• Scan14677
  • Scan15334
  • Scan15333
  • P9241561
  • Scan12683
  • Imgp0894
  • Imgp0892
  • Imgp5935
  • Imgp5909
  • Imgp5906

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

西武 保谷のイベントに行ってみた

旧保谷車両基地で開かれたイベントに行ってみた。保谷のイベントは今年5月に、EL修復記念として開かれたが、このときはいけなかった。P1060755

西武の広報から抜粋すると;

西武鉄道100 年アニバーサリーイベントin 保谷
~SL5 号蒸気機関車修復完成記念披露会~
 このイベントは、当社の前身である武蔵野鉄道の会社設立以来、今年で100 周年を迎えたことを記念して開催するものです。普段見ることのできない当社の施設や車両などを一般公開し、地域住民および当社をご利用のお客さまに「親子で楽しめる」イベントとして実施することで、思い出づくりの場を提供するとともに、当社の歴史や鉄道に親しんでいただくために行うものです。
 今回は、旧保谷車両基地で長年保存してきたSL5 号蒸気機関車の静態保存修復が完成したため、展示します。その他、お客さま参加型「100 年アニバーサリー」ロゴフラッグの制作、日ごろ活躍している電車・保守用車の展示、ミニSL の運転、鉄道グッズの販売などを行います。

修復された機関車については;

イギリス、ナスミス・ウィルソン製。現存するイギリス製の同型機関車は国内
に3 両しかないことなど、極めて貴重な車両。1896 年製造。鉄道省(旧日本国有鉄道)および西武鉄道の前身である川越鉄道にて活躍した。

とあるが、ちょっとおざなりな書き方だ。SL5号蒸気機関車(SLを形式名と勘違いする人、いるかも?)という書き方も引っかかる。
5号機は国鉄600型に相当する。600型はA8と呼ばれたクラス(wikiでは400型と併せて紹介されている)で、これによると仲間は全国の国私鉄で使われており、かなり普及した機関車らしい。B6を一回り小さくしたようなスタイルだが、B6がC1なのに対し、A8とその仲間達は1B1である。400型も川越鉄道で使用されていたそうで、これは横瀬に保存されている由。
P1060770
最後は多摩川線で使用されていたそうで、その頃の姿への復元だろうか?連結器は自連である。
P1060765
機番はペンキ書きか?
P1060772
後ろ姿を見ると、L5と書かれている。
運転室も見られたようだが、そこまではしなかった。
P1060760
E12。弘南鉄道E333と同型とのこと。小さい。
P1060780
ミニSL。直線を往復するだけだが、乗車待ちの人がかなりいた。
P1060782
立派なスノウプラウをつけた国鉄C56風で、番号はC21001とある。なぜかベルペア火室になっている。軌間は127mmか?
P1060791
限定即売の401系は完売(訪れたのは午後1時過ぎ)。もともと買うつもりはなかったけど。この種のオリジナル鉄コレは最近とみに盛んで、東武も2000系を南栗橋のイベントで出すらしい。そういう限定ものはどうも好きではないのだが、さいきんはGMのキットも入手難だし、京阪80とか、自作が難しいものもしらっと売られていたりすると、やはり欲しいと思ったりする。良い時代になったのか、煩悩が増えて悩ましい時代になったのか、よくわからない。
P1060793
4000系とか、999塗りの3000系も留置されているが、光線状態が悪いようだ。保谷を訪れたのはずいぶん久しぶりで、施設がなくなっていたことに驚いた。

2012年11月24日 (土)

付随車の「走行音」

ずっと気になっていることがある。
JRE231,233系辺りが顕著なのだが、発車すると同時にツリカケ式モーターのような、低い音が聞こえてくる。やがて、「フォーッ」という、結構な音量のノイズになっていく。

ツリカケ式車両の音を知っている人は、なんか似てるな、と感じられるだろうが、他方それがツリカケ車の音とは異なる事にもやがて気がついていくだろう。加速が良いからツリカケ車のようにもたもたしていないのである。路面電車なら加速が良いから、より似ているかもしれない。
どちらにしても、速度が乗ってくると似た音とは言えなくなる。何となく(古いたとえだが)スター・ウォーズの交戦シーンで、帝国側の戦闘機(初回、今で言うエピソード4で、ダース・ベイダーが自ら操縦していた、6角形のソーラーパネルがついているやつ)の効果音みたいな音を思い出す。

とにかく、この音はモーター音でもインバータ制御装置の音でもない。何の音なのか、素人の私にはわからない。

不思議なのは、E231,233だけではなく、たとえばメトロ05とか、少し前の車両からも聞こえたりする事だ(起動時の音は聞こえず、途中からの「フォーッ」という音だけ聞こえる)。
あの音は何なのだろう?

You Tubeでざっと探してみたが、インバータ音、モーター音が好きな人はずいぶんいるようだ(私も昔、103系のMT54や、201系のMT60の音とかは録音したけど)。ただ、付随車の音を録音したものは見つけられなかった。

2012年11月17日 (土)

トミックスのヨ6000

Img_0690
ヨ6000はKATOの製品がなじみ深い。もうずっと前から500円で売られていて、作りも悪くない。1両持っているが、片側をマグネ・マティックカプラーに換装し、実家のレイアウトでセメントタンカーと編成して使っていた(レイアウトと共に現存はするが、もう10年近く動かしてはいない)。
もう一台欲しいと思って通販サイトを見ていたが、長いこと品切れだった。ヨ5000でもいいのだが、側窓4枚でまた雰囲気が違う。
再生産を待っていたが、トミックスから製品が出たので、結局これを買ってしまった。といっても、買おうと思ってからかれこれ1年近く行動を起こしていなかったのだが・・。

KATO製品より一回り小さいことは有名な話だが、手元に比較対象がないので、大きさの感覚はよくわからない。下回りの集電パーツはよく目立つ。

車両ケースを見ていたら、英語表記でJ.N.R. Guard's Van Type YO6000とある。車掌車の英語はCabooseかと思っていたが、これは米語らしい。形式名がYOというのはなんだか変だ。この英語表記はなんでしているのかというと、輸出用なのかな。輸入模型だと、品番しか書いてないけど。

貨物列車の末尾には車掌車がないとどうも落ち着かない世代だ。手持ちのヨ、ワフはワフ29500、35000、28000(たしか3両有った気がする)、ヨ6000、8000と、コキフ、トムフ各1両になった。

2012年11月12日 (月)

京王 1979年

Scan10103
 79年1月の、まだ松の内も明けたばかりの頃だったと思う。
ここは先日地下化された調布(だと思う。ブログに書くとなると微妙に自信がない。でも、右奥に「調布駅北口通路」と書いてあるようなので、間違いないとは思う)。

 

前パンの6455を先頭にした特急京王八王子行きが停車中。背後に5000系が控えているが、番号まではわからない。

 これだけ見ていると、そんなに大昔という感じもしないんだけどねえ。

2012年11月10日 (土)

蓄電池電車

いつもだと日経新聞の自動記事収集(キーワード「鉄道」)でこういうニュースは拾えるのだが、今回は引っかからなかったな。
形式はEV-E301系と言うそうだ。
1352272325
烏山線に投入されるという。
電化区間はパンタグラフから集電しながら、搭載されたリチウムイオン電池に充電。非電化区間では充電池の電力で走行し、烏山駅に設けられた地上設備で充電するそうだ。
烏山線は電化区間と非電化区間を直通し、非電化区間の長さも適切ということで、白羽の矢が立ったようだ。
このスタイルがどの程度普及するのかわからないが、内燃機関を直接動力にする方式は、だんだんなくなってくるのだろうな。現在電化されている区間でも、地上設備を一部撤去するという動きも出てくるかもしれない。

2012年11月 3日 (土)

KATO C56小海線 を、結局購入

結局、1日に購入した。今は忙しくて、模型店の閉店間際に駆け込んだ。
Img_4353
既に多くの方が書いておられるように、Nゲージとは思えない精密さだ。こんなに小さいボディなのに、モーターが目立たずキャブがすっきりしている。バックプレートもついている。信じられない。
Img_4360
細かすぎて、他の手持ち車両とバランスが取れないかもしれない。
Img_4354
C56が2両になってしまった。好きは好きだが、そんなにまでこだわっている機種でもないのだが、つい買ってしまった。元々安いが、ポイント消化で現金支出はわずか。
・・C12は出ないかな。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »