• Imgp5808
  • Imgp5786
  • Imgp5784
  • Imgp5775
  • Imgp5769
  • Imgp5759
  • Imgp5738
  • Imgp5736
  • Imgp5700
  • Imgp5693

« 事故遅延 | トップページ | 鉄道の消費電力2割削減 »

2012年7月29日 (日)

KATO 営団地下鉄 丸ノ内線 500・300形

予約していた営団500、300が到着。土曜日に注文すると、翌日受け取れるのでテンポが良い。
Img_0210
 左が先頭に立つ664。右は中間の663。中間車は貫通ドアに車番がない。
基本的に号車番号やシルバーシート標識を含め、レタリングは済み(番号の書体はこんなだったっけ?)。方向幕は青地の池袋行きになっており、荻窪行きに変更可能。

 編成は荻窪寄りから706+314+663+706(M)+308+664となっている。偶々私鉄電車編成表94年版があったので、調べてみたがこの編成丸ごといないので、この時点で廃車になっているようだ。705と664は’93.6.10付けで廃車になっている。この編成はおそらくフリーではないかと思う。(ブエノス・アイレスには行っていないようだ)。

Img_0198
*今回からデジカメを替えた(Power Shot SX150IS)が、このカメラ、予想以上に暗所に弱いようで、ちょっとざらざらした写真になってしまった。いずれまた撮り直そう。
Img_0196
KATOの解説では昭和60年代の姿を再現ということで、先頭に立つ705,664はHゴム改造後、中間の663,706は未改造で幌取り付け、300も幌がついている。また客ドアは全て小窓、Hゴムのものである。客窓は500については全てアルミサッシ、300は車体同色(やや色が薄い)。

  300は昭和57年から中間車に更新されたものがある。戸袋窓を埋め込み、運転台撤去と座席の延長をしたもので、900型のような完全な中間車となっていた。全車改造はされていなかったようだが、戸袋窓の埋め込みは全てに及んだような記憶がある。この模型のように、原型に近い状態の300が昭和60年頃にいたのかどうか、ちょっとわからない。

 なお、KATOの特徴説明の中で、「前面行先表示両横の標識灯は、300形があり、500形がなしのスタイルを作り分け」とある(標識灯=ルートサイン)が、もともと300は全車ルートサインあり、500は645以降がルートサインなしとなっている。作り分けないとすれば、644までの車両をプロトタイプにすべきだが、今回の4両の500型を作り分けているわけではない。
Img_0214
左が664,右は308。300は屋根のRが強く角張っている。通風器もモニタ屋根状。

なにげなくM車を箱から取りだそうとしたら、白帯の部分がはがれてしまって焦った。白帯とサインカーブの部分は別パーツになっているのだ。よく見るとほかの車両でも、多少浮いているものがあったので押さえて直した。

理由はわからないが本製品は床がだいぶ高いようで、室内のシート表現がほとんどない。
そういえば、運転台脇のアンテナ?がないが、あれはいつ頃ついたものだったかな・・。
Img_0202

塗装仕上げはとても美しい。

ともかく、いつかは欲しかった車両だ。サインカーブやルーバーなど、自作するのはかなりハードルが高く、製品化は嬉しい。

« 事故遅延 | トップページ | 鉄道の消費電力2割削減 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事故遅延 | トップページ | 鉄道の消費電力2割削減 »