• Imgp2111
  • Imgp2110
  • Imgp2109
  • Imgp2108
  • Imgp2106
  • Imgp2105
  • Imgp2104
  • Imgp2103
  • Imgp2101
  • Imgp2100

« 西武新宿線 減便 | トップページ | 6扉車 »

2012年6月 2日 (土)

鉄コレのモハ52

この記事もニュース性という意味では賞味期限がとっくに切れているはずだ。このタイトルで検索すれば、3月下旬ぐらいの日付でたくさん記事が出てくると思う。

実は、1月中旬に発売予定を聞いて、ネットで予約を入れた、つもりだったのだが全然入荷のお知らせが来ず、4月になってカートを確認したら予約ができていなかった。慌てて注文して、4月上旬には入手したのだが・・。箱を開け、注文しそびれたパンタを店で買った後、またしまい込んで何もせず、2ヶ月近くほったらかしていた・・・。

先日、小湊鐵道キハ200を買った(こちらの話はメインブログに書いた)。それでようやく重い腰を上げて、動力一式を組み込んだ。
P5314588
鉄コレは初期のシークレット方式で売ってたやつを、2,3度買ったことがある。こういうテーマ品は実は初めてだ。何となく敬遠していたのは、なんだか射幸心をあおるというか、次から次へと際限なく買ってしまいそうな気がして、目に毒、という感じがしたから。
安いからつい買ってしまいがちだが、さいきんは自分のこともよくわかっていて、あえて見えないふりをする。それでも引っかかるときは引っかかるようだ。
P6014594
この種の分野は以前ならGMのキットの縄張りだった。実際広窓の方はキットが有るが、たぶん素人が素組みしてもこのレベルまで作ることは難しいのではないかと思う。こちらは室内も一応できているし、運転台機器のようなものもある。ただ、なんだか今まで苦労してキットを組んできたのに、こうあっさりときれいな完成品を出されると、ちょっとひねくれた感情を持ちたくなったりするのである。年はとりたくないものだ?

実はこの狹窓モハ52を、中学1年の時にNで自作しようとしたことがある。図面は図書館で借りた機芸社の日本の車両スタイルブックを参考にした。厚手で平滑な画用紙と、屋根はバルサを整形して作った。パテとサーフェサーで表面を仕上げ、下塗りに白の豆ラッカーを塗ってさらに平滑にした。そこまではかなりうまくできた(と思った記憶がある)。細い窓枠を作る技術がなくて、その辺で制作が止まってしまった。後で簡単な下回りを作って、セミフリーみたいにして遊んだ記憶はあるが、結局完成はしなかった。
P6014598
もちろん値段を考えるとかなり良くできているが、購入後箱から出して、それきりにしていたのは、全体の印象がもう一歩だった、という事も影響しているとは思う。狭窓車は窓の表現が大事だが、窓周りがもう少しすっきりとして、屋根のグロベンももうちょっとすっきりしていた方が良かったとも思う。
とはいえ、走らせてしまえばかなり見栄えがするし、気楽に楽しめるという視点でみれば十分合格点を与えられる。

« 西武新宿線 減便 | トップページ | 6扉車 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武新宿線 減便 | トップページ | 6扉車 »