• Pc183720
  • Dsc_7054
  • Imgp9280
  • Imgp9279
  • Imgp9278
  • Imgp9276
  • Img
  • Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222

« ダイヤ混乱 | トップページ | 大都市交通センサス »

2015年11月 4日 (水)

近畿日本奈良駅の併用軌道

誠文堂新光社 私鉄ガイドブック・シリーズ「近鉄」初版は、中学の時図書館で借りて以来バイブルとなっていて(なんでなのか、自分でもわからないのだが)、掲載された写真や記事は、自分の脳の海馬の奥の方に、深く染みついている。

ふしぎなもので、子供の頃に頭に焼き付いたものは、たとえ行ったことのない風景であっても、自分が直接見聞きしたものと区別がないように思える。同じように懐かしいのだ。
ただし、基本的に自分の見た風景はウェアラブルカメラの動画だとすると、写真の風景は文字通りスチルカメラの2次元的映像なのだが。

奈良線の油阪-近畿日本奈良間もそんな、実際には見てないけど見たような風景、の一つだ。

ガイドブックでは個別車両の形式写真と共に、カット写真も掲げられている。併用軌道区間は2ショットが掲載されていた。一つは油阪駅付近、もう一つは近畿日本奈良駅に進入するところだ。この本の写真は、昭和43年7月から44年7月までに撮影されたものを掲載した、と言うことなので、これらの写真はおそらく43年夏頃のカットと思われる。どちらも工事が進行している途中の写真らしい。

その写真、だが、ここで転載するのは著作権の侵害なのでできないっす。
ので、ちょっと思い立って、写真を元にイラストを描いてみました。

Img
さらさらと書いたのでちょっと荒いですが。
このカットは大好きな写真の一つだ。撮影された方は本当に写真がお上手なようで、荒れ気味の併用軌道から車体をくねらせて、大型車が駅に侵入している様子がよくわかる。

傍らでは作業員が合羽を着ながら作業に余念がない。ただ、監督らしき人がこちらに視線を送っている。その背後、解体しかけている民家では、少し開けられたシャッターの奥からおっさんが工事の様子を眺めているようだ。
工事用トラックの傍らに、なんだかわからないが大きなリールのようなものが置かれている。非常に印象的だ。

左側に目をやると、黒っぽいクラウンのハイヤーが土埃をあげている。駅の近くにも軽自動車(スズキフロンテらしい)が止まっている。

もちろん今はこの風景は一変している。道路は3車線に拡幅され、右の民家のあたりはバスターミナルか広場担っているのかな?8000系のいるあたりに、たぶん駅ビルが建っているんだと思う。

イラストは写真を元にはしているが、昔からの癖でパンタが無用に大きかったり、建物や小物の位置関係も多少ずれている。別の機会に書くが、油阪までの併用軌道区間の一部は、50年以上前も今も余り変わっていないところがある。さっきストリートビューで見たけど、本当に同じ建物が写っているのだ。さすがは奈良だなあ。

冒頭で書いたとおり、私がこの風景に直接接した訳ではない。私が奈良を訪れたとき、駅は既に地下にあった。’09年秋に訪れたときは、その地下駅もすこし古めかしい雰囲気を漂わせていた。
_dsc4895
京都から乗ってきた特急(だと思う)。これは昔から変わっていないですね。_dsc4898
奥の8400系も、ガイドブックの頃既に登場していましたね。

_dsc4899
昭和43年頃も、京阪から乗り入れ直通車が来ていたようです(車両は旧奈良電車だったらしい)。
_dsc4900
雰囲気横浜から川越まで直通する、というのと似ているでしょうか・・。

関西私鉄の常で、地下駅でも構内はかなり広かった。なんとなくレトロなムードは漂っていたな。ラッシュ時は終わった頃で、ほとんど人がいなかった。

JRに用があったので、このあと地上に出て歩き始めたが、併用軌道の面影は探すべくもなかった(先ほど書いたように、建物は残っているのだが、そのときは気がつかなかった)。
JRも高架化されていて、JR奈良駅も全然変わってしまい驚いた。ので、当時の面影を追う、ということはできなかった。

イラストだが、こういうのは作品としてはどうなんでしょうね。一応完全にオリジナルだとは思うけど・・。





« ダイヤ混乱 | トップページ | 大都市交通センサス »

近鉄」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
近鉄奈良駅の地上駅時代は僕、まだ産まれてなかったのでよく知りません。
でも鉄道ファンだったかどういう鉄道雑誌だったかは忘れましたが地上駅時代の近鉄奈良駅の写真は見たことがあります。
僕の地元名古屋では近鉄名古屋駅は戦争中から地下駅だったみたいですね。
隣接する名鉄の名古屋駅と線路が繋がっていて近鉄車輌が名鉄線を走って豊川稲荷駅まで走ってましたね。
伊勢湾台風前の頃まで近鉄名古屋線は1057mmの幅の線路でしたから。

モモパパさん、こんにちわ。こちらのほうのお返事が遅くなりまして、申し訳ございません。

近鉄車両が豊川稲荷まで走っていたのですか。初めて聞きました。情報ありがとうございます。
地上時代の近鉄奈良は、私も実際には見ていないのです。初めて(鉄道ファンとして)行ったのは30数年前で、地下駅自体はあまり記憶がありません。西大寺駅で各方面から次々に来る電車を撮りまくったこと(すごい複雑な配線!)、国鉄(当時)奈良が古い駅舎だったこと、を覚えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイヤ混乱 | トップページ | 大都市交通センサス »