• Imgp0662
  • Imgp0647
  • Imgp0625
  • Imgp0623
  • Imgp0621
  • Imgp0620
  • Imgp0387
  • P7171477
  • P7171475_2
  • P7171469_2

« 九段下 | トップページ | 記念切符 3社揃い »

2013年3月21日 (木)

C57 180の「踏切障害」

C57 180に古いGM、中村精密の客車を連結して、運転していた。すこし離席して下の部屋にいるうちに、運転のことをすっかり忘れてしまった。戻ってきたら、機関車は止まっている。見ると、トラクションタイヤが外れてしまっていた。

P3190456_2

第3動輪にトラクションタイヤが引っかかっているのがわかる。

P3190458_2

写真が不鮮明だが、踏切の遮断棒になにやら輪ゴムのようなものが引っかかっている。これが公式側のトラクションタイヤ。こちらは切れてしまっていた。

P3190464_2

原因はどうやら、機関車が踏切の遮断棒にぶつかり、前進することを妨げたためらしい。カーブ(C280)の内側なので、やや線路から離して設置したつもりだが、知らぬ間に遮断棒が線路側に移動してしまったようだ。

遮断棒は実物なら自動車がぶつかっても折れてしまうものだが、模型だと150倍換算で直径20センチ以上あるので、機関車も止めてしまった。

ちなみに踏切待ちしているR32スカイラインGT-Rは、缶コーヒーのおまけ。数百円で買う市販品に比べても、遜色がない。

Img_0721_2

交換にはこのサイドロッドを外さないとならない。確認したが、ロッドピンは比較的簡単に外せるようだ。

Img_0724_2

手前がトラクションタイヤの外れた公式側第3動輪。

Img_0726_2

と、いうわけで、明日交換部品を買ってこよう。

P3150337

前にも書いたことがあるが、うちでは車令30年を過ぎた車両は、同型車を代替新造して置き換えを計っている。これまでにEF65, D51,113系、客車も20系などを更新した。ただ、こうした一般型客車は更新が進んでいない。このスハフ42などは、KATOの製品と混用できるくらいだ。

P3150346

このマニ35などは代替の完成品がないが、車体の状態は良い。

ただ、これは中村精密のTR23をはいている。これがくせ者で、この台車、というよりこの台車についている車輪はフランジ、タイヤ厚が薄く、ルックスは良いのだが脱線しやすい。

P3150372

ので、車輪を一般のものと交換した。全輪ではなく、片側だけでも効果がある。写真のスハフ32は、金属の車輪が手元になくて、とりあえず鉄コレの車輪を使っている。

« 九段下 | トップページ | 記念切符 3社揃い »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九段下 | トップページ | 記念切符 3社揃い »