏ほどの年期もこだわりも持つことができない私にとって、手持ちの雑誌すべてを保管し続けることは難しい。これまで、今思えば大変幸いなことに、保管スペースについてはそれほど気にしなくてもよい環境にいた。これからはそうはいかないし、今後もアーカイブスは増えていくことだろう。ので、自分にとってそれほど重要でない号については、処分することにした。 
 
P1100141
たくさん並んでいるように見えるが(そうでもないって?)、これがすべてではない。古い号は別の場所にあり、それは処分しない。ここにあるのは90年代半ば以降のもので、いまのところおよそ半分を処分することにしている。
 
まだ簡単により分けただけだが、90年代以降の鉄道模型趣味誌は大部分が処分される見通しだ。70年代のTMSはどれも-自分のジャンルとはちがうものであっても-記事として読ませるものがあるし、どこに何が書いてあったのか、ほとんど暗記しているものもおおい。90年代以降のもので、印象に残った記事、今でも思い出せる記事というのはほとんど存在しない。
 あくまでも自分の主観だ。紹介されている製品の出来、技法のレベル、文章、どれをとっても、最近のもののほうが格段に優れている。それなのにというか、だからこそ、昔の素朴な模型の素人っぽい文章による紹介記事のほうが、好ましく思えるのかもしれない。
 
ピクトリアルでは、車両ごとの特集、例えばオハ35系特集とか、キハ58系の現状、みたいなのは無条件で残したくなる。反面、信号設備の特集とかなどは、どうしても処分に回る確率が高くなってしまう。地域別でもたとえば、中央線今昔みたいのは残したいし、それ以外の東海、関西地区あたりになると、やや関心が薄れて処分に回ってしまうのはやむを得ないところか。
 
業者さんは明後日に訪れることになっているが、事前に問い合わせたところでは普通にある雑誌などはあまり値がつかないこともあるとのこと。正直、私も自分にとって値打ちのあるものは手放す気もない。。逆に言えば、そういうものを残しておきたいからこそ、網羅的な保存ではなく選別をせざるを得ないともいえるのだ。。
 

« 鷺宮折り返し | トップページ | 新井薬師さくら2017 そして沼袋配線変更 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。鉄道雑誌→保管方法で徘徊していた通りすがりの鉄おやじと言うより鉄おじいです(^^; 
身につまされます。
親戚のお兄さんの影響で小学校6年生で初めて鉄道ファンを購入以来中学、高校、大学、社会人と40年以上にわたりTMS、鉄道三紙、新興の?レイルマガジン、RMモデルズと90年代まで小遣いの有る限り買い続けていました。
その他にアウトドア系雑誌も創刊号以来すべて保管していたので当然保管スペースには限りが有り、自室のあちこちに積み上げて、ついに家族の共有スペースにまで浸食するに当たりなんとかしなければと遅い気づきでもはや手遅れに(^_^;
スペースも当然ながらその重量たるや計算すればさすがに青ざめました(^_^;
ドキュメントスキャナで電子化を図ろうと機材を導入した時点で自宅リフォームで現在保留中です。大量に積み上げた雑誌群を前に計画的に電子化で処分予定です。(どこかで挫折するのでしょうが・・・)
とはいえ、うさぎくんさん同様どんぴしゃ特集や資料記録性の高いものはそのまま保管の線で行こうかと。
うさぎくんさんが書き込みされたのが奇しくも当方の誕生日というのも何かのご縁でつい書き込みしてしました。
雑誌の処遇には本当に困りますね。

通りがかりの鉄おやじさん、コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなりまして、申し訳ございません。
 
ドキュメントスキャナを購入されたのですね。。
 
私も転居問題が発生したとき、ちょっと興味を持って量販店で見たのですが、価格と、転居までのタイムリミットが迫っていたために断念。一部は実家に疎開し、比較的希少価値の低い近号を中心にかなりの冊数を古本屋に出しました。。
 
幸か不幸か、何十年あいだに全号揃えて保管していたものはなく、崩すことにはそれほどは抵抗がありませんでしたが、選別は熟慮の上ではないので、あとからしまった!と思うこともあるかもしれません。。
 
今後は月刊誌をやみくもに買うのは止めて、従来あまり買っていなかった特集号、ムックなどを中心に買おうかと考えています。

しばらくぶりです。またまたコメントさせて頂きました。
あれからリフォームが完成し、無事に趣味部屋確保が出来たのは良いのですが・・・
「鉄」趣味と言うことで雑誌だけで済むはずもなく、Nを中心とした完成品模型、キットや部品、四輪車や二輪車のプラモデルの箱、工具類、さらにはアマチュア無線関連の機材、ジャンク品やPC関連部品がまだまだ大量~~~にあります(^^;
以前オークションでかなり処分したのですがまだまだ・・・
あれから雑誌関係は資料性の高いと思われる実物誌以外、主にTMS誌、RMモデルズ誌等2/3以上を泣く泣く処分しました。うさぎくんさんの仰せの通り後からしまった!がきっと有ると思いますがその時は臨機応変に気楽に対応しようかなと思います。あくまでも趣味ですからねぇと自分に言い聞かせて(^^;
市販の理想的な整理棚が無く、は壁面一杯に頑丈なラックを製作中です。それにしてもどう整理していくか頭が痛いです。
ラック製作だけでまたまた工具類が増え、散財してしまいました。いつになったら鉄趣味再開できるのだろう・・・(>_<)

通りがかりの鉄おやじさん、コメントありがとうございました。
また、お返事が遅くなりまして申し訳ございません。
 
趣味関連グッズの悩み、お察し申し上げます。かく申す私も同じ状況です。
DIYなさるんですね。私にはとても無理です。。壁面収納の本棚は購入し、今少しずつ並べていますが、蔵書をすべて収納するのは初めから無理だろうという公算。。一度並べてしまうと、また並べ替えがえらいことになりそうで心配なのですが。
正直、今はもうこれ以上モノを増やしたくない心境ですが、そんな殊勝な?心がけもいつまで続くかどうか。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鷺宮折り返し | トップページ | 新井薬師さくら2017 そして沼袋配線変更 »