2019年10月 3日 (木)

S-Train

Imgp7469

なんと、帰宅時の事故抑止は3週連続となってしまいました。。

さすがに3週連続はきついわ。

幸いオフィスにいるときに情報が入っていたので、今回は斜め横を行ってストレスを避けようと、西武線の振り替え輸送を利用させていただきました。

まだ乗ったことのなかった、S-trainに今回初挑戦してみました。列車の出る5分ほど前に、駅事務室で指定券を取りました。そのときは焦ってホームに入ったのですが、実はもう遅延が始まっていて、最初から10分ほどの遅れ。その後も地下線内はずっとスローペースで、所沢着いたのはほとんど1時間遅れになっていました。

とはいえ、指定席なので(乗車率は飯田橋で7割ぐらいかな)、お茶でも飲みながら本や動画を見て、ゆっくり時間をつぶしました。

Imgp7464

時代が新しい分東武50090よりは快適ですね。。

 

2019年9月30日 (月)

近鉄30000系

Imgp8986

近鉄30000系は昭和53年(1978年)に、その年から始まっていた2代目ビスタカー10100系の跡を継ぐ形で登場、翌年には10100系を置き換えた。京都線や志摩線などの改良工事により、70年代前半は主要路線で特急網の整備が進み、利便性は高まったが増強されたスナックカー以降の車両は実用的な色彩が強くなり、特急の華やかさという点では物足りなさが感じられた。もっともこの時期は国私鉄とも似たような傾向にあり、いずれも特急のカジュアル化と輸送力の強化を主眼にした経営姿勢が目立っていた。国鉄では485系の全国展開と、近距離特急としての183系の導入、私鉄では西武5000系、特急ではないが東武1800など。小田急は通勤輸送に手いっぱいで特急車は70年代には新製されなかった。

73年秋に始まった第四次中東戦争とその後に引き起こされたオイルショックは鉄道業界にも大きな影響を与えた。東武は1974年に最初の複々線区間が開業したこともあり、8000系の新造を行ったが翌年は車両の新製を見合わせた。手元に資料がないが、他社でも同様な事例があると思う。今ではいささか信じがたいが、諸物価が短期間に急騰し、経済の先行きが見通せなかったのだ。

落ち着いてきたのは76年ごろのことで、この頃から従来の車両を一段と改良した、新世代の車両がまとめて登場し始める。国鉄でいうとキハ40系列、オハ50系、北海道用の781系など。通勤用の201系は近鉄30000よりは少しあとだが時期的にはほぼ同じだ。先ごろ引退した京急800もこの頃で、斬新な塗装や固定式の窓など、随分と新しい車という印象があった。

組成の都合から正面デザインこそ前年登場の12400系に合わせたデザインだが、30000系も当時としては非常にフレッシュに見える客室設備を持っていた。1990年代以降、2階建ては国内でもJRのグリーン車、215系など、私鉄でも京阪などが採用し、ごく身近な存在になったが、当時は近鉄が唯一の存在で、近鉄特急=2階建て、という印象が強かったのだ。

Imgp8997

とまあ、与太話が長くなってしまいました。近鉄30000、70年代終わりごろの鉄道ファン/鉄道模型界にあっては非常に華のある目立つ存在だったことをなんとか伝えようと。。

79年秋、カツミが従来の国電シリーズとは一線を画す新世代仕様の模型の題材として、30000系を取り上げたのをよく覚えています。床下モーター(これも中間車を動力にしていたような気がします)、室内完備でアクリル導光式のパネルライトを取付というのは、後には一般化していますがこの車両が最初です。それからエンドウのNゲージ30000系、これもインパクト強かったです。たしか79年の暮れ、値段は14,800円でした。私鉄型Nゲージというと、GMはまだ未着手でしなのマイクロが何か始めていた程度、という状況の中、すっきりした金属車体に薄くブルーがかった側窓の模型は、非常に魅力的でした。また話が長くなったな。。

ですが、トミックスが30000系を出したのはそういうブームのころではなく、だいぶたって落ち着いてからのことです。たしか85年ぐらいじゃなかったかな。名鉄7000系とか、小田急7000系よりは後だったと思います。今回入手した模型も、かなりすっきりしたシャープな造形ですので、時期的には80年代中ほどのことでしょう。

実物同様、トミックスのモデルも時代とともにリニューアルされ、この初期塗装モデルはなかなか新品では入手しにくくなっているんじゃないかな。ので、オークションで探して未使用品を手に入れました。中間車のビスタカーというロゴがユーザ後付けになっていますが、未取り付けのままです。マーク類も未使用です。

Imgp8996

先ほども書きましたように、全体の造形や動力は80年代半ばのトミックスの仕様で、動力はたぶんスプリングウォームじゃないかな。かなり好調であまり神経使わなくていいタイプです。よく思うのですが、トミックスはいやにディティールに凝りだした近年よりも、この頃のほうが色々モノとしてのバランスが良くて、好きだったんですけどね。まあたぶん、その時代の設計者の方が上手だったのでしょう。今は時代がちがうのは確かですが、多少ごつくても感じのいい模型というのはあるものです。。

Pb140329

30000系に一番最近のったのは8年前のことで、このときよく覚えているのはたしか桑名あたりから名古屋まで、2階席にいたのですが冷房が恐ろしく寒くて、そのあとしばらく風邪をひいてしまったこと。あれは強烈だったな。

この写真はその1年前、滞在していたホテルから見えた風景。

Scan15131

40年近く前、80年7月。西大寺で。当時車だってスカイライン・ジャパンとか初代クレスタとかいう時代ですから、この造形結構男前に感じられたのだと思います(かなり強引)。

Scan15132

色をいじればもっときれいに見えるはずだよな。

Scan15046

この頃のほうが若々しくて明るい感じの色合いですね。

Scan15041

階下も、今見ても明快でモダンだな。。

Imgp8999

そういえば消費増税すると模型のねだんもあがっちゃいますね。鉄コレのパーツ、買えるものならあした買っておこうかな。。

2019年9月24日 (火)

黄昏鉄道

Imgp8858

車に乗って、なんとなく走っているうちにここに来てしまいました。

空がきれいかな、と思ってきましたが、この場所からだと夕焼け空が見えない。

Imgp8873

思ったほどドラマチックになりませんでした。冬は河原に降りられましたが、今回は草が生い茂っていて無理でした。

見ていると下流側にも車が河川敷にいるので、今度はそちらに行ってみたいともいます。

Imgp8890

まあ夕焼けは一瞬ですね。

Imgp8899

ISO12800まで上げましたが、室内灯が飛んでしまって絵になりません。この数分後にもう一本列車が来ましたが、あきらめました。

Imgp8878

玉淀駅はリニューアルしてカッコよくなっていました。券売機も最新ですね。

Imgp8834

話はぜんぜん飛びますが、これは先週の撮影。

今月からコウペンちゃん40000系が新宿線で活躍しています。

このちょっと前、10000系カナヘイと離合したのですが、残念ながら、離合写真は撮れませんでした。。

Imgp8841

この季節、日暮れが早くなるのに意識が追いつかなくて、結果たそがれ時写真をたくさん撮ってしまいがちです。。

今度の週末は少し早起きしましょうか。

 

2019年9月19日 (木)

事故

Dsc_0302-20190917t22_22_58000

TJに乗るには、池袋にちょうどいい時間に着いている必要がある。発車時間ギリギリとか、発車まで20分以上待つようなときは縁がなかったと思ってあきらめることが多い。その日は池袋にちょうど20分過ぎに着く見通しだったので、こりゃスムーズと思って予約を入れた。

山手線を降りる直前に事故の第一報がメールで来た。ありゃ、と思ったが、ホームを見ると普通列車がゆっくり動いている気配がある。指定席券ページ(ウェブ予約)は既に開いてある。。改札口に着くと、案の定TJはウヤ。列を作って払い戻ししている人が見える。

聞くと川越市で折り返しだという。ちょうど準急川越市が来るところだったし、ホームは空いていたのでドア前で並び、列車が来たら座席に落ち着いた。遅れるのはやむを得ないにしても、座って本でも読んでいればよい。

やがて車内が混み始め、座席の前にも立ち客が増えてきたが動く気配はない。イヤホンで音楽を聴いていたので、案内放送は良く聞こえないが、とにかくまだらしい。

そのうち、前に立っている男性3人がはっとして互いに目を合わせ、列車を降りていった。他の客も次々と降りていく。こりゃなにかあったかとイヤホンを外すと、この準急、今日は運休になりこれから回送列車になるから降りてくれと言っている。。

仕方ない。反対側のかなり混んでいる急行小川町行きに滑り込む。これももう30分以上駅に停車し続けている。車内の人は相当疲れていることだろう。。

ところが、車内で待って5分ぐらいしたころ、また何人かの人が外に出ていく。今度は全員ではなく、まだ立ち客は大勢いるがだいぶ空いてきた。今度はなんだ、とイヤホンを外すと、4番線の各停川越市行が先発するというアナウンス。

迷った。降りるべきか否か。各停だと、今乗っている急行に途中追い越される可能性もある。ただしこれだけダイヤが乱れているので、必ずしも追い越されるとは限らないが。

考えていても仕方ないので、私も降りて車掌に声をかけてみた。

車掌は私にもわからない。各停が出てすぐこれ(急行)も出ればいいが、それもわからない。運転指令が決めるので、私が決めるわけではない。。なんだか話好きの車掌さんという感じで、話が終わらない感じだが、とにかくわからないのなら仕方ない。各停に乗ることにする。

池袋に来て、TJ、準コエ、急オカマと乗り継いで?きたが、さっきからぜんぜん移動していない。。そして普コエ。4番目の電車だ。。

こんどは動いた。

途中中板で待避線側に入り、おお、やられたかと思った。結構な降車客があり、ドア付近にいたのでホームに出た。本線を急行が通るかなとしばらく外にいたが、車掌が笛を吹く音を聞き、慌てて乗り込む。待避線には入ったが、すぐに出発だ。

和光市で地下鉄和光市行を2本接続する。ほとんど続行運転に近いようだ。1本は7000系、後続はMM500系。

朝霞台では緩行線ホームに各停志木行きが長時間停車中。これは10030系だったような気がするが、自分たちは各停なのに各停を追い越すみたいだ。志木までやや徐行運転。志木の緩行線ホームには9106Fシリコ行きが停車中。こちらが先行すると。空いていたので座れた。

もう0時は回っている。。

ふじみ野では志木まで乗ってきた川越市行が退避し、池袋にずっと止まっていた急行小川町を待ったらしい(実際にはそこまで見ていないが)。聞くところではこのあとも2時半過ぎまで終電を延長して?運転していたようだ。

事故は鶴ヶ島で起きたらしいが、正直、運転指令に振り回されたな。

2019年9月 8日 (日)

愛される京急

Photo-taken-on-20160505-164701-2

ここは不定期更新のブログなのであまりこういう感想みたいな話はどうかと思いましたが・。一応この時代の備忘録として。

例の新町駅の衝突事故、現場の方々の必死の努力で2日ぶりに運転再開となりました。脱線した最後の先頭車は6日深夜に復線して手押しで区に戻ったようですが、あれだけの激しい衝突にもかかわらず、車体のひずみが非常に少ないように思えました。亡くなられたトラックの運転手さんにはご冥福をお祈りしたいですし、電車の運転士さんをはじめ、けがをされた方々にもお見舞い申し上げたいですが、あのしっかりした車体が被害の拡大を防いでくれたようにも思えました。

最初にニュースを知ったのは偶々出先で見たツイッターの画像でしたが、一瞬それが現実か映画かなにかなのかわかりませんでした。。これも繰り返しネタにしていたのであれですが、京急800が品川付近でゴジラに吹っ飛ばされる、という映画もありましたもので。。

その後も情報は色々ネット上でかわされているのを見ましたが、目立ったのが京急を応援しようとする動きです。#がんばれ京急 というハッシュタグも登場しました。すごいと思ったのは、駅の改札に掲げられた運転見通しの張り紙に、「暑いですから作業の方々水飲んで熱中症に気を付けてください!」と付箋が貼ってあった、というつぶやきです。これだけ愛されている鉄道というのも、そうはないでしょうね。。

もっとも、ネット民がマスコミを攻撃する姿も目立ちました。ニュースなどでは住宅密集地を120km/hで走り抜ける列車とか、運転士は運転歴1年1か月と報道し、これにファンが食って掛かるという情景が目立ちました。要するにマスコミは京急(鉄道 / 企業)を批判的な色眼鏡で見ている、ということへの怒りです。

マスコミに対する不信は今に始まったことではありませんが、それが鉄道界にも及んできたか、という感じでしょうか。。

ただ、あんまり感情的なファン発言もどうかと思うけどなあ。運転士の運転歴(飛行機ではよく気にされるけど)は関係ない気がするが、制動地点、制動初速、衝突速度も現時点では正式な公表はない。障害物検知装置が所定の作動をして、運転士が即座に非常制動をかければ踏切直前(数10メートル前らしい)で停止することはできていたはずであり、鉄道も原因を究明中、ニュースでもそれはきちんと報道している。

なので、あとは原因究明を待つしかない。

障害物検知装置と車両の非常制動との連携というのはあれか。東武東上線成増駅の川越方踏切のやつか。ふつうに週5日通勤で往復すると、ひどいときで10回のうち5回ぐらいは非常制動かかってる。下り列車が成増駅停車のために減速していいる途中でもかかる。後ろの車両はまだホームにかかってないので、停止後徐行して所定位置に移動する。2年前の踏切障害以降の措置なんだろうな。ほかにも志木ー柳瀬川間とかもよく止まったが、最近はあまりないな。ネットでちょっと調べてだけではわからなかったが、すべての踏切に適用しているわけではないのだろうね。

Dsc_5585

それはともかく、マニアだけではなく沿線の一般市民にも京急、相当愛されているのですね。世の中には東急ファンも多いだろうし、京王も小田急も広く人気があるとは思いますが、ここまではどうかな。。知人の女子鉄の子も、熱心な京急ファンですし。

初代1000引退のとき、ここで写真撮っていたら、踏切待ちのしらないおばさんに「なにか珍しいもの来るんですか?」と聞かれたことを想いだした。

Scan15005

京急の模型は持っていないので、なにかすぐ手に入るのないかな、と探したけどちょっとお安いのがないですね。。プラレールがけっこう充実しているなあ。。

 

 

 

2019年8月26日 (月)

葛生

Imgp8595

佐野線というと、2年ほど前に渡瀬に行ったことがあります。ドライブというか、車のタイヤの調子を見る次いでだったのですが、今回も目的は似ていて、交換したタイヤの高速度試験?を兼ねています。

何となく気になっていた葛生に行ってみました。

Imgp8608

かつては貨物輸送が非常に盛んであり、広い構内に貨車がひしめいていたという話ですが、今は数本の留置線を持つ平凡な終端駅になっています。

貨物営業の廃止は1997年と比較的新しいのですが、とはいえ20年以上が経過しており、JRなどによくみられるがらんとした風景が広がっているだけになっています。

Imgp8594

空地利用として、ソーラーパネルがたくさん置かれています。

Imgp8591 

終端部の、かっては踏切だったであろうところから。この先線路の途中に車止めがあり、車両がここまで来ることはありません。

Imgp8669

ウェブを探していると、廃線跡探訪の記事がたくさん見つかりますが、ぱっと見架線柱跡とかも見当たらず、いちおう会沢線のあったであろう方向を車で追ってみる程度に留めました。石灰工場は今も操業しており、住宅も多いので古いものは片づけられてしまったのでしょう。

終点会沢駅近辺?に、倉庫利用されているらしい貨車を見かけました。

Imgp8657

門扉がなかったのでちょっと失礼して近寄らせてもらいましたが、東武ワラ1が4両置かれていました。足回りは埋まっていますが、少なくとも手前のワラ80は車輪がついています。昭和56年ごろの全検表記がうっすらと見えました。

Imgp8605

列車本数はそこそこありますし、りょうもうも走っていますから、それほど侘しい感じではありません。

Imgp8601

この辺りの経済は全く分かりませんが、沿線には住宅や商店も結構多いようです。

Imgp8624

葛生付近は撮影しにくいので最後は多田まで行って撮影。ここにもソーラーパネルがあります。

Imgp8628

こんなものを見つけました。

それでは。

2019年8月17日 (土)

「清流」とわたらせ

Imgp8307

先日連休のときに行ってきました。

朝出かけようと思ったのがもたもたしてしまい、営業時間がおわらないかひやひやしました。。

Imgp8308

有名なこちらです。

Imgp8311

東武車を使ったレストラン訪問としては、5月のマスタードシード以来です。

といっても、これで打ち止めでしょう。ネットで見かける6000系の車体のある割烹は閉店済みらしいし。

Imgp8413

1723と1725が利用されています。

入り口を入ると調理場と売店があり、車体は左右に分かれておかれています。1725のほうは使っているのか、確認しそびれました。

 

Imgp8317

テーブルはノンオリジナルですが、そのほかは現役時代(たぶん末期)のままのようです。

マスタードシードさんよりもオリジナルに近く、かなり良い状態を保っています。

Imgp8318

このクリーム色の壁も久しぶりですね。。

Imgp8320

車内の番号板も残っています。

Imgp8414

台車は黒色に塗られているようです。アルストム式FS334は登場当時の台車で、横揺れがするということで確か1969年に2000系を増備するときにそちらに譲り、別途新製されたSU軸受式の台車に振り替えられています。が、当該台車は200系を作るときに使いまわされたので、また戻ってきたのでしょう。東武博物館の保存車両もそうなっているようです。

Imgp8321

メニューは普通の駅前食堂的なもの。肉蕎麦、けっこうおいしかったです。

Imgp8350

食べ終わったころに列車が来たので、見てみます。

Imgp8365

ちょうど離合しました。

お客さんは結構乗りました。本数は少なくて、このあと臨時トロッコ列車を除くと1時間以上列車は来ません。

Imgp8400

話は飛びますが、ここでレンズ交換をするとき、どうもセンサーにゴミを付けてしまったらしく、このあとしばらく画像にゴミが写っています。。

Imgp8428

臨時トロッコ列車わっしー6号。

Imgp8440

別途DLと客車によるトロッコ列車もありますが、こちらは自走式トロッコ(550型)。

要するに窓なし(取り外し式)木製座席の車をトロッコと呼んでいるようです。

Imgp8441

昔飯田線のトロッコ列車に乗ったことがあったな。まだDE10とオハ46、トラ90000のころ。2軸貨車のゴロゴロした乗り心地、なんとなく覚えてる。

この日はバスツアーの団体客が大挙して乗車していました。

Imgp8455

しゅっぱつ。

Imgp8468

私は車で、このあと大間々に急ぎます。

Imgp8483

別に急ぐことないのですが、ちょうどトロッコがついたころ、こちらにつきました。

左上にセンサーのゴミが(x_x;

Imgp8485

オリジナルというか、もとからあったトロッコ列車。

京王5000系っていうのが何ともあれですね。。

Imgp8494

国鉄色DE10。いつの間にか希少な存在になったな。。

Imgp8530

ここでも離合します。

この塗装はなかなかいいですね。ちょっと阪急というか、能勢電を思い出します。

Imgp8538

わたらせ線の線路は木製枕木が主体というか、ここで映っている様子をみると全部木製のような気がします。

蒸機時代のサブロク線路として、目立たないけど非常に希少な存在ですね。。

Imgp8541

線路の整備は非常にしっかりしているようです。

Imgp8566

車両基地はモダンなもの。

今回は乗り鉄でも撮り鉄ともいえず、昼飯鉄程度の訪問でしたので、いずれまた再訪したいものです。

このあとカメラの修理が必要かどうか、見極めないとな。

 

2019年8月10日 (土)

京福三国芦原線

Scan11102

家庭事情などもあり、鉄道関係のことは滞っております。まあ、何もしていないわけでもなくて、偶々鉄道にスポットが当たらないだけですが。うさぎ鉄道の運行は続いていますが、それだけではわだいになりませんね。。

今回の写真は1995年夏、京福電鉄三国芦原線です。このときは越前本線と三国芦原線、福井鉄道に乗車していますが、運行ダイヤの関係か廃止になった永平寺線には乗車しておらず、無念であります。。たぶん探せば、もっと昔に永平寺付近で撮影した旧東急3300型の写真があるはず。

米原から485系「雷鳥」か何かに乗って福井へ。最初に三国芦原線に乗車したような記憶があります。

もうこの辺りからあらゆるところがすっかり変わりまくってますね。。

Scan11112

この写真はたしか再掲だったような気がします。阪神時代を彷彿とさせる車内。非冷房、吊掛式ですが、当時としてはそれなりに整った接客設備だったと思います。

そうこの年の1月に阪神淡路大震災が起きたのでしたね。

Scan11103

三国港駅。この頃は洗いざらしのような外観でした。ウィキを見ると、今はだいぶ改装されて今風になっており、側線も整理されたようです。

Scan11096

当時の駅前の様子。レイアウトに再現させてみたくなるような雰囲気の街ですね。

Scan11093

駅構内。これは昔国鉄の駅だったものを譲り受けたそうで、ホームも長く立派なたたずまいをしています。

遠くに煉瓦のアーチ橋が見えます。

Scan11094

その橋から発車しようとする列車を見下ろした姿。というか、慌てて撮ったんでしょうね。

Scan11098

終端標識。

Scan11104

D16系の台車。もとの車体は阪神5231型ジェットカー、足回りは南海1201型です。

京福時代の車両はウィキでは一覧しにくく、追いにくいようです。

Scan11111

来るときに乗った2115を見送って、帰りはこれに乗ったようです。この記事を書くまで、ラッピングされていたのはカメだと思っていましたが、たぶん恐竜ですね。。

Scan11110

車体ラッピングはわりと今風だな。。平成初期、四半世紀近く前ですが、今見るともう見られないような古典的な装備や施設などがあちこちにあって、時代を感じさせるなあ。

山手線は205系、中央快速は201系、西武(新宿線)にはまだ701系や101初期型がいたころですね。。丸の内線にはまだ500型がいたんだった。。

今はえちてつですか。。福井駅も大きく変わったようだし、行ってみたいかと言われると、う~ん。。

 

2019年7月20日 (土)

中学生の頃作ったレイアウト

Scan15535

ずいぶん昔に一二度写真を掲載した記憶があるけど、あまり詳しいことかいたことなかったかな。。

撮影したのは昭和52年の、試験休みのころじゃなかったかと思います。この年の夏は学校で岩手のほうに登山にいき、また鉄道研究会だったので、碓氷峠の横川機関区を見学に行っています。家族旅行に行った写真も残っているけど、順番がどうだったのか忘れてしまった。たぶん、横河機関区と前後してこの写真を撮ったのだと思うのだけど。。昔はどこかに出かけて、フィルムが余ったので、適当にその辺の写真を撮って終わらせて、現像に回すとかしていましたね。そういう写真かなと

なので、この写真に写っているレイアウトは未完成です。もっとも、最後まで完成するという形にはならなくて、この年の暮れに廃線になっています。ご覧になるとわかりますが、本線が駅手前で途切れていますね。。

Scan15545

このレイアウトの原型は、前にも書きましたが鉄道模型趣味74年6月号折り込みの、中尾豊氏の記事です。今のうさぎ鉄道はそのオマージュで、ドッグボーン型の本線、左側に機関庫、奥に川と鉄橋、右側の切通しを抜ける内周線とトンネルに入る外周線などのあしらいは、ここからきています。ほんとうは外周線のトンネル途中から支線が分岐して、レイアウト中央を築堤で横切って左側に駅があるというプランでしたが、この写真には見当たりません。

上の写真の一番右は行き止まりの道と商店街、一段上がったところに空き地(トミーの教会を置く予定だった)。溜池らしきもののわきに貨物駅からの引上線が通っていますが、これはこのレイアウトで一番最初に着手したところです。本来は機関車が貨車の入換えをしながらリバース線を抜けて転向する(蒸気機関車主体のレイアウトでは重要なファクター)ためにあります。草深い山の中に線路が突っ込み、車止めがあるという雰囲気が最高に良くて、一人よくもの思いに浸っていたものでございます。。

で、さいしょに作ったせいかポイントなどの調子が悪く、作り直しているようです。なぜか103系が2両で走っている本線の先、線路は比較的直線気味に走っていますが、ここは本当はもっと手前のほうに曲がっていました。上の全体図を見ると、廃線跡がわかります。

Scan15533

駅にとまっているのはトミーナインスケールのタキ30002両とワフ28000です。タキのうち1両は今でも元箱付きで残っています。

奥の留置線にいるのは左からトミー香港製DD13茶色、これは当社2代目で、比較的よく走りました。中央はトミーの2軸貨車の下回りを使った自由形デハ104。車体は紙製、屋根はバルサ。ベンチレーターはGM客車キットのガラベンでパンタはたぶん関水PS102。2扉、1段下降窓で、正面は東武モハ1101のような、中央3枚がやや高くなった5枚窓です。塗装は当社標準の窓周り灰、窓上下青の2トーン。雰囲気近いのは京成青電(あれよりは色がはっきりしている)。近代化改装後という設定なので、窓はアルミサッシ、方向幕の小さいのがついています。のちに火災事故復旧で、片側が上信1000型にちょっと似た3枚窓に改装され、どういうわけかその正面部だけクリーム色1色になっていました(バンパーはグレイ)。

車両の説明が長くなってしまいましたが、ホームは本来2面3線で島式のほうは待避線側がカーブした形でしたが、うまく作れなかったらしく、ここも線路を剥がしてホームも直線状のものに取り換えています。このホームはホウの木からの自作。へろへろの屋根はHO波板(機関車の側面ルーバーなどに使う、真鍮プレス製)をはんだ付けしたもの。柱はたぶん古レール。手前のホームは仮置きで、学研の都会型(改良品)というもの。ここにも昔バルサの自作ホームがあったはず。

駅本屋は上の写真には見当たりませんが、この頃は「レイアウト・テクニック」の記事を基に作った日本風のものを自作して置いていました。初代は「シーナリィ・ガイド」の記事から、奈良線玉水駅を模した近代的な建物(表面は石造り風)でした。写真ではトイレだけ置かれているのが見えます。これも自作でした。

Scan15536

中央の貨物駅も仮置きで、学研の都会型ホームの片割れです。貨物上屋は作りかけているらしいが、もともとホームとともに一度完成させていたような記憶があります(写真でもホームを剥がした跡が見えます)。遠くに機関支区(元のプランではただの駐泊所のはず)が見えます。さいしょはプラン通りに作っていたものの、そのうちだんだん脱線して、当時フライッシュマンで6000円で売られていた(当然当時としても安かった)手動ターンテーブルを設置、切通に突っ込んでいた引上線(ターンテーブルのわきを走り、トンネルに突っ込んでいた)は、なんとなく鉱石積み込み線ということになって、トミーの給炭塔を置いていました。

機関庫はフライッシュマンの石造りで、あまりに日本風ではないので後にバルサ板を表面に張って改装しようとしていました。白く見えるのはトミーの給水タンクで、当然アメリカ風ですが気になるので表面に画用紙を貼って、金属タンクにしようとしています。給水タンクはもともと、缶が金属風ダークグリーン、脚がコンクリート風グレイのものを自作していたのですが、壊したのか気にいらなくなったのかここにはないですね。

ごちゃごちゃしているポイントはミニとリックスのR1対応(要するに小型ポイント。曲線半径192mm)の電動ポイント。名古屋の高校生の人が「とれいん」の交換欄にだしていたのを連絡して買いました。6個買ったかな。まだ持ってると思います。

Scan15532

機関区側ですね。ターンテーブルに乗っているのは当社唯一の国鉄型蒸機D51(関水)。狭い切通しの手前、GM製詰所のわきから顔を出しているのは、ポイントと一緒に買ったミニとリックスT3型蒸機。さっきのDD13は左に見えます。その手前に、トミータム6000の足回りをとったタンク(たぶんディーゼル燃料供給施設のつもり)。右側に見える廃墟のような建物は、本当ならレイアウト左側に位置するはずだった支線の駅舎らしいです。モデルはたしか、「シーナリィ・ガイド」の記事から久留里線上総亀山の駅舎を参考に作ったと記憶しています。

この写真の後、正面右側(いちばん上の写真で言うと下)のトンネルを完成させ、また奥のほう(同右側)の川も底を作って青く塗り、それらしく仕上げています。上を鉄橋が通るはずでしたが、結局外周線はさいごまで完成せず、内周線しか運行できませんでした。右側切通し(同下側)のカーブの途中に、フレキシブル線路のジョイントがあり、そこで脱線が頻発して悩まされたことをよく覚えています。

制作開始は’76年の6月ごろ。その前にフレームだけ春に完成していて、別のプランが用意してあったのですが途中で心変わりしてちがう配線で着工しています。本格的に作り出したのは夏休みで、冬には内周線がいったん開通し、2交代で列車が走れるようになりました。

その後も制作してはぶっこわしを繰り返していましたが、’77年の12月にいったんご破算にすることにした(フレームは5mm板の上にいくつか角材を置いて、その上に3mm板を乗せた変わった構造で、色々問題があった)ため、廃線、解体してしまします。

’78年の1月には新たに12mmの板に8の字変形のレイアウトを作り、車両も増備してしばらく遊びました。これはシーナリィつきに移行しずらくてまた解体、分割式のレイアウトを作りかけますが、接合が難しくて難航、分割をあきらめて真ん中でつないだタイプを’80年1月ごろ着工して、2年ちょっと手を加えていますが、これも挫折。という具合で5年ほど作っては壊しの連続でした。。

そんな昔話でございました。

Scan15531

ちなみにフィルムの前後に移っていたひとつがこれです。

大宮駅。わかりにくいけどキハ58の修学旅行塗装(黄色とオレンジ)です。

たぶん横川からの帰りだと思う。

Scan15539

もうひとつがこれね。

ではでは。

 

2019年7月10日 (水)

うさぎ鉄道のメインテナンス

Imgp2373

レイアウトの天敵はホコリ、と昔から言われています。前宅よりは埃の被害は少ないですが、現状常時出しっぱなしで週に4-5日は運転する(時間は短いですが)状況なので、日常の手入れは欠かせません。

特に樹や草などは埃が溜まって、白っぽくなってしまう。荒っぽいレイアウトですが、やはり何とかしたいところ。

Imgp2372

・・なのですが、作業はなかなか進んでいません。

手前のターフは完全に白くなってしまいました。奥のほうから少しずつ、洗剤と水で清掃しています。

地面、道路も一部ひび割れているところがあり、もう少し補修作業を加速したいところ。

Imgp8221

話は飛びますが、レイアウト上の車を少しグレードアップしようと、初めてバスコレを買ってみました。

Imgp8219

・・これ、この先走ると腹こすりそうですね。。

このシリーズを買うのは初めてですが、最新鋭のバスはうちのレイアウトには似合わないので、色々さがしてこれにたどり着きました。

Imgp8223

・・バスがリアルなだけに、道路状態が。。

ウェブで何買うか物色しているときは、なじみ深い関東バスか西武バスのほうがいいかとも思いましたが、いずれも最新型でしたし、これもそれなりに。。祖父母の家の近くはこれ(国際興業バス。王22系統という意味ではない)が走っていたので、懐かしい感じはします。地方でもこの色で走っていた気が。。確か、盛岡あたりだとこの色や、東急色のバスを見たような気がします。。

Img_8213

これはトミーテックが会社で動態保存する目的で、譲り受けたバスの模型なのだそうです。

Img_8214

最初のレイアウト上の写真はPentaxKP+Tamron90mmマクロで撮ったのですが、手持ちで適当に撮ったので被写界深度が稼げない。。

面倒なのでコンデジに持ち替えます。

Img_8212

エリア的には板橋、北区あたりと、埼玉でも東上線よりは東方面ですかね、国際興業は。ららぽーと富士見にも来ていますが。

覚えているのは、蓮沼のエコーモデルに行くとき、池袋東口の前の三越のあたりから乗っていったこと。

うん、だんだん思い出してきましたね。床がまだ木(旧型電車のような)だったでしょう。これは違うかもしれないけど、リベットもかなり遅くまで使っていた。

方向幕が大きくなったモデルは、経路図の鉄道と連絡する停留所に、そこの電車の前面のイラストが描かれていて、あれはわかりやすいな、と思っていた(西武なら黄色い101系とかの絵)。今のLED表示ではちょっと無理かな。。銀色に帯では、パッと見何線かわかりにくいだろうし。

Img_8210

うさぎ鉄道にある自動車は、ほとんどが昔もらった缶コーヒー(たしかBOSS)のおまけです。12~3年前、コンビニで売られていたコーヒーには、時折そういうおまけがついていた。なので、フェアレディS30とかコスモ、コロナ1600GT,R32GT-Rとか、スポーツカーばっかり走っています。。今まで置いてあったバスはたしかヨドバシかどこかで買ったもの。あれはどこ製かな?

バスもこうして選んでみると面白そうだけど、あまりはまると何なのでこの辺にしておきましょう。。

 

 

«小田急4000型

うさぎくん(メインブログ)

無料ブログはココログ

最近のトラックバック