• Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222
  • Imgp1216
  • Imgp1211
  • Imgp1209
  • Imgp1199
  • Imgp1197
  • Imgp1190
  • Imgp1185

« 小平お立ち台 | トップページ | エンドウMPギア ほかのパーツを買う »

2013年11月21日 (木)

レイアウトの緑

レイアウト改修工事の一環として、木々や草などの更新がある。フォ-リッジの葉に積もったホコリは酷く、色はくすんでしまっている。
もともと簡易レイアウトとして、4年前に開通させたときはかなりあっさりした仕上げだった。
R0011625
今見るとスカスカだな。
Dsc_5450

Dsc_5441
かなり殺風景だ。学校の文化祭のレイアウトみたいに、そんなに長く使うつもりもなかったので・・。
Dsc_5440
地表が露出し、何だかアメリカ風。
Img_6068
山や木ははフォーリッジで覆い直した。森の下草や、河川敷の灌木はライケンをつかった。
Img_6069
木の本数は余り変わらないが、緑が濃くなった。
Img_6070
この辺は配線変更を考えていたので、平地のままにしてあったが、見通しがなくなったので草で覆った。
Img_6074
ライケンはまとめて買ってあったものを使った。ライケンはボリューム感を表現するには良いが、ちょっとくせがある。本当は先端の細かいところだけ、使うようにすべきだ。
ただ、手軽に風景が変えられるので、やり始めると止まらなくなり、河川敷などライケンだらけになってしまった。

Img_6081
 開通の頃買ったライケンはトミックスのもの(ロットが小さくて安かった)で、色は青っぽい緑、ゆでたブロッコリーみたいでどうも不自然だったが、そのまま使っていた。今回目立つので、ターフやパウダーで覆って調整した。
 今回のはKATO(ウッドランドシーニックの輸入品)で、パックの状態で見るとずいぶん地味な色に見えるが、配置すると風景に溶けこんで悪くない感じだ。
Img_6084
草と言うより灌木。つい先日までこんな感じだった
Img_6071
作り込まれたレイアウトと比べると、建物が少なく緑地が多い。普通はもっと家とか畑とか、色々作るところだ。
Img_6091
ブルートレインがとくに好きなわけではないが、こうして風景の中を走らせると生き生きとしてきて、運転していてものすごく面白い。いつまでもぼんやりと眺めて居続けたい気がする。
Img_6096
寝る時間がなくなりそうだ。
しかし、年内にはまた別の挑戦をしようとしている。ので、駅に列車を止めよう。



« 小平お立ち台 | トップページ | エンドウMPギア ほかのパーツを買う »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小平お立ち台 | トップページ | エンドウMPギア ほかのパーツを買う »