• Img
  • Pb291663
  • Pb291662
  • Imgp2932
  • Imgp2914
  • Imgp2908
  • Imgp2884
  • Imgp2876
  • Imgp2861
  • Imgp2853

« 17時1分 | トップページ | 西武20000系 »

2014年2月15日 (土)

元住吉事故雑感

ネット時代の威力で、こういう事故が起こるとあっという間に画像がアップされていく。今のところ、はっきりした原因はわからないようだが、ATCが運用されているところで追突事故が起こるなんて、その影響はかなり尾を引きそうだ。

私がなにか新しいことをかけるだけの知識も取材力もないのだが、ひとつだけ。
ニュースサイトやNAVERの画像は引用できないけど、この事故車、車端部客室側のダメージがすごい。

衝突したのは当然運転室側だが、こちらの方は前部がへこんだぐらいで、あまりダメージは大きくない。
外側の写真では、前の車両の妻板がめり込んで、隣の車両が前の車両に入り込んでいるようにも見える。車内側からの写真は、床板がめくれ上がって、前部ドアのところまで完全につぶれてしまっている。

深夜だったので、たまたまここに人がいなかったのかもしれないが、もっと早い時間であれば、けが人はこんなものでは済まなかっただろうし、亡くなる人も出ていたと思う。

東中野の事故の時も、たしか夜勤明けのコンピュータエンジニアの人が、車端部に座っていて犠牲になったという記憶がある。車端部はダメージを受けやすいようだ。

と、引き下がってしまってはいけないわけで、先頭部は守れるのに、なぜ客室がクラッシャブル・ゾーンになっているのだろうか?30年前の201系時代はまだしも、新型の5050系でも、対策はとられていないのか?
Img_0103
近年の20m4扉車は、座席配置の関係で車端部を少し狭くしているんだよね。
これを見ると、車端側客ドアは、台車より外側寄りに配置されているのがわかる。
Dsc_2789
ドア間の7人掛け座席の幅を広げた結果、車端部にしわ寄せがきたためだ。写真の東武8000は、車端側に4人掛けの座席があったが、東武も今は3人掛けになっている。
Scan14867
この8000系はどうだったかわからないけど、メトロ6000,7000などは、連結面扉がなく、開口部もキノコ状の大きなもので、強度的には不利だったのではないかと思う。上記の東武8000も、貫通路は広幅だったが、その後(冷房の整備で、サービス上問題が出たらしい)貫通路は今のような狭幅のものが主流になった。

というわけで、車両業界さんには客室のクラッシュ対策を検討願いたい。
P1030248
2年前の5155編成。Y500系の方は、写真が見つからなかった。

« 17時1分 | トップページ | 西武20000系 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ATCが作動してたはずなのに何故今回の事故は起こってしまったのか。
原因追求をしっかりしてもらいたいですね。
元住吉といえば僕の大学時代、トヨタレンタカーでバイトしてた営業所は元住吉駅のすぐそば。
思い入れがあります。

昨日の記者会見では、電車は時速40kmで追突したそうですから、その衝撃は相当なものだったのでしょう。あの程度で済んだのは奇跡だったとおもいます。

ATCが作動しても、列車を止められなければ意味が無いですよね。今週はまた雪が降るともいわれていますから、原因追及をしっかりお願いするとともに、今できる対策もお願いしたいところです。

元住吉、線路は高架になりましたが、駅前の商店街などは変わりないようです。モモパパさんがバイトされていた頃はどんな様子だったのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 17時1分 | トップページ | 西武20000系 »