• Scan14677
  • Scan15334
  • Scan15333
  • P9241561
  • Scan12683
  • Imgp0894
  • Imgp0892
  • Imgp5935
  • Imgp5909
  • Imgp5906

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月30日 (水)

鉄コレの東武3000系

年末は落ち着きませんな。
まだ仕事が残っているし、年賀状もまだという状態ですが。
荷物の受け取りも滞っていて、ようやく月曜に届いたのがこれ。
Imgp8193
注文期間が31日までと限定されているし、売り切れも予想されるからちょっと背中を押されてぽちりました。
昔、クロスポイントでキットを出していたけど、再生産の話は長く聞かないし。とりあえず電装のことは後で考えるとして。
Imgp8194
必要にして十分なディティールですな。
特にシャープというわけではないが、方向幕のHゴムなどはうまく利いています。
Imgp8197
組つけはちょっと修正をしたほうがよさそうなところはある。
とはいえ、そう目くじらを立てるほどのことはないが。
Imgp8198
ちょっと背景があれですが。
つい先日、12号線さんがコメントしてくださったのですが(3000系発売の情報も12号線さんから頂きました。ありがとうございます)、このクハの台車はKS-30という変わった台車ですね。ただ、特定の編成を意識したものではない、と箱には書いてあります。
資料を調べれば、番号は特定できると思うけど、いま時間が押しているのでごめん。

Imgp8200
モハは共通でKS-31系です。
この床下機器配置は、旧型車共通のものらしくて、たぶん実車とは違うように思えます。コンプレッサーもAK-3ではなかったとおもう。DH25じゃなかったかな。これも後で調べます。さっき昭和47年1月の配置表を見たので、後程まとめてフォロー致しますね。

Imgp8201
サハの台車がTR-11と、1編成で3つの台車が使われているとは凝っていますね。内装が映りこんでいますが、たぶん意識してクリーム色(マヨネーズのような色)にしているみたいです。座席の表現もあるけど、ちゃんとコロラドオレンジ(ラクダ色ともいわれた、黄土色系の色)になっている。すごいな。

というわけでした。
年内もう一回ぐらい更新できるか、微妙ですが・とりあえず。


2015年12月25日 (金)

買えなかったもの

KATOのC59を、私は買いそびれたようだ。
いつも通販で使っているお店(トラモフレート)で、11月ごろに予約ボタンを押したはずなのだが、どういうわけか予約受注の状態になっていなかったらしい。
前にもそんなことがあったような気がする。操作の方法が悪いのかな・・。
それで、今改めて注文しようにも、もう予約満了となっている。

ネットショップは使わないが、実店舗にはよく行くIMONでも、予約した人に優先配布となっていて、買えるかどうかわからない。

Amazonを見ると、在庫のある出品者はいるらしい。

ので、まあ探せば買えるのかもしれないが、なんとなく気持ちが萎えてしまって・・。作るならもう少しまとめて作ってほしいですね・・。事情がわからないから、あまり無責任なことは言えないが、限定版に近い扱いにして、渇望感をあおられているような感じがしないでもない。先日のクモハ12とかも、迷っているうちに売り切れてしまったし・・。
Nゲージの蒸気機関車はたくさんあるようで、今お店に行っても在庫はほとんどないみたいです。マイクロエースはもうやらないんでしょうね。主要形式のなかでは、あとはD52がほしいな。。あと8620。

結局今年は機関車はC12だけ、あとは東武の車掌車、111系の増結セット、古い113系と20系客車とで10両増備、2両廃車という、車両的には極めて低調な年になってしまった(ただし、注文中の鉄コレはあるが、これは少なくとも年内には動力化はできない)。

買えなかったというか、買わなかったというのか、ちょっとはっきりしないのだが、東京駅開業100周年記念スイカも、お支払期限が過ぎてしまった。
Imgp8050
たしか、駅に並んだ人が多すぎて、突然販売中止になって。。というのが去年のことでしたよね。それで、ネットで注文すると全員買えるようになって、私も注文したことは覚えている。

その後、順次販売になるみたいな案内が来て、私は12月ごろ、といわれたのがたしか6月ぐらい。

幼馴染に女子鉄の子がいて(話をするとすごいまにあっくで・。昔はそんなこと、興味あるとは知らなかったんだけどな)、3月ごろ会ったときは申し込んでいたようだが、11月にまた話したら、キャンセルにしていた。注文からデリバリーまで、こんな時間がかかるようでは、気持ちも萎えるわな。

というわけで、これも買えなかった。JR東も今年はいろいろありましたね(架線柱倒壊、停電事故、ケーブル放火事件、E235系)。おつかれさまでした・・。

2015年12月13日 (日)

近鉄油阪付近

先月近畿日本奈良の併用軌道のことを書いた。その時誠文堂新光社「ガイドブック」昭和44年版掲載の写真をイラストにしたものを掲げたが、あのとき同時に油阪付近をモ680型が走る写真も書きかけていた。

しかし、こちらのほうはちょっと難産で、うまくかけずにしばらく放置状態になってしまった。その後週末落ち着いて家にいる時間もなく、絵を描く気にもなれずにいたが、今朝ようやくペンを取る気になった。
Img
特に主題のモ680がいまひとつ・・。もとの写真が、アングル的に少し描きにくい位置にあること(側面がごちゃつきやすい)、モ680自体が、平凡なようで微妙なスタイリングなことなど、私の画力では厳しかったようだ。近畿日本奈良の時は、あまりディティールを入れずにさらさらと終わらせたのだが、こちらは書きこんでごまかさないとhappy02様にならなくなってしまった。

なんだかマイクロエースの電車とか、建物コレクションみたいになってしまった(失礼)。

もとの絵がモノクロなので、ペン画にするのは比較的楽だが、2次元の写真を改めて絵にすること自体、けっこう難しいのだ。写真は日中小雨の時の撮影らしく(奥のほうに傘を差した人が映っている)、光が比較的回り込んでいて陰影が少ない。スクリーントーンなどを使わずに、丸ペンだけで微妙な陰影の差を再現するのも、これまた難しかった。

ただ、写真というの実に面白いもので、パッと見ただけでは気がつかないが、こうして絵にするためにルーペなどで見ていくと、実にいろいろなものが映りこんでいることに気がつく。最初は黒っぽいごちゃごちゃにすぎなかったものが、よく見るとトラックの後部が見えてきたり、樹木の向こう側に建物が見えてきたり。

この写真は前回書いたように昭和43年のおそらく7月ごろの撮影と思われる。

一見何ということのない町風景だが、よく考えてみると今はもう見ることのできないディティールが見られる(まあ、鉄から話が外れるが、例えば蒸機時代のレイアウトなどを作るとしたら、参考になるかもよ。といっても、細かすぎる話だけど)。

どちらの絵にもコーン型のポールが映っているが、黄色と黒のゼブラ模様のもので、おそらくゴムのような材料でできている、ちょっと重い奴だと思う。考えてみるといまはこういうものではなく、紅いプラスチックのコーンが普通ではないかと思う。昔のは肉厚だったが、プラの奴は薄くて、使わないときは積み重ねておける。

黄色と黒のゼブラ、というのも、考えてみると世間であまり見かけなくなってきた。もちろん踏切とかは今もあるが、昔はもっとあちこちで見かけたような気がするけど。入替専用になった蒸機の煙室扉や端梁をゼブラ模様にしたり、鉄道には割となじみ深いですよね、虎縞。
ここでは、電信柱の何というのか、地面から斜めに張られているケーブルのカバーにも、虎縞が施してある。途中に野球ボールのような、白い陶器の碍子がついているが、こういうのって、いまもあるのかしら。

商店のショーウィンドウと入口のところに留めてあるスーパーカブ、軒のところにかかっているナイロンか何かの縞模様の庇、なんでもないディティールだが、いずれも今日こうしたお店にお目にかかることは少ないのではないかと思う。

このお店は何を売っているのか、よくわからない。その手前に灌木(イチョウだろうか?)が茂っているが、ここはどうやら旅館らしく、ネットで見つけた別の写真を見ると、モルタルづくりの大きな建物が樹木の背後に映っている。樹木と建物の間に、国道と並行する細い道があり、画面手前に向かって緩く上り坂になっている。奥に白壁の、傾斜のきつい屋根の家が見えるが、ストリートビューを見るとこれはどうやら現存するのではないかと思う。

ただ、そうだとするとその手前の低い屋根の家のあたりに、今は3階建てくらいのビルが建ち、商店のあたりは駐車場なのだが、この推理が正しいかどうか、ちょっと自信がない。旅館だったらしいところは普通の民家と駐車場になっている。道路は画面左側の建物を撤去して拡幅したらしい。

油阪駅は画面奥、線路のカーブした先にあったらしい。ホームらしきものが見える。

近鉄奈良線は地下を走っていて、今は見ることができない。国鉄(JR)関西本線は今は高架を走っているので、遠くからでも見ることができそうだ。画面奥に向かってあるいていき、高架が見えたら左に曲がってしばらく歩くとJR奈良駅の前に出る。昔の奈良駅舎も残っている。’09年に訪れたときも、そうやって歩いていった。1980年夏にも、近鉄奈良から国鉄奈良まで歩いたと思うのだが、その時の風景は記憶にない。


« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »