• P7171477
  • P7171475_2
  • P7171469_2
  • P7171468_2
  • P7171467
  • Imgp0288
  • Imgp0282
  • Imgp0275
  • Imgp0273
  • Imgp0271

« 工具を買う | トップページ | KATO 111系 »

2012年6月25日 (月)

箱根登山鉄道

大平台の駅を降りたときから、なんとなくいやな予感がしていた。

駅構内の踏切には警備員らしき人が立っていた。とりあえずやり過ごして、細い道を歩いて行くと、別の警報器のない踏切があり、そこに二人、脚立に乗った方々(いわゆる同業者さん)がキヤノンの中級機らしきカメラを構えている。踏切の手前側では植え込みに遮られてどうにもならない。

あきらめて、その先に見えた警報器つきの踏切に行ってみる。ここにはペンタックスらしき白い一眼レフを持った若い女性と、よくわからないがその人にあれこれ話をしている中年の男性がいて、これまたそれらしき場所を陣取っている。そうこうするうちに電車が来てしまったので、とりあえず撮影しようとしたが、まともな構図が取れない。

何か別の場所はないかと、道を下ってみるが、線路にはたどり着きそうにない。その辺のあじさいを撮影したりして、元の道を戻ると、先ほどの男女が軽自動車で山を登っている。ほかに場所はないかと、細い道を上っていくと、カーブの途中に踏切があり、その先に駅にいた警備員が立っていた。

「あなた、さっき踏切から身を乗り出して撮影していたでしょう?」という。
いえいえ、私は先客がいたので、あぶれてしまい、写真は撮れなかったんですよ、というが、余り納得していない様子だ。先のキヤノン組か、ペンタ組が何かしたのかもしれない・・。キヤノン組さんたちは、まだ同じ場所にいて、警備員は列車が通るときに「気をつけてください!」と笛のようなものを鳴らして警告していた。
P1020604
この写真を撮った後、警備員にどうもご迷惑様です、と言ってその場を離れた。
誰が何をしたのかわからないが、連帯責任みたいなものは感じる・・。

都会の鉄道と違い、柵などで線路を囲うことはあまりしていてないし、カーブと勾配が続いて見通しがきかないので、運転士は相当に神経を使うことだろう。警備員がいると言うことは、社内でもそれなりに問題視されているということだ。まして今日は平日である。

もっとも、平日だから人も少ないだろうと思ったのは間違いで、行き帰りの列車はどちらもかなりの人出だった。日曜は一体どうなっていたのだろう。
P1020615
戻って、駅構内で少し撮影したが、何となく調子が狂ってしまい、手ぶれとピンぼけを繰り返してしまった。
P1020616

そもそも、出かける途中で、予備電池を忘れてきたことに気がついた辺りから調子が狂い始めていた。相変わらずLumix G3で撮っているが、現場に立つ と設定がわからなくなっていつも失敗している。それとつまらないことだが、レフ機の人たちを前にするとなんか気後れがするcoldsweats01。G3はニコン代替までのつなぎのつもりだったが、これがいつになることか・・。
もう一度D70sを再登板させてみようか。RAWで撮れば画質もそれほど悪くないし、C-AFはこちらの方が上だ。

P1020621_2


雨上がりであじさいの撮影には悪くない条件だったが、ちょっと肌寒かったな。
先週は携帯が壊れたり、歯痛とか、いろいろなことが重なり、元直しのつもりだったが、もうすこしおとなしくしていた方が良かったようだ。知人曰く、バイオリズム低下の時はおとなしくしていましょう。
P1020676_2  
補正してしまったが、本当は露出に失敗している。
話は飛ぶが、小田急も小田原まで乗ったのは何年ぶりだろう?箱根登山に至っては、数十年ぶりのはずだ。
P1020690
ただ、特急とかには結構乗っていて、EXEも4月に江ノ島から乗っている。行きはメトロはこね(町田から乗車)で、60000系は初めてだったので、ちょっと嬉しかったhappy01

う~ん、また仕切り直して行くかな?

« 工具を買う | トップページ | KATO 111系 »

ローカル私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工具を買う | トップページ | KATO 111系 »