• Scan14677
  • Scan15334
  • Scan15333
  • P9241561
  • Scan12683
  • Imgp0894
  • Imgp0892
  • Imgp5935
  • Imgp5909
  • Imgp5906

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月26日 (日)

東武81103F 新製艤装のころほか

久しぶりに古い写真の話だ(たしか、一部の写真は以前にも掲げた記憶があるが、いま探しても見つからなかった・・)。

Img0024
1980年、いまから36年前の6月中旬か下旬ごろの土曜日のことだ。
当時学校は半日だったが、帰りに鶴瀬駅の貨物側線に8000が止まっているのが見えた。
いったん帰宅してカメラを持ちだして、駅に戻った。
この側線は、今でも線路の一部が残っているが、平日は毎日貨物列車が退避していた。もうだいぶ記憶が薄れてしまったけど、たしか午後3時台に下板橋を出発して、この側線で40分近く退避する。貨物列車の廃止は1986年10月のことで(たしか14日)、廃止直前に写真を撮りに行った。そしたら、秋の日は短くてすでに暗くなりかけていて、当時せいぜいISO400だったネガフィルムでは撮影できなかった。
Img0025
電車は81103Fだった。前年11月のダイヤ改正時(柳瀬川駅開業、大山駅の踏切解消と各駅停車の10両化など)、8193F-81101Fという大量増備を行ったが、この年はこの81103Fと81105Fの2編成16両が新製された。
Img0026
この年の増備車の特徴は何といっても、この押え金式のドアだ。8000系は1963年の登場時から74年の8166F,8568Fまでが黒色Hゴム、内張り鋼製塗装の仕様で、8167F、8569Fから黒色Hゴム、内張りステンレス無塗装になった。
Hゴムというのは、今はほぼ絶滅したと思うが、1950年代半ばごろからこの頃にかけて、固定窓の取り付け方法として広く普及していた。ゴムが劣化してしまうのが問題らしくて、1970年代の終わりごろ登場した新車はアルミ押え金方式に変更されたものが増えてきた。
押え金方式自体は別に新しいわけではなく、東急や営団などでは古くから採用していた(両社ともHゴム方式の車両と併存していたが)し、関西ではHゴム方式のほうが珍しかったんじゃないかな。イニシャルコスト的に、Hゴムのほうが安かったのかもしれない。
国鉄でいえば、79年の201系試作車は全面的にHゴムが排除されていて、側面の雰囲気がかなり変化した。
余談ですが、古いクリームと赤色の電話ボックスも、窓の固定は黒色Hゴムですね。あれと、今でも見られるアルミ押し出し材の電話ボックスの間に、アルミ製で窓を抜いたようなかたちの過度期的なボックスがあったと思うのだけど、今検索しても画像が出てこないな。。
話が横道にそれた。
Img0027
このときは、車内の広告などを取り付けていたので、営業運転に向けた最終段階だったのだろう。
鶴瀬駅ふじみ野方には、いまでも保線車両向けに簡易渡り線があるが、当時は普通の分岐器を使った本格的な渡り線であり、今とは逆に上り線から下り線への片渡りだった(ちなみに、保線車両の側線も当時からあったが、ポイントの分岐方向が今とは逆で、ホーム先端部にポイントがあった)。
前述のように、退避線は午後遅くの貨物列車以外、通常は使用されていなかったので、こうした試運転列車にはよく使われていたようだ。
このあと9000系試作車が習熟運転のため、この側線に止まってるのを見たときは、それこそ狂喜乱舞したものだ。。
Img0028
ついでなので、同じころ撮影した池袋電車区(当時)のスナップ。カメラはOlympus OM-1、レンズは50mm F1.4なので、網目が切れないですね。左の編成は中間3両が非冷房という、当時の典型的な編成。ATC化のため、先頭車だけ新製して、中間の8両が全部非冷房という編成もあった。この場合、電源がないのでクハの冷房も使用できなかった。が、一部の利用者は、運転士だけ冷房しているんだろう、と勘繰る人もいたりした。。
Scan15188
赤羽線が103系になったのはたしか’78年初めごろ。山手線が黄色の101系から103系に変わったとき、赤羽線のみ101で残されていた。103系化されて、黄色塗装のみ引き継がれた。
もっとも、全車黄色の編成はめったになくて、当初から黄色と緑の混結が多かった。クハは低運が主力だったが、次第に緑のATC車が先頭に立つことが多くなり、'79年には黄色いATC車が登場した(新製ではなく、200番-300番台の塗り替え)。今見ると何とも思わないが、高運転台の黄色いクハが出たのはこのときが最初だ。
黄色は埼京線には引き継がれなかった。今思うと、外回り電車は新宿でも池袋でも、ホームの反対側に黄色い電車が止まっていたわけで、勘違いして誤乗するひともいたのではないか。。

2016年6月18日 (土)

西武新宿線地下化工事 2016

昨年のちょうど今頃、現場の状況を見に行ったが、今年もこの時期になって少し沿線を歩いてみた。

今回印象的だったのは、2000系初期車の姿がすっかり少なくなっていたことだ。以前なら、沿線で撮影していれば半数くらいは2000系だったのだが、今回2時間ほど歩いていて、2000系を正面から撮影することはできなかった。
そういっては何だが、日常利用するものとして、特別趣味的に西武を追いかけることはしていない。これまでも701,801,401系、101系、N101,301系、そして3000系を見送ってきたが、今回も気がついたらさようなら、ということになるのかな。。
Imgp1796
今回は「中井で降りて野方駅まで歩いてみた。中井は先日地下道が開通し、跨線橋が廃止になったばかり。
Imgp1798
外見は現役時のまま残っているが、下り方は入り口が塞がれている。
Imgp1799
上り方は、途中まで階段部分が完全に撤去されている。はしごを外す、という言葉があるが、まさにそんな感じだ。ホームが手狭なので、暫定的にこうしたのだろう。
Imgp1801
改札口が地下になった。下り方面はまた階段またはエスカレーターで地上に戻る。上りは地下通路を経て地上に上がる。
Imgp1802
 下り(本川越方面)は従来、地上にあった改札口を通ればすぐにホームだった。踏切で各停が通過していることを確認したら、走って改札を抜ければ乗車できたが、今はちょっと無理かもしれない。
 それにしても、エスカレーターやエレベーターを設けたとはいえ、わざわざ不便にしたような印象をぬぐえないのですが。。。
 自由通路はたしかに進歩でしょうけど(6/17現在未開通)。
Imgp1813
この手前辺りで地上に出る予定。
Imgp1814
この辺り、工事の進捗で景色がだいぶ変わることになると思う。
Imgp8594
手前が妙正寺川橋梁
Imgp8600
架線柱は交換されているのだろうね。
Imgp8623
 
Imgp1830
新井薬師駅 西武新宿方の踏切
Imgp1839
駅付近の建物の撤去は進んでいる。
Imgp1844
小さくて見えないが、本線は北側地下に移設される形になる。
Imgp1845
 
Imgp1850
 
Imgp1864
新井薬師-沼袋間。アジサイの花が咲いているが、京王井の頭線のようにはいかない。
春は大根の花がきれいなところだが。
Imgp1865
 
Imgp1868
工事区間で最大の踏切
Imgp1872
沼袋駅西武新宿方。改めて見ると、この曲線分岐のポイントは非常に長い。番数はどのくらいなのだろう。模型ではとても作れそうにないな。。
Imgp8632_2
この区間、案外と撮影できるポイントは限られている。
Imgp8648
沼袋から新井薬師前を遠望するが、障害物が結構多い。
Imgp8649
日中は(10時頃から16時ごろまで)ここでは退避しない。
Imgp8677
沼袋駅野方より。狭い住宅街をすり抜ける。といっても、江ノ電ではないので乗っていればよくわからないが。
Imgp8687
高圧柱や派手な建物も、この辺りらしい風景。
Imgp8691
カーブの多い区間でもある。人一人しか通れない通路ごしに、上り列車を真正面からとらえることができる。もうちょっと、望遠の利くレンズがほしいですね。
Imgp1902
この辺は工事が進展し、踏切わきであっても列車の撮影は難しくなってきた。
Imgp1904
こうしてみると、このまま高架線になるのではないかという気もするが、地下に杭が打たれているはず。
Imgp1916
踏切から列車を撮るとこんな風に。
Imgp1927
最後は野方駅の西武新宿よりホームから。
地下化工事は、高架工事とちがって進捗がわかりにくいですね。
それより中井駅の地下道は驚きました。
かつて、前後2期にわたり通勤で中井を利用していたのですが(大江戸線に乗り換え)、まだ山手通りの橋が掛け変えられる前で、窮屈なホームでした。大江戸線まで雨にぬれずに乗り換えられるような工夫がされるといいのですがね。。

2016年6月12日 (日)

メトロポスターほか

珍しく多忙で、落ち着いて鉄道関係のことをする余裕もないのですが。

Imgp1791
今年のメトロのポスター。メトロは営団の時代から女好き女性を広報に出すのが好きで、過去には宮崎あおいさんなんかも出演して話題を読んだこともある。
Imgp1793
こちらは駅乃みちかちゃん。上のポスターとコラボしているわけですね。
先月のポスターが面白くて、ここで紹介しようと思っていたのだけれど、ポスター、たいていは人通りの多い地下道に掲げられていて、なかなか写真が撮れなく、いつの間にか一月たってしまった。。。
駅乃みちかシリーズは数年前から始まって、それなりに人気を博しているようだ。
もとはイラストだけだったが、こういうフィギュアというか、パペットというのかが出てから、一段と愛嬌が増したような気がする。
まあ、そういってはなんですが、ぶさかわいいというのでしょうか。。
20151224_195706
忘れもの防止ポスター。東武、西武、東急、メトロと、キャラクターはないけど横浜高速鉄道の、直通5社アライアンスによるもの。みちかちゃんはお仕事中ですから制服、制帽姿。きっと、手がきれいな子なんじゃないかと思います。
東武の姫宮ななちゃんは、ときどきこういう風に頭身が極端に小さく(顔が大きく)なることがありますね。。私、かなり好きです。
のるるんは、元祖ゆるキャラという感じのたたずまいだが、ちょっと没個性的かもしれませんね。ありきたりで。。やっぱり、あの東武がななちゃん、というのがツボですよね。。東急がこれに対抗するには、サザエさんに出てもらうのがいいかもしれないが、著作権の関係で難しいか。
西武のキャラクターはスマイルちゃんというらしいが、ぜんぜん見たことがないぞ。スマイルちゃんで検索すると、笑う羊が先頭に出てくるし。。
20160611_193103
さいごに、この時期恒例の痴漢撲滅運動ポスター。
この画はどなたなのでしょう。。なんとなく、橋本治の東大駒場祭ポスターを連想しましたが、ぜんぜん違いますね。。
というわけで、鉄道がぜんぜん出てこなくて失礼いたしました。。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »