• Scan12652
  • Scan11141
  • Scan10877
  • Scan12591
  • Scan12562
  • Scan12561
  • Scan12649
  • Scan12644
  • Scan12560
  • Scan10441

2017年6月10日 (土)

懐かしの?西武 2003

Scan13925

それまでほとんど使うことのなかった西武新宿線を利用するようになったのは1994年、その年に転居して以来23年。たぶん通勤利用としてこの先、この路線より長く利用するところはないと思われる。
 
趣味的に、通勤路線を特別に興味を持って眺めるということはあまりない。
 
学生の頃、大手町丸の内界隈にたくさん並んでいた有名企業のオフィスビルは、その大半が建て替えられてしまって現存しない。旧住友銀行東京営業部、東銀ビル、駅伝で有名な読売新聞本社、鉄鋼ビル、丸ビル、新丸ビル・・。
 そしてより新しくて、まさかなくなるとは思わなかったマルハニチロビル、三井物産本社、旧三和銀行東京営業部など。物産はカルガモで有名(昔の話だが)だったし、三和もチャコールグレイの外装がいかにも重厚で、高度成長が行きついたころの日本の、自信に満ちたビジネスエリートを連想させた。
 
話がすっ飛んだが、手許にそんなビルの写真などがないのは、仕事をしているときにそんんな呑気なことを考えている暇はなかったからだ。たとえ時間があっても、なんだか不謹慎な感じがして、写真など撮る気になれなかった。
 何がいいたいかというと、通勤に使う電車もまた、なかなか写真を撮る気にはなれなかった。ので、写真ログをひっくり返してみると、転居後しばらくの間、西武の写真はあまり残っていない。
 
・・と、思っていたのだが、あんがいそうでもなかったようでcoldsweats01(あれだけ前ふりしときながら・・)、眺めていたら結構な数にはなったけど。ただまあ、やはり機械式一眼レフしかなかった頃は、写真自体が少ないですね。
 
2002年に4メガのデジカメと、フィルムだがAFの一眼レフを買ったので、その翌年2003年には、多少地元西武の写真が残っている。
Dscn2400
デジカメ(Nikon E4300)はまだ今のような気軽なものではなくて、動作がもっさりしていて速写にも向かなかった。ズームも38mm-114mm相当ぐらいだったと思うが、テレコン、ワイコンを使うことができた。これはテレコンを買って、試しに撮影したもの。たしか240mm相当ぐらいになったと思う。
 
Dscn2413
2両固定は比較的遅くまで原型に近い状態だったようで、これもまだスカートがついてない。パンタもひし形、それもPS16系ですからね。。
 
Scan12185
東伏見の、例の鳥居から少し歩いたところだと思う。たまたま通りかかって、カメラを向けたのかな。
 
Scan12534
たぶん、2017年といっても通用するかもしれませんね。特に2000N]系はあまり変わった感じがしないです。まあ15年ぐらいだからな。
 
Scan10441
この写真だけ2001年2月ごろ。沼袋もこの頃とは変わりつつありますが、つい先日まではこんな感じでしたね。
 
Scan12560
20000系も変化が少ない。最近正面LEDが変わって、変化が出ました。
 
Scan12644
雨上がりの早朝。
 
Scan12649
6000系は2本だけになってからのほうが馴染み深いです。
今でも、有楽町線や副都心線で6000に遭遇すると懐かしい気はします。まあ、そんな懐かしいものでもないか。
 
Scan12561
2003年ですと、まだ3ドア車は特に珍しいものではなかった頃です。
朝ラッシュ時でも時折乗りました。
 
Scan12562
101(写真は301)はそろそろ珍しくなってきていたかな。とはいえ、活躍はこのあとも10年近く続きます。
 
Scan12591
こうして見返して思うことは、電車は変わっても周りの風景はあまり変わった感じがしない(実際には結構変わっているはずだとは思いますが)こと。消えた車両については、記憶に残っている残像はそれぞれの最期の頃の姿であること。
101,301ともに、転居の頃は2色で、1色になった時は強烈な違和感を感じたのですが、その記憶はほぼなくなっていますね。。
 
Scan10877
2色時代の写真はほとんどなくて・・。雪の反射でわからないですね。1998年。
 
Scan11141
どうしてこんなアングルで写真を撮ろうとしたのか、今の自分からは理解できない。。1995年。
 
Scan12652
最後、上井草駅に運転停車中の10000系。本川越寄りの踏切が開いて、車が横断しているのが分かりますね(かなり見えにくいですが)。このときは事故で抑止となり、相当長時間動かずにいました。この列車も、自分が井荻にいたときに撮影し、そのまま自転車で上井草まで移動してもまだとどまっていたほどです。
 
14年の歳月は、すべてが変わりきるほどの長さでもなく、かといって同じでもない、微妙な時間ですね、
まあ、私自身はやはり、年とったかな。。
 

2017年5月29日 (月)

出先にて

P1190912

転居やらなにやらの話ばかりなので、たまにはべつのことを。
趣味活動ではなく、用務先に行くついでなので、これが精いっぱい。
 
P1190917
これ、いいですね。
雑誌の紹介記事で見たときよりも、実物の印象のほうがいいです。JR西の車両でよくみられる、先頭部の転落防止幌も、実際見ると思ったより変ではなかったです。
 
P1200028
趣味的見地で考えれば、これよりも黄色い113、115系(あの正面はどうしても153系を連想してしまいます)を追うべきなのですが・。
西日本エリアでもさすがに国鉄型に遭遇する機会は減りつつあります。なにしろ民営化30年ですからねえ。。

2017年5月18日 (木)

埼玉県西部地区 私鉄特急網

P1190810

またご無沙汰してしまいました。もともと先約された行事が多い時期に、後から転居などの事情が加わったために現場はえらいことになっておりまして、まだ新居の片づけが終わっていません。徐々に進んではいるのですが。
 
レイアウト「うさぎ鉄道」も、新居に搬入してから1か月がたちましたが、いまだにこちらで運転はしていません。たぶん、開業後1か月運転しなかったのは、数年ぶりかな。開業以来ではないけど。
 
鉄道系趣味とはかかわりなく、必要に応じ鉄道で移動する機会も多くなっています。先週は都内に出たのち、鴻巣(埼玉県の免許センターがある)まで行きました。遠いこと・・。帰りは、センターから川越まで行くバスがあるのを見ましたが、疲れた体にはさすがに堪えるので、オーソドックスに川越線を使いました。。大宮は、駅ナカがある分暇がつぶせるのでいいですね。殺風景な川越線/埼京線ホームは相変わらずですが、まあ東京駅地下ホームも似たようなものか。
 
今日は代々木公園(駅)に行くため、小竹向原からFライナーを使って千代田線へ。急行運転は便利。もっとも、時間の節約は気休め程度でしょうけど。今までこうした経路は使ったことがなかったので、新鮮に感じます。
 
重い荷物を持って移動することも多く、その意味からも経路選択は重要です。もっとも、ひねりようもない行き先も多く、先日行った西荻窪は新宿経由で行くしかない。乗り換え案内を見ていると、武蔵野線利用などもありますが、キャリーバッグ抱えてそれはない。山手線内回りから三鷹方面に乗るのに、代々木で乗り換えることはうっかり忘れていた。
 
先日小平方面、西東京方面に行った時は都心経由ではなく本川越から南下していきました。昨年、本川越駅に西口ができて、川越市駅からのアクセスが格段に向上した。西武新宿、中井、本川越と、アクセスの悪さは西武線利用者が背負った十字架のようなものだが、川越市-本川越5分ならまあ上出来だろう。
 
数年前から、東村山にも特急が停車して、緩急結合がはかられています。もっとも、特急の10分ほど前に各停が出ていて、2度とも特急は使わずじまい。 ただ、帰路は疲れていたし、荷物も多かったのでこんな日こそ、特急に乗りたかった。
 
当日券は特急停車駅でないと買えないことはわかっていたので、東村山で降りてホームを探したのですが、飲料の販売機しかない。偶々運転士がホームに出ていたので聞くと、特急は跨線橋を渡った5番線だという。そりゃあ・・。時間もないし、荷物を抱えて橋を渡るのも大変だし、あきらめざるを得なかった。
P1090475 (まだ4線の頃の沼袋ね)
 
東村山は今、高架化工事の最中なのでその関係もあるのでしょう。。とはいえ、昔なら所沢まで各停(急行)で行って、ホームで特急券を買い待っていればよかったのに、それすらできないのだからねえ。。やっぱり理不尽。
 
通勤路線の特急は、新幹線で出張に行くのと違うからできれば気軽にぱっと乗れるといいのだが。。と考えていたら、数年前に西武のインターネットサービス(Smooz)に登録したことを思い出した。
 
登録しても、使ったことはなかったのだが、IDのメールは保存してあった。ところが、数年ぶりにアクセスしようと、パスワードを入れてもログインできない。どうも、1か月アクセスがないと自動的に退会?になってしまうらしい。
 
特急券のチケットレスサービスがSmoozで、これにはあらかじめ料金のデポジット(カード決済)がいる。別に、インターネット予約サービスというのがあり、ちょうど映画の鑑賞券のように、自宅やスマホで予約して、券自体は駅で買う。これ、会員番号はメールで送られた8桁の番号で、券売機にパスワードとともに入力する方式だ。出先ではちょっと煩わしい気がする。先の映画観賞券なら、会員登録不要で都度番号が与えられる方式(色々あるのかもしれないが)で、このほうがスマートだと思うが。
 
S-TRAINもできたことだし、ここはすこし、特急ネットワークを活用してみようか・・。
 
そういえば、TJライナーもまた盛んに使うようになってきた。平日は0時まで運行しているが、休日は早くて21時が最終となってしまう。休日でも着席したいのは同じなので、ここは何とかしてほしいところだ。それに、東武側からも地下鉄直通有料特急がほしいところ。
 
ただ、TJライナー、Fライナー、S-TRAINときて、今度はなんという名前にする?T-TRAINだと、東武と東急で区別がつかない。やっぱり東武のBをとって、B-Trainでしょうか。。
Dsc_0766
 

2017年4月30日 (日)

ご無沙汰しております

Imgp4999

前回は転居もとからの通勤が終了し、休暇を取って引っ越し準備を始めたと書きました。
今年はそんな話ばかりで大変恐縮ですが、現在は転居も無事終わり、というか荷物移動は無事終わりました。まだ箱に埋もれて過ごしています。
 
スペースが大幅に減少したため、蔵書を整理したり、どうにか確保できたレイアウトを自分で移動したり、ということは以前書きました。
 世間的な話題-西武F-Trainとか、東武本線系統の変化などはとても追いきれるものではなく、ネットの情報を眺めるにとどまっています。
でまあ、こんな風に与太話を書いていたりします。
 
金曜日には現宅から初めて通勤しましたが、このルートは既に1月ごろから週に何度か使っているので、新味は全くありません。ただ、スマホを忘れたので15分ぐらい遅くなってしまったのですが、えらい混んでたな。時間帯によって混雑度が急に変わるのかな。
 
そういえば、TJはあれからすっかり使わなくなってしまった。帰りにちょうど使える時間かな、と思って改札についたら、既に整理券完売だった。
 
P6170076
毎日乗る鉄道の影響力というのは大きくて、駅ポスターや車内広告、車両の内装の感じ、そのたもろもろが、だんだん身に沁みついてくる。気が付くとすっかり洗脳されていて、別の鉄道に乗ると違和感とか、エキゾチズムを感じたりする。
P6170079
鉄道ごとの個性というのは、近頃薄まりつつあるのかもしれない。
それでも、たまに京急や京王に乗ると、車両はもとより駅施設その他に、エキゾチズムを感じたりする。
 
もっともそうした特色は、時の経過でまた変わってくるという面もある。我々は西武らしいと思える内装の作りは、さいきんの若い人には通用しない(流鉄みたいですね、と思われたり)のかもしれない。
 
P6240130
私の場合、東武-JR-西武沿線ときて、また東武に帰ってきたわけだが、率直に言っていまの東武は昔のそれとは別物という感が強い。それよりも、いつの間にか西武流儀が染みついてしまい、すっかり「西武の人」になってしまった自分に困惑?している。
 
Scan14737
時代は巡る。将来また西武沿線の人になった時も、きっと困惑していることだろう。。

2017年4月20日 (木)

通勤(従来ルート終了)

Imgp4787

転居に伴い、これまで使っていた通勤経路からの出社は19日(水)をもって終了となった。
 
私の場合、勤務地の変動に伴うルートの変化はかなりあったので、何十年も同じ経路で通勤した、という経験はない。現ルートはそれでも7年近く続いていたので、一番長いほうかな。
発駅はここに住んで以来変わりなく、19年弱ぐらいだった。この路線を利用しての通勤は22年間と長い(切れ目なく定期券を持っていたわけではないが。。)。これだけ長いこと「沿線住民」していると、そうでなくなるというのはなんだか不思議な感じ。まだちょっと信じられない。
 
もっとも、住まいはなくなっても当地には引き続き頻繁に訪れるので、あまり感覚的には変わらないのかもしれない。
 
Imgp4791
この沿線に住む前は、JR中央沿線に5年ぐらい住んでいた。前年くらいから今の沿線を頻繁に利用するようになり、やがて移り住むようになる。まあ、しょうじきちょっと「都落ち」感はあったな。coldsweats01 
 都市部のJR幹線はなんだかんだ言っても一つ一つの駅の規模が大きいし、高架複々線で運転本数も多い。車両も統一されている。「民鉄」との差はそれなりにある。
 まあぶっちゃけ西武なわけですが、あの頃は701系とかも残っていて、夜乗るといささか侘しかったですね。。
Scan11082
今見ると、201系とそんなに変わらない気もするなbleah 蛍光灯の数が少なかったとか。
もっとも、そのずっと後、3.11の後しばらく蛍光灯、間引いていたよね(いつの間にかなくなりましたね。混雑時、本を読むのに困ったので、タブレットで電子書籍を読むきっかけになりました)。
 
Imgp4792
転居して数年くらいのひととき、中央沿線が恋しくなって、帰りにもと住んでいた駅に立ち寄って食事して帰ったりしたこともあったな。今はもう、そんな気分はすっかりリセットされて、自分の中で残ってないけど。。
 
でまあ、今回ももしかしたら、同じように昔が恋しい、をやりそうな気もする。せんちめんたるだねえ。。
 
*4/20一部訂正 写真を差し替え

2017年4月15日 (土)

レイアウト(うさぎ鉄道)の引っ越し

相変わらず慌ただしい日々ですが、先日人や小鳥たちに先立ち、レイアウト(うさぎ鉄道本線、小松菜線)の引っ越しをしました。

P1190345
とっちらかっていてお恥ずかしいのですが、転居前の最後の運転。4月9日(日)のことです。
駐泊所には常時D51,C58がいて、ワム80000以下の貨物編成もヤードに置きっぱなしだったのですが、この運転を持って撤去。のんびりもしていられないので、ちょっと整備の悪い西武2000N系で最終運転としました。一応ご当地電車、ということでね。
 
廃線ではないし、特別なセレモニーめいたことはなしです。まあ、開通時にもしていませんが。
P1190380
搬出当日。
荷物を片づけ、移動のためのスペースを開けます。
Img_0335
2008年3月1日。B1のフレームは3枚あり、全部使う構想もあったがハンドリングを考えて2枚縦つなぎとした。ホームセンターでアングル材を買ってきてねじ止めしただけ。シーナリィ等を付けた後は、分離は不可能に。
 
薄いベニヤだから、とにかく軽い。実家にある、30年以上前に作ったレイアウト(1400x700ぐらいかな)は、TMSの記事を読んでしっかりしたLガーダー(トラックのシャシーのように、縦に太いフレームが2本通っている)を組んだ。丈夫すぎて、持ち上げるのも一苦労なため解体もできていない。
 
定尺ベニヤより25センチ長く、20センチ狭い。これも取り回しに効いている。この部屋は2階だが、なにかの用で1階に降ろした時も、問題なく狭い階段を通ることができた。もし移動が困難だったら、このまま解体していたことだろう。
 
Img_1927
フレームを組んだ時から、部屋に立てかけていた(故に工事が進まず、長い間ほったらかしになっていた)。09年12月に完成してからも、長いこと立てかけ式のままだった。’11年3月の東日本大震災のときは線路面を上にした状態で倒れていた。
 
フレームが割れていたが、表面は奇跡的に全く無傷だった。写真は震災後帰宅してすぐに撮影したものだが、はじめからこの状態だったのか、記憶がない。
 
右奥に見える壁に、裏側を見せた状態で立てかけてあったのだが、そこからこの状態になったにしては、右側の足が折れずにいる。
 
P1190395_2
震災復旧後もそのまま立てかけていたが、同じ部屋でインコを買うことになり、また地震が気になるようになってきた。前回は部屋に誰もいなかったが、下手をするとインコのケージの上にレイアウトが降ってくることになる。
 
それで、立てかけるのをやめて常時スタンバイの状態で据え置きするようになった。のだが、それがいつ頃だったのかが思い出せない。。手許の写真を見ていると、2012年5月の連休ごろはまだ立てかけ式、6月ごろには既に据え置きになっているようなのだが。
 
余談だが、撤去後は部屋のスペースがかなり広がり、すっきりした。穴が開いたように寂しくなるかと思ったが、かえって快適で(^-^;、やっぱりけっこう場所、ふさいでいたんだな、と実感。。。どうせその快適さも、あと1週間くらいしか保てないが。
 
P1190406
多少注意を要したが、とうにか階下に降ろすことに成功。
 
P1190443
レンタカーに積み込む。車は、荷室寸法を比較してこのために借りてきたマツダ ボンゴ。
ぎりぎりで収まる。
 
P1190453  
小松菜線も一緒に積み込んだ。
 
P1190467
転居先に到着。今はがらんとしているが、何しろ狭いので。。
 
P1190469
最初予定していた場所とは違う場所になったが、とりあえずここに置いてみる。
 
うっかり、足のねじを忘れてきてしまったので、このままおいて出た。
というわけで、移設完了です。池袋線の逆立体化とか、東横線代官山とかにくらべるとささやかなものですが、自分にとってはちょっとしたプロジェクト完遂気分です。とはいえ、これは転居プロジェクトのごく一部。まだまだ続く。。
お知らせ:20日ごろから数日ネット環境がとまるので、更新は転居後となる見込みです。

2017年4月10日 (月)

ももいろクローバーZ駅

Imgp4482

鉄の方よりは、一般のファンの方たちのほうで話題になっているのかもしれませんね。
ふじみ野駅がももいろクローバーZ駅(ん?ももいろクローバー駅Zなのかな?)に駅名変更・・期間限定ですが。
 
といっても、ホームの駅名票や車内アナウンスは変わらず。
それどころか、西口側の駅名表示も変わっていない。
 
東口側だけ変わったのは、こちらからコンサート会場方面に行くバスが出ているから、だと思います。
 
Imgp4476
遠くから来る人のために、「ももクロ」などという案内表示が出ています。
他にも、改札を入ったところで迷わないように、「川越方面」「池袋方面」という表示が大きく掲げられていました。
 
遠方からファンがたくさん訪れたのかな。
 
私自身は超多忙のさなかでしたので・・。この写真を撮るのがせいぜい。
 
今日は、レイアウト(うさぎ鉄道)現宅での最後の運転をしました。(たぶん)。
普段出しっぱなしの車両は撤収。この木曜日に、人間に先立ち転居先に移転します。

2017年4月 6日 (木)

新井薬師さくら2017 そして沼袋配線変更

しばらくご無沙汰いたしました。

転居関連で多忙となり、鉄道部のほうまで手が回らなくなっております。
 
各方面からのホットな話題、東武の「大樹」から「リバティ」、西武ではS-TRAIN等々、身近な鉄道の変貌を伝えるニュースがネット上に流れているのですが、こちらは全く身動きが取れません。。
 
それでも、何とか時間を少しだけ作って、新井薬師の桜を撮ってきました。
Imgp9205
 
平日の朝、出勤前の撮影ですが、蓄積疲労で出かけるのに手間取り、ほんの少ししか時間が取れませんでした。最初は沼袋の様子を撮影してから、と思っていたのですが、ちょっと無理。とにかく現場へ。
 
Imgp9218
ここ数年は、同じように朝出勤前に撮影に出かけていますが、昨年、一昨年は4月1日に行っていたようです。今年は満開が少し遅くなりました。
 
Imgp9223
最初にここを訪れたのは10年くらい前だったかな。そのころは夜桜も撮影していましたが。
 
Imgp9227
よる
ちょっとおざなりですが、数本電車が来たところで撤収。
 
Imgp4360
さて、夜、帰りに沼袋を訪れました。4月2日からホームの位置が変わると、以前から車内放送で告知されていました。
 
Imgp4386
ちょっと光って見えにくいですが、もともと中線を通過線とした2面4線であったものを、下り線を廃止、上にホームをかぶせています。ホームは西武新宿寄りに38mずれて設置されています。
 
Imgp4363
元のホームはそのままに、ホームの幅が広くなっています。
元のホーム自体は昨年、工事のため幅が多少狭くなっています。
 
Imgp4367
本川越方。もとの下り通過線をそのまま本線に転用しています。線路配置としては中井と同じ形になり、1本の通過線を上り、下りで共用できるようになっています。
 
撮影時点(午後9時台)では、通過線はもっぱら下り列車に使用されていました。3月25日のダイヤ改正で、多少調整がされたものと思われます。以前は上り線側も終日通過待ちをしており、同時刻に上下に通過待ちの列車が停車している場面もしばしば見られました。
 
Imgp4370
ホーム先端に改札口があります。ここの部分は今は単なる通路と化しています。
 
Imgp4372
ので、ここには新設ホームをかぶせておらず、元の本線跡が残っています。
 
Imgp4374
ローカル線によくある、欠き取り型のホームを連想します。 
 
Imgp4376
上屋は延長されていないので、列車に乗るときにはどうしても濡れてしまいますね。
いずれ、もとのホームは解体されて仮の上屋が設置されるのでしょう。
 
Imgp4381
まだレールの頭が光る状態で残っています。
 
Imgp4383
エスカレーターも移設されるのでしょう。 
 
Imgp4391
跨線橋からみる。構内はだいぶ狭くなったように見えます。
 
Imgp4402
 
Imgp4409
もとの上り通過線を、下り列車が通過していきます。
 
Imgp4411
手前のポイントは、昨年秋に新設されたもの。
 
Imgp4412
 
Imgp4414
暗くてわかりにくいですが、下にレールを撤去した軌道が見えます。枕木はそのままになっている模様。
 
Imgp4415
 
Imgp4424
上り線側。ホームはこちら側に延長されています。
 
Imgp4437
 
Imgp4439
本当は日中の撮影をしたいのですが、レポートともども時間がなくて失礼!

2017年3月18日 (土)

鉄道雑誌

Imgp1956

時折ここで触れているように、近々転居を控えている。転居先の都合もあり、手持ちのものを整理しているが、特に問題となるのが書籍、雑誌、資料などの紙類だ。
 
鉄道雑誌、鉄道模型誌について、ここ25年ほどは鉄道ピクトリアルを中心に購読してきた。最初に鉄道関係の雑誌を買ったのは1974年6月の鉄道模型趣味だが、それ以後一貫して43年間買い続けた雑誌というのはない。
 
鉄道模型趣味は’74年から買い始めて、10年間くらいは全号そろっていた。80年代の後半から90年代初めごろまではあまり買っていない。その後復活したが、2000年ごろを境に再び中断、たしか800号の記念号は後から買って、その後数冊買ったかどうか。山崎氏が筆をとっておられたころの記憶が忘れられないというのもあるし、最近の模型界の情勢についていけなくなった、ということもある。
 
とれいんは創刊号が書店に並んでいたことを知っている。書店で最初に買ったのは’75年8月号で、9月号も買ったが、月刊誌を2誌購読することは子供には厳しくて、しばらく中断。’76年1月から1年ぐらいは鉄道模型趣味と並行して買っていた。’77年以降は気に入った記事があるときだけ買っている。とはいえ、とれいんは雑誌としてはかなり高価な部類となり、もう何十年も買っていない。RM誌はよりカジュアルな内容だが、80年代の一時期買っていたことがある。
 
模型誌から入っていったので、実物誌を買うことがなかなかできずにいたが、’76年11月のジャーナルをはじめ、年に数回は気に入った記事のものを買っていた。’80年夏からはジャーナルを毎月買うようになった。種村直樹氏の自伝が掲載されていたころだ。
 
私にとって国鉄改革の前後はどうも暗黒の時代という印象が強い。80年代前半は地方路線の廃止、貨物の合理化、労使関係の悪化、職場規律の悪化のような暗いニュースが続き、鉄道趣味を続けること自体、苦痛に思えるようになっていた。 
 
ので、80年代後半ごろはあまり鉄道にコミットしておらず、だいたい自動車関係の雑誌とかを読んでいた。今から思うと、自動車時代は10年あるかないかというところで、鉄道に比べると短いのだが、車を買ってどこかに出かけたりとかをしていたので、それなりに印象は強い。車雑誌関係は一部を残してほとんど処分してしまった。
 
その後は鉄道に戻り、先ほど書いたようにピクトリアルを主に購読していた。ピクトリアルは鉄道専門誌の中では比較的薄くて保存はしやすいが、さすがに20年を超えると一定のボリュームがある。たしかピクトリアル900号のとき、鉄道研究家の根本幸男氏の書架が掲載されたことがあったが、900冊のピクトリアルで本棚一本分ぐらいはあっただろうか。
 
根本氏ほどの年期もこだわりも持つことができない私にとって、手持ちの雑誌すべてを保管し続けることは難しい。これまで、今思えば大変幸いなことに、保管スペースについてはそれほど気にしなくてもよい環境にいた。これからはそうはいかないし、今後もアーカイブスは増えていくことだろう。ので、自分にとってそれほど重要でない号については、処分することにした。 
 
P1100141
たくさん並んでいるように見えるが(そうでもないって?)、これがすべてではない。古い号は別の場所にあり、それは処分しない。ここにあるのは90年代半ば以降のもので、いまのところおよそ半分を処分することにしている。
 
まだ簡単により分けただけだが、90年代以降の鉄道模型趣味誌は大部分が処分される見通しだ。70年代のTMSはどれも-自分のジャンルとはちがうものであっても-記事として読ませるものがあるし、どこに何が書いてあったのか、ほとんど暗記しているものもおおい。90年代以降のもので、印象に残った記事、今でも思い出せる記事というのはほとんど存在しない。
 あくまでも自分の主観だ。紹介されている製品の出来、技法のレベル、文章、どれをとっても、最近のもののほうが格段に優れている。それなのにというか、だからこそ、昔の素朴な模型の素人っぽい文章による紹介記事のほうが、好ましく思えるのかもしれない。
 
ピクトリアルでは、車両ごとの特集、例えばオハ35系特集とか、キハ58系の現状、みたいなのは無条件で残したくなる。反面、信号設備の特集とかなどは、どうしても処分に回る確率が高くなってしまう。地域別でもたとえば、中央線今昔みたいのは残したいし、それ以外の東海、関西地区あたりになると、やや関心が薄れて処分に回ってしまうのはやむを得ないところか。
 
業者さんは明後日に訪れることになっているが、事前に問い合わせたところでは普通にある雑誌などはあまり値がつかないこともあるとのこと。正直、私も自分にとって値打ちのあるものは手放す気もない。。逆に言えば、そういうものを残しておきたいからこそ、網羅的な保存ではなく選別をせざるを得ないともいえるのだ。。
 

2017年3月12日 (日)

鷺宮折り返し

以前メインブログのほうにちらと書いたが、このブログ(メイン、鉄道部)が2011年春から始まっているのは、東日本大震災と無関係ではない。というより、あの災害を一つのきっかけとしている。

それはともかくとして、この鉄道部のほうで、あの時のことについて触れることはほとんどなかった。理由はやはり、このようなゆるい趣味的なブログで取り上げるのは穏当を欠くと思っていたからだ。
この震災のときだったか、もしかしたら尼崎事故のときだったか忘れたが、「鉄道ファン」誌が、編集後記にこうした鉄道災害についての記述に関する見解を示していた。
 
ファン誌はこれらの事故について、紙面に記事を掲載しなかった。理由の一つは心無いファンが記事を「曲解」することを避けたいこと、そして楽しい趣味の雑誌たるべき同誌の趣旨にそぐわないからだ、と。いい方は違ってたかもしれないが、大略そういう趣旨の話だった。
これは一つの見識でしょうね。
 
翻って、このブログに社会的な影響力などはないが、私の場合はまあ、気持ちの問題として。。
 
ただ、あれから6年が過ぎ、自分の記憶も少しずつ失われつつある。それに、間もなくあの頃とは住環境が大きく変わる(転居する)こともあり、少しだけあの時のことに触れてみる気になった。
Img_1948
以下は当時のメモをもとに記す。
Img_1899

11日当日、首都圏の鉄道は全て止まり、いわゆる帰宅難民が大量に発生した。私もその一人であり、当日は帰宅せず、家族と親戚の家に身を寄せている。この日はだから、午後は鉄道を利用していない。

その後、徐々に運転を再開したが、この時点では電力事情は関係なかった。しかし、日曜日の午後になると、週明け以降の電力事情ひっ迫がにわかに問題になる。

 

深夜になって、東京電力から計画停電の話が持ち出された。午後11時過ぎ、ウェブを見ていたら、西武は明日、池袋線で池袋-練馬高野台間、新宿線で西武新宿-鷺宮間のみ運行し、他は運休するという記事を見つけた。半信半疑で最寄りの駅まで行ったところ、私と同様の不安を抱えた人が駅員に質問しているところだった。

 

実際に当日、計画通りにいったん実行されたらしいが、私が出かけるころには東電が停電を実行しなかったということで、運行範囲を拡大していた。急行運転はなく、すべて各駅停車でかなり混み合っていた。

 

帰宅時には再び限定運転に戻り、午後7時台は西武新宿-鷺宮間で運転していた。

Img_1943

おそらく出社を見合わせた人も多かったのだろう。利用客はまばらだった。

Img_1952

ずっと限定運行しているわけではなく、午後9時か10時ごろに運転再開するとのことだった。

Img_1954

鷺宮では2番線のみ使用しているようで、ホームについた列車は折り返し西武新宿行きとなり、西武新宿寄りの渡り線を使って上り線に転線していた。

Img_1950

鷺宮行きという方向幕はないので、30000系の行き先表示も「臨時」である。

車内の液晶モニターはSEIBUというロゴを表示するのみ。そういえば先日乗った電車も、故障なのか同様の表示になっていたのを見た。

Img_1953

私はここから歩いて帰れたので、改札口を出てバス通りに出た。改札では駅員が誘導をしていた。通りでは同輩を数人見かけたが、家までは思ったよりも時間がかかった。

翌15日(火)は、計画を実行して朝は鷺宮折り返し。このときは池袋線の折り返し駅だった練馬高野台駅を利用した。始発駅で乗客も少ないため、案外快適な通勤だった。メトロ7000系が池袋地上駅に乗り入れていた。石神井公園ではなく、練馬高野台を折り返し駅としたのは何か意味があるのだろうが、なにしろ異常事態続きで、そんなことで驚いていられない、という雰囲気もあった。

 

この日の夕方は前日と違い、上石神井折り返しとなっていた。普段のダイヤでも上石神井行きはあるので、施設的には問題はなさそうだ。

 

16日(水)朝は運行範囲を拡大していた。急行運転はしていないので8両編成で、遠方からの列車なので極めて混んでいた。様子を見ていた通勤客もそろそろ仕事に戻り始めていたのだろう。帰りは田無までの限定運用だった。

 

以後、徐々に輸送状況は改善に向かっていく。


«快速