• Imgp9383
  • Imgp9381
  • Imgp9379
  • Imgp9377
  • Imgp9375
  • P1110455
  • Img
  • Pb291663
  • Pb291662
  • Imgp2932

« 北京―上海の中国版新幹線、6月末開通 時速300キロ | トップページ | 東京メトロのギクシャク運転 »

2011年6月26日 (日)

京王帝都時代

ちょうど30年前の写真。京王沿線には親戚や知人がわりといるのだが、沿線に写真を撮りに行くというのはほとんどしたことがなくて、何かのついでに撮ったものばかり。
6001f
6000系の第一編成。世田谷線を訪ねに行った帰りだと思う。
親戚は初台や幡ヶ谷にいたので、6000系の存在は全然知らなくて(各停はグリーンカーで、特急は白い電車=5000系という意識しかなかった)、初めて知ったのは登場から2年後、多摩動物公園に親戚と行ったときだった。横長につながった(様に見えた)方向幕、左右で大きさの違う前面窓は、東武8000系しか知らなかった子供にはものすごくモダンに見えて衝撃的だった。家に帰ってから画用紙で6000系もどきの模型(といえるほどではない。窓やドアの絵を描いて四角い箱を作っただけ)を作ったほどだ。帯の色は濃いグリーンだった。
同じ日に高幡不動だと思うが、無蓋貨電(デト210)を見た。貨車なのにパンタがあるのは新鮮を通り越して理解不能状態に陥ったのも覚えている。
2000
2000系。子供の頃親戚の家に行く時に乗ったのがこれで、となりにいたスマートな5000系がうらやましかった。時代が下ると5000系も各停に入るようになって、そのときはうれしいと言うより妙な違和感を感じたのを覚えている。
こちらは7月。このあとうまれてはじめての合コンに行ったんじゃなかったかな・・。
そういえば5000系の写真もどこかにあったはずだけどな。整理が悪くて。

« 北京―上海の中国版新幹線、6月末開通 時速300キロ | トップページ | 東京メトロのギクシャク運転 »

京王」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132039/52046718

この記事へのトラックバック一覧です: 京王帝都時代:

« 北京―上海の中国版新幹線、6月末開通 時速300キロ | トップページ | 東京メトロのギクシャク運転 »