• Imgp1234
  • Imgp1229
  • Imgp1222
  • Imgp1216
  • Imgp1211
  • Imgp1209
  • Imgp1199
  • Imgp1197
  • Imgp1190
  • Imgp1185

« 寄居1984 | トップページ | 西武E52 »

2013年4月30日 (火)

原鉄道模型博物館に行った

去年の夏に開館し、いずれ行ってみようと思っていた原鉄道模型博物館に行ってみた。
原信太郎氏のコレクションのことは、ずっと前、小学生の時、「とれいん75年8月号」で知ったのが最初だ。「リベットのある電車たち」というタイトルで、戦前の関東、関西私鉄の名車たち-東武デハ7、参急2200,名鉄850、阪急900、新京阪100、阪和100、阪神850などが取り上げられていた。ちょうど、5月に「私鉄電車プロファイル」を買ってもらい、これらの電車のことを知った直後だったので、とても興味をひかれた。塗装も独自のもの-コクのあるマルーンに、窓周りをイエローオーカーで化粧したもの-で、下回りもグレーではなくブラウン系だった。それは、実物の形を借りた一種の工芸品のように思えた。

これらの車両たちの実物を、今回は見ることができた。このほか、コレクションは明治初期の1号蒸機からC62に至までの蒸機、戦前を中心とした電機、欧米の蒸機、電機が中心。欧州型は60年代のE03辺りまでで、それほど新しいものはない。日本型はもっと古く、たぶんEF58もなかったと思う。

子供の頃の、とくに初期の「とれいん」や、「鐵道ファン」などに掲載されている、当時年配の人たちが寄稿した記事が結構好きだった。それはちょうど原氏のコレクションのターゲットと一致する。おそらく、原氏と同世代の人たちは、こうした鉄道を見てきたのだろう。

なので、私は堪能したが、ふつうの人が見たら、なんだかよく知らないでんしゃがならんでいるなあ、という程度の感想しか持たないかもしれない。ここは鉄道博物館とも、私鉄の博物館とも違う。あくまでも個人の趣味で集めたコレクションを見るところなのだ。

いつもみている、カメラ系のブログの方もオープン直後に見に行ったと記事を書いていたが、かなり辛口の書き方をしていた。博物館としては一般向けにもアピールしたいところだろうが、どうしてもそう見られてしまうところはあるかもしれない。
撮影禁止である事も指摘していたが、期間を限って撮影を許可しているようだ。また、行ってみて思ったのだが、ふだん撮影を許可しないのは警備上の問題(カメラマンが夢中になって、いろんなことをしてしまうことをチェックできない)もあるのかもしれない。

まあとにかく、私はとても堪能した。

世界最大級という、1番ゲージレイアウト(30m x 10mあるそうだ)は一体いくらかかっているのだろう。架線集電のクロコダイルが、パンタを上下させながら走る姿も堪能した。ホームには東武デハ10や、ワラ1などもとまっている。もうずいぶん前から、日本の鉄道模型は「鎖国」してしまっているが、こういう組み合わせもいいものだ。
P4290639

« 寄居1984 | トップページ | 西武E52 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄居1984 | トップページ | 西武E52 »