• Imgp9280
  • Imgp9279
  • Imgp9278
  • Imgp9276
  • Img
  • Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222
  • Imgp1216
  • Imgp1211

« 111系出力改善と113系替え玉 | トップページ | 何度目の正直 »

2015年8月13日 (木)

真岡鉄道(東武蒸機運転の臨時追記あり)

メインブログでは数日前に書いていて、詳報をこちらでと思っていたのだが、なにしろ暑いし(いいわけじみるが)、どうもコンピュータの調子も悪いようで・・。

P1150965
朝真岡駅から回送される「もおか号」を迎え撃つ時間を計算して、家を6時過ぎに出た。
夏休み期間中だから、朝でも乗客は多い。

下館に入線する列車は、希少な2両編成。真岡で1両切り離す。

P1150975
乗ったのは初期型で、これはクロスシート車。先頭車はロングシートで、そちらの方が普通みたいだ。時間によっては結構混雑するのだろうか。

P1150988
真岡に着くと、回送列車はホームで待機中。
DE10の旅客列車というのも、考えてみれば貴重。

P1150995
C12 66は機関庫に。外から見えるように工夫されている。

P1150996_2
撮影しているうちに、先ほどの2両編成は解結を終えていた。

P1160006
C11には火が入り煙も上がっている。

P1160014

P1160023
駅から近い踏切までは歩くことができた。

P1160026
こうしてみると先頭に立っているように見えるが、実は後ろ向きに走っている。

P1160043
時間によってはちょっと間隔が長いときもあるが、おおむね運転本数は多いようだ。

P1160060
モオカ14。見慣れると悪くない塗装だ。塗装というか、模様というか・・。

P1160065
ちらちらとウェブを見たけど、スケールモデルの製品はなさそうですね。

P1160104
沿線にはそこそこ車で訪れているカメラマンが見られた。私は初心者なので、オーソドックスに側面がちに狙うことにした。炎天下1時間くらい待ったので、すっかり日に焼けてしまった。

P1040035

・・まあ、このくらいに撮れてくれれば、私としては上出来です。
P1040049
50系客車も悪くないです。

P1040091
時間がちょうど良かったので、9600の無火運転を見た。
P1040085
普段はスハ44と共に庫内に展示してある。ブロワーで圧縮空気を入れ、走らせる。
P1040062
静態保存機と違い、各所を油で磨かれたボディは精悍。
P1040083

P1040054
これを連結して、庫まで移動します。

P1040101
乗ることもできますが遠慮。

P1160110
再び車中の人となります。

P1160114
モオカ14は小松のエンジンらしいですが、なかなかパワフルで加速も良い。結構気持ちよく走ります。
P1160123
このターンテーブルは古いものではなく最近作られたもの。かなり小さい。9600は乗らないかも知れない。

P1160124
見学者がかなり多かった。

P1160125
客車は切り離されてここに。まるで模型のよう。

P1160129
今様の水タンクはマンション風。

P1040105
ただいま入替中。

P1040126
このときは結構煙が出た。
P1160193
乗ってわかったが、加速がスムーズではなく、ちょっとがくがく揺れる。要するにロッドの動きだ。体の重みで、自転車を蹴りながらこいでいるようなものだ。

昔は自連で遊間が大きかったから、今よりも乗り心地は良いかも。50系は密自連なので、機関車の動きがじかに伝わるのだろう。

自治体の協力もあって、なかなか活発な経営をしている真岡鉄道。沿線にはまだ魅力的な風景が広がっていて、フェンスやら信号施設やらに囲まれた都市部の鉄道に比べると、実にぜいたくな撮影条件のところが多い(とはいえ、ウェブに書かれているように撮影マナーにちゅうい)。

またいずれ。今度は寒い季節もいいな。

臨時追記:こんなニュースが

東武鉄道(本社:東京都墨田区)では、「東武グループ中期経営計画2014~2016」で掲げている「日光・鬼怒川地区等沿線観光地の活力創出」のための有力な選択肢の一つとして、2017年度からを目途に日光・鬼怒川地区において、北海道日高郡新ひだか町のご協力をいただき、JR北海道所有のSL車両「C11形207号機」を借り受け、1966年以来、約50年ぶりの蒸気機関車(SL)の復活を目指します。

編集長敬白の記事はこちら

dashこれはおどろいた。大手民鉄が蒸機列車の復活運行を行うのは初めて?いや、西武山口線が先か。今回運行するのは北海道型(かに目)のC11だが、名取氏のブログにも書かれているように、東武には自社仕様のC11を所有していたことがある。

C112号 1945年日本車輌製の国鉄C11と同型のタンク機関車 戦時設計の形態をしている 個展機関車の中にただ1両存在した近代型蒸機で いささか重量級の機関車である嫌いはあったが、 館林以南の線区で活躍し 1963年廃車 (鉄道ピクトリアル1972年3月臨時増刊号より)

奥多摩電気鉄道の注文流れらしいが、とにかく東武でしばらく使われたという縁はあるようだ。客車はどうするのかとか、地上設備の整備はどうなるのかな、とか、色々気になることはある。東武もだいぶ動きが活発になってきた。

 

« 111系出力改善と113系替え玉 | トップページ | 何度目の正直 »

ローカル私鉄」カテゴリの記事

東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

僕。
真岡鉄道には乗ったことがありません。
そうでしたそうでした。
SLが走ってたんでした。
C!! 325号機。
さすが現役だけあってピカピカですね。
9600形もきれいに保存されてますね。
9600形は走行するのでしょうか?

モモパパさん、こんにちわ。
そうですね。きれいに磨かれていて、黒1色も美しいものだな、と思いました。
9600はSLキューロク館という施設の中を、往復することはできます。本線は走れないのでしょうね。

東武由来のSL復活希望したいところですが、さすがに齢100年ともなりますと「不可能」な技術も多いのでしょうね。
鬼怒川線での運行と聞きますが、SLからの漏れた油で電車が登坂できなくなったなどの珍事が起きなければ良いのですが…。

12号線さん、コメントありがとうございます。

たしかに東向島の東武博物館には、きれいな形で機関車が残っていますが、本線を営業走行させるのは大変そうですね。

運転も本当は、会津鉄道あたりまで足を延ばせば似合いそうですが、まあ色々難しいんでしょうね。

今日の日本の保存運転(古い機関車などの)は、どうしても営業採算性も考慮しないといけないところがあるので、いろいろ制約もあるかと思います。それでも東武は博物館は持っているし、通勤車の8000を丸ごと保存しちゃうんだから、たいしたものです。。

こんにちは~。モモパパです。
東武鉄道で蒸気機関車C11を走らせる計画があるのですか。
でも実際には問題山積みでしょうね。
こちら名古屋であおなみ線にC56を走らせる前にひと悶着ありましたから。
でも実現したらすごい!

モモパパさん、こんにちわ。
あおなみ線にC56が走ったのですね・。都市部だと、煙の問題や安全管理とか、いろいろ難しそうですね。

SL列車の客車用で、東武に14系客車(座席車)が行く可能性あります。
JR東海→JR四国と渡り歩いた一群、かつては臨時金星で名古屋~西鹿児島もこなした仲間もいる事でしょう。

12号線さん、情報ありがとうございます。
そうですか・、14系が。
考えてみると、12系も14系も、蒸機末期の頃から実にいろいろな使われ方をしてきたものです。今生き残っているのは、歴戦の勇士で、様々な前歴を積んできたのでしょうね。C11同様、その歴史的価値を忍ぶべきものかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 111系出力改善と113系替え玉 | トップページ | 何度目の正直 »