• Imgp0034
  • P6241264
  • Scan12652
  • Scan11141
  • Scan10877
  • Scan12591
  • Scan12562
  • Scan12561
  • Scan12649
  • Scan12644

« 電気に不自由する時代 | トップページ | 京急旧1000型 最後の頃 »

2012年9月 9日 (日)

京急蒲田他

来月完全高架化され、踏切が解消する、とテレビのニュースでやっていた。ので、やけに腰が軽いがちょっと様子を見に行ってみた。
Img_0447
1階ホーム。地下道は今迷路のようになっているが、工事完了後はすっきりすのだろう。
Img_0450
空港線分岐部分の急カーブ。急曲線自体は高架になっても変わらない。
P1060086
横浜方から駅を望む。
Img_0461
横浜寄りの下り本線
P1060081
横浜方の踏切。
Img_0478
こちらは品川寄りの踏切。
P1060089
空港線踏切。
P1060106
模型的な急カーブがやはり気になる。
P1060110
近くに歩道橋があるが、これは昔からあって、踏切を俯瞰する写真はよく見かけると思う。ただ、歩道橋は線路からだいぶ離れたところに掛け替えられたようだ。
Scan14634
'83年4月。この頃はただのローカル支線で、車両も吊掛式の460型などが使われていた。
車や人々の服装に時代を感じる。
Scan14635
出かけたら冷たい雨が降ってきて、これだけ撮って退散したような記憶がある。
P1060130
こういう風景は本当に模型的だ。
P1060135
ステンレス1000はずいぶん目立つようになった。他社よりはコストはかかっているとは思うが、外野のファンとしては京急は塗りを貫いて欲しい気もする・・。
P1060159
空港アクセス鉄道はさらに発展しそうだ。よく宣伝もしている。しかし、昨年香港に出張したとき、往復羽田経由で京急を使ったが、行きは通勤ラッシュでもみくた、車両に工夫なし。空港線内各停がもどかしい。帰りは品川駅の階段上り下りに難儀と、ちょっと期待はずれの感じもした。空港駅のアクセスや設備だけはやけにいいのだが。

香港の空港鉄道がやたらと良いので(現地では高いと不評だったらしいが)、ちょっと格差を感じてしまう。

P1060162
工事完了まであと1ヶ月。
P1060177
帰り道、立会川で降りて走行写真を撮影した。もう日が短いので、長くは撮影できない。
P1060191
実務で京急を使うのは前述の空港利用ぐらいで、普段はほとんど使わない鉄道だが、この鉄道は首都圏にあるのになんでこんなに他社と感覚が違うのだろう?都心から(整理券、特急券なしに)2扉クロスシートの車に乗れるなんて、まるで関西私鉄気分だ。
そのうち書こうと思うが、日本の私鉄はどこも不思議と付和雷同してしまう傾向があるがここは本当に変わっている。ただ、その個性も、すこしずつ薄らいでいくのだろうか?

P1060205
だるまは登場の時から知っているが、当時はものすごく斬新に感じられた。今は昔からの電車らしさを随所に残して、とても魅力的な存在になっていると思う。
P1060221
後ろに2000がつながっている。やはり京急は今日だけじゃ撮り足りないな。
P1060253
暗くなり、連写速度も落ちてしまったのでこれで退散。

« 電気に不自由する時代 | トップページ | 京急旧1000型 最後の頃 »

京浜急行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電気に不自由する時代 | トップページ | 京急旧1000型 最後の頃 »