• Imgp9383
  • Imgp9381
  • Imgp9379
  • Imgp9377
  • Imgp9375
  • P1110455
  • Img
  • Pb291663
  • Pb291662
  • Imgp2932

« 線路幅 | トップページ | 新松田、大雄山線(1) »

2016年4月25日 (月)

EF13

Imgp8513_2
買って来たのは先々週の金曜(15日)だったが、先週はうちのインコのことでドタバタしていて、開梱するのは今日になってしまった。

この製品、発売になったのは3月上旬だったようだが、当初は買うつもりはなかった。先日はレトロなEF70などを落札していたが、それはそれとして今は小松菜線の製作を進めている最中なのだ。

といいながら、何となく眺めていたオークションで美品のEF65一般型を見かけ、つい応札してしまう。直前になって値がつり上がったのであきらめたが、なんとなく食い足りないというか、買いたい気だけは残ってしまって、仕事帰りに天賞堂に寄って、これを買ってしまった次第。

昔、毎朝池袋駅で見かけた、待機中の山の手貨物線の列車の話は何度も書いたので、繰り返さないが、この機関車もそのころよく見かけた。戦前型はEF10が多くて、EF12は相当珍しく、13はその中間ぐらいという感じだった。中野駅の立川寄りの陸橋で、頻繁に行き交う101,103系を眺めていたとき、合間を縫って走ってきた貨物列車も、これが牽いていたような記憶がある。あれは小学校4年から5年になる春休みのことだった。あの頃の記憶をたどっていると、同時にアグネスチャンの「星に願いを」を思い出すな。。

Imgp8494
天賞堂の包装ですね。三越や高島屋の包装紙みたいな、のーぶるな雰囲気が漂っていますが。。実は天賞堂、けっこう値引きしているので、ビックカメラで買うよりお得なんですけどね。

Imgp8511
戦時型のボディを、初期のEF58のボディと入れ替えた、という話はあまりにも有名です。なので、車体は比較的近代的で、これといった特徴を感じません。
Imgp8515
凸型ボディはかなり個性的ですが、こちらは模型的にはかなり没個性的なので、今を逃すと再生産は相当先になりそうな気がしたのが、今回買った理由の一つ。
Imgp8522
もっとも、中央線などで旅客列車を牽くなど、実車には一応の話題性もあったのが、製品化の理由の一つでしょうね。
こうして並べると、EF10はだいぶクラシカルです。
Imgp8503
EF10はぶどう色1号なのかな、やや暗い茶色ですね。
Imgp8519
ま、そんなところです。

« 線路幅 | トップページ | 新松田、大雄山線(1) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 線路幅 | トップページ | 新松田、大雄山線(1) »