• Imgp0662
  • Imgp0647
  • Imgp0625
  • Imgp0623
  • Imgp0621
  • Imgp0620
  • Imgp0387
  • P7171477
  • P7171475_2
  • P7171469_2

« 今月のピクトリアルは東武東上線特集 | トップページ | アリイのD52(電動プラモデル)を一応作った »

2013年8月30日 (金)

リニア おそい?

リニアの本格試験が始まった。名古屋開通が2027年、大阪開通が2045年を目指すと言うから、実に遠大な計画だ。

先日の日経にこんな記事が出ていた。

米電気自動車メーカーのテスラ・モーターズや、米宇宙ベンチャーのスペースXなどを起業したイーロン・マスク氏は12日、圧縮空気とリニアモーターを活用した最高時速1220キロメートルの新しい交通システム「ハイパー・ループ」を提案した。(中略)「地上15万フィートを飛行しているのと同じ程度」にまで減圧して空気抵抗を減らしたチューブ内に、圧縮空気を噴射するカプセル(28人乗り)を30秒~数分間隔で運行するという。リニアモーターは加速や速度維持に使う。

こういう話は世の中にたくさんある。テスラ氏の構想も完工まで20年かかる想定らしいから、JR東海は間違いなく世界に先んじている。しかし、大阪開通が30年先ともなると、その頃には世界中で色々なシステムの開発が加速して、すっかり陳腐化してしまっているかも知れない・・。どこでもドアとか、できてたりして。

私は偶々ニュースを見た程度の知識しかないから、あまり断定的なことは言えないが、30年も経てば世の中が変わることぐらいはわかる。新幹線も建設中は色々な意見があって、ピラミッド、万里の長城、戦艦大和に次ぐ、ばかげたプロジェクトと言われたことがあった。幸いだったのは、日本全体が成長過程にあったこと、タイムリーに建設が進んだことだ。

戦艦大和というのは、日露戦争の勝利で勘違いした日本海軍が、技術の粋を尽くして作り上げた壮大なモニュメントだ。余りにも壮大すぎて勿体なくて実戦に出せず、最後は無茶苦茶な使い方をされて海に沈めてしまった。日本人は(日本人に限らないが)成功すると周りが見えなくなってしまうときがある。

たとえば、起終点を都心ではなく、空港に隣接させて、航空と融合させる、という使い方もできるのではないか?いや、リニア中央は現行新幹線の代替なのだから、そんな必要はないよ、と言うかも知れないが・・。

« 今月のピクトリアルは東武東上線特集 | トップページ | アリイのD52(電動プラモデル)を一応作った »

JR」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月のピクトリアルは東武東上線特集 | トップページ | アリイのD52(電動プラモデル)を一応作った »