• Scan14677
  • Scan15334
  • Scan15333
  • P9241561
  • Scan12683
  • Imgp0894
  • Imgp0892
  • Imgp5935
  • Imgp5909
  • Imgp5906

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

都市型のレイアウトを考える

前にも書いたかもしれないが、最初に買ったTMSは’74年6月号(312号)だった。子供の頃に読んだ記事というのは、ほかの方でもそうみたいだが、暗記するほどよく覚えている。小学生だった自分にとって、初めて見る大人の?世界である。今でも時折TMSでお名前を見かける、大熊重男氏のすばらしく仕上げのきれいな京成3290型とか、初めて知った幻の機関車63とか、いろいろと印象に残る記事があったが、全体として、子供が興味をそそるような記事は少なくて、割と地味な内容の号だったと思う。

Imgp2813

折り込みページは中尾豊氏のレイアウトプラン+イラスト。中学1年の時、このプランそのままにレイアウトを作ろうとした。プラン通りに作っていたのは最初の半年くらいで、あとはターンテーブルを組み込んだり、留置線を増やしたり、曲線改良工事をしたりして中2の12月ごろまで遊んだ。今のレイアウト(うさぎ鉄道)はそのオマージュで、奥の屈曲した川とか、S字型の本線はこのプランを原型としている。

Img_7032

ちょさくけんは大丈夫かな・・。

この号にはもう一つ、レイアウトの紹介記事がある。浜島猛氏の組み立て式レイアウト(16.5mm)だ。組み立て式レイアウトというのはたぶん、今はあまり使われないというか、日本語としては理解できても、今と昔の人では描くイメージがちがってしまう用語かもしれない。
モジュール式だけど、バラ線路を組むのではなく路盤にセットされていて、建物や風景はないか、抽象的な建物しかない、というもの。今は分割式、風景付きのレイアウトとして作ることが多いから、あまり作る人がいなくなったのだと思う。

Img_7030

浜島氏の記事はとてもマニアックというか、総線路延長、作業期間や1日の平均工作時間、諸経費などのデータがずらずらと並んでいて、まるで会社の作業報告書を読んでいるようだ。

子供だった私はそれにも感心したが、特に運転形態のところにある、複雑な線路配置をブロック分けして、運転系統を図示しているところにいたく興味を引かれた。

Img_7031

基本的には複線のエンドレスと、単線の支線エンドレス、これらが接続する中間駅、それにヤード(というより車両留置線で、終端駅もある)があり、これらを組み合わせて運転系統を作る。ラッシュ時にはエンドレス3本と、ヤード-中間駅の区間運転による、4列車同時運転、ロングラン運転では複数のエンドレスを経由して、長距離運転をするなどができるという。
ラッシュ時と閑散時の運転系統が考えられていることには、かなり感銘を受けた。

Img_7035

こうした考え方は、今なら各種のシミュレーションソフトに受け継がれているのかもしれない。15年ぐらい前に、名前は忘れたけど線路や道路を引いて街を作っていくゲームで遊んだことがあるし、プラレールのシミュレーションも売っていたんだけどな。今の鉄道模型シミュレータはとても本格的で、ちょっと敷居が高い気もするが・。

話を戻すと、記事の組み立て式レイアウトは写真で見る限り、非常にすっきりした仕上がりで、コントロール部も当時なりに要領よく作られている。技術系の、相当に工作力のある方が作られたのだろうか。

この記事を思い出したのは、最近E5系新幹線とか、京阪2400,地下鉄500といった、うちのレイアウトには似合わない車両をいろいろと購入して、走らせる場所がほしくなったと言うことがある。

いっかい、このプランに準じたレイアウト(Nで)作ってみようかな?市販の線路を組んでもできるし、Nならもう少し配線を追加することもできる。風景とか考えると、都市近郊のレイアウトって難しいんだよね。今は市販の建物がたくさんあるが、いい気になって買っていると財布が悲鳴を上げる・・。だから、このレイアウトのように、抽象的でさっぱりしたレイアウトのほうが良い、と思うけど・・。

まあ、言うだけ番長だな、きっと・・crying

2014年6月22日 (日)

KATOのEF10 3次型

中学から電車通学だったが、通学途上の駅で電車を待っているとき、よく貨物線に停車している旧型電機と貨車を眺めていた。

当時デジカメや携帯はおろか、自分用のカメラすらなかったし、たとえカメラがあっても混雑の中写真を撮れる状況にはなかったので、手元に映像は残っておらず、網膜に焼きついた記憶しか残っていない。

機関車はEF10,12,13が多く、EF15は割と新しい方だった。側面に帯の浮き出た、初期型のEF10などは特に好きだった。EF53のようなボディだが、そのEF53はプラモデル(1/80,16mm)を持っていた。何とか16番で動力化できないかと考えたこともあったが(当時TMSではよくプラモデルを利用した鉄道模型の記事が出ていた)、中学1年生が旧型電機の足回りを作るのはちょっと無理だった。

当時、そろそろブルトレブームが始まろうとする頃に、旧型電機など友達の間で話題にもならなかったと思う。自分はかなり渋いマニアなのではないかと、なんというか恥ずかしかったのを覚えている。

そんな話を枕に、買ったのはEF10 3次型である。
Img_7017
旅客用で言えばEF56に相当する、丸みの強いボディを、当時見たかどうかははっきりしない。身延線や飯田線で晩年まで活躍していたのはこのタイプだ。

Img_7019
うちでは模型を買うのは、一応大まかな予算を作っている。出ればほいほいと大人買いをできるほどの余裕がないもので・・。EF10は計画にはあったが、当初の予定になかったE5系などを買ったので、予定が狂った。入線も予定より遅れた。もっとも、レイアウトが休眠中なので、活躍はあまり見られなさそうだ。

予算の話ついでだが、昨年企画した16番の電車制作も、予算の関係でストップしている。意外に経費がかかるので、会計検査院のチェックが入ってしまったのだ。

中止ついでに言うと、1月から作り始めていた、空母「赤城」も、無期限製作中止となっている。冬の間はこつこつ作っていたが、2月、3月にPCがいかれて、4月には飼い鳥が亡くなってしまった。もしや「赤城」乗組員の怨念では、と思い、中止した次第。しばらくは平和産業に専念と言うことで、まずは貨物輸送を充実させようとした次第。

Img_6993
戦前の機関車としてはかなりスマートな方だ。
Img_6998
TOMIXのEF15と。この模型は相当古いので、こうして比較するとやや見劣りするのは仕方ない。
Img_7000
昨年購入したEF56と並ぶ。ほぼ同じボディと思っていたが、顔の印象は少し違うようだ。
Img_7005
ヘッドライトの位置などによって、印象が変わるようだ。
Img_7001
デッキ付きの旧型電機はこのほか、EF57(KATO)も持っているが、ちょっと古いのでここには参加していない。

追記:最初に掲げた写真が脱線していたので、写真を差し替えましたcoldsweats01

ついでに、古いEF57(32年ぐらい前に購入)と、EF58(23年ぐらい前かな?)も一緒に参加してもらい、記念写真を。

Img_7013

私はコレクターではないのでせいぜいこのくらいということで。EF58は先端の白い手すりが取れてしまって、代わりをどうしようかと、10年以上考えているんだけど・・。

2014年6月13日 (金)

西武池袋をリニューアルほか

日経新聞12日のニュースから。

西武鉄道は11日、池袋駅を全面改装すると発表した。2016年までに授乳室や更衣室を新設するほか、構内の店舗を刷新して若い女性などを呼び込む。20 年の東京五輪をにらみ案内板の多言語化も進める。あわせて駅に近い旧本社ビルを池袋地区最大級の賃貸オフィスビルに建て替える。駅周辺を一体で再開発して ターミナル駅の魅力を高める。

今週は虎ノ門ヒルズも開業したが、都内ではオリンピックをにらんで大規模開発が目白押しだという。池袋地区もその仲間入りということか。

西池袋側は、東京芸術劇場が平成の初め頃できて、次いで東武百貨店が大改装と増床、東武池袋駅も大改良されて面目を一新した。さらに、JRも地下通路を大幅に改良、昔の暗いイメージを払拭して、現在に至る。

西武池袋の改良は’75年のことだったと思う。やはり同じ時期に西武百貨店も改装し、その後西武は巧みな広告戦略とあいまって、全盛期を迎える。

西武池袋駅は、今日みても立派なものだ。一般に関東民鉄のターミナル駅は、関西のそれに比べると小規模なところが多いとされるが、ここと小田急新宿(2階建てなのがあれだが)はそれほど関西に引けをとらないのではないか。

ただ、駅のコンコースのあたりは、昔からここを知っている私たちにはおなじみを通り越して、タイムトンネルの世界のように変わっていない。
Img_2311
この床のタイルの模様は38年前もこんな感じだった。
10年もすると全く街の様子が変わってしまう日本にしては、珍しいことだ。
Img_6976
既に一部の工事が始まっているようにも見える。
地下化されることになっている、新宿線の沼袋付近も工事用の養生がなされ、これから大きく変わろうとしているようだ。
この先数年で、西武鉄道もだいぶ変わっていきそうだ。

ついでみたいで悪いけど、今年100周年を迎える東上線、どういうわけか毎週のように事故遅延に悩まされているようだ。

一昨日は霞ヶ関付近でクレーン車が架線に接触し、長時間不通になった。うちの身内も影響を受けた。沿線に住む会社の子は、酷いときには毎日のように遅れている、と嘆く。20年ほど前、私も中央線で似たような思いをしたが、困ったものだな・・。

2014年6月 8日 (日)

383系

中央線の東側、中央東線はよく利用していて、「あずさ」のE351,E257系は何度も乗っていておなじみだ。

名古屋-塩尻間はずいぶん前に利用したきりで、最近の車両にも乗ったことがない。今回所用で、趣味目的ではないが振り子式の383系に乗車することができた。パノラマタイプのグリーン車にも乗った。

基本的に写真撮影をしている暇はなかったのだが、ちょっとしたハプニングでカメラを取り出すことになった。
上りの「しなの」がカモシカと接触したのだ。このために下り「しなの」も徐行を始めた。

Img_1074
この日の天候は不安定で、時折強い雨が降っていた。
Img_1076
客室との仕切りはこのように開放的で、見晴らしが良い。運転席のデザインもそれを意識してか、運転士を取り囲むように配置された計器類など、フォトジェニックな感じだ。
Img_1080
対向「しなの」は検証のため停車中。
線路脇の人は猟友会の人か?

次はちょっとかわいそうな写真なので、見たくない人は飛ばしてください。

capricornus
aries
bullettrain

Img_1083
哀れなカモシカ君。近年はシカもカモシカもかなり増えているらしい。こうして人里近くにも出てこざるを得なくなっているのだろうか。

車両について言及していなかったが、やや古くなったものの、とても快適な車両で乗り心地も良かった。「パノラマ」もいい感じだが、実際に着席しながら前が眺められるのは前方の席に限られる。乗り心地は、ほぼ同時代のE351系より良いと思う(スーパーあずさはちょっと苦手で、結構酔っちゃうのだ)。E353系で挽回できるか?



2014年6月 4日 (水)

ディーゼル機関車

(雑談です)
ピクトリアル7月号は特集ディーゼル機関車ということで、DL(ダウンロードではないよ)の現況と簡単な歴史などが掲載されている。

我が国では機関車の需要が減って、種類も少ないし走行線区も減っているが、ELはまだしもで、ディーゼルはさらに寂しいのが現状だ。昨年登場した、九州のDF200 7000番台や、首都圏でも時々見かけるHD300あたりが最近の話題か。

正直、国鉄DLとしてはDD13,DD51,DE10とその派生形式ぐらいしか見たことがない。DD13は首都圏にいくらでもいたし、DE10も川越線あたりで貨物列車を引いているのをよく見かけた。
Scan20086
南古谷 77年6月頃。
飯田町があった頃は、四谷あたりで快速を待っていると、今度の列車は通過列車です、なんてアナウンスがあり、そのあとDE10がワムをたくさん従えて通り抜ける、というのをよく見かけたものだ。単機回送もよくあった。
Dsc_3046
なんだかメカっぽくてかっこいい、DE11 2000番台。
Scan11090
DD51もあまりにもポピュラーな機関車だ。ほんの少し前まで(自分の感覚では)八高線を重連で走っていたし、べつに珍しくも何ともなかった。
Scan11079
95年10月

Scan14827
81年3月
Dsc_3056
なじみ深い車両なのだけど、模型として走らせると、あんまりおもしろくない。
客車をひかせると何となく機関車が間延びした感じがしてくるし、どうも迫力がない。
箱形のDF50とかの方がしっくり来る気がするのは、なぜなのか自分でもわからない。

今はDD51の模型は持っていない。初代のTOMIX製品(79年頃発売)を持っていて、長年活躍させていたが、DD54と一緒に甥にあげてしまった。DE10は、これもTOMIXの初代をずっと持っている。工事列車というわけではないが、新しく引いた線路や、久しぶりに運転するときなど、DE10に貨車1両(黄色のタキ3000)を牽かせて試運転する、ということを、もう20年以上やっている。


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »