• Scan11082
  • Imgp4792
  • Imgp4791
  • Imgp4787
  • P1190469
  • P1190467
  • P1190453
  • P1190443
  • P1190406
  • P1190395_2

« トレインフェスティバル2012に行ってみた(ら、もう終わっていた。以下脱線しまくり)。 | トップページ | 池袋駅 赤羽線と東上線 »

2012年10月 6日 (土)

事故抑止と踏切

人と自転車専用の細い踏切を渡って、繁華街のある通りに出た。用件を済ませ、そこから駅を通り越して、先ほどとは駅を挟んで反対側の、別の踏切を渡ろうとした。警報器が鳴り、人、車、自転車がわりと多めに止まっている。しばらく待ったが、列車がやってこない。

そのうち、自転車やバイクの人が、道を引き返し始めた。私は1分ぐらい待ったが、これはおかしいと思い、ツイッターで運行情報を調べる。案の定、15分ほど前に近くで人身事故があったらしく、抑止になっている。ホームには車両が止まっていて、これから発車するところだったようだ。発車寸前になって抑止になったのだろう。

すぐに判断して、元来た踏切に戻った。こちらは開きっぱなしだ。

踏切が開くのを待っていた歩行者や車の人たちは、あれから何分間待たされていたのだろうか?

見切りをつけられればいいが、異常を知らせるシステムが全くないのは不親切だし、それ以前に明らかに列車が通過しないのなら、いったん踏切を開けるようなシステムにすべきだろう。安全に関わる問題だから、保守的な設定になっているのはわかるが、踏切関係のシステム(ソフト面)は、少なくともこの14,5年変わっていないんじゃないかなあ。
Dscn2412

« トレインフェスティバル2012に行ってみた(ら、もう終わっていた。以下脱線しまくり)。 | トップページ | 池袋駅 赤羽線と東上線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トレインフェスティバル2012に行ってみた(ら、もう終わっていた。以下脱線しまくり)。 | トップページ | 池袋駅 赤羽線と東上線 »