• Pc183720
  • Dsc_7054
  • Imgp9280
  • Imgp9279
  • Imgp9278
  • Imgp9276
  • Img
  • Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月25日 (日)

南武線

南武線というとED16とか、101系とかが浮かんでくるが、実はあまり縁がない路線だ。この前いつ乗ったかも思い出せない。南武支線の旧型車は乗りに行った記憶があるが、本線というか、川崎-立川間の路線は、我が家からはあまり利用する機会がないんだよね。

今は貨物列車の設定も減り、205,209系が活躍して印象が変わった。横浜線同様、E233系への置き換えが発表されているので、ふらっと出かけてみることにした。

P1120826
ここでまた、山手線で活躍した205系と再会である。来るときは西国分寺から武蔵野線を利用したが、これも205系と、205系は今、非常に活躍範囲が広いのだ。これは中間車を改造して新設計の前面を追加したタイプ(それ以上細かいことはわからないので、マニアの方に聞いてね・・といいつつ、参考書を片手に以後編成を解説)。
P1120836
これが正調205系というか、主力のタイプ。
205系は国鉄末期の昭和60年登場(製造年度的には59年度)で、JRになってからも増備が続いたが、南武線には平成元年から数本が新製配置された。当時は南武線にいきなり新車が投入されること自体が珍しく(国鉄時代は他線区からの転用が一般的だった)、JRになって方針が変わったんだなあ、と感心したことを覚えている。

ちなみに、写真の第44編成は山手線からの転用車ですね。
P1120845
この橋は南武鉄道の頃からのものらしい。下路式ガーダーで、障害物が少なく撮影がしやすい。鉄橋の色というのは、なにか規定があるのかしら。今は緑色の橋が多いが、昔は赤が多かったと思うが。

P1120880
34編成。これも比較的初期の、先の44編成とほぼ同じグループ。
P1120906
5編成。中原に新製配置された編成。
快速は30分に1本設定されている。この辺は各駅に停車。南武線の快速というと、国鉄時代に設定されていたのが、廃止になったというのが印象に残っている。101系を使用した快速だったが、当時はダイヤ設定が難しかったようだ。

P1120945
50編成。新しい意匠の前面はそれなりにまとまっていて、古さを感じさせないが、山手線初期投入車なので、既に製造後30年近くが経過している。
P1120957
これも中原に新製配置された車両。
P1120985
49編成。最寄り駅の南多摩は、昨年暮れに高架化されたばかりだが、駅前は本当に何もない状態。最初はここで降りてどこかで昼飯を、と思っていたが、コンビニしかないのでとりあえず河川敷に向かった。帰りにどこかに寄ろうと思ったが、街道沿いのそばやなどは営業を終えていた。要するに、食いっぱぐれたweep

そういえば、今日は食堂車の日なんだそうですね。山陽鉄道で最初に食堂車を運用した日だとか。

食堂車と言えば、昔は583系とか、485も利用したかな。新幹線は100系の食堂車は利用したことがある。下関まで行ったとき、確か「さくら」だと思ったがブルートレイン(ものすごくいい加減だ。マニアに張り倒されそうだ)に、非営業の食堂車が連結されていて、友人と寝る前にしばらくコーヒーを飲んだ。もうかなりくたびれていて、フェリーか何かの休憩室を連想させた。写真とかは、残っていないなあ。

P1120994
209系は3編成いるが、これは京浜東北線からの転用車。209も、房総ローカルで運用されているのは貧相でいけないが、南武線だと新しい電車という感じがある。まだ車齡20年に満たないが、205系と運命をともにするらしい。
Img_6968
帰りは立川まで出て、エキナカでなにか食べようと思ったが、焼きそばやしかなく、混んでいて面倒なので駅を出る。結局、マックで遅い昼飯となった。

東海道のE231、233系のオレンジと緑帯が、「セブンイレブン」なら、南武線の205系はミスドか。

Scan15346
現在の帯色は黄色、オレンジ、茶のコンビだが、これは旧型車の茶色、101系以降の黄色と、以前転入車が多かった頃、そのまま運行されていた101系等のオレンジ色、を表しているそうだ。

写真は79年4月、川崎。わかる人はわかると思うけど、101系の試作車(クモハ100-901)。露出した縦樋、アルミ枠でRの小さな方向幕、種別幕、飛び出した乗務員扉脇のてすりなどが量産車との違い。

P1130013
立川は大都会で、マックの前をモノレールが走っている。ちょっと気が向いて、写真を撮ってみたが、モノレールの撮影は難しい。
P1130023
「サンダーバード」(特急ではなく、昔のテレビドラマ)を見ていると、モノレールが高速鉄道や地下鉄に代わる、未来の鉄道のように扱われていることに違和感を覚えるが、昔の人はモノレールを、それだけ未来的な乗り物、と感じていたらしい。
ここ立川では、ビルの合間を縫ってくねくねと走る姿が見られるが、何となく江ノ電とかが、軒先をかすめて走る様子を連想する。

というわけでした。


2014年5月21日 (水)

KATOのE5系を買った

オールドタイマー・ファンの私が、こともあろうに最新の新幹線をゲットぉ!してしまった。
Img_6921
先日、初めてE5系「はやぶさ」に乗って、乗り心地と速さに感激してしまったもので・・。
E6「こまち」にも乗ったが、とりあえず基本編成を固めようとE5を買ってみた。

KATOとTOMIXがあって、どちらも初心者向けということで価格設定が安い。KATOは基本セットが3両、増結セットが3両と4両と増やしていく。TOMIXは4両基本で、6両増結。KATOは基本3両だけだとさすがに恰好がつかないような気がする。TOMIXは中間車2両だから、一応恰好がつくが、これに追加しようとするといきなりフル編成になってしまう。

しばらく迷ったが、一応KATOを探すことにする。次にどこで買うか迷った。Amazonは基本セット7,400円ほどと一番安いが、増結セットの在庫がなく、出品他店舗からの取り寄せになる。
トラモフレートはやや高い(GWセールでTOMIXが安かったが、買いそびれた)。ヨドバシやビックはその中間だ。ここでも増結3両セットは品薄らしい。

結局、最初は考えていなかったIMONで、3両+3両の組み合わせで買った
Img_6922
ポイントはつくが、購入価格はなんだかんだで結構高くなってしまった。
実物は一編成45億円するらしいから、それに比べれば・・。

Img_6923
3年前ならともかく、今買うことにニュース性はないから、細かいことはあまり書かないが、価格の割によくできた製品だ。走行も良好。ちょっと音が大きい。私が買った増結セットは、ホワイトの塗装がちょっとゆず肌っぽいが、運転してしまえば気にならない程度。

Img_6926

過去の例にならい、これは1/160スケールだが、何となく細身、小さめな印象がある。

Img_6940

ちょと比較の対象が悪いがcoldsweats01、1/135と言われるC11と比べると、その小ささは歴然。

話は飛ぶが、久しぶりにレイアウトを出したので、ホームで立っているお客がほこりだらけだ・・。お待たせしすぎ。

Img_6938

ただまあ、こんな光景は実物云々という話以前の問題があるので、まあ良いとするか。

Img_6937

強引にレイアウトを運転してみる。外周線はR317なので、取説の基準はクリア(R315以上)しているが、ちょっと踏切の柵に引っかかり、右回りでしか走れない。

こうして見ると、フリーゲージトレインか何かの、試運転のようにも見えるな。

Img_6946

やはり在来線のレイアウトでは無理があるので、畳のうえに線路を引いてみた。我が家で一番大きいR354の曲線を走らせる。

先日模型店で見かけたが、今はかなり半径の大きな(500mmくらい?)組線路を売っているんだね。新幹線を意識したものかな。

もっとも、どれほど緩いカーブでも、実物にはかなわない(320km/hで走れる、半径4000mを模型にしたら、R25m!)が、新幹線の運転で悩むのはそこだな。もちろん、割り切って運転する分には何の問題もない。

Img_6951

6両を組むと、それらしくなってなかなか楽しいです。

320km/hは出せない。せいぜい200km/hくらいかな。

Img_6964

連結器カバーをはずす。併結相手に適当な車両が無いので、70年ぐらい年の差があるけど、流電を・・。ちょっと連結器下がってしまってダメみたいです。

手持ちの模型にJR以降の車両はほとんどなくて、JRになってからの設計では253系くらいかな。201系とか、EF65とか、JRになってからの意匠のものはいくつかあるが・・。

別にJRを毛嫌いしているとか、思想的なcoldsweats01理由はないのだが、うちのレイアウトは何となく国鉄時代ふうで、走る車両もその頃(おおむね70年代前半かな)のものが中心だ。

ただ、考えてみると、新幹線や、JRの新世代特急車両には(251~E257,やE351,651~E657など)国鉄時代の特急よりも、遙かに頻繁に乗っているし、それらの方がずっとなじみが深い。

その多くは乗り鉄とかではなく、用務で乗っている。それで、変な話、181系とかよりも、これらの新型車の方が、俺の人生の相棒として、一緒に仕事してきたのかもなあ、という、妙な感慨を最近抱いたことがある。薄暗い蛍光灯の下、殺風景なホームで電車を待ち続けた末、ようやく来たE657の車内に入り、ノートPC叩いているビジネスマンの隣に座ってちょっとほっとした気分になったとか、ね。

そういう、現代の日本をレイアウトで表現するのも悪くないかもな、とか、思う。

2014年5月15日 (木)

江ノ電で何かの撮影

所用があって江ノ電に乗っていたら、なにかの通信機と紙挟みを持った、テレビ関係者らしい人が乗っていて、これから到着する極楽寺で撮影をしているので、降りられる方は少しだけ待っていてほしい、と案内をしていた。

極楽寺で降りる人私の乗っていた車内では3名ほどいた。車内は比較的空いていて、座席も6割程度埋まっているだけだったが、ドア袖に立っていた女子高生は、撮影に差し障りが出るのか、移動させられていた。

やがて駅に着いた。到着直前に車窓から見えたのは、何台かのバスやトラックが空き地に止まっている様子で、駅ホームの向こう側にも何かの機材が置いてあるのが見える。相当大がかりな撮影なのだろうか?

くだんのテレビ関係者は、ドアが開くと少し間を置いて外の様子をうかがうと、はい、OKです。ありがとうございました、と挨拶した。撮影は鎌倉寄りのホームで行われていたらしく、たくさんの関係者や役者?写されている人が立っているのが見えた。

何の撮影だかわからないけど、この路線ではこんなことは年中行われているんだろうな。

今年初め、江ノ電撮影に来たときも、鎌倉高校前でたくさんの人が写真を撮っていた(まあ、そのときはロケ現場に遭遇したわけではないけど。有名なドラマの舞台らしいが、そっちの方は詳しくないので詳細不明)。

乗客の何人かが写真を撮ろうとして、スタッフに「写真はご遠慮ください~」と止められていた。こういう場所では大抵そうですね。

P1120604
今回は撮影目的ではないので、ほとんど写真は撮っていない・・。
P1120607
なぜか終端標識にカエルがいる鎌倉。

2014年5月10日 (土)

池袋東武の東武東上線沿線まつり

デパートの催事である。東武東上線が先日100周年を迎えたので、それにちなんでのイベント。リンクは切れるだろうけど、とりあえずこれ

友人からホーローの駅名票を買った、と連絡をもらい、気になったので行ってみた。たまたま仕事早く切り上げたことでもあるし。

行ってみると平日でも結構人がいる。まあ、古い鉄道写真や、ヘッドマークの展示自体はたいしたことはない。ジオラマ運転ということで、先日実現した記念列車(81111F+8111F)が再現されていた。

ヘッドマークを見て、ほうほう、と写真を撮り始めたが、よく見ると「撮影はご遠慮ください」のマークが。これは失礼。

レイアウトの撮影は良いらしいので。
Img_6884

鉄道販売コーナーは、ほとんどが駅名票と運行案内の販売だ。ホーローの板は朝霞だけ残っていた。この種の記念品保存は苦手なので(大きくて手に余る)ぱす。

あとは8000系の限定鉄コレ。これは結構人気があり、手に取っている人は多かったし、お母さんらしき人が(ママ鉄?)何個か大人買いしていた。しかし、2,801円は高いし、8100+8200では編成を組むのも難しいので、これもぱす・。

何か買おうかと思い、一応限定マグカップは買ってみた。
Img_6890
復刻塗装車だが、なんとなくクリームの色が濃い感じがするんだよね。
これの色に似ている気がしてきた。
Img_6895
・・関係ないけど、ローソン限定のコリラックマどんぶり、もらいそびれたな・・。失礼。
裏側はこんな感じ。
Img_6891

で、この物産展の主役は文字通り沿線の企業などの物産関係で、小川の和紙とか、ラーメンとか、そういうものを売るのが主体のようだ。

それで私もひやかしていたら、お店の人に捕まって、ついこれを買ってしまった。
Img_6887
地ビール。生でその場で飲めるとも言われたけど、さすがにそれは遠慮した(5時前だったので)。
というわけでした。

2014年5月 5日 (月)

富士急行

4年ぶりに富士急行を訪れた。
P1120316
4年間で変わったところと、そうでないところがある。この富士登山電車は4年前も走っていた。
Dsc_5502
これは4年前。この頃は1000型が主力だったが、今回はあまり見かけなかった。大月にマッターホルン号がいたが、撮影している時間がなかった。
P1120321
今の主力はこの6000系である。
P1120330
こちらは2段窓の初期型。
P1120366
直前は京葉線で活躍していたらしいが、元々は山手線に投入された車両たちだ。
Imgp2544_2
特急にも使用されていた。
P1120381
205系は今や各地の地方線区で活躍する車両の筆頭だ。埼京線からは撤退し、横浜線からも撤退しつつあるが、他方仙石線、日光線にも進出している。
P1120346
6000系とこの富士登山電車の内外装はデザイナーの水戸岡鋭治氏が手がけている。
P1120381_2
内装の写真は撮らなかったが、フローリングみたいな床が印象的だった。

P1120400
2000型。貴重な165系電車の生き残り。
P1120410
背後にリニア実験線が見える。
P1120445
リニア実験線はある種異様な構築物で、周りの自然とは隔絶された印象がある。
車窓を流れる風景を楽しみながら乗るものでもなさそうだ。
P1120423
5000型は自社設計のオリジナル。良くまとまったデザインが好ましい。
Imgp2551
今はトーマス電車になっている。
Imgp2555
内装は天井に至るまでデコレーションされている。
Imgp2556
窓中央下のところに、クイズが書いてある。子供がボックスごとに、興味深そうに見て歩いていた。
P1120427
車齡は40年近くになる。
P1120434
今回は田野倉から禾生にかけて撮影して歩いた。夜は都心で用があり、臨時列車を撮る時間がなくなってきた。
P1120449
ちょっと模型のレイアウト的。
P1120461
鉄橋でもうすこし粘っていればこれも撮れたのだが、鉄橋から禾生駅まであるいてどのくらいかかるかわからなかったので、断念して駅まで来てしまった。待っていても時間はあったとおもう。
P1120489
17時11分の列車に乗る。
P1120490
帰りは少し待って、「かいじ」の指定をとろうと思ったが、お金がもったいないのでホリデー快速を狙う。これは快速ではなく、普通高尾行き。来るときは高尾からこの115で来た。今でも乗れるのがありがたい。
P1120493
ホリデー快速ビューやまなしは215系。全車2階建てで座席定員は最大だが、果たして座れるだろうか?
P1120498
何とか座席を確保し、新宿まで乗り通す。一般の乗客の方が車掌さんに、この電車はいい、静かだし乗り心地もいい、と感想を語っていた。車掌さんもまんざらでもない感じだった。


2014年5月 3日 (土)

とれたて 西武新宿線の4000系西武秩父行き

P1120299
5月3,4日と運転される西武新宿発西武秩父行きの臨時列車。まあ、ちょっと行って撮影しただけで、何の工夫もないのですが。
P1120302
慌ててしまい、構図に気を遣う時間がなかった。手前のセンサーはかなり邪魔ですね
P1120306
このあたりは線路が東西に延びており、往路時も復路も逆光になる。
快速急行ではなく、急行としたのは、沿線住民サービスでしょうか?それなら撮るよりは乗った方がいいのかな。

まあ、お後がよろしいようで。

2014年5月 2日 (金)

最近の記事に関する補足

文字通り、最近書いた記事の補足。

西武上場: 日経新聞の記事で、いつ頃掲載されたか、失念してしまったが、サーベラスが保有株式を、いつ、どう処分するかについて触れた記事があった。そこでは、持ち分法が適用される2割相当の株式を、どこかに売るのではないか、相手はおそらく鉄道会社か、不動産会社・・というもの。関西でも阪急と阪神は同じ資本系列になったが、こちらはどうなるか・。

3扉車:鷺ノ宮駅でも3ドアのホーム目標が撤去されていた。代わりにこんなものが張られていた。これは、5月3,4日に運転される臨時列車(西武新宿発西武秩父行き 4000系使用)のもの。
Dsc_0479
しかし、考えてみると、途中駅で乗車位置目標に整列乗車しなければいけないほど、乗客がいるわけでもない。。多分に趣味的だな。

福知山線事故: 検索して見つけたウェブサイトの記事

2005年4月25日 福知山線5418M、一両目の「真実」 amazonでも本は品切れらしい。

波乱の人生で見つけた「大切なもの」福知山線脱線事故から10年へ、生存者が手記募るハフィンポストから。記事で触れた、イラストを描かれた方はこの方。

越生線: 越生線の話ではないが、メトロ日比谷線と、乗り入れをする東武鉄道は、現在使用中の車両を16年から18年にかけて新型車に置き換えると発表。現行の18m車8両を、20m車7両に変えるのだそうだ。記事で触れようと思って忘れてしまった。東急に嫌われた日比谷線だが、この際よりを戻してくれないかな?

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »