• Imgp9383
  • Imgp9381
  • Imgp9379
  • Imgp9377
  • Imgp9375
  • P1110455
  • Img
  • Pb291663
  • Pb291662
  • Imgp2932

« 小泉線の3050系の写真と、東上線の3000系の話 | トップページ | 多摩湖線に乗る »

2016年1月23日 (土)

今月の鉄道ピクトリアルは東武8000系特集

東武鉄道の話題が連続してしまっているが、これは逃せないだろう。
P1170127
冒頭の記事で花上嘉成氏が述べておられるが、8000系は同世代の国私鉄通勤車と比較して、特別際だった性能や外観を持っていたわけではなく、どちらかと言えば地味な存在だった。といっても、登場した当時の事は知らないが、少なくとも私が物心ついて以来、’83年秋に10000系が登場するまで、延々増備し続けられ、それこそうんざりしていたものだ。

わずかに、’76年に行われたマイナーチェンジ、’77年の8両固定車の登場が印象に残っているが、普通ならモデルチェンジするよな、と思ったものだ。他の大手私鉄は界磁チョッパと斬新な内装などで装った新世代の車両を次々と登場させていた。

とにかく、大げさに言えば私の人生の大半は、この8000系と国鉄103系と共にあったことになる。まあ、最近は西武2000系もこれに加わりつつあるが、こちらは8000ほどは長生きできなさそうだな・・。

ただ、乗客として日々利用していると、それなりの快適性は確保されていたことも事実だ。座席はフランス車のようにふわっとしているし(’72年の冷房車以降は特に)、ミンデンの乗り心地もふわふわで柔らかい。電制を持たないことは、鉄道少年的には物足りない気もしたが、減速時にがくっとすることもないし、モーター音もないので静かに止まる。まあ、フラットがでるとうるさくなるけど。

同世代で言えば、国鉄103系はコイルバネだし、ギア比が高いため、高速ではご存じのとおり大音響を発していた。座席は、後期型はまあまあだが、前期のものは薄っぺらなモケットで乗り心地は良いとは言えない。手すりと枕木方向のつり革は便利だった。内装は寒色系で、夜などは薄暗く感じた。

西武で同じ年に登場したのは701系で、これには言ってはなんだが楽勝で勝ちかも知れない。登場時はクハの台車はTR11だし、モハのFS342はコイルバネだ。まあ、西武は101系になって、他社と同じ土俵に上がったと言えるのかも知れない。

京王は京王線の5000系、井の頭線の3000系(第3編成以降)が同世代だ。東急では前年に7000系が登場している。京急は1000が改良を続けながら増備されていた。この辺は多士済々という感じで、当時の人達はとても斬新に感じていたことだろう。小田急は2400系の最後の頃で、’64年に初めて20m4扉の2600系が登場した。凝った制御装置を備えているし、車体にも工夫がある。いずれも姿を消してから久しい。

ピクトリアルに話を戻すと、16-17ページに、’69年12月現在の配属表が掲載されている。鼻血が出るほどではないが、貴重な資料ですね。前回触れた、東上線所属の3500型が旧番で出ている。当時は20両いたのですね。3000系への更新はあらかた終了しているが、わずかに七光台に在籍している。館林には、同年に登場したばかりの1800が一挙に6編成、配属されているのですね。

いやいや、貴重な資料ですね。永久保存版ですな。
Scan14959
ちょっと探したが、たいした写真は見つけられなかった。亀戸線の8000系。’80年10月。

« 小泉線の3050系の写真と、東上線の3000系の話 | トップページ | 多摩湖線に乗る »

東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

当方も同誌購入しました。
当初計画にステンレス車体の検討や各車輌の転属履歴などもあり貴重な資料かと思われます。
ただ、載せておられます亀戸線の写真のように塗装幌の掲載が無いのが残念ですね。
確か外側が朱色で内側がクリームだったかと。
ケチくさいと評した中にも地味なところで凝っていたのが同系かと思います。

さて8173Fからの8連、番号順に落成はしているようですが6連となった三本より先に8179・81Fが営業に入ったように記憶しております。
とは申せど、当時朝夕の通学で朝霞台~和光市を半年利用した程度ゆえ、認識していなかった事柄も多いのでしょう。

名無しになってしまいました。申し訳ございません。

12号線さん、コメントありがとうございます。
当初からステンレス車体への言及があったとは驚きました。当時、日比谷線乗り入れ用の2000系が、3社で唯一の鋼製車でしたが、なにか触発されたものでもあったのでしょうか・・。

塗装幌の件、おっしゃる通りだと思います。オレンジは車体色と同じで、車内側は内装色でした。'76年秋だったと思いますが、成増でグレーの(今と同じ)幌を付けたクハ8600を見かけました。幌の脇に、(XX試験)と掲げられていたと記憶します。塗装幌はキャンバスか何かに防水加工でもしたもののようで、よく下に穴が開いていました(当時は区間によっては禁煙ではなく、煙草を落とす人もいたのかもしれません)。車内から線路が見えるので、子供のころ珍しがって見ていた記憶があります。

8連の件ですが、私が初めて8両固定を最初に見たのは8181Fだったような記憶があります。ただ、私もメモをつけていたわけでもなく、さいきんは古い記憶を結構忘れつつあるので、本当だったかどうか・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小泉線の3050系の写真と、東上線の3000系の話 | トップページ | 多摩湖線に乗る »