• Scan11125e
  • Scan11125
  • Scan11128
  • Scan11126
  • Scan11123
  • Scan11120
  • Scan11124
  • Img_8173
  • Img_8171
  • Img_8170

« 朝霞駅(複々線化前)の配線について | トップページ | 鉄道模型趣味の旧号を古本購入 »

2013年9月26日 (木)

goo地図

メインブログでも同じネタで書いているが、ここでは鉄道系の話題をもう一度まとめておく。

  • 東上線池袋の、目白寄りには転車台が見える(22年)。機関車もいるみたいだ。どこかで写真は(地平の)見たことがあったが・・。昭和38年にはもうデパートになっている。
  • 池袋電車区は22年、38年とも車両でいっぱいだ。38年頃は101系の時代で、編成は8両だが、1線に2本入れていたのだろうか?奥の方にクモヤ22らしきものがいる。車体長が短い。
  • 他方、後の品川(山手)電車区になるあたりはまだ何もない。品川駅の、京急の脇あたりには電車庫が見える。新幹線はこの付近でも工事中。
  • 新宿駅南口は工事中。38年の写真は、おそらく春から夏にかけての撮影らしく、京王線の地上駅が廃線になっているのが見える。今のデパートの辺りで、盛んに工事をしているが、甲州街道にはまだ線路の痕跡が見える。初台もまだ地平。もちろん幡ヶ谷も。この辺りも鼻血が出そうなシーンだ。
    そう、文化服装学院の、まるい建物も見える。
  • 渋谷からはもちろん、玉電が出ている。驚いたのは東横線渋谷駅がドーム型ではないこと。駅改良工事が完成したのは64年のことだそうだ。ホームは山下書店よりも南側にあり、長い通路が見える。バスターミナル辺りに、都電がたむろしているのは以前別の写真で見たことがある。ちなみに、六本木通りはこの頃まだできていない。地図を重ねると、道路の上に全然知らない街が広がっていて、住宅がたくさん建っている。全部立ち退きになったんだろうな。
  • 昭和22年の写真には焼け跡が目立つ。やはり戦災の影響は大きい。
  • 田端機関区、尾久のあたりには転車台が3つほど見える(38年)。扇形庫もあり、機関車が煙を上げている。東京機関区にはEF58とおぼしき細長い機関車がたくさんいる。

う~ん、寝られなくなりそうだ。

« 朝霞駅(複々線化前)の配線について | トップページ | 鉄道模型趣味の旧号を古本購入 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝霞駅(複々線化前)の配線について | トップページ | 鉄道模型趣味の旧号を古本購入 »