• Imgp9383
  • Imgp9381
  • Imgp9379
  • Imgp9377
  • Imgp9375
  • P1110455
  • Img
  • Pb291663
  • Pb291662
  • Imgp2932

« 池袋東武にあった大型レイアウト | トップページ | トミーのCタイプディーゼル改凸電 »

2012年3月24日 (土)

103系の記事

鉄道ジャーナルの’12年5月号に、103系に関する記事が出ている。

記事の筆者は言う。103系は山手線など駅間距離の短い路線に向けて作られた特定用途向けの車両だったが、その後量産されて本来の目的以外の路線にも用いられるようになった、と言うのが定説だが、当時の設計者は汎用的な高性能通勤車を意図して造ったものである。
以下、115系などと比較して、高速性能こそ劣るが、トータルでの所要時分は遜色が無く、経済性にも優れる、としている。

かなり面白い説だ。工学院大学の曽根悟氏は、鉄道ピクトリアルの103系特集(何回かあったので、いつのときだったか。たしか’95年4月頃の特集だった気がするが・・)で、この電車がなぜ汎用的に使われ量産されるようになったのか、当時の事情を知っている人がいたら教えて欲しい、と言っていた。たしかに、全く不向きな車両を、財政面や組合問題など諸事情があったとは言え、3,000両も作っていたとすれば不思議であり、何か裏事情があったのではないかという勘ぐりもしたくなるだろう。

しかし、当時の大量増備が状況に照らして本当に不合理だったかどうか、明快な答えを導き出すのはなかなか難しいことだろうし、量産されていた時点によっても答えは変わってくるだろう。一定の時点までは同一性能の車両をそろえることに合理性があるが、度を超すとデメリットの方が目立つようになった、という事もあろうかと思う。

大量増備は今日のE231系でまた再現されている。この状態が20年後にどう評価されているか。

Scan15321

1979年5月頃。74年から先頭車をATC搭載の高運転台型に置き換え、この年に完了した。すごくいい加減な書き方で恐縮だが(うろ覚えだけで書いているcoldsweats01)、最後に残ったのはクハ103-9,10、 19,20、 103,104、 177,178 当たりでは無かったかと思う。このうち、177,178は冷房試作車だった。

« 池袋東武にあった大型レイアウト | トップページ | トミーのCタイプディーゼル改凸電 »

国電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池袋東武にあった大型レイアウト | トップページ | トミーのCタイプディーゼル改凸電 »