• Imgp0662
  • Imgp0647
  • Imgp0625
  • Imgp0623
  • Imgp0621
  • Imgp0620
  • Imgp0387
  • P7171477
  • P7171475_2
  • P7171469_2

« アリイのD52(電動プラモデル)を買った | トップページ | 埼京線205系を連写? »

2013年8月 6日 (火)

KATO DD13初期型

通販で予約していたのだが、発注手続きが遅くなり、日曜にようやく到着した。
P8060224
写真はマイクロフォーサーズ(E-P3)の標準ズームにマクロコンバータをつけて撮ったが、ちょっとNゲージの撮影には不向きらしく、あまりきれいに撮れなかった・・。
P8060226
首都圏では70年代を通じてごくポピュラーな存在で、初期型も珍しいものではなかった。
写真を撮っていないのが惜しまれる。それこそ、その辺の2トントラックのような存在だったのだ。
P8060228
模型でもごく身近な存在で、数多くの製品が出ていた。16番では天賞堂、マイクロキャスト水野からこの初期型が出ていた。エンドウのDD13は後期型だが、手ごろな価格で作りも良く、よく売れていた。
Nでは伝説的に有名なトミーの初期型、KATOが'77年春に出した後期型が有名。
N,16番共に初期型にはかなりごつい表現となる傾向がある。水野の製品は当時としては珍しいプラ製(今は珍しくも何ともないが)で、かなり彫りの深い表現だった。’77年頃、たしか6千円だったと思う(エンドウのDD13は14千円ぐらいだったか)。

トミー(トミーナインスケール)のDD13は、’75年秋頃の登場で、日本型Nゲージ最初のDLだった(かな?)。2,300円と安かった。イコライザ式の台車が巨大で良く目立った。DD13初期型というと、実物を差し置いてまずトミーのDD13を思い起こしてしまう。
私はたしか2台買ったと思う。最初は'76年早春で、手すりを改造したりしたが、たしか壊した。翌年、茶色のやつをまた買った。これはよく走ったが、その後どうしたのか全然記憶にない。どこかにしまい込んだかな?

KATOの初代DD13は'77年春に突如登場した。入替機にふさわしくKATO式の電磁アーノルトカプラーを備えていた。専用ランプで通電すると、自動開放するというものだった。トミックスのMカプラーは後発で、翌年のEF81が最初。当時としてはスーパーディティールと言ってよい程の繊細な作りで、他の製品とは一線を画していた。私が持っているのは鹿島臨海鉄道仕様だったかな?オレンジの色が国鉄よりもだいぶ渋い色をしている。
P8060234
実物の台車は電車用のような、小さく見えるものだ(詳細なスペックを知らないが)。
トミーのそれは車輪も大きく豪快なもので、いかにも機関車の台車という感じだった。
P8060239
数両の貨車をひかせて楽しみたい。

« アリイのD52(電動プラモデル)を買った | トップページ | 埼京線205系を連写? »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アリイのD52(電動プラモデル)を買った | トップページ | 埼京線205系を連写? »