• Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222
  • Imgp1216
  • Imgp1211
  • Imgp1209
  • Imgp1199
  • Imgp1197
  • Imgp1190
  • Imgp1185

« 古き良き時代 | トップページ | また雑談 »

2016年7月25日 (月)

まだやってます

去年の秋に改良工事に着工し、春ごろに工事再開して建物などを買い、名前を決めるなどしていたうさぎ鉄道 小松菜線。とっくに完成していてもおかしくないのだが、5月ごろからまた長期休工状態となり、数か月間放置状態だった。

こういう、作業の遅さはもう致命的なほとで、もう鉄道模型も廃業したほうがいいのかもしれないと思うほどだ。。レイアウト製作の知識レベルも、30年以上前の状態で止まったままだし。。
模型関係の雑誌(TMSほか)も、もう長いこと買っていないが、そろそろ知識を更新しないとだめだろうな・・。それか、やめるか。。
P1070687
6月初めごろの状態。線路まわりの土地をカラージェッソで目止めし、レール側面も塗った。ポイントの接点不良にさんざん悩まされているので、ポイント付近は側面塗装を省略している。
前に書いたが、本当は線路周りを仕上げてから、フレキをあらかじめさび色などで吹き付け仕上げしたうえで敷設するほうが、作業手順としては正しい。今回はストラクチャーを固定した後でレール側面塗装をしようとしたので、ホームわきの線路などは余計な手間がかかっている。また、踏切板を先に張ってしまったので、その部分の側面塗装もできていない。
線路と関係ないが、農家や商店、駅などには鉄コレの照明キットを組み込んだ。電球色というやつだが、電球というより石油ランプみたいな色合いだ。照明下ではあまり目立たず、暗くすると今度は屋根や壁が空けて見えるのが丸見えで、火事現場のようだ。
Imgp8527
LEDはソケットがあらかじめ取り付けられているので、ベースに比較的大きな穴を開けないと通らない(ソケットを切りはなして、あとでつないでもいいが、よけい面倒くさい)。ところがシナべニアはかなり固いので、電動ドリルでもかなり時間がかかる。本当はプラットホームに照明したかったのだが、穴あけに手を焼いたので根負けしてあきらめた。駅舎の照明などほとんどわからないし、ホームこそ見せ場なのだが。
Img_8050
バラストは昨日からはじめた。バラスト自体は、ずいぶん前に買ったWoodland Scenic sのもので、現在はKATOの製品として流通しているのと同じものだと思う。色は2種類持っているはずだが、なぜかグレイ系のほうが行方不明で、茶色しかみつからない。仕方ないから、単色で仕上げてしまおうと思う。色、粒状感ともに、ミルクココアのように見える。
実物は駅構内であれば、こんな感じでもいいが、本線はもうすこしグレイ系にしたいところだろう。もっとも、昔、ブレーキシューが鋳鉄の車両が走っていたところは、駅付近の汚れ具合はこんなものではなく、赤さびで真っ赤になっていた。あれは炎天下などで見ると、かなり暑苦しい感じがするものだったな。。
Img_8053
駅構内は、本当は行内全体にバラストが敷き詰めてあるのかもしれないが、とりあえず方のところは最小限にしておく。本線はもうすこし肩を怒らせてユニトラックみたいなかんじにする。
やってみた人にはわかるだろうけど、これは本来、とても楽しい仕事だ。ちいさいころ、砂場で遊んでいた感覚がよみがえってくる。
のだが、このバラストはあまりに細かいので、柔らかい水彩筆を使ってもなかなかきれいな形にできない。道床付き線路と違い、部分的に崩すことも自由なので、あまりきっちりとはしないつもりだったが、意図しようがしまいが、どうしても崩れてしまう。
Img_8055
固着はボンデッドバラストで、木工用ボンド+水+中性洗剤の溶液をスポイトでたらす。
もう40年以上、同じことをしている。もっとも、前回バラストを撒いたのは30年以上前の話だ。あのときは使い勝手を考えてトミックスのバラストを使ったが、あちらのほうが数倍粒大きい代わり、非常に扱いやすく、溶液も通りやすい。前は普通に買えたが、さいきんはあまり店頭で見かけないかもしれない。
Img_8056
この先の、駅構内のポイントがたびたび接触不良を起こす。あまりひどいようならポイントごと交換すべきなのだが、工事がここまで延び延びになっているのは、だましだまし、接点を磨いたり接点クリーナーを使って、試運転を繰り返してきたというせいもある。今回も接着剤溶液をたらしたので、試運転すると案の定うごかない。なんとかなだめて動くようにしたが、困ったものだ。最終手段としては(もうポイント交換は難しいので)レールボンドで全通状態にするしかないかもしれない。

« 古き良き時代 | トップページ | また雑談 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

バラストをボンド液で固定するのが一般的ですが
バラストとフエキ糊を混合しても固定することができます。
どこかのブログに載っていました。
私はその方法を使って小型レイアウトを作成しました。
とくにポント部分では有効です。

おせっかい さん、コメントありがとうございます。
なるほど、ペースト状にして枕木の間に塗りこめていくのですね。
これはいいことを聞きました。さっそく、糊、買ってきました。
試してみます。ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古き良き時代 | トップページ | また雑談 »