• P1190810
  • P1090475
  • Dsc_0766
  • Scan14737
  • Imgp4999
  • P6240130
  • P6170079
  • P6170078
  • P6170076
  • Scan11082

« 何度目の正直 | トップページ | 北関東地区豪雨 »

2015年8月26日 (水)

西武40000系の発表

2015082419223808058978e2fdf57ffa502
イメージイラストは拝借。あれこれ書けるほどの知識もないので、ニュースを見た印象を。

計画では2016年から19年にかけて10両編成8本を製造する、とある。とすると、置き換えの対象は9000系だろうか?編成、本数がちょうど符合するが・。2000系も初期のものは車齡40年に近くなりつつあるが、まだ当面は現状通りか。東武8000の例を見ていると、さいきんの電車は40年くらいは軽く使えるのかも知れないけど。

川崎重工が受注したらしい。今朝の日経新聞では、川重は東武特急も受注していて、近年攻勢を強めている、とある。川重と聞くと、関東では京急、関西では山陽とか、ぱっと浮かぶが、西武は戦前の武蔵野の初期鋼製車以来かも知れない。

30000系の流れをくむが、車体の裾絞りはやめたらしい。全幅は2808mmだそう(30000系は2950mm)。JR東ほど広幅車にメリットを感じなかったのかな。

クロスシート変換機能も目新しい。東武50070と同等のコンセプトのようだ。本系列のすべてがクロスというわけでもないらしいが、形式は分けないようだ。

TJライナーには良く乗るが、4扉車でドア間に3列のクロスシートだと、端のところは横がちょうど戸袋窓になってしまい、見晴らしが悪くて割を食ったような気分になる。ライナーなら運転はだいたい夜だから、本でも読んでいればいいのだけど。それと、回転機構のメンテが悪いときしきし音がでるようになる。もっとも、それは普通の特急車も同様だが。

ロング状態では普通のロングシートに比べ定員がドア間6名と、普通のロングシートより1名少ない。この点、座席定員が多少増える形になるJR東のE217など一般型に設けられているクロスシート車とは考え方が違う。

40000系には「パートナーゾーン」も車端部に設けられているから、座席定員はさらに少ないことになる。もっとも、車端部の座席は近年の更新車を含め、車いすスペースで少なくなっている。またこの空きスペースというのは、ラッシュ時には結構いいのだ。

まあいずれにしても、たのしみですね・・。

« 何度目の正直 | トップページ | 北関東地区豪雨 »

西武鉄道」カテゴリの記事

コメント

これはまた斬新なデザインの車両ですね。最近はどこの鉄道会社でもこうい外観の車両が増えてきたような気がします。転換式クロスシート車ですか。最近は少なくなりましたね。

モモパパさん、コメントありがとうございます。
確かに、最近は会社ごとの個性というのは薄くなりましたね。
この電車の場合、転換クロスと先頭車の大窓が他との大きな違いでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何度目の正直 | トップページ | 北関東地区豪雨 »