• Scan12652
  • Scan11141
  • Scan10877
  • Scan12591
  • Scan12562
  • Scan12561
  • Scan12649
  • Scan12644
  • Scan12560
  • Scan10441

« 三崎口にて | トップページ | 自動運転 »

2013年10月19日 (土)

銚子電鉄 運行本数を2/3に

日経電子版

銚子電気鉄道(千葉県銚子市)は11月21日から1日当たりの運行本数を現状の3分の2に当たる21便に減らす。(中略)上りダイヤの場合、通勤・通学者に配慮し、午前9時台までの便は現行通り走らせる。ただ、午前10時台の便はゼロとなり、それ以降は1時間あたり1便に減らす。現在は日中でも1時間に2便はある。

 減便に伴って乗客数は10~20%減る見通しだ。一方、配置転換などによって鉄道事業に関係する人件費を年間700万円、電力料金で年間300万円のコスト削減を見込む。

地方私鉄としては抜群に話題作りがうまく、しばしば鉄道誌を賑わしている同鉄道だが、経営は大変だ。横領事件により自治体の支援が止まるというのも、何とも不運な話だ。

しかし、必死の経営努力は一般市民にも広く伝わっているようだ。昨日も知人が、いつも濡れせんべいを買っているよ、などと言っていた。

何とかこの危機を乗り越えて欲しいものだ。

Dsc_4420

’09年9月に訪れたときの時刻表。仲ノ町だったかな。たしかこのときは、撮影のためにひたすら外川まで歩き続けたような記憶がある。

まだ113系が健在の頃で、千葉から延々DT21とクロスシートを堪能して銚子まで行った。

Dsc_4413

この2両は揃っていすみ市ポッポの丘に保存。

Dsc_4449

枕木がほとんど見えないほどの軌道。

Dsc_4476

減便前に、できればいちど訪れたい。

« 三崎口にて | トップページ | 自動運転 »

ローカル私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三崎口にて | トップページ | 自動運転 »