• Imgp0662
  • Imgp0647
  • Imgp0625
  • Imgp0623
  • Imgp0621
  • Imgp0620
  • Imgp0387
  • P7171477
  • P7171475_2
  • P7171469_2

« 東武東上線 街と駅の1世紀 | トップページ | 横浜線残照 »

2013年10月 5日 (土)

京阪2400系

京阪2400,グリーンマックスの塗装済みキットである。Img_5981
唐突な感じもするが、8月に京阪に乗って、久しぶりに緑の電車に触れたのがきっかけ。
実は購入したのは8月末だが、ふたを開けて机に置いたまま、1ヶ月ほど放置してしまった。
GMの塗装済みキットは20年近く前、東武10030系、そのあと西武2000N系を組んで以来だ。
あの頃は以前からの板状キットに、ランナーがついたまま印刷塗装したような構成だった。

それはそれで、なんだか中途半端だなあ、と思いながら作っていた。そのあとクロスポイントの東武78を作った。ボディは一体構成で、ベンチレータの取り付けが主な仕事だった。

今回の2400はずいぶんと作りが変わっている。床板も二重、ライトユニットも、点灯はオプションだが導光材など、完成品と同様の構成。パーツの組み付けも左右の違いを間違えないような工夫がある。が、なんだか作っていると自分が工場の期間工になったような気がしてくる。仕事をしているような気分だ。
きっちり組めるようになっているのに、文句を言うのは筋違いかも知れないが、今までのプラモのような夢がないというのか、何というか。

Img_5968
クーラーはランナーについおらず、抜き型用の長いステーの様なものがついている。これは手で折り取ると取れるが、最初はわからないでニッパーで切ろうとした。それだと、屋根の取り付け部に干渉して着けられなくなる。先頭車のあたまのところのクーラーを、それで失敗してしまった。慌てて取り外そうとして、クーラーと屋根にも傷をつけてしまった。期間工失格だ・・。う~ん、やる気なくした。

Img_5967
ので、フチ子さんを呼んで記念写真を撮ってしまった。
Img_5966
これでFacebookとかにアップロードすると、工場長に呼び出されて、期間工をクビになってしまうかな。社会問題化して、社長が陳謝しないとイケナイかも。
まあ、期間工も工場長も社長も同一人物なので、さわぎにはなりそうにないが・・。

さいきんは工場が弱体化しいていて、簡単なものを作るにも時間がかかって仕方がない。
Img_5971
気を取り直して、一気に完成させる。万歳!
Img_5973
模型にしても地味な車両だが、非常に日本とか、京都っぽさを感じる塗装だ。
関東では江ノ電1000のオリジナル塗装なんかも、センシブルで上品な塗装だ。古都は電車のイメージも変えるのだろうか?
Img_5975
一応、方向幕は急行三条行きになっている。

« 東武東上線 街と駅の1世紀 | トップページ | 横浜線残照 »

京阪」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東武東上線 街と駅の1世紀 | トップページ | 横浜線残照 »