• Scan11082
  • Imgp4792
  • Imgp4791
  • Imgp4787
  • P1190469
  • P1190467
  • P1190453
  • P1190443
  • P1190406
  • P1190395_2

« 東松原のあじさいライトアップ | トップページ | 西武新宿線地下化工事の現場2 野方付近 »

2015年6月22日 (月)

東武70000系、メトロ13000系

記事を書く暇がなくて出遅れたが、2016年から導入される、日比谷線直通用新型車の仕様が発表されている。

東京メトロ13000系・東武70000系"日比谷線直通"新型車両の仕様が明らかに!

画像はマイナビニュースから。
001l

前回の500系が川崎製なのに対し、今回は近畿車輛の担当となるらしい。また、メトロと東武は仕様が基本的に同じとなるようだ。

従来アルナと関係の深かった東武だが、同じくアルナと密接な関係のあった阪急の新型車が、見かけ上大きな変化を意識させないようにしているのに対し、東武は様々な車両メーカーと関わりを持つことで、新たな方向性を模索しているように見受ける。

マイナビのニュースでは言及してないが、たしかトラベルWatchだったかな、MT比のことに触れた記事があった。それによると、従来の動力車、付随車という構成ではなく、全車が駆動軸と付随軸で構成されるのだという。従来のMT比のとらえ方で言うと、3.5M 3.5Tとなる。

今年登場した、JR西日本の227系(広島地区近郊用)も3両すべてが電動車だが、全車が動軸のみの台車と付随台車で構成され、1.5M 1.5Tとなっていたことを思い出す。227系は台車ごとにMTを分けたが、70000系はすべての台車の片側にモーターがつくところが違う。

従来の抵抗器を使った制御では、複数の電動機を直並列につなぎ替えたりして制御していたので、こうしたことはあまり行われていなかったが、インバータ時代になって個別にモーターを制御することが普通になってきたからなのだろうね。モーターを分散する意味はなんだろう。空転を軽減することができる(駆動する場所を分散できるから)?設計次第では編成の自由度を高められそうだが、今回は7両固定なので関係ない。

帯色はロイヤルマルーンを再精製して赤と黒にしたとか何とか言っているが、要するにとうきゅうさんっぽく見せたかったのかしら。中目黒から先行くと思われないかな。

« 東松原のあじさいライトアップ | トップページ | 西武新宿線地下化工事の現場2 野方付近 »

東京メトロ、営団」カテゴリの記事

東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東松原のあじさいライトアップ | トップページ | 西武新宿線地下化工事の現場2 野方付近 »