• Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222
  • Imgp1216
  • Imgp1211
  • Imgp1209
  • Imgp1199
  • Imgp1197
  • Imgp1190
  • Imgp1185

« 西武鉄道とファンド | トップページ | 福知山線脱線事故から8年 »

2013年4月20日 (土)

さいきんのニュースから

年次決算で忙しい日が続き、だいぶ間が開いてしまった。

再開はとりあえず、最近読んだ新聞記事の話題から。

  1. 西武上場問題:ついに「西武鉄道を応援する会」までできてしまったが、なんだかだんだん論点がずれてきているような気がする。サーベラス側は路線廃止、球団売却などを強要するつもりはない、と何度も言っている。どうも西武経営陣側が、世論を自分たちの味方にしようとセンセーショナルに取り上げたっぽい。経営陣側も人騒がせで、あまり感心できない。
     
    たしかに再上場は会社にとっては大きな目標となるものかもしれないが、上場は会社にもそれなりの負担を要求するものだし、中でよく話して意見がまとまってからやってよ、といいたくなる。
     
  2. 羽田-都心-成田の空港アクセス新線:話としては前からあるが、今回はアベノミクスの「戦略特区」の一環として取り上げられている。年金資金や生命保険の投資マネーを活用する、というのが新しいらしい。
      
     記事では、羽田-新東京(丸の内仲通の地下40mに建設)を18分で結ぶ、とあるが、これは本当か?空港-品川まででも10数分かかるのに、泉岳寺から新線を160km/hで飛ばす?
     
  3. 都営地下鉄の24時間運行化:これも「特区」がらみ。香港から来た人から「東京は夜が早い。不便」とよく言われるので、では向こうは24時間運行か、と思ったら、そんなことはないようだ。ただ、向こうは夜中に出歩いている人がやたらと多い。NYの24時間運行は有名だが。終日運行すると、保守がしにくいようだ。
     
     先週まで、何度も終電で帰ったが、夜遅くなると本数が減るのでラッシュ時並みの混雑になるし、しかも酔っ払いが多いから車内でバタバタ倒れる。実務的には、終電時間は据え置いて、11時以降でも5分間隔ぐらいで運行してくれた方が助かる。
     
     それはともかく、この話にはちょっと引っかかるものがある。24時間運行すれば、車両の運行だけではなく、駅、ホームなどでも、電力消費量が増える。今でも各鉄道会社は、車内の蛍光灯を減らし(明るさが均一でなくて、本が読みにくくて不便!)、列車を減便して「節電」しているというか、させられているのに、これは矛盾してないか?深夜電力は安くて余っていると言われるかもしれないが、以前は夜中に原子力発電の電力を供給して、安くしていたのだ。鉄道会社への節電強要については、未だになにか裏があるのではないかという、疑問を感じている。
     
  4. 村上春樹の新作:ニュースではないが、先週12日に発売になった、村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」、の主人公は、東京西部に路線網を持つ、新宿に本社のある鉄道会社で、駅の設計をしている人、らしい。まだ最初の何ページかしか読んでいないけど。OいOO電鉄ですかね。

« 西武鉄道とファンド | トップページ | 福知山線脱線事故から8年 »

ニュース」カテゴリの記事

都市鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武鉄道とファンド | トップページ | 福知山線脱線事故から8年 »